FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

龍口寺  

龍口寺1
NikonD5500  DX8-135mm  藤沢市

江ノ電の腰越駅を降りて線路を渡り右側に歩いて行くと
江ノ電が路面電車に変わる区間がある。
以前歩いた時に、階段急だけど立派なお寺があるなぁ~と思って通り過ぎた。
今回はその階段を上って見学してみようと思ってカメラ持って行ったのだった。

下からだと本堂しか見えないから、それだけだと思っておりました。
てくてく上がって行くと・・・・・




龍口寺2

工事中でちょっと本堂が隠れちゃいましたが
右奥に五重塔なんてあったの?!とビックリ

龍口寺・・・
この地はかつて刑場跡で、文永8年(1271年)9月12日に日蓮宗の開祖日蓮が処刑されそうになった。
この事件を日蓮宗では龍ノ口法難と呼ぶ。

その後延元2年/建武4年(1337年)に日蓮の弟子、
日法がこの地を「龍ノ口法難霊蹟」として敷皮堂という堂を建立し、
自作の祖師像(日蓮像)と首敷皮を置いたのが龍口寺の始まりと伝わる。


コピペしました。
へぇ~、ですよ。
片瀬海岸に近いから、昔は地の果てだったのかしら??



龍口寺3

本堂の左側をひたすら小高い山を登って行くと
ナ~ント!!仏舎利塔まであったではないのっ!!
もうビックリ!の連続。
だって、下の道路から見えないんだもの。(チラっと白い物は見えたような?)
ここは頂上のようでした。

以前はここから目の前の江の島や海が見えて見晴らしが良かったらしい。
今じゃマンションだの高い建物が建って視界を遮って残念な風景でした・・
それは前回の1枚目の写真です。



龍口寺4

で、仏舎利塔を降りていくと五重塔の所に行けます。
まぁ~、立派ですよ。
どこぞまでお出掛けしないとお目にかかれないですからねぇ。。
江の島の直ぐ近くにこういう所があるなんて、思いもしませんでした!

江ノ電が路面電車のようになっている区間はまるで昭和そのもの。。
昔ながらのお店があって、歩いていて楽しい。
江の島も良いけど、1つ手前の腰越降りて歩くのも良いかも。。



龍口寺5

本堂に入る前に彫り物を見るのも好きなんですけど
日蓮さんが処刑されそうになった時の物語を掘っているのかしら??
なかなか興味深かったです。

この後にギャラリーで友人達と弾丸トークして帰ったのですが
なかなか充実した午後のひと時でした。

この日の昼間は暑くて汗かきながら歩いたのですが
たった2週間で横浜もかなり冷え込んで来ました。
これが当たり前な気候なのですが、温度差にやられてなのか
喉が痛いっス

皆様もご自愛下さいね~。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと紅葉も奇麗になった・・・クリックね!


ちょっと江の島方面へ  

江の島1
NikonD5500 DX18-135mm  腰越in鎌倉市

鎌倉駅から江ノ電に乗って江の島の1つ手前「腰越」駅で降りて
友人達が出しているギャラリーにお邪魔しに行く前に
以前から気になっていた「龍口寺」に寄ったのですが
その話題は次回に・・・ごめんね~

↑でも、これはその「龍口寺」の山の上から撮ったもの。
丁度目の前のマンションの向こうに江の島が有るのですが・・・
見事に隠れている。。
この時は、段々晴れて来て暑かったくらいだった。

腰越降りてからぶらついて江の島に行く方が
結構景色や街並み(昭和)が眺められて良いと思うな。

様々な分野の5人による「ブローチ展」をギャラリーで展示してまして
丁度神楽坂のギャラリーでも同時に違うジュエリー作家達がブローチ展やっていて
もしかして「ブローチ・ブーム」来ているのぉ?と期待して行ったら
ただ単にオーナーさんの個人ブームなのだそうで・・・



江の島2

ほぼ3時間近く立ちっぱなしで友人と弾丸トーク!
それぞれに近況等話し込みました。
こういう時にしか逢えないから仕方ないんですよぅ。
作家活動だけでなく、友人は知らない内に中学&高校の美術の先生していた

教員免許持っている人って、いざとなると使えるから良いなぁ~。
私は専門学校非常勤講師ですけど、
子供の問題って中学の方がもっと酷そうでした・・

先日、専門学校の講師達向けの発達障害等問題抱える学生について
スクールカウンセラーさんの講義があり
講師達の質問内容がそれぞれ重く、
皆さん大変苦しみ悩んでいると分かりました。
本当にこれは問題が顕著で、もっと社会で取り組まないと大変ですよ。

↑これは帰り際の腰越海岸からの夕方の江の島の眺め。
空がダイナミックで・・・・(湿気が凄かった!)

