お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

ハーブ  

チコリ
チコリ(キク科)  NikonD70s AFマクロ60mm

チコリ・・・軟白の若葉はほろ苦くサラダに。根は煎ってハーブコーヒーとして利用(と書かれていた)

また出たよ「軟白」。柔らかく若いっていう意味なのだろうか?
ハーブコーヒーって、あるの?ハーブティーの間違いじゃないかと思ってしまう。だって、フレーバーコーヒーなら分かるけど、ハーブのコーヒーよ?聞いたことないな私は。

ハーブ園の書くことだから、きっと一部の愛好家達の間では有り得ることなのかもしれない。でも、コーヒーはコーヒー豆から挽いたものを頂きたいなぁ。根を煎ってコーヒーになるのだろうか?

ハーブって嫌いじゃないけど、好き嫌いはどうしても出てくる植物ね。香りが好きかどうかだからね。

夏はどーしても「ミント」なのだ私は。クソ暑い中ではあの爽やかさは欠かせない。だから、ミントティーがあったら熱いの頂きますね。モロッコの思い出だから少し砂糖を入れたりしたら、もっと良いかも。

モロッコ・チュニジアでは甘いミントティーが非常に美味しく、あれがふるまわれたら途端に旅の疲れも吹っ飛ぶのさっ

パスポート  

カールドン
カールドン(キク科)  NikonD70s AFマクロ60mm

カールドン・・・軟白にした葉柄を茹でて食べる そうだ。
「軟白」にするって何だろう?

パスポートを申請し受け取って来た。以前のパスポートより、あれ?分厚い。真ん中のページあたりに厚いものが挟んである。
「この旅券にはICチップが内臓されています・・・」
お、これがそうか。でも、何故こんな真ん中に付けているのだろう。一番後ろだと何かヤバいのだろうか。開き難いとか?

それにしても顔写真。どーしてこんなに色褪せて張り付いているのぉ?スピード写真ではなく、わざわざカメラ屋さんでスッピン顔で撮ってもらった。シミが思い切り写りこんでいて、すっげぇショックだったけど、これが我が現実の顔だと言い聞かし10年経っても大丈夫なようにしておいたら、すでに10年後みたいな写真がそこにあった。見事にシミが消えており、ちょっと嬉しい気もする。でも、なんか複雑・・・

海外に行く当てなど全く無いのだけど、持っていて損は無いもんね。
何時でも行けるという気分が良いのだよ

もうダメ「Lの世界」  

キフゲットウ
キフゲットウ  NikonD70s AFマクロ60mm

ボーッとテレビの画面を見ていたら見慣れた女性達が・・・アメリカのレズビアン・ドラマ「Lの世界」のシーズン3のレンタル開始だかの宣伝だった。前からこの話題はしてきましたが、シーズン2の2巻まで見て、もうダメ!これ以上お金出して見る気が失せた

友人がビアンになっちゃってその世界を知ろうと思って見始めたんだけど、何だかドロドロしてんだよねぇ人間関係が。
浮気しただの嫉妬だの彼女がいただのオンナの部分を見られただの(?)・・・
気が合ったら即刻「やっちゃう」のもあの世界独特なんだと思う。友人の様子見ていてもそうだもの。ビアンと女友達との違いは「やらない」といられない―ものみたい。

SEX関係の話だったら「SEX AND THE CITY」の方が断然面白い!
まね、一応私はストレートだし結婚しているし(関係ないか)異性との恋愛感情の方が見ていて入っていける。
シーズン1の最後なんて、もう爆笑もの。だって、アンタは宝塚か?と思うような男装する女が出てくるんだもんなぁ。でも、その仕草は男そのもの。ちょっとビックリするけど、どーしても笑える。そんなのとくっついて幸せなのか?幸せなんだろうなぁ~。わからんね。

その時点で私は降参したのさ。やっていけない・・・
友人ビアンの相手は既婚者でそんな男装なんてしていないけど、あのストーリー的な世界にいることは確かだと思った。やはり私は友人を見守るだけだと・・・

それが分かっただけでも、いっか

イヨッ!  

