お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

秋・ボケ写真  

ボケ写真
NikonD70s AF24-120mm

「こども自然公園」シリーズはまだ続く。

入り口に広がる大池を入れてあれこれ撮ってみたのですが
どうも風景写真は苦手かも・・・
本当はこの写真じゃなく、ボケボケでつっまんない大失敗作を載せようと
用意したんだけど、やっぱそりゃイカンだろうと
もっとボケボケした写真に変えました(って?)。

この黄色い花?実?は何でしょうね。
蜘蛛の巣が引っかかっていたなんて気付きもせずパチリ。
でも、ピントが外れてボケてらぁ~。
風景写真に業が煮えてクサクサしていたのよね。
もっとこういうのは集中しないとねっ

じんま疹の季節です(って私はね)。
いつもは確か9月になっていたのに今年は10月。
最初はマグロのづけ丼やタコ刺しなど刺身でなったのですが
この頃はもう関係なく季節で出てしまうようになってしまいました。
腰のあたりがブツブツで痒い。
じんましんの治療代って意外と高いのよ。
だから、治療にも行かなくなりました。
ただただ、通り過ぎるのを待ちながらボリボリ・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック!

秋・黄色  

黄色の葉
NikonD70s AF24-120mm

「こども自然公園」シリーズ続き。

黄色ってものすごいエネルギー色だと思う。
だってこれ、曇りで太陽の光も射していないのにこんなに輝いている。
暗い中、ここだけ光っていて思わずシャッター切っていました。
露出補正だって0.3プラスよ。それくらいなのに・・・

昔から黄色は好き。
着る物でも黄色は目がいく。
どうやら旦那さんも黄色が好きらしく、仕事でも好んで着ている様子。

明るくなるし、何だか気分が良くなって元気になる「気」がする。
それだけこの色が持つエネルギーが「在る」ってことではないかな?

危険を報せる色でもあるし・・・引き付ける色ではあるわね。

「幸せの黄色いハンカチ」ってあるくらいだから
黄色は人々の心に何かを訴えるんだね。

危険より幸せの色、私には<幸せ>だな

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと幸せのクリックを!

秋・赤い実  

赤い実
NikonD70s AF24-120mm

「こども自然公園」シリーズ。
この季節、赤や黄色の実をあちこちで見かけます。
何の実なのか分かりませんが、目がいきます。

上の写真はバックの黄色とのコントラストを撮りたかったんだけど
何だかボヤけてしましました。緑色もウソ臭くなってしまったし・・・
画像処理ってもっと良いのを使うともっと自由に自分の思う様な
絵柄が作れるのかもしれないが、どうもなぁ・・・
失敗作ばかり載せていて申し訳ないっす

心に病を持った(とは本人は認めていないかも)学生の1人が故郷へ帰った。
別れにクラスの皆に会うことを拒み(恥ずかしかったらしいけど)去って行った。
私は別れ際に「力になれなかったのは残念だ」と言った。
本心だった。学校にも来てくれず、苦しい気持ちも語ってくれず
そのままずーっと欠席したまま帰ってしまった。

「暫く休む」とか細い声で言っていたが
休むのももちろんだけど、その心の障害はただ放っておいても
良くならないよ、と言いたかったけど言わずに
「お大事に」と頭を下げた。

人の人生はどうなるかは分かりません。
あれこれ言って気に病んでもその人がどうするか、だからね。
休みがちな子に対して私は「あなたがどうしたいか」としかアドヴァイス出来無い。
決めるのはこっちではなく、本人だからね。
「どうしたいか・・・」と呆然としていたけど、この頃来始めた子もいる。

人生、20歳前後で決められることでは無いけど
とりあえず、今やるべきことをしてみて違うものを見つけたなら
それを目指せば良い。

それは私自身にも言えることなのだ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック!

