お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

ツリー  

ツリー

横浜クィーンズ・アットに毎年登場するクリスマス・ツリー。
昨日はコンデジしか持って歩いておらずでこれで勘弁ね。
通りがかりの人達が立ち止まって「写メ」しておりました。

段々こういうの見てもピンと来なくなってしまいました。
オトナになったのかしら?

ボージョレ・ヌーボーにも全く見向きもせず
世の中の騒ぎから遠く身を置くようになった。
新酒のワインはもっとお手頃な値段にして頂きたいな。

今年もあと1ヶ月になってしまったのね。
早いなぁ。

年賀状もそろそろ買っておかないとマズイだろう。
でも、デザインの一部はもう決まっているから楽なのさ。
アラビア書道を始めてからずっとその年に書いた文字を
作品として載せるのだ。
色付けたりちょっと加工してね。
でも、反応がほとんど無いのでタダの自己主張なのかな。
ま、いっさ。個性が無いと面白くないもんね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅう!

汐留  

汐留
NikonD70s AF-S18-70mm

汐留に初めて行った時、ガラスばかりで大きな地震が来たら
絶対このガラスでやられるな、としか思わなかった。
こういうビル群って、冷たくて怖い。
特にここは狭い空間にぐるりとビルが囲んでいるから
都会の冷たさと孤独をひどく感じてしまう。

ところで・・・
「来春の就職内定取り消し」が話題になっていますね。
大卒ばかりが話題にされますが、仕事先の専門学校だって
それはそれは深刻な様子です。
続々と内定取り消しが出ていて大変な状況だそうです。

就職だって4大卒を率先して企業は採用し
専門学校なんて相手にもされない厳しい現状。
そんな中、頑張って採用されたのに取り消しだなんて・・・
恐らく大卒者より先に切られるんだろうな。

我が科も採用試験がパタリと途絶えている様子。
今年はかなり厳しいかも、と講師達は皆神妙な面持ちになる。

こんなに立派なビルが建っている日本なのに
仕事が無いなんて・・・

刺すような冷たい風が吹き荒れている

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援クリック!

な~んだ?  

木肌
NikonD70s AF-S18-70mm

これな~んだ。
スゴイよね生き物って。こんな肌に木がなっているなんて。
何かの動物の肌みたい。

木って枝葉にどうしても目がいってしまうけど
木肌ってのにも個性があって面白い。
木もね花と一緒で名前が全然分かりません。

裸木

動物の骨だけを展示している場面を見ると
そこに肉や肌や羽など血が巡りその姿を見て
骨からその姿は想像出来無いってのに出くわす。

木も同じだね。ここにどんな葉や花が咲くのか
思うのと違ったりする(例えばのお話ね)。
人間が思うような想像を超えた姿を実は持っているのではと
いっつも恐竜の姿を見て思う。

生命の世界は人間の想像も及ばない壮大な宇宙、だと思いますね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくね!

新たなる一歩  

水上バス
NikonD70s AF-S18-70mm

新宿御苑も浜離宮も再び訪れる日が来るとは思わなかった。
ここは私が「うつ」になったきっかけになった人と来たから。
浜離宮は確かに「水」があったとしか覚えていないくらい。
忘れてしまいたい思い出したくない、と頑なに思って
十数年も経ってしまいました。
その人を思い出してしまうから・・・

でも、忘れたいっ!との強い想いは他のことも忘れ去ってしまうようだ。
その時は楽しかったのに。
桜が綺麗だった、ハズ。
なのに、ほとんどもう忘却の彼方へ・・・

「忘れる」って、楽になることだと思う。
忘れられず苦しむのは、自分を傷つけている行為でもあると思う。

何かの実

再び立ったその地は、私には全く新しい地であり
新たなる一歩を踏み出しているのだ、と確信出来た地でもあった。

これでいい。
4年の歳月のカウンセリングでの努力は、ここでも成果を見せてくれた。

これでいい。
一歩ずつね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

浜離宮恩賜庭園・穴  

幹の穴2
NikonD70s AF-S18-120mm

浜離宮恩賜庭園はゆっくり散策するには楽しいと思いますが
どうも私の被写体としては不足感が残りました。
見る目とウデが無いのを棚上げにして言っておりますです、ハイ。