虫
NikonD70s AFマクロ60mm

この子ってよく道端で潰されているのを見かける。
この姿見ても、何だか不器用な気がする。


授業の後半全部休んでいた子達が補習では毎日登校している様子。補習は4~5人しか来ない静かな教室。その方がその子達には精神的には良いのかな?休んでいた日々って一体何していたんだろう?心に病を抱えているんだもの、治療に行っているのかと思ったけど行っていないらしい。

心のバランスを取るってトラブル抱えていると難しい。学校離れてバランス取っているのだとしたら、じっくり自分と向き合って治療に専念するのが将来的にも良いんじゃないかと思ってしまう。何故真剣に治そうとしないのだ?自分の為なのになぁ。

ま、元気そうだったのが何よりか・・・

何よ!  

カニ1
NikonD70s AF24-120mm3.5D
東京野鳥公園にヒマ潰しに暑い中行ってみた。

あそこは超望遠レンズをバッチリ装備したカメラマンが闊歩している所。
そんなマニアじゃないし、たまに行ってはセンターに置いてある望遠鏡で覗いては野鳥に出遭えて超喜んでいる程度が良いのです。

今回はコチドリちゃんを多く見かけて、その足の動きにラブリー
でも、あんな小さい鳥はもう専門でお撮りになっている方にお任せですよ、チェッ!

そんな望遠を持っていない貧乏人は干潟に行ってカニさんと戯れるのがお似合いさっ!
カニ2
足に毛が生えていますよ。干潟の足場でじーっと穴から出て来るのを待つのです。
やたらと歩き回って驚かせてはいけない。「待つ」のだったら120mmレンズの私でも出来る!

野鳥は撮れないけど、地べたで生きている者達との出遭いは楽しいものさっ

バッシフロラ(トケイソウ)  

バッシフロラ1
NikonD70s AFマクロ60mmF2.8D

トケイソウの仲間らしい「バッシフロラ」(「くりはま花の国」の続きね)
RAW撮影してCapNX2お試し版で基本的なものをいじくってみて、まだ途中だけどJPEGに落とすのってどうするのかな、と思ってTryしたらフォルダ全部がJPEGになっちゃった。
ゲゲッ!まだ全部現像途中なんだけど・・・

まね、こんな感じでデジタル音痴トンマな奴なのですわ。
せっかくのトケイソウのデラックス版みたいな花ですよ。もっとキッチリ現像したいもの。でも、時間かかるから載せてしまいました。

この子は去年初めてお遭いしました。これも摩訶不思議な花ですよねぇ。
紫色が鮮やかだけど、この糸みたいなのは花びら?雄しべ雌しべ?
もう謎だらけの魅力たっぷりのお花なのであります。
益々惚れてしまうのだ

トケイソウ  

トケイソウ1
NikonD70s AFマクロ60mmF2.8D

気を取り直しで再度「くりはま花の国」へ暑い中出向いた。世の中3連休だったことを忘れ、火曜日は振り替え休園だったのだ。
どうしてもトケイソウを撮ってみたく、汗だくで「ハーブ園」までのアップダウンを歩いたさ。無料なのよね。

ハチさんがブンブン飛んでいる所をカメラで構えるって、超ビビリまくり!これが唯一ピントが合った1枚。ハチさんは夢中で蜜集めに忙しいんだけど、いつこっちに向かってくるかと思うともう怖くって腰が引けてブレまくりよ

トケイソウ2
オレンジの実が沢山生っていました。この横からの眺めが好き。すごい立体的で、これが「花」だとは信じ難かったね最初見た時は。

「くりはま花の国」は5月のポピー、9月のコスモスの壮大な眺めの時以外に行ったのは初めて。ハーブ園だけに行くっていうのは、まず有り得ないこと。それだけこのトケイソウに恋している私。
それと、足湯にも興味があり見学者がいないので独り占めして来ました