秋・記憶の迷走・・・  

コントラスト1
NikonD70s AF24-120mm

「こども自然公園」シリーズ。
画像処理してもこれくらいさっ。
暗いし逆光だし曇りだし、思うように撮れていません。
でもね、正直これくらいが良い塩梅な気がする。
フォトショップ2.0しか持っていないし、あれこれ処理するより
NHK教育TVでやっている「趣味悠々・デジタルカメラ」講座を見る方が
大事なような気がする。
つまり<基本>ね

昨夜、旦那がもらって来た安~い焼酎をロックで飲んだのが祟ったようで
風呂上りに旦那にふざけてケリ入れるフリしただけなんだけど
床には血がボトボトと落ちている。
あら?と何がどうしたという判断能力はすでに落ちていたようで
自分の足元を見て滴り落ちる「血」に<私?>とふらつく。
もうその時点でかなり酔っていた様子で
呆れながらも処置してくれた旦那にあれこれダダこねて
その後、ブログを更新しているかすっごく気になって
「ブログは?・・・」と独りゴチしても確かめる気ナシッ!
気になりつつ布団に入っておりました。
「ER」つまんなかったし・・・?あれ???


今朝、「ER」は覚えているけどその他は欠落。
ブログ確認したら、ちゃんと記事書いているじゃんか!
私、やることはやっているんじゃんか!と自分で驚く。
あぁ、桜か・・・書いたような・・・
あの散歩で非常に気になった場面だけあって記事の内容には
確実な想いがあったようだ。酔っていても想いは出していたのだ!

怖いね。記憶が途切れるような飲み方はしてはいけない。
安い酒はそれなりにしないとかなりヤバイようだ。
あまりこんなことが続くようではカウンセラーさんや医者が断言する
「断酒」しないとヤバイだろうと自覚している。
依存症では無いけど、お酒には敏感なのでね

ところで、フィルターって皆さん普通に使用しているもの?
これも、何かフィルター使ったらコントラスト、ハッキリしたのかな?


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとお願いね!

秋・桜?  

秋桜?
NikonD70s AF24-120mm

「こども自然公園」シリーズ。
え?この時期に桜ですか?え・ええっ?
って感じでどこかのブログで「10月桜」なるものがあるのを知りました・・・
が、これもそうなの???

あのね、知らないのよ植物の世界・・・
こんな時期に桜っぽいのを発見したら、発見したこっちが頭おかしい・・・
と思われるのもどうかと・・・でも、それでもあえてシャッター切らなきゃいかんでしょう。

秋桜本体

こんな感じで1本だけ咲いておいででした。

まね、自然世界は全て未知なるもの。
子供のように発見したら分からなくても撮ってしまうよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとお願いね~!

秋・何の実?  

何の実?
NikonD70s AF24-120mm

「こども自然公園」続き。
何の実なのか、背丈は2m近いのもあるくらい高いのです。
こういうのは「マクロで・・」とつい思ってしまう。

*ミズカンナかもしれません。情報ありがとうございました。

カメラバック買おうかなぁ、とこの頃思う。
だって、いつも背負っているデイパックは買い物も入れて
さらには東京に出たとき、災害起こったら歩いて横浜まで帰れるように
色々な小道具をちょこちょこ入れているから何かと重い。

ただ撮影だけだったらそんな重いバックは必要無い。
軽くてカメラ的に機能があるバックは必要だな、と強く思うようになった。
替えのレンズ1本は入れられる位のコンパクトなバック。
ちょっとは他にも入れらて便利なもの。
すぐにカメラを取り出せるバック、というのは今非常に魅力的。

またヨドバシに足しげく通うかな

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅう!

秋を撮りに・・・  

落ち葉
NikonD70s AF24-120mm

雨上がりの次の日は晴れていて欲しい。
どんよりした曇り空では水滴の写真も撮れないじゃんか。
出かける気も出ない。

よっこらしょうと重い腰を上げてとりあえず曇りでも
「秋を撮ろう!」と自分なりにテーマを決めて出向いてみました。
相鉄線二俣川駅から徒歩20分位のところにある「こども自然公園」。

ここは一人暮らし&鬱症状最悪&孤独感で苦しんでいた時に
何とか気を紛らわそうと思いながら度々訪れた自然豊かな公園。
入り口から大池が広がっていてのんびり風景が広がっている所です。
あの時とは随分と精神状態が違ってから初めて訪れましたが
変わらない光景の中でもう違う自分が歩いていることに感慨を覚え嬉しかったです。
よく乗り越えてここまで来たなぁ・・・と。

それはさて置き、曇りだしかなり暗かったせいか撮った85%くらいは
ぜーんぶ手ブレで全く使い物にならなかった。マジで?って感じ。
ちゃんと露出補正しまくりだったけど、手ブレとは全く関係無いので意味なし。
トホホ・・・よ

ま、お付き合い下さいまし

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね~!

