お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

ショートショート フィルムフェスティバルに行った  

横浜1
NikonD5500 DX18-135mm  横浜みなとみらい地区

今年も開催されているショートショートフィルムフェスティバル2016が!
昨年、初めて観に行って非常に良かったので今回も行って参りました。

1本15分程度の短編映画が無料で沢山観られるフェスティバルです。
東京と横浜で行われています。
私は横浜で初日1発目のプログラムを観て参りました。



横浜2

横浜の短編映画専門の映画館Brilliaは高層マンションの中にあります。
俳優・別所哲也さんがこの映画祭の代表です。
朝のFM番組でこの話をされていて「あ、もうそんな季節?」と
早速予約を入れたのだった。



横浜3

初日がラジオ聴いた次の日だったらしく
たまたま観たいプログラムが初日の最初だったのだよ。

6本立てで「カンヌ映画祭の厳しい審美眼を通過した厳選ラインナップ」。
気になったのが5本目のパレスチナのガザ地区での話だったので選んだ。

どれも流石に質が高い内容と映像で
難民問題や貧困、コメディなど色々あって飽きなかった。
パレスチナは意外にも教会の中でも出来事で
宗教のおかしさをコメディータッチで描かれていて面白かったな。

中には考えさせらる難民問題が少女を通して描かれていて
約15分の中で余計な描写が無く本質に迫った1本だった。
この映画の時は客席に緊張感が走っていたね。。



横浜4

幾つかのプログラムがあり、ファッションやアジア・ミュージック
観光映像やアニメなど様々な内容があって楽しそうです。

とにかく、どれも無料で観られるので
この機会に短編映画の魅力を味わって頂きたいです。

6月26日までで、Peatixで事前予約して行って下さいね。



横浜5

上映まで時間があったので日産ショールームで時間潰し。

最近は観たい映画が少なく、ミニシアター系しかもう興味無いのよね。。
横浜には強い味方「ジャック&ベティ」という映画館があります。
これがなかなか時間が合わなくてねぇ・・・


トルコでまたテロが起きました。
私の大好きなスレイマニエ・ジャーミィの裏?辺りのような気がする。
イスタンブール大学があって、博物館もある。
旧市街の中心からちょっと外れているような気がするのですが
でも、人通りは多い所ですよ。
本当に悲しいです。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと又観に行こうかな・・・クリックね!


映画「さざなみ」感想&オダマキ  

オダマキ1
NikonD5500 Tamron70-200mm  大船フラワーセンターin鎌倉市

↑西洋オダマキ:キンポウゲ科が咲いておりました。

丹沢湖ポタの続きはちょっと後にして
その前に大好きな花のオダマキがGW最後の日に撮れたので・・・
だけど、お話は見た映画の事。

シャーロット・ランプリング主演「さざなみ」を観たので感想を・・・



さざなみ

結婚45周年パーティを土曜日に迎える夫婦(イギリス)。
だが、その月曜日に夫の元に1枚のドイツからの手紙が届く。
彼が結婚する前に付き合っていた女性の遺体(凍結している)が山で見つかったと・・・
知らなかった夫の過去と変化する夫の行動に妻の心が揺れる・・・

その揺れる心をじっくりと表現したシャーロット・ランプリングの演技に脱帽!



オダマキ2

:食べちゃうぞ~^^


自分の誕生日に観る映画では無かったのですが
公開最終日だったし、おまけに割引日だったから
誕生日くらい映画でも観ようじゃないか!と思ったのね。

夫(妻)の過去って、気になりますか?
私は全くどーでもよく、むしろ聞いてもつまらない過去なので
何があったとしても、映画のように心が揺れ動く事は無いと断言出来る。

だが、今までの結婚生活は実は・・・・・・となるような出来事だったら??



オダマキ3

私は旦那君と出逢った時から、彼について深く知ろうと思わなかった。
未だに不思議なんですけどね。。
知る必要が無いような気がしたし、今でもその気持ちに変わりが無い。

つまり、過去より今目の前に居るそのこと自体に興味が有るのであって
過去がどうであれ「今」が大事だと・・・

だが、映画のように初老になってまで
相手の過去の出来事が結婚生活は何だったのか?とまでなるような
そこまで想うほど、私は相手を心から深く向き合って来たのか??

