お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

東京ジャーミィでイスラームを考える  

東京ジャーミィ1
NikonD5500 VRⅡ18-55mm 東京ジャーミィin代々木上原

久しぶりに東京ジャーミィの1階トルコ文化センターで
「どうしてイスラーム?」というイスラーム基本の講習会(無料)があったので
ちょっと真面目にイスラームってどういう考えなのか知りたくて参加した。

この時期、紅葉に包まれるジャーミィ(モスク)が素敵で好き
ここでは何度か東京ジャーミィを載せておりますから
もう見慣れている方もいらっしゃるかもしれませんが
お付き合い下さい。

13時からの講習で行った時間が12時。
丁度お祈りの時間。
お祈りの時間を告げる「アザーン」が流れ聞こえて来て
もう鳥肌状態!
まるでトルコの街の中に居る感覚が蘇りました。



東京ジャーミィ2

お祈りの時間は入口のドアが閉められており
丁度ドアのアラベスク模様が観られてラッキー

オスマントルコ形式のモスクなので、まるでトルコなんですよ。



東京ジャーミィ3

代々木公園側から来ると、こうした後ろ姿が見られます。
トルコの旗がたなびいております。

ここだけ見てもトルコの街中か?と見紛う立派なモスクです。



東京ジャーミィ4

外観とはまるで違って、中はこんなに素晴らしい内装。
モスクが大好きな私としては
本当にここに来ると落ち着くのです。
2年ぶりだったと思うのですが
やっぱ年に1度はここに来て心を和ませてあげたいっ!

日本人の信者の方も多くなって来た様子で
何人もお祈りする為に中に入って行ってました。
あ、お祈りの時間は信者のみしか入れません!



東京ジャーミィ5

ドーム屋根の中はこんな素晴らしいアラビア書道が書かれております。

で、講習会で思った事はイスラームは特殊な宗教だと改めて感じた。
コーランをアラビア語で熟読し、何度も何度もその意味を研究し
規律を守り行動しなければならない。
アッラー(神)と自分との関係であって仲介者は存在しない。

:神は最も慈悲深く誠実に悔悟する者を許し寛容する。
 悔悟への正しい道筋は二度と同じ過ちを犯さない。
 誠実であり続け良心を磨き、そして罪を犯すことを遠ざけること。
 イスラームは継続して自己成長、自己浄化を求める。
 イスラームでは神は最も公平で、人は一人一人が自分の行動について
 審判の日に責任を取る。

審判の日に天国に行けるかどうか・・・
まるで古代エジプトの考え方に似ている。。



東京ジャーミィ6

ずっと疑問の1つだった事があります。
何故お祈りの時、男女に別れているのか・・・

とっても簡単な理由でした。
お祈りはご存知かと思いますが、何度も地面にひれ伏して祈ります。
「お辞儀」するような恰好にもなるでしょ?
そうすると前の人のお尻が後ろの人の目の前に来る。
後ろが男性で前が女性だとしたら?

あ、そうだったのか!
女性にとっては非常に嫌な事であり
男性にとっても困るでしょ?
目から鱗 だったッス・・


色々と質問が出ていましたけれど
相当の覚悟が無いと信者になるのは難しいと改めて思いましたね。
とにかく、コーランをアラビア語で読めないと始まらない。
英語や日本語で翻訳されたものは「コーラン」とは認めておりません。
翻訳された時点で翻訳した人の解釈がそこに入ってしまうから
自身がアラビア語で読んで理解するしか認めてないのですよ。
ISの人達はまともにコーラン読んでいないと思いますよ。

たまには講習会というのも良いものだわ。。


東京ジャーミィにて
11月26日(日)アラブチャリティーバザー  があります。
どなたでも入れますので、この機会に行ってみては?




にほんブログ村←&↓ポチッとナツメヤシ美味しかった・・・クリックね!


まともな東京ジャーミィ  

ジャーミィ1
NikonD3300 VRⅡ18-55mm  東京ジャーミィ

そうだった東京ジャーミィ知らない方も増えたんだったわ。。

東京ジャーミィは1938年、日本に非難してきたトルコ人によって建てられ
2000年オスマン・トルコ様式で建て替えられました。

だから、ここに来るとトルコ気分に浸れて私は大好きなのでありま-す
信者の方達にとっては唯一、心穏やかに祈れる場所でしょう。



ジャーミィ2

一日5回の正式なお祈り時間外だったら見学自由です
ただし、女性は髪を隠すスカーフ必須ですけどね。

私が行った時、ここで男性一人お祈りされておりました。
そういう時は撮影は禁止って入り口に書いてあったな。
入り口は風避けのガラス戸が設けられていて驚いた。
段々、ちゃんとし始めたんだね。
きっと人数も増えたんだろうから。。。

ステンドグラスから漏れる光が美しい・・・・・・



ジャーミィ3

ステンドグラスより私が美しいと思うのは
紺地に白で書かれたアラビア文字(書道)ですよ!