何かないか・・・と歩いているとここは松の木が多いようです。
で、どうしてだか穴が気になる。
幹に穴―となればそこに鳥やら何かの生物がいるのでは?
と期待をしてしまうのですが、上写真は空き家のようでした。

幹の穴1

こちらは、どうしてここで育ってしまたの?
でも、これだったら鳥さんが入っても温かいかもね

う~ん、それにしても今回の方が超ダメ写真のオンパレード。
18-70mmはどうも使い難い。もっと望遠を使いたくなってしまうのね。
本当に近くのものを撮るのには良いんだと思いますが
こういう所だと物足りなさを感ずる。難しいなぁ

でも、やっぱりデジタル向けレンズだけあって
色のりや画面の状態は格段と上がるんだなと思いましたね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック!

浜離宮恩賜庭園  

ビルと空
NikonD70s AF-S18-70mm

お天気が良かった週末。土日とも出かけたらめちゃ疲れ・・・
2日とも18-70mmレンズだけで勝負してみた。

浜離宮恩賜庭園も十数年ぶりに出かけてみましたが
ここも御苑と同じで確か桜の季節に訪れた記憶しかなく
他に何があったのか全く覚えておりません。

大体汐留なんてものは無かったし、こんなビルばかりだとは・・・
見上げると絶対にビルがあるし、何だか興冷めしてしまう。
雲一つ無い真っ青な空が気持ち良かったのになぁ~。

池とカエデ

新宿御苑は木々が癒してくれ、他にこんなビルなんて見えなかったような・・・
このような絶景場面でもビルは入ってしまう。
これが大都会の東京なのだなぁ、と改めて思った。
あまり好きでは無い風景ではあるのよね・・・

それにしてもこのレンズ。
使い勝手が私には悪く普段は使わないんだけど
D70sキットで買ってしまったものだから、どうにかして使いこなせないかと。
18ミリの広角をやけに使いたくなる自分に興奮したね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅう!

蜷川実花展@東京オペラシティー  

実花展

東京オペラシティー ギャラリーってどこにあるの?
から始まりました。
蜷川実花」はつい最近の朝○新聞の夕刊に数回連載コラムを読んで初めてその存在を知りました。
蜷川って?
そう、あの演出家「蜷川幸雄氏」の娘さんです。そんなこともそのコラムで知りました。

彼女が写真家でしかもかなり個性的であることもそのコラムで分かりました。
どんな写真なんだろう・・・
本当に全く何も知らないまま、GOです。

東京オペラシティーって、何処?それ何?の世界から始まりました。
もね、そういう新しい建物なんて行ったことないアラフォーなのよ。
新宿から京王線ならず京王新線って何?の世界。
京王線って、滅多どころかほとんど利用しない私。
いやもう、お上りさんどころじゃないね。

すごいね、ああいう近代的なビルって。
どこも同じ。六本木ヒルズに今いるのか?と聞かれれば
「そうだと思う」と答えてしまうくらい無機質同等なビル。

そこで行われるだけの写真展だと、観て解った。
女性ファンが多い、との情報は入り口近くの本屋で立ち読みして分かった。
ナルホド9割は確実に女性客でした。

会場は、カーテンをくぐりながら次の間に行く面白い構造。
そこをくぐるとまるで別の世界に溢れている。
その演出はいくつもの彼女の視線を見るようで面白い。

初めて観る写真の世界って感じかな。
わざとボケ或はブレさせた写真。
ソフトフォーカスでは得られない独特のボヤけた世界。

赤・青・緑の強烈な色彩のコントラスト。
それがあまりにも強烈で、出た時にはお腹いっぱい。

でも、それが嫌味ではないギリギリの調和。

女性ファンが多いのもうなずける。
生と性と色。それを醸し出している世界は「女」だと思う。
際どいオンナの視線が私には感じた。

それが「好き」かと問われると「・・・」
好みは分かれると思います。
でも、こんな写真の世界があるのかとガツンです。

12月28日まで。
新宿見学ついでに現代の写真家の世界を建物と同時に味わってみては?

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとガツンとね!

