お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

夏休み  

自然公園1
NikonD5500 DX18-135mm+クローズアップレンズ 金沢自然公園in横浜市

世の中、お盆休み&夏休み真最中でございます。

↑トケイソウLOVE初め・・・って感じ?
チャリde楽園(10分)にようやく行けました。
たった10分楽園にも行けない状況が続いております。

夏休み・・・?って何の話???

私はそういう状況の中におります。
でも、トケイソウ(パッシフロラ)は咲き始めていると確認出来て最高!
ここはちょっと遅く咲くのは昨年見つけて分かってはいたけど
やっぱ9月だね、見頃は。



自然公園2

13日のお盆ど真ん中の日曜日。
金沢動物園の下の自然公園ですけど、かなり空いている。。
皆さんどこかへお出掛けですよね??

あの長い滑り台は独占状態に出来るのに皆さん大人しい・・・
ま、暑いしね。。



自然公園3

バッタさんの名前も検索する余裕も気力も無いです。。。

今週末に控えている国家試験の実技試験受験の為に
毎日、課題に取り組んでいる訳でして・・・・・・・
本当にこんな50歳過ぎて受験するなんて思ってもみなくって。。

同僚の講師に「受けて下さい!」と半ばお願いされて受験に至ったのですが
30代だったら難なく受けられたと思う。
だがしかし、流石に歳による衰えは否定出来ないです。。



自然公園4

↑夏の梅林園は鬱蒼と雑草が茂っていて驚きました。
ハチさんがブンブン飛んでいて危険!
向こうは東京湾と房総半島が微かに見えておりまっす。


という訳で、受験生でもあるのですが
従来の仕事もしないとならない訳というか、かなり溜まってしまっていて
両方同時にやる事なんて30代は難なく出来たのに
今ではかなり無理がありまして
出掛けるどころか写真撮る時間も取れない日々・・・・・



自然公園5

実技試験の後には学科試験が控えております。
今月はとにかく忙しくてブログが出来ない状況です。
9月2日(土)には関内駅チカアート市に出店予定だし・・・・・・
何か・・、もう一人自分が欲しいです。。

ということで、暫く夏休みを頂こうと思います。
そうだ、学校のⅡ期の課題サンプルも造らないとイケないんだった!!
あぁ~、私大丈夫なのだろうか・・・・???

色んな事を同時にこなせないんですよっ!!
歳・・・・・ってそういう事なのでしょうか?
若い時は難なくパキパキやっていたのになぁ~・・・

実技試験会場がまた凄いんですよね。
ま、ジュエリー職人だったら1度は入ってみたいという憧れアトリエですよ。
その場所で作業出来るというだけでウキウキだったけど
いざ、場所を確認しに行ったらただの「場所」でしかなくなっていた・・・
これが現実だと思います。

「敵は自分」  です。

受験なんて30年ぶり???
何だろう、自分への挑戦でもあるけど
この歳になると「限界を見る挑戦?」って感じ???
後輩を育てる為に必要な資格として私は受験するのですが
そういう目的は今回は恐らく私だけでしょうね。。
皆さん若いからギラギラしていた・・・


やるだけやってみるさっ!



にほんブログ村←&↓ポチッと8月末には更新したいです!・・・クリックね!

自然豊か天神島  

天神島2
NikonD5500 DX18-135mm  天神島in横須賀市

・・・・・・・・
天神島周辺は三浦半島を代表する動植物が分布し、
地質学上の豊富な資料が狭い範囲に調和をみせており、
その景観とともにたいへん貴重な地域である。
この島に生息する海岸植物の総数は146種にも及ぶが、
このように種類、数のまとまったところは他地区ではみられない。

↑コピペしました。
という貴重な場所なので禁止事項が色々ある島でもあります。
とにかく遊泳禁止なので、泳ぎたい人は荒崎公園の方へ行くべし。

凝灰岩からできている・・そうで岩が凄いです。
窪みに出来た水たまりには色んな生物がおります。



天神島3

とにかく貝類が多いです。
どれが石で貝だか見分けがつかないんですけど
貝達は忙しそうに動くので直ぐに分かります。
意外と動きが早くて、レンズで追うのも大変・・

小さな魚も混じっていたりして
座り込んで眺めていると楽しくて飽きないでっす!
そういう観察する場所なんですね、ここは。


天神島1

このカニさんは荒崎で見た種類とは違うな。。



天神島5

島の真ん中はこんな雑木林というのかな?があります。
ここの海岸植物の総数は146種もあり、
こんなに数・種類がまとまった地区は他に無いそうです。
だから、もちろん採取禁止!

