FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

エナガ

野鳥1
NikonD5500 VR70-300mm  

久しぶりにエナガを撮影しました、というか証拠写真ね。
この公園では以前オオアカハラに出逢っておりましたっけ。
そっちまで行こうかとも思ったけど、エナガ追っかけていたら満足しちゃた



野鳥2

トリミングしました。300mmじゃ無理だわ。。

頭上のお歌につられて追っかけて歩いているというのは
超久しぶりの感覚で、何だかワクワクしました!
そうそう、こういう感覚が楽しくて野鳥撮りしていたんだ!と思い出しましたよ。



写真集

11月新宿のオリンパスギャラリーへこのブログで知り合った
「Silver Blue」の野鳥カメラマン・水中伸浩氏にやーっと初めてお逢いして来ました。
↑が彼が今年初出版した写真集です。(初版本サイン入りです、アハハ!)

水中氏(のブログ)に出逢わなければ私は野鳥撮りも昆虫撮りもしていなかったと思う。
私の中では「師匠」と呼んでおります、はい。



野鳥4

お話を伺っていると「作品造り」というものが写真でも私のような立体のモノ造りと
似たような過程を経てシャッターを切るのだと分かりました。
つまり、まず頭の中で撮りたいイメージをデザインし
そのイメージに合う場所等をじっくりと探し選び(それも大変だと思う)
「その時」を狙って待って待って撮って撮って・・・(だと思う)

自然相手なので思うように撮れなかったりする訳で・・・
撮っても「違う」と思う事も多いのかな、と想像しました。

カメラという’道具’で自然や生き物と対峙し撮る、というのはかなり難しい要素が加わり
その1枚に込めた想いを’表現する’というのは、我らのような素人とは視点も次元も違い
被写体の圧倒的な姿に息を吞むほど美しい世界を醸し出す。
プロの持つ「目」の凄さを強く感じました。

何かね、お話伺って恥ずかしくなりましたよ、こんな写真撮っている自分が!

最近の彼の行動で驚くのは、街中の川でゴイサギとか撮ったりもしているのですが(そんな事もするんだ!)
相手の野鳥が水中さんを嫌わず、頭にカモメが止まったりするんですよっ!!
好かれているのよ、野鳥達に!!
何か心が通じていたりするんだろうなぁ~、凄いよね。。



野鳥3

こんな写真撮っているようじゃ、ダメダメ!

私は私でアラビア文字とそのジュエリーを世の中に生み出し
アラブ人も驚くような世界に通ずるジュエリーを造ると想いながら製作しているんだけどね。
まだまだ、ですよ。
もっともっと高いレベルを目指していかないとね


ちょっと早いけど、今年はこれで〆とします。
不定期更新で間が空いたりするブログですが、
お付き合い頂き有難うございました~

2021年はコロナが落ち着いてくれることを願って・・・
皆様、良いお年をお迎えください


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと箱根駅伝気になる・・・クリックね!


アオバト

アオバト1
NikonD5500 VR70-300mm  大磯

7月ももう終わりだから7月に撮ったものをアップしないと!
ある週末、照ヶ崎海岸へアオバトを見に3年ぶり?に行けました~。
この日は晴れていたけど、富士山はうっすらしか見られなかった。。

バズーカ隊は以前来た時より少なめ。
アオバトの飛来がまだ少ないのでしょう。



アオバト2
(トリミング)

この照ヶ崎海岸のこの岩に丹沢の山からわざわざ飛んで来る。
そして海水を飲む。
海水に含まれるナトリウム・カリウムを摂取すると言われているらしい。

私の300mmじゃ遠すぎます。
私は歩兵隊で気楽なものです。
バズーカ隊にいつも遠慮しながら撮っている。
この時だってそうしておりましたさっ!



アオバト3

波が打ち寄せると一目散に逃げ飛ぶ!!
なかなか岩に降りない事の方がこの日は多かった気がします。
と言っても私が滞在した1時間位ですけど・・・

で、二つ隣の三脚バズーカ・オヤジが突然・・・

「どけっ!」

と私をド突いた!!
ナニッ??!!!
アンタの土地か?
ちょっと私が視界に入るからと言って「どかす」ってどういうこと?
お前がズレるだけじゃね?普通さっ!