巨木  

巨木
NikonD70s AF24-120mm

こういう巨木を見ると、北海道を思い出します。
小さい頃だけど、強烈な印象で私の中に残っております。

ポプラの木なんて初めて見たし、何だか外国(その頃は行ったことない)みたい・・・
と思ったものだ。
幼稚園児の私には北海道は「外国」だったのよねぇ、イメージとして。

スキーと言うモノもその時覚えたんだけど
パウダースノーで滑るのが当たり前。
遠くに海を見ながら滑ったのもよく覚えている。

贅沢だったわ。

風景はでかいし、道路は真っ直ぐだし、雪はジャカジャカ降るし・・・
クリスマスに木に雪が積もっている風景も当たり前だったしなぁ。

幸せだったわ。

巨木は遠い日を思い出させてくれます

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

新宿御苑・いろいろ  

赤
NikonD70s AF24-120mm

そろそろ新宿御苑シリーズも終わり・・・
ひえぇ~、今朝の横浜は冷え込みましたよー
冷え込んだ写真が撮りたいんだけど、無いのよね。
夜明けが段々遅くなるわ、寒いわで朝が辛くなる季節になります。

紅葉が楽しめるのもあと少しかな。
冬になると何が撮れるのかしら・・・
季節ごとに意識して写真を撮ってこなかったから
何が被写体になるのか、ちょっと考えてしまう。

絵を描く

写真を撮るのも良いけど、こうして絵を描くって素敵だなぁと思う。
絵心は無いので、すごく憧れます。
旅先で、ササッと絵筆を出して街角で水彩画でも描こうものなら・・・
やってみたい!けど、絶対ムリ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

新宿御苑・ガオーッ!  

ガオッ!
NikonD70s AF24-120mm

新宿御苑って、巨木が多いです。びっくりするくらい。
そうだったんだ、って今更ながら知りました。
木って時々どうしてそんなカタチに伸びてしまったの?
と思うような枝に出遭う。

上の写真を見て迷わずパチリッ!
90度に伸びていくのってどうして?
それでも倒れないんだから、自然のバランスって凄い。

木の下

木の下にもぐって外を眺めるのは何だか安心感がありますね。
木が守ってくれているような・・・
安定感が良いんだなぁ、きっと。どっしりとした頼もしい感じ。

ところで・・・
インフルエンザ予防接種1回目を打って来ました。
学校の仕事をするようになって受けるようになりました。
自分一人だったら全く気にもせずに来たのですが
さすがに学生に対してもあるから受けないと不安なのです。
でもねぇ、新型がどうこう言われていますよね。
本当に効果があるのか、受けても不安が残ります。
予防にも気を遣うなぁ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

新宿御苑・皇帝ダリア  

皇帝ダリア
NikonD70s AF24-120mm

皇帝ダリア―と分かったのは帰って来てから。
これ1枚しか撮っていません。
だって、背が高いし下でお手入れしているオジさん達がいて
近づくことが出来なかったのよね。
それに、この花 初めて見たし・・・

見上げる高所に大きな花びら。
どう撮っていいのかさっぱり。お手上げ。
もっと望遠が欲しいっ!
やっぱり18-135ミリのレンズが喉から手が出るほど欲しいっ!

キク?

かと言って、かがんで撮ってもピリッとしない。
ま、カッチリピリピリの画像が良いとも言えないんだけどね

まだ銀塩とデジタルの違う世界に戸惑っている感じです

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

新宿御苑・池  

水辺
NikonD70s AF24-120mm

新宿御苑には池があったのですね。
何枚も撮ってみたのですが、難しい!
水に映ったものばかり撮ってもヘンだしどこまで何を入れるのか。
後から見るとモザイク写真?みたいになっていたり・・・

水辺2

反対になっているから一瞬「?」となってもダメなんだろうしね。
PLフィルターはこういう時には絶対なのかしらン?
持っていないしなぁ、難しいな。
ダメダメ写真シリーズなので勘弁してねぇ~。

ところで・・・
仕事先の学校の2年生の就職活動が苦戦している模様。
世の中不況ですし我らの業界はもっと冷え込んでいるので
もう半ば諦め始めている学生もいる。
面接なんて1時間も世間話になってしまうと嘆いていた。
会社として取る気が無い、とその時点で学生にも判るようだ。
「アルバイトしながらそのまま社員として採用されればさぁ・・・」
なんて夢事のようなことを言う。
甘いよっ!そうは問屋は卸さないのだよ、若人よ。
バイト慣れ、しているような感じを受ける。
正社員とバイトの人生では雲泥の差なのだ。
頑張ってくれっ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