右側にちょこっと見える建物は佐島マリーナ。
佐島漁港も近くです。



天神島4

↑ハマゴウ かな??

地面を這うように咲いておりました。



天神島6

↑ハマボウ:アオイ科

オクラの花によーく似ていますね。
どちらもアオイ科です。


天神島ビジターセンターに先ず行って受付します。
色々注意事項を聞いてから島を楽しみます。
ぐるっと歩いても1kmしかないのであっという間です。
他に遊ぶ場所は無いので「磯遊びorのんびり」したい人用かな?
ワイワイする場所では無いですから・・・

久しぶりに行ったのですが
静かで、でも岩が荒々しく気持ちが落ち着く所。
こんな片田舎で不便なのに大陸の言葉が聞こえてきたりして・・・
冬に行くと富士山が見えるんだろうな?
また行こうっと!




にほんブログ村←&↓ポチッと台風が心配ですね・・・クリックね!


天神島のハマユウ  

ハマユウ1
NikonD5500 DX18-135mm  天神島in横須賀市

お天気が悪かった週末。
本当は川崎の森林公園に行く予定で車を出したんだけど
進むにつれて雨が酷くなってきたので諦めて
急遽、くるっと逆方向の横須賀方面に切り替えた。。
本当はレンゲショウマでも撮れたらって期待して森林目指したのにねぇ

雨上がりの森林公園を歩くつもりだったから
装いが海向きじゃなかったッス
横須賀は暑かった!雨も降っていないし・・・

横須賀と言ってもここは相模湾に面した小さな島「天神島」
ここでは「泳いではいけない。植物も海の物も取ってはいけない。」と
厳しい管理がされている「臨海自然教育園」なのです。

↑向こうに見えるのは荒崎公園かな?



ハマユウ2

この島が有名なのは、こここそが’ハマユウ自生北限地’だからなのでっす!

ほら、やっと本当に海バックのしかも自生地で撮ったハマユウ。
あぁ、聖地で撮れたのは最高だね!



ハマユウ3

↑ハマユウ=ハマオモト:ヒガンバナ科 
が正しく自生して咲いている場所です。
島の中心は植物などがある森林地。
その側の一帯が自生地でした。

このように群生していました。
海バックでは無いので残念ですが
本当にこの場所だけ、5m四方位の広さでしょうか・・・
他は自生では無いようでした。



ハマユウ4

北口から入るとこんなに海が目の前で群生して咲いておりました。
この子達は人の手で植えられたってことでしょう。

雲が多く、ときより隙間から青空も見えて
お昼になるにつれて段々人も多くなって来ました。
何やらモデルの女性を撮影している(雑誌?)人達も居たりして・・・
こんな所で・・と激しく思いましたが。。
クッキリしていたら向こうに富士山が見えるハズです。



ハマユウ5

ほら、神奈川県民としては誇れる島なのでありまっす!

全記事の「野島」は伊藤博文ゆかりの地でもあるんですけどね。
意外とどちらもマイナーで人が少ないから地元としては良いんですよ。



ハマユウ6

うっすらと江ノ島が見えておりました~。

晴れていたら川崎の森林公園でレンゲショウマが撮りたかったんだけど
まぁ~これはこれで良かったか・・・?
レンゲショウマ、もう終わっていたかもしれないしね。

久しぶりの天神島。
もうちょっと続けます。



にほんブログ村←&↓ポチッと磯遊びは楽しい!・・・クリックね!