しかしこの映画、ラストシーンがちょっと謎なのです。
どう解釈していいのか、未だに分らない結末なのよね。。



オダマキ4
TAMRON90mm

シャーロット・ランプリングって「スイミングプール」で有名ですが
あれも訳分らなかった映画でしたけど
彼女の表情が深くって、それだけで考えさせられちゃうんですよね。

私、ジュリエット・ビノシュも大好きで
ジョニー・デップと競演した「ショコラ」なんて今でもお気に入り!!



ビノシュ

↑ジュリエット・ビノシュ。
2人共、表情で語り演技が深くって入り込んでしまう。。
そういう映画が好きで、恐らく大衆向きでは無いかもしれない。

考えさせられる映画が好きとも言えるかな・・・
こういう「じっくり」映画が少なくなって久しい。
ミニシアターがどんどん潰れてしまい、上質の映画がなかなか観られない。

大金つぎ込んで大味でCG満載のこれでもかー!という
騒がしい映画が多過ぎで、静かに深く想う映画は売れず。。。
だけど、本質をみつめる映画を観たい!
静かな刺激が欲しい今日この頃・・・

そう思った誕生日でした・・・


*ちょっとこの頃、更新とご訪問に時間差が出ております。*
 ご訪問出来る時にはしますので、ご了承下さい。
 生活のリズムがまだ定まっていませんので・・・
 今回は予約投稿です。。。
     
 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと銀座は人多し!・・・クリックね!


スターウォーズ 3Dで観た  

映画1
NikonD3300 DX18-135mm  野比海岸

ちょっとブレイクタイム

「スターウォーズ/フォースの覚醒」を3D字幕で観て来ました。
思った通り、今頃に行けばガラ空きでゆったりと観られました。

もうルーカスの手を離れたし、と期待もせず行ったのだが・・・
1983年度の「ジェダイの復讐(’帰還’なんて馴染めない!)」の続き。
懐かしき主役の人々が出て来て、もうテンション上がりまくり~



スターウォーズ3

この4人で主に戦うんですけど、これが良い。

ダースベーダーが出来るまでのエピソード3作品は
ルーカスが段々手の込んだ映像にお熱を上げ、ゴテゴテな画面が多く
話も長く、どこか’くどい’とさえ思って来て
正直、最初のシンプルな映像が好みだった私としては食傷気味だった。

それが、最初の3作品の続きらしくシンプルで
話の展開が物凄く早く、戦うシーンもサクサクで
極上のエンターテイメント・ムービーに仕上がっていた・・



映画2

3Dって、以前は目が疲れ頭も少々疲れる画面でしたけど
今や全く違和感無く、3Dメガネも↑は14.84gと超軽で
メガネの上にかけても気にならない!
私が観た映画館では¥100で購入し
次回の3Dの時にこれを持って行けば¥100引きで観られるのね。

時代は変わっていたのだった・・・



スターウォーズ2

くどい説明も無く、まるで「24」のように息つく間も無く次々と話が進む。
今回は’女性の物語’と謳われているけど、違うね。
これは元々「親子」の物語。
今回もしっかり「親子」がテーマだったと思いますよ。

J・J・エイブラムス監督で良かったと、ここで訂正しよう
次回も彼が監督するのかしら?
って、恐らく次回も有るんですよね???
そんな終わり方だったけど・・・



映画3

歳をとったルーク・スカイウォーカーが
オビ・ワン・ケノビに見えて来ちゃったんだから
俳優達も凄いなぁ~、と思ったね。

ストーリーが解っていると非常に面白いのですが
知らなくても充分楽しめるんじゃないかな?
お薦めしますよ


じゃ、次回こそ野鳥ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと大画面の方が良い・・・クリックね!


ショート×2フィルムフェスティバルを観た  

映画1
Nikon1 V1 VR10-30mm  横浜みなとみらい地区

6月4日~14日まで「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015」
東京&横浜で開催されています。
世界の国々で製作された短編映画の集大成てところなのかな?

とにかく、一部を除いて無料で観られるという信じ難いサービス。
朝のラジオJ-WAVEのDJをされている俳優の別所哲也さんが代表・・
というのもあって前から興味は持っていたのですが
無料なんて太っ腹だったので、初めて観に行った



映画2

お初の短編映画&フェスタだったので、どんなものかと・・・

↑アンケート書いたらもらえた’タブロイド紙’とやら です。
いやぁ~ん、別所さんのメッセージ入りじゃんか!