それでもバラ  

水バラ
NikonD70s AFマクロ60mm

激しい雨が降ったり止んだりの空模様。
こういう日の次の日って、絶対「撮りの日」じゃないかしら?

水滴が良い具合に植物に飾りを付けていてくれたりして・・・
ま、これは代々木公園のバラの続きですがね。

どこにも撮りに行っていないので、明日はどこかに行きたいなぁ。
是非、この水滴を課題に撮りたい。

どこに行こうか。夕方は書道教室だから遠くまでは行けない。
ネタ切れだから、そろそろ撮らないとさすがにヤバイでしょ。

秋です。銀杏が美味しいです。(むかごも)
山盛り買ったんだけど、沢山(20粒以内多分)食べると次の日お腹が・・・
気のせい?

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

喉には・・・  

龍角散
NikonD70s AFマクロ60mm

「ゴホンッと言えば・・・」と言うむかーし昔の宣伝文句。
きっと若い奴には「何のこと?」と言われてしまうだろうな。

この頃、どうしてだか喉がイガらっぽくしょっちゅう咳払いをする。
「喉が悪いんスか?」と学生にも言われてしまった。
ずっと気になっていたので、何か薬でも・・・と思い出したのが上写真。

薬局に行っても「たん・のど」関連は必ず「咳止め」効能が加わっていて
自分に合ったものはナント「龍角散」のみだった。
<鎮咳去痰剤>とあります。

いやぁ独占的な存在なのですねぇ~。
初めて手にしましたけど、きっと昔と何ら変わっていないのでは?と思う。
だって、実際に粉を付いている匙で少しトントンと叩いてお口の中に入れる・・・

まるでTVで昔見たCMそのものだったんだもの

のどは昔からどことなく弱かったんだけど、トシが重なってくると
もしかしたらそれがさらに加速して悪化して来たのかもしれない。
イヤだわ~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック!

アラビア書道合同展始まる!  

ラクダくん
NikonD70s AF-S18-70mm

ラクダくんと共に始まりました「アラビア書道生徒合同作品展」

教室も関西まで広がり、日本にはアラビア通がかなり居る・・・
ということが実感出来た作品展です。
海外からの出展もあり、多彩な世界です。

あまりにもレベルが高いので、<ノンビリしていていいのか>・・・
とも思いますが、我が横浜教室はマイペースな人の集まりだなぁと
再確認出来たので、他の人達の刺激も受けつつ
自分が出来ることをしていく―で良いのだと
ある意味それが「逃げ道」とするくらい
非常に素晴らしい作品が集まりました。

慣れない<アラビア>世界をこんな色んなカタチで表現出来るのって
日本ならでは、ではないかと思わされます。
それぞれのイメージで造る世界。

こんなにも表現の仕方があるのかと思うと
怖いイメージのアラビアが「あらら?・・・」となること間違い無しっ!です。

今日はこれ以外にすることが出来てしまって
超忙しくって、でも最後まで作業してましたので
こんなショット位しか撮れませんでしたよぉ~。
「いいじゃん・・・」では違った写真載せていますので合わせてご覧下さい。

是非、2年に1度の大祭典へ足をお運び下さいまし・・・

26日まで。
JR東神奈川駅と京急仲木戸駅間のビル「かなっくホール」3FギャラリーA(一番奥)

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくっ!

ネタ切れです  

ピンクの花
NikonD70s AFマクロ60mm

これは代々木公園での1枚。
もう少しシベに光が射していたら良かったな。
でも、このピンクの色がなかなか良い感じだわ。

すみません、もうネタ切れ状態ですっ。
だって、この2週間の週末は頭と身体が作品作りに独占されていて
どっこにも撮影に行っていないのです

世の中紅葉シーズンに入って来ましたね。
今週末も心と身体が書道世界に独占(?)されるかもしれんので
また、どこにも行けないかも・・・
困ったなぁ、ネタ写真が無いよぉ

明日は作品展準備の為に出かけるけど、会場だものなぁ。
一応AF-S18-70mmレンズを付けて行こうかなと思っています。
何か撮る気が起こるだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

