FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

新型のうつ病って・・・

キリン

先週末の土日曜日の朝○新聞に「うつ病治療のいま」と題して最近の「うつ」とその治療について書かれていたを読んで、あれこれ考えてしまった。

最近の「うつ」は「仕事中にだけうつになるような新型(非定型・自己愛型)の患者が増えた」とか。部署が変わったことで、人とうまくいかないのではなく単に気に入らないことから起こる―らしい。そういう人や恋愛など人生相談的なことで精神科にかかり、クリニックはパンク状態なのだそうだ。

なんでも「うつ」にしてしまえば自分は病気だと思えることに逃げてはいないか?病気を他人や会社のせいにしがちらしい。人生的な相談はカウンセリング・ルームに行って欲しい。もっと重篤なうつ病の人に治療時間を譲ってあげて欲しいよったく

以前からワタシはこちらではなく「いいじゃん、ポタポタで」の方で<薬だけの治療だけでは「うつ」は治らないと思う>と主張していますが記事でも薬だけの治療を受けた女性が「うつの根本的な原因を話していかないと、本当の治療はできないと思う」と述べています。

その通り!ワタシもずっとそう思って薬と簡単な医者との会話だけでは全く良くならなかった。結局受診して4年目にカウンセリングも平行して治療を始めたのです。それでやっと回復出来たのだもの。

精神科医の片田珠美・神戸親和女子大教授が「うつ病治療は、精神療法を通じ、親との葛藤など自分の負の部分と向き合う事も大切だ」と述べておられます。そうでしょう?その通りよ全く。ワタシの経験からもその発言は実感出来ますね。

親と自分と向き合っていかないと回復はなかなか難しいと思う。だけど、それを限られた時間の中で治療をしていかなくてはならないのは大変だと思う。5分や10分では話は終わらないからね。ワタシのようにクリニックの中にカウンセラーさんが別に常駐されている所って少ないだろうし・・・もう少し医療機関の態勢が整わないとうつ患者は増える一方だし、治療に不満を持つ患者も減らないと思うな

「うつ」になって何年もかかっている人がどれほど多いか。薬だけでは回復し辛い「うつ」と薬でも回復する「うつ」の違いは、どこにあるのでしょう?一時的なものか、根が深いのか・・・だろうか。

自殺願望が伴うし、放っておくことは出来ないからとにかく「苦しい」と思ったら精神科には行って下さいね。人生的な悩みはカウンセリング・ルーム。勝手にワタシはそう別けていますが、正しいのかは怪しいので医者に相談はしてみてね