お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

アオジとマンサク  

アオジ1
NikonD5500 VR70-300mm  舞岡公園

凛々しいお顔のアオジ♂。
チチッと声が家の目の前の森の中からも聞こえて来ます。


8日、今年初出店だったJR大崎駅前。
「寒さの底」と朝の天気予報で言っていた。
貼るカイロと貼らないカイロを時間を追うごとに増やし
合計10個で対応したのですが
足元から来る寒さには耐えられず・・・・・



アオジ2

↑アオジ♀も直ぐ側におりました。
眠そうなお顔ですな・・


寒いと人は我々なんて眼中になく
ポッケに手を突っ込み足早に目の前を通り過ぎる。
空気の冷たさに人の冷たさが身に染みた・・・

寒さ我慢大会か?
ずーっと一緒に出した友人と励まし合いながら
お喋りしまくっておりました。

だって、1つも売れなかったんだもの!



マンサク1

↑くるくる~の赤いマンサクは今頃見納めかも?


お隣に居合わせたお店は
ナント!あの日本が誇るジュエリーのM社の工房出身者でした。
銀座四丁目の本店は未だに私恐れ多く入った事無いですよ。

そこの工房と言えば技術も最高ですからね~(と言われている)、驚きました。
その方は今は錫の箸置きで
全国50店舗に出しているスゴ腕オジ様だった。

私の商品を見て直ぐにピンと来たらしく
あれこれM社のお話をしてくれたのですが
大体はその実情で良い事は言わない。
批判ばかりでしたけど、大体オジ様職人さん達ってそうなっちゃうのよね~。
前回も同業者オジ様職人がグチっておりましたっけ。



マンサク2

元M社オジ様職人の言う事も分かる。
どうしても伝統ある工房って保守的になってしまうからね。
今時のやり方も取り入れないと遅れてしまう。

急速に作り方が変化しているジュエリー業界だけど
それについていける職人と会社がどれだけあるのか?
会社が育てないといけないのに、職人が頭硬いと進まない現状。

分かるんだけど、批判するだけでは変わらない。
そこに新しい人を取り入れていく社会をジュエリー界は努力して造るべきだ。
私は微力だけどこの世界を目指す若い世代を育てている。
オジ様達はそんなの「使えない」と切って捨てる事しか言わない。

使えるように会社で育てるのがオジ様達の仕事じゃなかったの?
上司がダメだったの何だと文句言うのだったら
何故変革をする努力を分かっていたオジ様職人達がして来なかったの?
と、私は言いたい。


スゴ腕なのは見て分かるけど
結局自分が生き残るだけの世界に入っているのは、
いかがなものか?と思ってしまう。
勿体ないじゃないか、その意気込みと技術が。


お客さんが全く見てもくれず1個も売れなかったけど
色々考えさせられた寒い寒い1日でした・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと疲れました・・・クリックね!




光のカーテン  

光1
NikonD7000 DX18-135mm  四季の森公園in横浜市

雨が降った翌日の日曜日。
朝靄が立ち込める森林公園をお散歩。

足元はちょっとグチョッとしているけど
空気が気持ち良く、鳥達の歌声が心地良い~~~

久しぶりに横浜の’四季の森公園’へストレス解消も兼ねて行って来ました。
神経も休ませてあげないとね



光2

神々しいという言葉がピッタリだね。
物凄いご褒美頂いた感じ。

贅沢な一時・・・



光3

ちょっとだったけど、紅葉の色付きが始まっていました。

お陰様で後頭神経痛は治まってくれました。
このまま出てくれるな!と願いたいけど
忘れた頃にやって来るのだろう。

そう、地震もそうでしたね。
朝の地震、横浜も大きく揺れましたよ。
直ぐに「津波」の警報も鳴ったから、こりゃヤバいぞと。
家の目の前の山の向こうは海だから・・・
それはYahoo!防災速報のアプリだったけど
緊急地震速報っての?は鳴らなかったですよね?