頑張った  

ぐったり
NikonD70s AF24-120mm

トリミングしませんでした。あえてこれで。
21日のアラビア書道展の為の作品作りで頭がいっぱいで
昨日関内の有隣堂まで行ってあれこれウンウン唸っていたついでに
山下公園でやっている「ディワリ祭」を覗いて来た。

でもね、頭の中は作品をどうやろうかしか無く
インド色に染まっているこの会場に居ても全く楽しめない。
カメラも一眼レフかついて行ったのに、全く撮る気が起きない。
つーか、シャッターを切るとかカメラ取り出すとかっていうエネルギーが
全て欠落している状態だったから、人が画面に入っても避ける気すら起きない。
これもネタ切れだから、とヨイショと取り出してみただけなんだよね。

ダメだね。気持ちが無いと構えても何も出ない。
被写体にも心が動かない。全て面倒になってしまう。

そんなにエネルギーを書道に?
2年前にも、その前にも大きな作品展はあったのですが
うつ状態にいたから、作品を作る気が起きなくてただただ辛かった。
自分にも自信が持てない状態だったからやればやるだけ自己嫌悪。
だから、何も生み出せない状態の中で出していました。

それが、ようやく鬱から抜け出しての今回だったものだから
何かしないと、と思うんだけど鬱の時と変わらないんじゃないか
くらいに、別に何かが上手になったとか出来が良くなった―
とは全くなっていない。

ただ、何かをやろうとして動いたことが一番の違いで
例えそれが何も効果無かったとしても、自分の中では
「動いた」ということが最大の<成果>だったと思う。
何色か絵の具を買ってみて使ったり、考えたり・・・
何気ないそんな行動が「鬱」では出来無いし辛いだけだったのだ。
それが、心のどこかで楽しんでいる自分に出遭えたのだ。
夢中になれたのだ。

嬉しいね、それが。
だから、春に出した作品と何ら変わらないと見えるかもしれないけど
私の中では何かが変わったと思う。
先生には評価されないだろうけど、それはそれで構わない。
自分で納得出来るのが、一番だと思うな。
あれこれと随分お金を無駄にしたけど・・・

頑張ったと思う。それが嬉しい

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

カラーコンタクト  

バッタくん
NikonD70s AFマクロ60mm

露出補正していないけど、これはこれで良いじゃん。
この前の「くりはま花の国」での1枚ですが、これほどまでに
ハッキリとしたバッタくんに出遭ったの、初めてかも(大人になってから)。
仮面ライダーそっくりな顔しゃない。
すごいね、こんなバッタくんは滅多に出遭えないんじゃないかなぁ。
あれ?これバッタくんだ よね???(昆虫めちゃ弱っ)

ところで、仕事先の学生にカラーコンタクトして来る子がいる。
最初、あれ?目ん玉どこにあるんだ?と迷いながら話しかけていて
話し終わってから、じーっと見つめてコンタクトだと分かったくらい疎い私。

紫のコンタクトして来た時には、思わず何色に見えるのか聞いてしまった。
瞳の部分には色が付いていないから、「フツーに見えるよっ」とケロリと言う。
ある時は、瞳の周りに何かが・・・とその時はもう話している時に
じーっと見つめて白い色で模様が描かれているのを見つけた。
またしても、どう見えるのかと聞いたら「別にフツー」と。

カラーコンタクトは色だけでなく、模様まで描かれているのには
もう何の為にしているのか、オバサンは理解出来無いっす。
だって、明らかに目ん玉がおかしいもの。
どこに焦点合わせて話していいのか、ホント分からんよ。

でもね、目が痛いようなのですよ。
目医者に行っているのかと聞くと、「行ってないよぉ~」・・・
あのね、目は大事。目に傷が付くと騒がれているじゃないか。
行った方が良いよ、と老婆心。
でも、若さはそんな言葉には耳を傾けない。

無謀なお嬢さんたち・・・自分を大事にしなよっ!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅうね!