私は手持ちなのだから、居座る訳じゃ無いの分かっているのに
そんな態度とるって、もう呆れるというか「バカじゃね」と。。
だって、どーせソヤツは三脚置いて居座る訳だから
何度だってチャンスはあるでしょう?
どんだけすんばらしい写真撮るオヤジなのですかね?



アオバト4
(トリミング)

アオバトの嘴って水色しているのよね~。
今回はそれがあまり撮れなかった。
バカ・オヤジのせいで何だか撮ることさえアホらしく思えて来て・・・

プロは絶対人をどかしてまで撮るような事、しないでしょう?
哀れなオヤジです。

日陰で寝ている旦那の横に座って
アオバトのショーを眺めている方が心落ち着いて面白い。
彼らの行動って、不思議です。
海岸に居た普通の土鳩に集団でちょっかい出したりしてました。



アオバト5

この人は違います。

撮影マナーって何でしょうね。
実際にド突かれたのは初体験でしたけど
やっぱり三脚バズーカ隊って好きじゃない。
全員がそういう人だとは思いませんよ、もちろん。
だけど、集団だと怖いです!ハッキリ言って。
誰もそういう人を注意するのを見た事が無いし・・・



気を取り直し・・・・・・・
ほおずき

里山で見かけた鬼灯。

日曜日(29日)は国際フォーラムの「手作り市」に出店してました。
台風の次の日で午前中は急に雨が落ちて来たりが何度もあったり
急に風が強く吹いたりして、カバーしたり外したりで忙しかったです。
午後は晴れて気温が上がり、暑いは人来ないわで肩透かしでした。。

でも、こういう時って出店者さん達との交流が思わぬ出逢いになったりする。
そういうのって大事だなぁ~と思っております。




にほんブログ村←&↓ポチッと今週末は関内駅チカアート市・・クリックね!


ジョウビタキと福寿草

ジョウビタキ1
NikonD5500 VR70-300mm  舞岡公園in横浜市

↑ジョウビタキがタシギのシマにやって来ました!

こっち向いて~~~っ!
オスかしら??

(↑↓トリミングしています)


ジョウビタキ2

あれ?お嬢だった・・・??
どっち?
若いオスなのだろうか??

ま、どっちでも良いけどこれ以上良いポーズしないで行ってしまった


世の中三連休ですけど
全く関係無く、お仕事&確定申告に向けて奮闘中!
毎年の事ですけど、数字苦手の私には頭痛いシーズン。



福寿草1

↑福寿草:キンポウゲ科が咲いておりましたよ~。
春は近付いている・・・とは日本海側&北国の方達は思えないでしょう。
九州も雪降るし、春はまだ遥か遠い・・・

冬季オリンピック、政治色臭くって何か純粋に楽しめない所があるな。。
あちらも寒過ぎで選手達が気の毒で。。
今後冬季のオリンピックはアジア以外で開催した方が良いような気がする。
良い環境じゃないよな、オリンピックするには。。


福寿草2

確定申告準備しながらもう2月に入り
1月から始めたアラビア書道のワークショップで忙しく
全くジュエリー製作が出来ていないっ!

あれもこれも同時に出来ないお年頃になってしまい
時間が足りないと思うような今日この頃・・・

考えてみれば新しい事を始めてまだ1年半だから
かなり貧乏まっしぐらで正直苦しい。
お金がかかるんよ、何事も始めるって!!
それにエネルギー消費も激しい・・
いつ回収出来るのか出来ないのか不安を抱えながらって
若い時と違う焦りを感ずる・・・・・・・

そんな確定申告なのだった。。。




にほんブログ村←&↓ポチッと課題がいっぱい!・・・クリックね!