マクロレンズ持っていて良かったと思った。仕事以外で大いに活躍してもらうぞ

マクロレンズのお出かけ  

横ヘメロカリス
NikonD70s AFマクロ60mmF2.8D  ヘメロカリス

マクロレンズって仕事で作った商品(たまに自分の作品)を撮る為だけに買ったものだった。たまにベランダのものを撮る位で、外で撮影なんてしたこと無かったです。そういう発想も出ない。「家で使うレンズ」「小物を撮るもの」でずーっと定着していた。

でも、それって違うかも・・・と思い始めたのがこの1~2週間って、普通おかしいと思うでしょう。マクロって花の撮影にはもってこいのレンズ。頭では分かっているんだけど、買った目的が仕事用だったからそこから動かない。頭が固まっている、信じ難いが・・・

で、昨日ふっと「トケイソウ」を撮ってみようと思い立ち「くりはま花の国」に暑い中出かけて来た。初めて外での使用だ。ワクワクしながら駅から汗だく20分歩いたのに、ナント「休園」だった・・・
マジ?だってホームページにはそんなこと書いていなかった・・・
悔しいので、とにかく園内を歩いて花・花・・・と見つけたら撮ることにして撮ったのが上の写真。
自分を三脚にして・・・と構えるんだけど、グラグラ動く。

難しいんだね、マクロレンズって。何枚も撮ったけど、ブレブレが多いしピントがズレているのも多い。
初めての外撮影は、お勉強会みたいなものだった

コンデジでの花火  

花火3
横浜国際花火大会の花火をコンデジで撮ってみた。オリンパスμ780
こういう所に重い一眼レフ担いでは行けないなぁ。でも、コンデジだとこんな感じになっちゃうし・・・シャッター切るタイミングが難しい。

花火4
雰囲気だけでも伝われば、いっかって感じ。色付きの花火が上手く撮れないのよねぇ。色付き花火の方が絵になる。

でもさ、花火は撮るものではなく「見る」もの。一瞬の華やかさを味わうんだもの、カメラ通してなんて、もったいない

蓮の続き  

蓮1
横浜三渓園の続き。普段は私有地の為入れない所を特別にハスの為に開放してくれていました。そこからだとこのように五重塔がバッチリ納まるのですよ。

蓮2
植物に疎い私なのでよく分かりませんが、ハスの花びらが1枚だけ葉に落ちていたりしますが、こうして離れていくのでしょうか?

蓮4
葉がくるくるっと巻いているのは、葉がこれから開く前なの?
ホントに無知だからこういう時に困ってしまう。すごく面白い形だなぁと思って。

自然のカタチって素晴らしい。ただただ見惚れてしまう

三渓園の蓮  

ハス1
ようやく私が撮ったハスの花です。
前回は頭爆発していて怒りのブログで申し訳なかったです。
D70s AF24-120mm を担いで自転車で1時間15分。朝から暑かった

こういうのは望遠でもっと寄って撮りたいな。120mmではこれが精一杯。
水滴がハッキリ撮れない。

ハス2
虫みたい。面白いなと思って・・・

トンボ1
トンボが沢山飛んでいました。

やっぱり望遠レンズが欲しいな。55-200mmのレンズ価格.comで見たら結構安く手に入るんですね。初めて知りました
ネットで買い物って滅多にしないものだから今までそういうサイト見てこなかったです。

走行距離:44.51km 暑かったけどもっと走れそうだった

嫌なオヤジ!  