懲りずに水滴と花  

水滴1
NikonD70s AFマクロ60mm

代々木公園のバラの続き。
例えば、こういう水滴の中に写るものをアップで撮ろうとすると
もう90mm以上のマクロレンズじゃないと無理なのかしらね。
60mmの限界を時々感じます。
でも、他のレンズを買う余裕は無いし・・・
持っている物で最大限に楽しむしかないなぁ~。

水滴2

大きな水滴。花びらはそれを支えているのね。

NHK教育TVの趣味悠々で一眼レフカメラについて放送していますね。
つい真剣に見ちゃう。初心者向けなんだけど
基本的なことって何度聞いても見てもいいかな、と。
だって、露出補正をせず撮影してきた私ですからねぇ。
当たり前のことが出来ていないようじゃ、まだまだ初心者?

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

アラビア書道展の苦難の道  

筆
NikonD70s AFマクロ60mm

お天気が良かった3連休に出かけられない理由がもう追い込まれていて・・・
今月21日から始まるアラビア書道作品展に向けてですね
作品を書かねばならぬ事態に陥っておったワケなのさっ。

上記の写真は今回の作品とは全く関係ない書体なのですが
筆はお分かりのように「竹」で出来ております。
これは本田孝一先生お手製の筆であります。
墨は一般に売られている墨汁で全く構わないのですが
私は持ち運びに便利な小さな「レタリング・ゾル」を愛用(これは少数派、何故か)。
墨を付けてペンのように書きます。
紙はアート紙と言って表面がつるつるでないと引っかかって書けません。
他の紙でも加工すれば書けますがね。(加工出来る出来無いはあります)

もう、この連休に気持ちを持っていってどんなにお天気が良くっても
カメラに気を取られることなく、絶対「書くのだっ!」と言い聞かせてね。

でも、作品にするには書いてお終い―ではありません。
額や字の周りの「装飾」を考えないといけないのです。
これは日本の書道と大きく違うところだと思います。
文字を最大限に美しく見せる一種のアート的な要素を含んでいます。
周りの飾りも重要な要素のようです。
それが、慣れない美術と離れた生活を過ごして来ている者達には
「苦痛」そのもの!なのです。だって、センス無いんだもん

あちら(中東書道世界では)装飾は専門の方がいてその人達が飾ってくれるので
書く人は文字を書くだけ(と言っても大変なのですが・・・)で良いのです。
んがっ、我ら日本人書家達(?)は自分でデザインするのです
ま、生徒だから仕方ないんだけどさっ・・・

どうしてだか美術的センスを求められる作業です。
私平面じゃなくて立体が専門なんですが・・・平面しかも色的なのもの苦手なんですが・・・

美的感覚溢れた一つの作品達が一同に揃う(関東・関西を含めた教室全部)
そんなアラビア書道の世界に触れてみませんか?


「砂漠の薔薇 2008」 第2回アラビア書道生徒合同作品展
10月21日(火)~26日(日) 
          15:00~18:00 21日
          10:00~18:00 22日~25日
           9:00~17:00 26日

場所:かなっくホール ギャラリーA 横浜市神奈川区東神奈川1-10-1

交通:JR京浜東北線 東神奈川駅 徒歩1分
    京急 仲木戸駅 徒歩1分 
   
    東神奈川駅と仲木戸駅の間のビルです。 無料!


横浜にお越しの際は是非立ち寄ってみて下さい。
気が向いたら中華街にでも寄って美味しいもの食べて来てね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしく!

水滴の課題  

水滴黄色
NikonD70s AFマクロ60mm

水滴の課題は何なんだろうか?
どうしてダメだと思うのだろうか。
じゃ、どうだったらOKなのか・・・
自問自答するのだけど
理想とする画像が私の頭に「無い」ってことに気づいた。

例えば、この水滴のどれかにキラキラッとした後光が射した光が欲しいとか・・・
それは有るっ!
キラキラは欲しい。じゃ、それが良いのか。
でも、そういう画面を撮った事が無いから、分からない・・・
が、その方が綺麗だし見栄えが良い。
それが欲しいのか・・・

欲しいと言えばそうだし、見たこと無いことをあれこれ言えない。
違う何かが欲しいと言えば、それを見ないと何も出てこない。

つまり・・・
自分で撮ってみて「コレッ!」と思うものが自分が撮りたかったモノ―― 
になるんだろうね。
だから、何枚も撮り続けるしかないんだろうね。
経験が物言う画像の一種かもしれん

因みに、バックのボケが7角形になっているは初めて見ました!
ビックリです。だって7角形ってあまり見ないから。

マニアックだけど谷山浩子のアルバム「漂流楽団」(1995)の中に「七角錐の少女」
という暗~い歌があるのだけど、思い出しちゃったよ。
歩いても歩いても君の家にたどりつけない・・・
と永遠に唄っているどこにも行けないどん詰まりの歌よ。ひやぁ~っ!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくね~!