で、何故かよーやくNikonのRAW現像ソフトCapture-NXDが突然使えるようになり
↑はそれで現像してみたのですが・・・



江の島3

↑これもそれで現像したんだけど
とにかくこのソフト、重いしjpeg変換に異常に時間がかかり
2回も途中でダウンしたんですけど?
しかも!復帰画面が縮小し文字が横にびろ~んと拡大伸びておかしくなるしさっ!
パソコン壊れたかと思ったし、マジでMicrosoftに電話しようかと思った。

海岸は、昼間は晴れて波も凄く良い感じで
江ノ電の車窓から目の前でサーファー達が波に乗るのを何度も見ました!🏄
夕方になっても乗る人達が絶えなかったみたいですね。
一番手前の人、ボードしか映っていないわ・・

しかし、使えないソフトじゃん!Captur-NXD!!
こんなに1枚現像に時間かかるはダウンするなんて有り得ないでしょう?
サクサク動けば便利なソフトなのに・・・
Nikon大丈夫なのかしら?

つーことで、次回は腰越の「龍口寺」の様子を・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッといきなり真冬の横浜!・・・クリックね!


シルクロード・バザールへ  

バザール1
Nikon1V1 10-30mm  宋雲院in上野

台風19号の猛威がこんなに広範囲で被害をもたらすとは。。
お見舞い申し上げます。

横浜は15号の方が影響が酷く、今回は大丈夫でした。
窓には家にあった養生テープ貼って備えていましたが
2時間程の強風で終わりました。
15号の時は夜中長い時間風が吹き荒れましたからね。。
ただ今回は雨の量が半端なかったようで・・・・・
台風一過の日は残念ながら書道ワークショップは中止になりました。。。。

そんな中、上野の宋雲院というお寺さんでシルクロード・バザールが開かれ
気分転換にちょっと行ってみました、14日でしたけど。



バザール2

玄関入ると、こんなスペースがあり
衣装を着て写真撮影出来たり、ここで踊りが披露されたりしたみたいです。
久々のニコ1でブレちゃったけど・・・

中央アジアのどこの国の物なのか??
タジキスタン?カザフスタン??
男性が被っている帽子はパキスタンの物に似ているんですよね。
なかなか興味惹かれたなぁ。。



バザール3

子供用の写真撮影のちゃぶ台。
可愛いね~。

私はウズベキスタンには行ったのですが、食器の柄がちーと違う。
中央アジア食器って、中国っぽい感じが色濃く見受けられる部分があります。
あぁ~、やっぱシルクロードって凄かったんだなぁと思う。
シルクロードの国々には水餃子やうどん類の麺類など伝わっていったからね。



バザール4

お寺さんでやっているから畳の部屋で開催されてまして
お店の人も客も正座しながらのやりとり・・

このお店は人気でした。
中東好きの心を鷲掴みするような品物を揃えている。
シリアの物も置いてあったな・・
思わず私もディスプレイ用にと買ってしまった。。



バザール5

それは1ヶ所だけ欠けた茶碗 ¥700→¥100 だったのだよ。
迷わずGetして、なんちゃって「金継ぎ」修理してみました。

このアラビア文字が書かれた茶碗は、いつもアラビア書道WSしている
ドバイ・カフェで見慣れた物だったので親しみがある。
欠けでは誰も買わんだろうと思ってね。
これで私はお茶飲む訳では無いので、修理して使えるのだよ。

アラビア文字が入ると、いかにも「お土産物」でしょ?
「アハマド」って書いてあるような・・・??



バザール6

ここはウズベキスタンだと私は思う。
女性のバックに「スザニ」というウズベキスタンの布が掲げられているもの。
懐かしいなぁ~。。。

そして、我がアラビア書道仲間である「ペルシャ書体」の第一人者角田先生の作品が!
美しいですね~~~、惚れ惚れしちゃう
’イランのおばあちゃん’が編んだ靴下も買いました。


一応、日常が戻った中でこういう事が出来ることが幸せだと思わされました。
目の前の崖が崩れていたら、それどころじゃなかったから。

皆様がご無事であることを願います。
昨日学校に学園祭の準備に行ったのですが
学生達及びご家族は大丈夫だったようでした。
他の科の学生は浸水被害に遭ったという話を聞きました。
東京近辺も被害出たからなぁ。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと前向きにいこう・・・クリックね!