朝6時から横浜の三渓園がハスの花の為に開園すると知ったので早起きして行こうと思ったのに寝坊した。起きたの7時半。ああ~早くぅ~。急いで自転車にまたがり飛ばした飛ばした!でも寝起きじゃ足に力が入らぬ。9時に着いた。

もうアマチュアカメラマン達は悠々とカメラを構えて撮っておりました。で、普段は私有地で入れない所も開放してくれ存分にハスの花を堪能出来ました。私も急いで仲間入り。

ところが、あるオヤジが「上手く撮れた?」と声をかけてきた。そこまではよくあること。だがそのオヤジは私が撮ったものを見せろと言う。ナンだよ、と思いつつやんわりかわした。そしてまた私が構えると・・・
「何撮ろうとしてんだっ」とちょっと怒った感じ。
「いや、これを・・・」
「何言ってんだ。あそこのハスの2枚の花に遮光(斜光?)が当たっているだろう。アレを撮らないと。ほら、よく見ろ!」と怒鳴り始めた。
何様のつもりなのか。そして、ナント
「どれ、貸してみろっ」
と、私のカメラを掴んでパシャパシャ撮りやがった。それがこの写真↓
ヤなオヤジ
だから120mmレンズじゃ遠いの!それに私には興味無いことだったし・・・彼にとってはこれが良かったのかもしれないけど、それを人に押し付けるってどういうこと?

人によって興味や撮りたい対象って違うと思う。それをあれこれ怒鳴ってまで押し付けるお節介オヤジには呆れた。レンズだって人それぞれ違うのだから、その範囲で撮りたいのに・・・

オヤジは私のカメラで撮って遠いというのが分かったらしく、もごもご言いながら向こうへ行った。
バーロー、朝から気分悪いぞっ

自慢するオヤジカメラマンって大っ嫌い!

次回に私が撮った写真を載せますね。プンプンッ

アサガオ  

アサガオ
昨日歩いていたらあまりにも見事なアサガオを見つけたので思わず寄って寄ってしまった。
やり過ぎ?かしら

でもね、写真じゃないと花の中って分からないでしょう?こんなにつっこんで見れないし・・・
こういうのがコンデジの出番なんだけど、マクロでキッチリ撮ってみたいもの。三脚ないと無理でしょうね。
それが面倒なのだ

シュワッチ!  

ウルトラマン
横浜にウルトラマン現れる!でも、あらっ?ランドマークタワーより背が低いのね。

9月公開予定の「大決戦!超ウルトラマン8兄弟」だったかの舞台だか一部だか横浜のここ日本丸メモリアルパークなどで撮影されたようです。で、日本丸の横にちょこんというよりドシッとウルトラマンが仁王立ちしております。

ここから横浜駅まで炎天下を帽子も被らず真昼間歩きました。あぢぃ~。30度は有に越えているであろう1時頃、外歩く人も気持ち少ないかも。
赤レンガ倉庫
ガラ~ンとした赤レンガ倉庫。こんだけいないとさらに照り返しがキツくって余計に暑さを感じてしまいました

東京ジャーミー  

正面から

代々木上原にある東京ジャーミーを歩道から眺めたショット。ミナレットがすっくと真っ直ぐ空に向かっている感じが何かカッコイイ。
オスマントルコ様式建築なので、ここへ行くとトルコに行った気分に浸れます。
D70s 18-70mmレンズ

それにしても、連日の熱帯夜で今朝は頭が痛い。よく眠れないからかしら?これから仕事に行くのに大丈夫か。しかも、今日は学生の成績をつけないとならない。一番悩む日なのにぃ・・・

心に病を抱えた子達は今日は来てくれるかな。
2年生は就職活動で忙しいようだ。どんな未来が待っているのか、不安で揺れている様子。

一人で仕事をしていた時には味わえない世界。これから羽ばたく若い人達と接するというのは、自分にも刺激的。眠っている細胞が動き出す感じがして、私も頑張ろうという気にさせてくれる
だけど、今日はお腹の調子も悪い。トホホ・・・

ミナレットと冷静と  

ミナレットとオベリスク

イスタンブールのスルタン・アフメットジャーミー(ブルーモスク)を向かい側のトルコ・イスラム美術博物館から眺めたショット。6本のミナレットがこのモスクの特徴の一つ。普通は4本です。この角度でこのようにオベリスクも入れて撮れるって、私的には感激だったんだけど。