睨みつける目  

カマキリ1
NikonD70s AFマクロ60mm

日曜日の今朝、洗濯物を干そうと竿に干そうとした瞬間・・・
「ひえぇ~~~~!」
相手も慌てている様子だけどモソモソと動く。
「あ、カマキリさんね」・・・ホッとする私。

もうびっくりする虫さんが時々出現するんでこっちもビクビクものよ。
な~んだ、と思いながらホラッあっちへお行きと追い立てる私。
だがしかし、ヤツはこっちを睨みつける。
「何だよっ!」と・・・コワイぜっ。かなりの威嚇・・・

カマキリ2

後ろから狙えば振り向きザマに「ギロリッ!」
かなりのガン付け・・・
コワイぜっ、その目。
狙ってカメラを構えればしつこく「何だよっ!」と睨みつけるのがコワイ三角顔。
すごいのね、カマキリさんの防衛って。
でも・・・

カマキリ3
本当はこれ縦で下向きなんですが、この方が分かり易いかと思って横で。

ご就寝中は全く微動だにせず、じーっとゴーヤーの鉢でお休み。
夕方までこんな下向きの体勢でおりました。
最初は睨まれましたけど、夕方は私など気にせず優雅にゴーヤーの森?を
歩いている様子でした。

週末のベランダ珍客に楽しませてもらいました

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね~!

代々木公園のバラ  

水滴薔薇1
NikonD70s AFマクロ60mm

雨上がりの午後の代々木公園。
土曜日でしたが、仕事先の学校の学園祭の為出勤しておりました。
世の中、学園祭シーズンなのよね。
午前中は雨が降ったり止んだりの様子。
訪れる人もまばらの学校内。ヒマだったわ。

午後は解放されたので、渋谷まで歩いて行こうかと。
学生作品を撮る為にマクロレンズを付けた一眼レフを持って行ったので
何となく何かあれば撮りたいと思って歩いて発見!しちゃったのね。

水滴は課題の1つ。
ダメだね、こりゃ。
もしかしらた、かなり絞り込んだら水滴が綺麗に写ったのだろうか???
もう露出補正ばっかり頭の中は占めていたのよねぇ~。
バカの一つ覚え?

何枚も撮ったのに全く納得がいかずに歩いて「絞りかも・・・」と後から反省。
引き戻るには行き過ぎたので、また課題は残ったと。

ちょっと続くシリーズかも。
だって、いっぱい撮っちゃったから・・・
正直、あんまりバラって好きでは無いんだよなぁ~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね~!

薔薇と露出補正  

バラ1
NikonD70s AF24-120mm

ネタ切れの為、朝から八景島に行って薔薇を撮って来ました。
露出補正の練習でもあります。

コスモスの後ろ姿が完敗だったので再度薔薇で挑戦!
確かにプラスにすると良い感じになるようですね。
上記が良いかどうかは別として。

あれこれ撮ってみて液晶画面で確認するのですが
D60やD90の画面を知ってしまうと、あまりにも暗い画面に
「見難いなぁ~」と思ってしまう。
コワイわ。知る前まではこれが当たり前だったのに・・・
最近、老眼(!)入ってきたので余計に見難いのだ

バラ2

こういうのになるとマクロで撮りたい。
蕾追求中だけど、薔薇の蕾はあまり面白くないのよね。

何でも露出補正してみたくなるけど、それは場面によるなと
逸る気持ちを抑えながらの撮影。
でも・・・
白イルカ逆さ
今度はマイナスで撮ったら、とこんな場面に補正の試し。
でも、白イルカ君の顔にガラスに映ったものが重なってしまって台無し!
この子、逆さまになっているのが良いらしくって普通の体勢が撮れない
ちなみに、この水槽は外から覗けるので無料でイルカ君に会えますよ。

午前10時位でしたが、学校は?と思うような子供がちらほら・・・
さぼっているのだろうか。ちょっと気になりました。

うん、これで露出補正の撮影が当たり前になっていくのだ!
と、また一つお勉強になったということでした~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック!