光4

今回は人的被害などは無かったようですが
津波が押し寄せて、3.11を思い出させました。
その映像を出先のお店のTVで見たのも5年前と同じ・・・
御徒町でランチしながら仙台の多賀城市の川が遡上している動画。

仙台に居る従姉にメールしたけど
普通にバイトに行っていた様子で安心しました~。

日本全土で大きな地震が起こるようになってしまった。
地球規模で見たら大したことではないのかもしれない。
人間なんて自然に勝てないのだから
もっとお互いに認め合わないと・・・って強く思いますな。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雪降るの?・・・クリックね!


里山の秋  

里山1
NikonD7000 VR70-300mm  舞岡公園in横浜市

ぽかぽか陽気の週末、久っさしぶりに里山へ。

紅葉が色付き始めているところがありました。
ま、本当にそれは一部だけでしたけどね。

青空バックに真っ赤なモミジは鮮やかで気持ちが良いものですね~。



里山2
DX18-135mm

でも、大体はこんな感じでまーだ緑がいっぱいって感じ。
もう少しすると、ここも真っ赤に染まる。

古民家と紅葉って本当に心の底からほっとする想いに浸れます。
自分の中のDNAが昔の日本記憶を呼び起こす、と言うのでしょうか・・・



里山3

煙は釜戸に火が入れられていたから。。

ここは、朝に火を入れお昼頃に消えたらお終い。
火の係の方が何人かいらっしゃるようです。



里山5

軒下には皮を剥いた柿が干されておりました。

良いよね、こういう光景って!
ここに来ると時間がゆったりと流れていて
心が落ち着くのです。

この日は若者達も加わって
里山のお掃除(?)や田んぼの耕しをしていた。
皆で里山を守っているんですね。



里山4

若い女性が餅つきをしておりましたが
力が弱い為か杵を下しても上げてもつかれているのかしら?って感じ

これは腰と杵の振り方がなかなか難しい。
でも、経験していた方が良いと思うな。

里山で働いていた人達に振る舞うのだろうか?
地域の協力が強いな、といつも思います。
素晴らしい。


ところで・・・・・・・
韓国の事は韓国の人に聞くのが一番だと思って
本当は留学生に政治的な話をしてはいけないのですが
ま、40代の大人(留学生)だし良いかと今の事情を聞いてみた。

マジで凄いですよ!
日本では報じられていない裏事情ってのがあって
それを知らいと何故あそこまで国民が怒っているのが分からないです。
「金・権力・女・男」のドロドロしたドラマが
かなり前から脈々と行われて来た結果、が今で
「やっとどうして?と思っていた事が1本の糸で繋がった」と言っていた。

書かないけど、その権力ぶりは凄いです。
黒過ぎて怖いです。
今時?と思うけど、これが現実なのだと思うと
国民の怒りと苦しみの気持ちは相当なものなのです。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと紅葉はもう少し先・・・クリックね!


舞岡公園で試し撮り  

花1
NikonD7000 AF-S VR70-300mm+クローズアップレンズ3 舞岡公園

やっといつも使うレンズ用にクローズアップレンズ3をGet!
とりあえず、70-300mmも同径なのでこっちで試し撮り。

↑クロバナロウバイ(アメリカ蝋梅):ロウバイ科 北米南東部原産
黄色の蝋梅とはかなり違うお姿。
全然透けないから蝋のようじゃないしね。。
咲き始めみたいです。



花2

↑桔梗:キキョウ科
もう咲く季節だったんですね。
ツボラーとしては、この蕾も結構好き。
風船みたいですよね。

鮮やかな藍色。
この花を見る度に頭に浮かぶのは・・・・

春は菜の花 秋には桔梗
  そしてあたしは いつも夜咲くアザミ

中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」っすね。



花3

ん~、木の花は苦手。
こりゃ何でしょうか??
↑ムラサキシキブのようです。有難うございました♪

小さい花もクロースアップレンズで、バッチリじゃね?