正直、この旅行が初めてのデジ一眼レフD70sのお試し撮影だったのだ。レンズはキットで付いていた18-70mm。大体ね、銀塩からデジタルって移行すらどういうことなのか画面見るまでは分かっていなかった。もちろんコンデジは持っていましたけど、一眼レフとなると10年のブランクがあったものだから感覚が戻っていない。って今でもか。とにかく、その時買えるこのカメラを手にしたのだ。

18-70mmレンズでは物足りなかった。オートフォーカスレンズも使用出来るって気付いたのが最近だもの、それからは以前に愛用していたAF NIKKOR24-120mmレンズを常用。
D70s

キメラさんのコメントを頂いてD60へのお熱が急激に冷めて、今冷静に何故そんなにコンパクト軽量に気持ちが奪われたのか検討してみたのです。この写真のセットを料理用の量りで重さを量ってみたのです。そしたら、1300gあったの。1kg越えていたのよねぇ。そりゃ重いさ。

これで気軽にカバンに入れてあちこち出かけよう・・・という気持ちにはなれないわさ。特に私は自転車で移動するので、これでは重過ぎ。それでD60が急激に浮上したのだった。

でも、、キメラさんのおかげでだったらレンズを軽いのにすれば良いのでは?やっと軌道修正出来てきました。そうさ、レンズを軽くすればD90が出たってそれで済むではないか!!レンズを検討するか、D90が出るまで待とうかとやっと落ち着きそう。
キメラさん、ありがとう

無駄なことをしなくて済みそうだわ

エコバック  

エコバック

D60はキャンペーン中らしく、ヨ〇バシに行ったらこんなD60エコバックをもらって帰って来た。

ま、これを使うかどうかよりこのカメラを買うかどうかなのよね。D40と同じでAF-Sレンズしか使用出来ない制約があるということが分かっただけでも、お店に聞きに行った甲斐があったかな、ってそんなの今頃知ったの?って感じ。

色んなカメラがあって色んなレンズがあって、そうしょっちゅう製品をイチイチ吟味する日々を送っているワケでは無いし、しかも急に興味が湧いたとなると知らないことだらけの世の中なのだ。特にデジタル奥手の私には頭使うことなのさっ!

大体D70sだって使いこなせていないんだから、世の中について行くだけでも大変なのよ。ホワイトバランスだって皆さん使えているのかなぁ。未だに何が適切なのかその場の判断が分からない。D700のトークショーを聞いていてもホワイトバランスの話は出ていました。それは写真を見ながら何にしているか、といったことだったんだけどね。
トークショー

ボケた写真でごめんなさいね。こういったプロの説明を聞くのは参考になります。たまにはトークショーも良いなと思った次第です。あ、前回のD700発表の時の続きのお話です。

D90は多分手にするだろうと自分の中では思っているけど、値段が落ち着くまで待つだろうなぁ。ま、それも仕様見てからだけど。それまでにお金貯めてお勉強して何をどう撮りたいのか、少し自分の中で固めていきたいな

その前にD60をどうするか、だな

D700発表会へ行ったけど・・・  

D700-1

恵比寿ガーデンホールに新作を見に行って来た・・・というより無料の展示会がどういうものなのかというのとCaptureNX2の説明を聞きたかったといことで仕事帰りに寄ってみた だけ。

だって、D300も重いけどD700も同じようなもの。プロ使用は私には無縁の話。でも、ピント合わせなんて気持ち良いもんだね。パシャリとシャッター切った感じも良いけど、会場が暗いにも関わらずピシャリと捉えている光量にはさずがだと言える。

因みにこの写真はオリンパスμ780ね。会場は気軽にパシャは出来ない雰囲気。
D700-2

こんなお姉さんを撮るのもD700借りて1枚だけプリントしてくれたみたいよ。コンパクトデジでは綺麗には撮れないね。

ま、どっちにしろこんな高級機種には関係ない私だもん、帰りにヨド○シに寄ってD60を本格的に検討するべくそっちに気が集中。CapNX2の説明は15分しか聞けなかったけど、随分使い易くなったんだなぁとは思いました。しっかりお試しCD付きのカタログもらって試してみっか。