ホトトギス  

ホトトギス1

ホトトギスって、どこかトケイソウに似ているような気がする私。
何となく好きな花。

関内にあるメンタル・クリニックにずっと通っていた時
駅前の市役所の花壇の1つにこのホトトギスが咲いているのを
ある時発見しました。
クリニック出るといっつも悶々とした気持ちで歩いていて
そんな私をこのホトトギスが呼びとめ(そんな気がした)
見て見て!と言っている気がしたものだ。
だって、密かに咲いているんだもの。人にあまり見つかり難い場所。
毎年咲いているかな?と探すのが密かな楽しみでした。

これはご近所の軒先に咲いていたのをコンデジでパチリ!
このお宅は何気なくセンスが良い(?)お花を育てているような・・・

ホトトギス2

ただ単に私好みのお花を見ることが出来るからか?
自転車でこのお宅の前を通る時にはチェックするようになっています。
勝手にそんなことして、ゴメンなさい!と思いながらね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅう!

白い花  

白い花
くりはま花の国 NikonD70s AFマクロ60mm

<クレロデンドルムフレグラス>・・・長過ぎる名前の花。

水滴を上手く撮ろうと何枚もシャッター切ったのに、ほぼ全滅。
室内っていうのもあったかも。ガラス張りだったけど撮ると暗い。
露出補正をするの頭にも無かったから、どうにもならないわね。
ちょっとだけ横切ったのに・・・

白い花って何だか難しい。綺麗に撮れない。
それもやっぱ補正で味付け(?)するものなのかなぁ~。
課題は山積みだわ。

でもね、あーすればこーすればって思いながら撮るのは楽しい。
正解ってものが無いのが良いわね。
自分が思い描く絵が撮れたら、それが最高なんだもの。

そろそろ違う場所の写真を載せないといかん、と思いつつ・・・
どこに行く当てもなく。
やることがあって、週末出かけられないのが難点だわ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとお願い!

美しい文字なのです  

壁のカリグラフィー
NikonD70s AF24-120mm

東京ジャーミィの続き。
ついでだから<アラビア書道の世界>をちょっとご紹介しちゃいましょう。

ジャーミィの中の壁には沢山の文字(カリグラフィー)で飾られています。
上記の写真はその一部。

まるで剣みたいに見えますが、全部文字であり、一部を延ばして
デザイン化しておりますが、ちゃんとした文章になっています。
私は読めないから何て書いてあるのは分かりませんが。
ゴメンなさいね

天井ドームの文字
前回のドーム写真の中心をアップして撮ってみました。

こうして見ると、円の中に文字が見えるのが分かりますね。
ヒョロヒョロしているから文字っぽくないのですが
慣れるとちゃんと文字だと認識出来ます。

格式高い<スルス書体>という書体で書かれています。
書体はいくつかありまして、私達が普段アル・ジャジーラなどのTV画面の
下に流れるテロップなどで見る書体は<ナスヒー書体>というものです。
ちなみに、「アル」は定冠詞<The>「ジャジーラ」は<島>の意味で
アラビア半島を示しているそうです。
アル・ジャジーラのマーク(楕円っぽいヤツ)も書道でデザインされたものです。

書体によって全然雰囲気が違うので面白いです。
文字を使ってデザイン出来るのも、アラビア書道の素晴らしさだと思います。
私はモスクにある文字を見て「美しいっ!」と惚れ惚れし
それで<アラビア書道>というものがあると知ったのです

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

東京ジャーミィ  

東京ジャーミィ1
東京ジャーミィ NikonD70s AF24-120mm

代々木上原から徒歩5分の所にどーんと東京ジャーミィは建っております。
ここを訪れたのは3回目。

天野恵利写真展」と題された彼女が訪れたアラブ・イスラーム諸国で撮った
写真が展示されるとアラビア書道協会から連絡来たので行ってみました。
その模様は「いいじゃん、ポタポタで」へアップしておりますので、そちらをご覧下さい。
因みに、1階で開催されており無料ですのでこの機会にジャーミィを訪れてみては?
10月13日まで開催。

2階に上るとモスクです。見学は出来ますが一つ注意。
女性は必ずスカーフを被って下さい。
何人も見学者は来ておりましたが、平気で髪をむき出しにしている人がいたので
「スカーフを被って下さい。入り口に置いてありますから・・・」
と思わず声をかけました。
「あ、やっぱりしないとダメなのね・・・」とすぐに入り口に置いてある方面へ行かれました。
2階は女性のみ入れますが、そこでも髪むき出し女性2人を発見!