モズとワークショップ

モズ1
NikonD5500 VR70-300mm  金沢自然公園in横浜市

ちょっと間がまた空いてしまいました。
ちょこちょこ仕事で出掛けてはいましたが、カメラ持って行く状態じゃなく・・・

野暮用帰りにちょいとチャリde楽園へ行ってみました。
ジョビお嬢に会いに行ったのですが・・・
来ていたのはジョウビタキではなく、もうちょい大きい。。

↑モズでした!(↑↓トリミングしています)



モズ2

いつもジョビお嬢が来る場所にモズも来るとは思いませんでした。
ここではお初にお目にかかりました。

ううっ、逆光で苦しい・・・
しかも、私を嫌がって近付くと逃げて行くし・・・



モズ3

手前の枝がぁーーーーーー!(ノートリミング)
でも、これ以上動くと逃げちゃう。
と思いながら動いた途端に行っちゃったぁ~

寒いから?シロハラの姿も見ず・・・
日陰はまだ雪が残っていたこの山。
バズーカ隊も私が行った時は一人もおらず。。

でも、モズに逢えただけでも嬉しかったですぅ~~~



ところで・・・・・・・・・・・・・・・
ワークショップ1
VRⅡ18-55mm

私お初のお仕事。
アラビア書道のワークショップ第1回を埼玉の与野駅から徒歩5分の
住宅地の中にあるドバイ・アンティークカフェさんでやって来ました。

募集6人で6人埋まったのですがインフルで1名キャンセル。
5名から始まったのでございました。

生徒さんの一人が頼んだ↑マテ茶。
頑固シリア人シャフのお店なのに、何故マテ茶があるのか分かりませんが
金属で出来たストローの先は葉が入らないように穴が空いていました。
ブラジルの飲み物じゃ??今度何故あるのか聞いてみるか・・・



ワークショップ2

壁に立てかけているのが私が書いたこの方のお名前。
「アラビア書道で名前を書こう」というワークショップで
とにかく、私初めての事でアタフタしましたけど
皆さん何とか書き上げて下さり、一応成功だったかな?

リピーターも出まして、2回目も行います。
このまま人気になって続くと良いのですが・・・
ただ、遠い!!
家から2時間はかかる。。
なのに、私と同じく横浜から参加された方もいらっしゃいました。

上野駅過ぎたら雪国か?と思うくらい残雪が凄かった
埼玉は寒いっ!ビックリしました。

次回からイケメン・シリア人シャフのアラビア語の発音指導付きになるので
私的には凄く有難いっ!
もし、興味のある方はFacebookで探してみてね。
美味しいランチ付きで~す




にほんブログ村←&↓ポチッとシリア料理美味しいよ・・・クリックね!


ガビチョウ

ガビチョウ1
NikonD5500 VR70-300mm  横浜

ベランダde野鳥撮り。

ある朝、ベランダで洗濯物干しをしていたら
やたらと近くでイソヒヨドリの歌声とはちょっと違うあまり聴き慣れない
何というかちょっと変わった歌声が聞こえきた。
長く歌うので、作業を止めてその主を探してみたら
ちょっと黄色い。
ムムム・・・もしやガビチョウでは・・?

急いでカメラを構えました。
全てノートリミングです。



ガビチョウ2

ガビチョウ(画眉鳥):チメドリ科 特定外来生物。侵略的外来種ワースト100選定種。

中国南部から東南アジア北部にかけて生息し
日本にはペット輸入され、それが逃げただの放鳥したとか色々。。

鳴き声が大きく、とにかく長かった。
イソヒヨドリ的な歌に誰かの歌声を足して独特の歌にしたって感じ?

我が家ではイソヒヨドリ君はスズメより身近な野鳥で
よくベランダにやって来てお歌を聴かせてくれる。
だから何か違うなぁ~と思っていた。

その鳴き声が中国では心地良いらしく競わせたりするらしい。
ん~しかし、あれは煩いというか美しい歌声とはちょっと言えないかな?



ガビチョウ3

メジロ君のように目の周りに白い縁取りがあって
それが後ろに流れているのが特徴ね。
昔のヤマンバ(ガングロ?)的な目っていうの?

あの歌声がガビチョウって分かってから
何となく前から目の前の山の中から聴こえていたように思う。



ガビチョウ4

そしたら、あら~もう一人やって来たじゃん!
2羽、お友達?カップル???
その後、それぞれ別れて行ってしまいましたとさ。

残念ながら特定外来生物だから’野鳥’とは言わない、らしい。。

まさかベランダで撮れるとは思ってもみなくって
しかも、お初だったのでラッキーな朝だった(私には)。。




にほんブログ村←&↓ポチッとこれから野鳥撮りの季節・・・クリックね!