それにしても、平日の真昼間なのに随分とお客が来ていたのはどういうこと?
私は午前中だけの仕事だったから・・・ってそういう人もいるか

オバさんカメラマンが詳しく説明を求めていた姿に感銘を受けた。
女性カメラマンが随分と台頭してきている感じを受けて嬉しく思った。
だって、カメラってオトコの世界なんだもん未だに・・・

不安  

黄バラ

NikonD70s

4月から新しい生活が始まった人にはようやくその生活に慣れ始めた人も多いと思う。
だけど、人によってはこの季節が辛い人もいるようです。季節というよりだんだん辛くなってきた、と言う方がいいのかな。最初はなんとか頑張ってやってきたんだけど、息切れしてきたって言うのかな(多分)。

学生で連続欠席している子がいる。心に病を抱えている子だ。辛いながらに登校はするんだけど、途中で耐えられなくなって早退・欠席を繰り返しているようだ。
私がどうこう出来る訳ではないけど、何とか力になってあげたいと密かに思う。なんだったら心療内科を一緒に付いて行ってあげたい気もするくらい、どうにかしてその辛さを軽減させてあげたい。

休んで何をしているのか分からないけど、不安だろうなぁ。苦しいだろうなぁ。
独りで居ると、人に気を遣わない分ラクだけど不安ばかりが増していくことも確かよね。
薬なんて効かないんだから、誰かにその辛さを話して話してとことん話して自分を出して苦しい心を少しでも解放出来たらって、思うんだよね。

不安を抱えたまま夏を過ごすのは辛いなぁ

毛むくじゃらゴーヤー  

ゴーヤーの花

ゴーヤーの花の中心の変化。こんなポコポコしたのが・・・
ゴーヤー花1

今朝見たら少しねじりながら開きそうな予感。これからどうなっていくのかしら?わくわく。
ゴーヤー先端

茎の先もねじりながらぐんぐんと毛むくじゃらが伸びていく。
こんな毛むくじゃらからブツブツしたゴーヤーが出来るとは思わなんだ

あまりにも元気に伸びるから鉢植えはジャングル状態。
ベランダで育てるのにはどうやら工夫が必要みたいね。

NikonD70s AF MicroーNikkor60mm

カンナ  

カンナ

花の世界ってホント不思議。雄しべ?雌しべ?何なのコレ。花辞典じゃなく、花図鑑が欲しい。花の構造とか詳しく載っている本でちょっとお勉強しないとオバカ丸出しだね。

梅雨空が続いて暗い朝って、目がなかなか覚めない。仕事の夢見ちゃったし・・・
仕事の夢ってイヤだわ。夢くらいは違う世界を見たいもの。このところ夜中に暑くて何度も目が覚めちゃうし、良い眠りでは無い日が続いてカラダがダルっ。

夏のダルさって、睡眠も影響されるからこれから大変だ。ウチはあまりエアコン使わないのよね。でも、さすがに寝る時はつけたいなぁいくらエコでも

何見てんのさ  

ふくろう

昨日は自転車に乗る気分じゃなかったけど、今日はいつもの横浜ベイサイドまでちょっくら走って来ました。風が熱風だもんね。これからの季節はこの熱風との闘いながらの走行となります。

ベイサイドあたりの海は今日はお天気だけどかなりガスっていて写真には収めなかった。その代わりと言ってはナンだが、マリンショップの上にペットショップがあるので覗いてみたら、ふくろうさんがギョロリと私を睨んでいる。

「アンタ、何見てんのさっ!」ってな顔してこちらを見ている。スミマセン、写真撮らせてもらっています・・・ちょっとタジタジな私。こ・こういう時こそ一眼レフが手元に欲しいな。コンパクトだとどうしてだか気がひけちゃう。小心者なのよね。

帰りがけに走った道が緑が鮮やかですっごく気持ちが良い。走りながらこれを写真に撮りたい!と思うのだが、コンパクトではヤなのよ。うまく撮れない気がしてそのまま流れる風景を堪能しながら走りました。コンパクトで軽い一眼レフが欲しいっ