いかんですっ
私はイスラム教徒ではありませんが、モスクは神聖なる場所。
そこはイスラム世界なのです。絶対守って頂きたいと強く思います。
少しはお勉強して欲しいな、と思いましたよ

東京ジャーミィ2
AF-S18-70mm

中はこんな感じで天井はドームになっております。
金色の文字(あれは全部文字なのです)が美しいです。
ドームの真ん中の線がいっぱいになって丸く書かれているのも、文字。
あれらが「アラビア書道」の世界なのですよ~。
私はあんな円の形になんて書けませんよっ!
壁には帯状にアッラーを恐らく讃える言葉がズラ~ッと書かれております。
<スルス書体>という書体で書かれております。
これも、追々ご紹介していこうかな、と。
先に知りたい方は「いいじゃん、ポタポタで」の<東京ジャーミィ>のカテゴリを
クリックしてご覧になってみて下さいね。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくね!

後ろコスモス  

後ろコスモス1
くりはま花の国 NikonD70s AFマクロ60mm

色んな方のブログを拝見させて頂くと
コスモスを下から扇ぐように撮って花びらが透き通った美しい写真がある。
「私も!」と、マネしてみた。

人のマネはするもんじゃありませんね。ダメじゃんコレっ!
全然透き通っていないし綺麗じゃないし、山のラインがキッチリ入っている。

う~ん、自分らしい写真じゃないと意味無いんじゃないか!
と、悶々としていたのです。
帰り際にもう一度挑戦!と構えてみました。

後ろコスモス2

透明感は出ませんでしたけど、上よりは可愛く撮れたかな?と自画自賛。
でも、これだったらコスモスでなくても良かったりして・・・


こちらを初めて訪れて下さった方の中には「アラビア書道」というものがあると
気付いて下さって嬉しく思います。
こちらのブログではこれまであまりそのお話はして来ませんでしたが
ちょっとだけさせて頂こうかなぁ、と思い始めております。
自慢?じゃないですが、昨年NHKの朝の番組(関東のみ)で10分位でしたが
私が通っている教室が紹介されて、人気に火がついた(?)ようです

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

ピンクリボン  

ガウラ
ガウラ(白蝶草) NikonD70s  AFマクロ60mm

まだ続く「くりはま花の国」シリーズ。
たまにはこんな淡い色合いの写真も良いかな、と。
たまたま撮れたのですが、小さな花ってなかなかピントが合わないわね。

ところで、今月は「ピンクリボン・キャンペーン」月間だそうです。
乳がん検診に行こう、ということですね。
恥ずかしながら40代にして初めて8月に「マンモグラフィー」検査を受けました。
30歳から何も健康診断を受けていなかった私・・・
相次いで友人達が乳がんになってしまった現実。
いかん、こりゃまずいんじゃないか、と思いとうとう受けたというワケ。

結果、受けて良かったと思っています。
私は良性でしたが、発見されたお陰で自分の置かれている状況が
把握出来ただけでもすっごく良かったと思いますよ。

見つかれば全てが「ガン」であるとは限らないと分かったので
こうしてブログで告知しているのです。
おっぱい挟むのが痛いと思われがちですが、それはほんの一瞬。
注射されるワケじゃないしね。
ぺちゃんこにはされるけど、それだけの話。
つねられたようなもの、と思えば何てことは無いのです。
それだけで状態が分かるのですから、女性諸君!是非受けてみて下さい
超音波でもOKだと思います。

しこりが無いから安心、ではありません。
私は触診でも何も無かったのですから・・・

検査室のドア横には「自分の身体は自分で守りましょう」
みたいなポスターが貼られていましたが、そうだなと思います

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくね!

▲Page top