野島・旧伊藤博文金沢別邸  

野島1
NikonD5500 DX18-135mm  野島公園in横浜市

小さな島のてっぺんにはアンテナのような展望台があります。
あそこに上ると東京湾や横浜ランドマークタワーや房総半島、
富士山の頂上だけだけど見渡すことが出来ます。

この日は中学生の部活なのか
坂道を利用してダッシュして走ってタイム計っていましたね。
歩いていたら彼らに元気よく挨拶されてちょっと照れたね。



野島2

ちょっと曇っていて房総半島も富士山も見えず・・・
向かい側の八景島シーパラダイスはよく見える。
その奥の方は羽田空港方面です。

ここの干潟湾は海苔の生産地でもあります。
沢山の水鳥達の楽園でもあります。
そして野島は自然の海岸が存在している貴重な場所でもあります。
八景島の方の海の公園は人口海岸だからね。



野島3

そして意外なのは野島の駐車場の向かい側には
旧伊藤博文金沢別邸が無料で開放されている。
初代総理大臣だった伊藤博文が建てた海浜別荘。

庭には牡丹園があって季節になったら海と牡丹の花を愛でることが出来ます。



野島4

庭の向こうはもう海(湾だけど)が広がっていて
とても眺めが良い。
まぁ~別荘地としては最高だったのでしょう。
その後湘南にその地位が奪われ、金沢地域(横浜)は役割を終えたそうです。

この時、受付の方が庭に水やりしておりました。
暑い中、ご苦労様です。。
管理は行き届いているんですよ、無料なのに!



野島6

夏はどーしても藻が発生しちゃって
せっかくの眺めがこんな感じ・・・
いや、実は右側を見ると一面「藻」で埋め尽くされているんでっす!
あまりにも凄いんでここには載せませんが・・・

地元人には憩いの場や遊び場。
向かいに行けば八景島(ちょっと距離あるけど)だし漁港もあるし
自然豊かな所ですよ。



野島7

野島で咲いていた紫陽花。


何だか政権はバタバタしてうんざりな毎日。
辞めたら責任は終わりなのかしら??
不倫?もう勘弁してって感じ。。。

空模様も夏のでっかい青い空があまり見られないし・・・
農作物は大丈夫なのでしょうか?
そっちの方が心配・・・




にほんブログ村←&↓ポチッと7月も末なんて!・・・クリックね!


野島deオナガ  

野島1
NikonD5500 DX18-135mm  金沢八景in横浜市

横浜市長選挙の期日前投票に行くついでに
ちょっくら野島までチャリでポタポタして参りました。

京急線・金沢八景駅は今シーサイドライン金沢八景駅を繋ぐ工事中で
駅前はごちゃごちゃしております。
湾に沿うように歩道があって、とても眺めが良いんですよ。
向こうに見えるポッコリした小さな山が「野島」
八景島の真向かいに位置します。
あそこまで行きます。



野島2

左手には5両編成のシーサイドラインが・・・
JR新杉田と金沢八景を結んでいて
海沿いを走り工場地帯を走り抜けて静かで眺めは良いです。



野島3

あー!咲いていてたハマユウ(ヒガンバナ科)。
海バックに何とか撮ったけど・・・?

これしか見かけなかったなぁ~。
寂しいのぅ・・・

さて、野島に到着した途端に
オナガの鳴き声が!
え?今回は野鳥撮りのつもりじゃなかったんだけど・・・



野島4
↑トリミングしました。

135mmじゃ無理ッス

オナガ:カラス科 全長36cm

ギーギーゲーゲーとちょっと耳障りない声で鳴く。
でも、羽と尾っぽがブルーで綺麗なんですよ~。
3~4羽で飛び回っておりました。

いやぁ~、何年ぶりかなぁお逢い出来たのは。
4~5年ぶりかも・・・



野島6

こっちだと尾っぽのブルーが見えるかな?
望遠じゃなかったのが悔やまれます。

オナガは西日本では見られず福井県以東、神奈川県以北に見られるそうで。。
この水色のようなブルーが特徴的で
カラス科だけど美しいんです。



野島5

でも、腹側は白いんです。
飛んでいる後ろ姿が美しく尾が長いのが特徴ね。

野島に来る度に一応探すんです。
家の前の森の中からも声が聴こえるのですけど
姿は今まで見た事ないです。

逢えそうで逢えないオナガ・・・
この子達に逢えただけでもう満足満足

でも、追いかけて歩いていたら頂上の方まで来たから
展望台から海を眺めて行くか。


続く・・・



にほんブログ村←&↓ポチッと海岸は藻がいっぱい!・・・クリックね!


▲Page top