走行距離:20.74km

RAW現像お勉強中  

カメラ雑誌

普段こういうカメラ雑誌って申し訳ないけど立ち読み派。あれこれと色んな雑誌を眺めるのって好き。だけど、今回はCaputureNX2がどう変わったのか知る為には必要だったので買いました。それにRAW現像についても解説が特集されているので、どらっいっちょお勉強してみっか。

その前に、じっくり他人の作品を眺める方にどうしても目がいってしまう。カメラは何でレンズは何を使用しているのかって、どうしても気になる。それによってどんな仕上がりになるのかも気になるからね。カメラ歴は長いんだけどちっとも上達していないので、しっかりとお勉強をし自分らしい世界を築きたいなぁと思う今日この頃。他人ばかり羨ましがっていてもしょうがないもんね。

何か自分の写真って面白味も味わいも無いのよねぇ。どう見せたいのかが弱いんだなぁ。やっぱりマクロ付きのレンズは欲しい。今はアップの写真に興味がある。お金をどうにかして貯めないと自分の世界は作れないよぉ(ってそうでもないか?)

¥500ランチ  

22

渋谷駅すぐ青山通りと明治通りの交差点近くにワンコイン¥500オンリーのイタリアン?「22(ダブルツー)」でランチしてきました。2回目。ランチはドリンク付きで¥500。安いよマジで。
パスタトマト

「ナスとベーコンのトマトソース」サラダ付きドリンク付きで¥500。前回はご飯ものだったので今回はパスタにしてみた。これが意外や美味しい。¥900位で食べるのと同じ。金曜日はどうしても1時近くのランチになってしまうので、量は少なめで良いんだけど普通な感じでしたよ。相変わらず男性客も多い。

ただ、ドリンクはセルフサービスなんだけど今日は氷が切れているのにお店の人は何度もそこを通っているのに全くチェックもしない。客に催促されて入れてくれている状態なので、サービスはちょっと不満が残るかも。でも、¥500でドリンク飲み放題だったら、いっか。

夜に来てみたいなぁ。ピッツアも食べてみたい気がする。お酒もオール¥500。それもどんなもんなのか試してみたい。軽く1杯ってな時に利用したいね

ブレイクタイム  

ティラミス

夕方の会議の前のちょっとした時間に表参道から脇に入ったCafeで一服。
ティラミスなんて初めて頼んだ。すっかりブームが去ってから頂くのが私流。原宿なんてコーヒー1杯飲むんだって値段の安い所を探すの大変。しかも、スィーツ付きとなるともっと。でも、これコーヒー付きで¥780。良心的よね。

ブログを始めて来月で1年が経ちますが、ようやく利用の仕方が見えてきたって感じ。Nikonの新機種D700の発表がありましたが、D90が出ると言う噂を小耳に挟んでいたので、もしやと思っていたら肩すかし。でも、色んな写真ブログを拝見していたらやっぱり皆さん同じ想いだったということが分かって噂は本当だったんだと確信した次第。しかも、皆さんD90の方を期待されている。同じだわ。

そうか、そういうことを知る手段としてもブログって有効利用出来るんだって気付いた次第。遅いよってか。どうやって他のブログを知るのか、あれこれやっては来ているんだけど分かっていないのよね。ま、デジタルオンチだから仕方ないんだけどさっ。

デジタルオンチでもブログは書けるっていうのが、世の中ってなかなか凄いじゃん

コエビソウ  

コエビソウ

OLYMPUSμ780。
近所に咲いていたコエビソウ。何てことはないよく見る花、というより私には不思議な植物。南国の花かしら?といつも思う。これは普通に見る姿。だけど・・・
コエビソウ顔

その先に咲く花を真正面から見るとカマキリか?と思うほど別の姿を現す。

心だってそうだよね。
いつも見ていると思っている心の角度を変えると、自分が見たくない、或は知らない姿がそこにある。
それが全てだと思っていては違う姿を見逃してしまうのだ

▲Page top