まるで模様のように書かれているこの美しい文字に魅了され
この字を書きたい!と思いもう10年以上?習っております。
未だに上達出来ず、とても難しいのでございます・・



ジャーミィ5

モスクに入って先ず私は上を見上げドームを眺めます。
写真だとただの円にしか見えませんが
ここはドームになっていて、モスク建築の特徴でもありますね。

中心の円の中にも文字が書かれていますが
あれこそ難易度が超高い書き方で、未だに挑戦出来ません!無理!

何度も見て撮っていると、段々自分のイメージというのが出て来る。
こういう風に撮ってみたい、とあれこれ撮るのですが
なっかなかイメージ通りに撮れないのも難しさの1つです。


そこで、やっちゃった1枚が・・・・・・
ジャーミィ6
NikonD90  (以前にも載せましたが再度登場!)

↑イスタンブールで超有名モスクスルタン・アフメット・ジャーミィ
通称ブルーモスクと呼ばるモスクの天井ドームです。

ブルーモスクと言われる割には実はこんなにブルーでは無いのですよ。
そこで、デジタル技を使ってちょちょっとブルーにしちゃったんだなぁ・・・
実際は赤茶色のタイルの色が強く、全体的に壁など茶色に見えるんです。
どーもイメージに合わず、現像で変えちゃったもんね~

東京ジャーミィはこんな技は使う必要無い位にブルーが濃いです。
あの濃い美しいブルーが私には落ち着く要素なのかもしれません。
まるで青空のように・・・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとネタ本当にナシ!・・・クリックね!


東京ジャーミィdeエフェクト撮り  

東京ジャーミィ1
NikonD3300 VRⅡ18-55mm  東京ジャーミィ

仕事帰り明治神宮駅から電車で5分位で代々木上原駅に行ける。
そこに東京ジャーミィ(モスクです)があり
1階のトルコ文化センターで開かれている講座作品展示に行って来た。
ついでにちょっと前使ったエフェクトモード(特殊効果)でモスク内を撮ってみよう!と。

↑’カラースケッチ’で撮ってみました。
これは「輪郭を抽出し色を付けスケッチ風に表現する」モードだそうで・・・


実際(元ネタ)はこういうの・・・・
東京ジャーミィ2
小さく載せました。。

比べて見ると、意外と面白い色使いのような気もするけど・・?
人物をこれで撮るとどんな感じになるのかな?
ちょっと興味が湧くわ。



東京ジャーミィ3

これもカラースケッチですが、可愛い感じになるんですね。

先週イラン人先生から装飾模様タズヒーブを習い、
途中で終わってしまった事をアラビア書道の仲間に話したところ
ここでトルコのテズヒップ講座があるから見てみたら?と教えて頂いたのです。
イランでは’タズヒーブ’ トルコでは’テズヒップ’と言うんですね。。



東京ジャーミィ4

前回も使った’↑セレクトカラー’ですが、設定が前のまんま?
ブルーを選ぼうとしていたのですがねぇ・・・
まだ操作が分らず。。。ま、いっか。
シックな感じになりました

こちらでの講座の方がイラン人先生の時よりお安いし
何よりジャーミィの下で出来るので断然良いに決まっている
日本人先生だから言葉が通じるしさ。。



東京ジャーミィ5

モスク内にはちゃんとクルアーンが置かれており
何時でも誰でも読むことが出来ます。
私もコレ持っております。

バックの文字は美しい書体で書かれております。
こういう文字こそ人の心を打つのだと思うけどね。

しかし、トルコ文化センター入り口に入って驚いたのは
ここはイスタンブールのお土産屋か?
と思うほど、土産類やトルコのお菓子が売っており
エジプシャンバザールに居る気分になっちゃったわよ
いつからこんな風に変わったのかしら??
お祈り用のカーペットも売っていたぞ。


ところで、皆さん年末でお忙しいらしく
「ネタ不足」のようで、ちょっと安心しています。
私も~~~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと大雪にビックリ!・・・クリックね!