花4

ボケちゃってゴメンなさいね。
昆虫撮りも出来そうです。

ただね、これがボケちゃったように
ピントを合わせる距離がなかなか掴み難いのが難点ね。
それはNikon1V1の時もそう。
コツが要りますな・・・



花5

紫陽花も咲き始めておりますね。

ざっとの感想として、V1の時も思いましたが
意外とマクロレンズより、もしかしたら綺麗に撮れる・・・
ような気がします。

私はもうドアップ撮りはしないから
クローズアップレンズで十分だと思うな。。
いつものレンズにこれを持って歩けば一石二鳥



花6
VRⅡ18-55mm

↑古民家の中から見える新緑。
そして、風がとっても心地良い~~~


北海道で置き去りにされた7歳の男の子のサバイバルには驚いたし
本当に良かったと思いました。
たった7歳で生き延びる知恵を絞って、じっと待った。
親より立派だったね。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと梅酒造った・・・クリックね!


自然林を歩く  

公園1
NikonD3300 VR70-300mm 金沢自然公園in横浜市

金沢動物園の横に位置する植物区。
車で来た人達が駐車場からバスで来ると「ののはな館」を先ず通る。
「ののはな館」の裏にはシダ類等が生い茂る雑木林が広がっている。

噴き出る汗を拭いながら、その雑木林の中を歩く。
地域のタウンニュース紙に「ナンバンギゼル」が咲くという記事を見つけ
探し歩くのが実は目的だったんだけど
どこに咲くのかは当然記されていないからね。
でも、見かけなかったから終わったか違う場所だったのかも・・・

↑ヤマホトトギス なのかな?お初です。
鬱蒼とした山道にひょっこり咲いていた。
暗くてブレちゃったけど、こういう出逢いがあるから楽しいね~



公園2

↑コジャノメ かな?

ここ一帯はとにかく鬱蒼と木々が生い茂る山の中で
暗くて一人で歩くのは実は怖いのだ・・

だって!たまーに人が通ってもほっとんど男性(独り)だし
何が起こっても助けを呼ぶにも外に出ないと無理だし・・・
蜂も飛んでいるし、後ろをふりふりしながら歩くのも危険なんだぞ



公園3

歩道脇には色んなキノコが顔を出していた。
いかにも!っていうこの赤は毒気があって目を引くよね。


ところで・・・・・・・
北斗昌の乳癌で右乳房の全摘出の報道の次には
ナント、川島なお美(黒木奈々アナも)死去の報道。。。
立て続けで驚いたけどね。。



公園4

↑傘みたいだわ~。。

北斗昌の乳房全摘出は正解だと思う。
どの程度の進行なのかは分りませんが
私も片方全摘出しているので、その方が良いと思っています。

彼女の場合は恐らくTVの前のお仕事だから
癌治療の後、直ぐに再建するのだと思う。
だから長い闘いという言い方になるのかな?と。。



公園6

↑長~い滑り台(青いの)には長蛇の列が・・・

:胸より5年先10年先、生きる事を考えて。

その通り!だと膝を叩いたワタクシ・・・
胸は再建すればどうにかなる。
けど、命だけは再建出来ないからね。

川島なお美の事も考えると、やっぱり私も検査しないと。。
今年で5年経過したから検査しようと思っている内に
ゴタゴタ騒動があって、後回しになっていたけど
そろそろ予約を入れてみようかと思う。



公園7
↑くるくる~。。

もう腫瘍マーカーしか興味無い私。
他に癌が出来ていないか、が心配なんですよね。
検査ってやっぱり嫌だけど、やらない方が怖いと
よく友人が言っていたっけ。
私もそう思うもの。
皆さんも、検査はした方が良いです。

特に女性はマンモグラフィー&エコー検査はやった方が絶対に良い!
それでも私は写っているモノが何かが1年間分らなかったのですよ。
しこり&痛みも一切Nothing!
ただ、マンモで挟まれた時に何か液体が出てたけどね。
医者も首ひねりっ放しだったもんなぁ~


より良く生きよう!と思って来ていたのに
ここ2年ほどの私の仕事運の無さはどうよ??

楽しく生きなきゃ!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと急に寒い横浜・・・クリックね!


▲Page top