日本民家園へ  

古民家3
NikonD5500 DX18-135mm  日本民家園in川崎市

お天気が不安定な10連休。
山にハイキング予定していたのですが、断念しました。
高速道路も異常な渋滞模様で、ハッキリ言って出掛けられないじゃん・・
私の出店用品が多くなってきたので木材買って家で棚作りに専念していました。

でも、せっかくの休みだから1日だけお出掛け。
晴れを狙って近場へGO

川崎市の生田緑地にある「日本民家園」へ朝イチで行って来ました。
以前から狙っていたのですが、やっと実った感じ。
古民家好き夫婦にはピッタリの所でした。



古民家1

・・・・・・・・・・・・・
古民家の野外博物館である日本民家園は、神奈川県川崎市にあります。
1967年に開園した園内では、水車小屋や歌舞伎舞台など文化財指定を受けている
25件の建物がみられます。
展示室には民家に関する収蔵品が展示されていて、民家の基本を知ることができます。

ネットからコピペしました。

↑一度は行ってみたい白川郷ですが、富山に行った気分じゃん!!
ここは全国の古民家を移築して展示しているようです。
それぞれ「何家」とあり、説明文があるのでじっくり読みながら見学。

雪国とそうでない地域の家屋の造りが違うのが面白かったですねぇ~。



古民家2

やっぱ屋根が地域で違うのも面白い。
あぁ~雪深いんだなぁ・・・とかね。

しかし、↑立派ですわ~。。
中も見学出来るんですよ。
重厚感が凄い!!
いきなりテンション上がりました。



古民家6

囲炉裏の上にあるのは
あそこで物を干したりしたそうで、知恵ですよね。
しかし、縄がガッチリしていて凄かったわ・・

GW中はボランティアの方達が色々説明してくれます。
体験も出来て楽しいいです。



古民家4

生田緑地自体初めて行ったのですが
本当に緑豊かで新緑の中を歩くのは気持ちが良い・・

歩いているとウグイスのお歌が聞こえてきて最高~。
あぁ~、遠くに行かなくても充分じゃん!!



古民家5

藍染?古民家にはピッタリの可愛らしい鯉のぼり・・

25棟もあるから、結構時間かかります。
途中で早ランチしましたが、休息所だけでお弁当広げられます。

なかなか満足度が高かったですね。
季節的にも良かったのもあるかな。
もっと撮ったので、次回も続きを・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと結構筋肉痛に・・・クリックね!


三浦半島の海  

三浦半島1
NikonD5500 DX18-135mm  三浦半島

お正月休みに行った三浦半島の続き。

休み明け早々仕事の山に取り組んでいたらあっという間に時間が・・・
昨日土曜日は今年最初のアラビア書道ワークショップで与野(埼玉)のドバイさんへ。
お書初めに4人の生徒さんが集まりました。
その内のお1人は京都にお住まいの方がたまたまこちらに来ていたらしく(3連休で)
アラビア書道が気になって、わざわざ来て下さったのでした!
京都の方ですよ!
凄いですよね~、ネットが無かったら有り得なかった事です。

丁度1年前の1月から始めたこのワークショップ。
ドバイ(シリア料理店)のスタッフの方にお声をかけて下さって実現したのでした。
住宅街の中にあるシリア料理店で入り難い入口模様・・という特殊な為、
なかなかお客さんも来て下さり難いという中で
生徒さんもパタリと来なくなった時期もあり悩みましたが
2年目は明るくワイワイと楽しいスタートとなりました。。

続けてゆく事は大事だとスタッフさんとお互いに励まし合いながら来て
ずっと共同で頑張っている感じが苦しい部分もあるけど
悪く無いと思っています。
こんなに1つのお店に関わるなんて考えてもみなかった人生。
ジュエリーで出店している時もお店の宣伝して回っているし
相乗効果が出て来ると、それはまた嬉しい事ですから
続けて内容も広げていけたら・・・と思っております。



三浦半島2

さて、この海岸の場所。
三浦に住むブロガーさんに教えて頂いたのですが
駐車場が無いので色々方法を考えていて、やっと来たのでした。
’知る人ぞ知る’って感じで、本当に海が透き通って景色も抜群に美しい・・

でも、ドラマのロケで使われていたりするみたいね。



三浦半島3

ふっと足元覗いて見たら・・・

:ウニじゃん!!

まさか海底まで行かなくても磯で見つけられるとは・・・
でも!もっちろん’密漁禁止’!!
初めて海にいるウニ見ました。



三浦半島4

漁師さん、何獲っているのかな?
豊な海ですね。

あまり知られたくないなぁ・・・
荒らされたくないもの。

だって、近所の八景島で貝を獲りまくっている(密漁)大陸の方を何度か見た。
あんた達・・・って思うよマジで。
しかも、その場で貝の中身だけ取って殻は大量にその場に残して去って行く。
怒りしかないです、止めて欲しい。

だから、ここの場所は秘密。


続く・・・・



にほんブログ村←&↓ポチッと成人式は穏やかに・・・クリックね!


▲Page top