東京ジャーミィ2 こぼれ話編  

モスク1
Nikon1 V1 10-30mm(以下も) 東京ジャーミィ

ネタ無いんで東京ジャーミィの続き。

’ジャーミィ’とは金曜礼拝が出来る大きさのモスクのこと、だそうです。
イスラムでは金曜日がモスクに集まって皆でお祈りするのね。

モスクツアーにイスラム・ビギナーさんお連れして参加したのですよ。
今回説明してくれた方は日本人のムスリム(イスラム教徒男性)。

↑1階のホール入った所に吊り下がっているランプ。
Nikon1でお試しだったのですが
ミラーレスの方が暗い所は明るく撮れて、良いかもしれない


モスク2

↑モスク入り口の木製のドア。
いつもは右側のドアは開けっぱなしになっているのですが
(誰でもいつでも入ってお祈り出来るように)
ツアーでは閉めて見せてくれました。

これよこれ!イスタンブールで数々訪ね歩いたモスクにも
こういう立派なドアがまず目を引くのよね~


モスク3

最近はイスラム諸国からの留学生も増えて
東大では50人位がお祈り出来る礼拝スペースを学校内に設けているそうです。
電車に乗っていると、アバーヤやスカーフで顔だけ出している女性を
多く見かけるようになった気がします。

新聞ではインドネシアやマレーシアからの観光客も増え
お店によってはイスラム食に対応する食事を出すなど
段々日本も受け入れ態勢が出来始めている記事が載っていた。


Nikon1の方が壁の白も綺麗に写るね。
うんうん、使えるじゃん


モスク4

↑ここの部分以前から撮りたかったの。暗くて・・・
これ、全部アラビア文字(スルス書体)なのでが
一番左側の文字というか文章さ、船のようなカタチに私は見えるのですが。。。
それとも壺のカタチなのかなぁ~?
面白いなぁ~と思ってね


イスラム教徒が日本人にも増えているように思います。
私の周囲にはそういう人達が居るので普通なのですが
食べ物に規制があるから大変だと思いますよ。
お祈りはお祈り用の絨毯敷いてやるのですが
その内日本でも歩道の端っこでお祈りする姿が見られるようになる・・・かも?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと私は信者にならないよ・・・クリックね!



東京ジャーミィ・チャリティーバザー2012  

ジャーミィ1
Nikon1 V1 VR10-30mm(以下も) 東京ジャーミィ

代々木上原にある東京ジャーミィの恒例チャリティーバザーに
3年ぶりに行って来ました。
以前は11月だったのに、いつしか12月になっておりました

相変わらず美しい佇まいで、惚れ惚れしちゃう


ジャーミィ3

マグネットのタイル。
イスタンブールを歩くと必ず見かけるお土産類です。
いくらだったか値段は分からなかったなぁ

手前の赤い色に文字が書いてありますが「アッラー」です。
「アッラー」はこのデザインで決まっております。


ジャーミィ5

これも恐らくトルコのCDかと思われます。
どんな音楽なのか、それともクルアーンなのかも分からず
ちょいと手が出ない代物ですな・・・

でも、こういう風に見るとまるでココは異国です。


ジャーミィ4

売り物というより’アート’って感じです。
3年も来ないうちに何だかグレードアップされているんですけど

1階のホールはアラブ・イスラーム諸国の食べ物で
そこで食べられるように椅子がずらりと並んでおりました。
けど、相変わらずものスッゴい人達が集まっており
大盛況でしたよ

アラビア書道も出していたけど別の建物で
それも知らないうちに移動していて驚くことばかりでしたな。。


ジャーミィ2
NikonD90 Tokina10-24mm(以下も)

やっとお望みの広角レンズでトライしてみましたけど
10mmでもまだ足りない

縦で撮ってもみたけど、横の方が目一杯入れられた感じ。。
このジャーミィはイスタンブールのよりちょっと小さいのね。
でも、立派なオスマントルコ式のジャーミィ(モスク)なのです


ジャーミィ6

2階の女子専用のお祈り場から。

絨毯が横長のデザインですが
あそこに皆さん横並びになってお祈りするのだそうです。
そういうことだったのかと始めて分かりましたよ


ジャーミィ7

10mmで撮ってもまだ足りない!その2

全景は撮れないんだと、ちょっとガックシです
でも、満足!!

モスク行きたい病がおとずれたのですよ。
イスタンブル女一人旅も今月末で3年経つことになります。
やっぱりモスクに行きたい!あの中に自分の身を置いて落ち着きたい!!
そういう病気が襲うのね、たまらなく行きたくなるのね

あぁ~、もっとモスクに行きたいっ!!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと独特の香辛料も好きかも・・・クリックね!


▲Page top