私が見に行った、というか行ける時間帯が
TAIWANの4本立て でした。

1本25分前後程度の短編映画なのですが
短いだけに、余計な映像も説明も無い。
CGもド派手なシーンも一切ナシ!!
ひたすら俳優達の表情と息とセリフと、空間と・・・に集中。
他に余計なモノが無いから
短いのにその短さを感じない内容の濃い映画ばかりでした。



映画3

会場自体はミニシアターそのもので、とっても好み。

台湾ってどんな映画を撮るのかと興味津津。
1本目は、グロくてキモくて狂気の世界を描いている感じで
画面を直視出来ない映画で「え?こういうのばっか?」とむむっと思いましたが
直ぐに次の映画になり・・・

2本目以降はコメディちょい入りだったり
DVや性犯罪や親子問題やら、日本でも有り得る問題だなぁ、と
思いながら考えさせられる面白い短編映画ばかりでした。



映画4

↑こんな人のメッセージも・・・

もしかして、短編の方が本質がハッキリしていて
余計な事描かないで、心情を深く見つめられ質が高く
映画の原点じゃね?と思わせてくれたような気がします

短編映画、良いじゃん!
最近の長編映画って、CG&ドンパチ派手やリメイクやら有名人伝やら
私好みの「心情」を深く描いた映画がめっきり少なくなって
観たい映画が無いんだもん!!
よっぽど短編の方が映画らしいと思ったなぁ~。



映画5

別所さんに私も感謝

確か米国のアカデミー賞にも短編映画があったような・・・?
25分のドラマ。
短いだけにどう表現するかが勝負。

他の作品も観たくなりましたよぉ~。
なんつったって、タダだし
子供向けやアニメもあるみたいだから
色々選んで観たいフェスティバルだね



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと年間パストート魅力だわ・・・クリックね!


ランチボックス  

ランチボックス2のコピー

久しぶりに映画を観に行った。
小雨が降り続き寒い日でカメラは持たずに行ったけど
晴れていたら、まだこんな昭和の商店街が残っていたのか!
という中にある有名な「横浜ジャック&ベティ」という
激減してしまったミニシアターへ

邦題:めぐり逢わせのお弁当

インドのムンバイが舞台。
家で作った弁当を職場まで往復運んでくれるシステムがあり
間違って運ぶ率が600万個に1つ
その1つの物語。


ランチボックスのコピー

間違って運ばれた方は退職目前にした妻と死に別れた中年男性。
そこに彼は手紙を入れたことから始まる。
作っている方は1児の母で、旦那がつれない人だ。
そんな二人がお互いに手紙のやり取りで心情を綴り
やがてお互いに逢おうとするのだが・・・・・・

これがインド映画だとは観ていて思えないほど
とても静かで歌も踊りもナシ!
ひたすら台所と職場と手紙のやり取りが続く・・・

隣に座っていた女性は途中で小さなイビキ音出し寝ていた
何故寝る?こんなにお互いの心に向き合う素敵な時間なのに!!

久しぶりに心に余韻が残る良い映画だった・・・
家に帰って旦那の顔を見て、
何かウンザリもしたし愛おしいとも思う複雑な気持ちになるって言うの?


デリー
Nikon1 V1 VR10-30mm

↑昨年正月に行ったインドのオールドデリーでの1コマ。

一見、混沌としたインドの中にも美しい物語が在るのだなぁ~
ただし、この映画は最後まで描いていない。
この二人がどうなったかは、観た方が勝手に物語を作る感じ。
そこがまた、心掻きむしられるじれったさが上手いね

心情を丁寧に描く映画がめっきり少なくなってしまった。。。
やたらアクション大げさでCGばっかの金儲け主義映画ばかり。
いつからミニシアター系はこんなに減ってしまったのか・・
だから、映画館に足を運ぶ機会も無くなってしまったぞ


おまけ!
デリー2

トルコのキリムを初めて水洗いした。
買って以来6~7年ずーっと敷きっぱで、流石にヤバいだろう。
映画に刺激されて、何だか大事にしないと思ったのさっ

独特のヘンな匂いは消えなかったけど・・・
お気に入りだから構わんのだ!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとカラッと晴天!・・・クリックね!


▲Page top