新宿御苑・十月桜  

十月桜1
NikonD70s AF24-120mm

新宿御苑ダメ写真シリーズ。
僅かに残っていた「十月桜」。
先月でしたか「こども自然公園」で見た時より流石に花もまばら。
何だか不思議。先月初めてこの桜の存在を知って眺めたんだけど
紅葉・黄葉の中でひっそりと、そう本当に<ひっそり>と咲いている。

十月桜3

春の桜みたいに「派手」じゃないの。
秋にふさわしく周りの色とりどりの中、静かに佇んでいる感じ。
主張していない。

十月桜2

気付かずに通り過ぎてしまいそうなくらい。
千駄ヶ谷門近くで静かに咲いておりますよ。

暗いくてまたピントもズレてこんな写真になってしまいました。
手ブレ防止が欲しい・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしく~!

新宿御苑・木  

黄葉
NikonD70s AF24-120mm

新宿御苑って、10年以上ぶりに訪れた。
あんなにでっかい木ばかりだとは思いもよらず。
確か桜を見に行ったのが最後。他に何があったのか全く覚えていない。

大きな木の見事な黄葉ぶりを撮ろうとしても
上写真のようにゴチャゴチャとした絵になってしまって
何をどう撮っているのか、って感じになってしまう。
でも、これはこれで良いのかしらねぇ~???わっからん。
どうも納得出来無い図柄なんだよね。

もちろん露出や捕正もあれこれ随分試した。
自分の中にまだデータが出来ていないから
ただ撮りまくり状態。手応えを感じられない液晶画面。
う~ん・・・

枯れ葉

たまにこんなクローズアップしたものも撮りながら
うんうん唸り頭をかしげ、ファインダーを覗く。

それにしても広い芝生。行き届いた手入れ・・・
一歩外に出ると車や電車がひしめいている。
ホントに都会のオアシスなのですね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

新宿御苑  

芝生
NikonD70s AF24-120mm

ようやくの晴れ。
仕事帰りに新宿御苑に寄ってみた。
でもね、もう日が大分傾いて来た3時近くだったから慌てた。

もうダメよぉ~風景写真って
やっぱりどう捉えていいのか途端に迷ったり戸惑ったりで
何をどう撮って良いものやら・・・・・
デカ過ぎなのよ、風景がっ!
何をポイントにしていいのか、さっぱり分っからん

帰って来たばかりで、まだじっくり検討していないけど
ダメダメ写真シリーズで暫く行くわよ、覚悟してね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅう!

アナタはだれ?  

虫1
NikonD70s AFマクロ60mm

ベランダに来た珍客。
昆虫ダメなんですよぉ~ホント。
でも、遠くからでもこの子小さいのに何かがヘンと見た。
ガ?蝶じゃ無いわねどう見ても。

だって・・・
虫2

尾っぽが<ふさふさ>として風に揺れていたもの。
こんな子初めて見ました。
この<ふさふさ尾っぽ>は何だろうね。
ま、苦手だからじっくり観察なんてしたこと無いんだけどね。
目の前が森もどきなんで色んな珍客が訪れるんです

ところで・・・
みゆき
前回の「中島みゆき 歌旅 コンサート・ツアー2007」
に気を良くした私はその中に入っていた曲が入ったアルバム
中島みゆき「I LOVE YOU、答えてくれ」(2007)をレンタルしてきた。

何かこのアルバム、まるで「夜会」みたい。すごく良い感じ。
う~ん、ようやく17年の年月を経てまた聴きたい世界に触れられたかな。
「夜会」を観てから少しドラマチックな感じのものが好きになってしまった。
グッと表に出せない心の底を掴むというのかしら・・・
言葉の重みを感じますね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

行っていて良かった  

撮影

これは今年3月に行われた「フォト・イメージング・エキスポ2008」の一コマ。
思い返してみれば、あれから私はカメラへの関心が向いたように思う。

ずっと写真の扉を開かずにお店のさわりしか見て来なかった。
自分のカメラにもそれ程の関心があったかどうかも怪しい。
外を見ずに来ていたから、あの会場に行って急に目の前がパーッと
開いたというか、止まっていた時間が動き出したように感じた。

何かやりたいんだけど、どうしていいのか分からない・・・
そんな中、このブログを開設したのだけど正直写真ブログにするつもりは無かった。

だけど、コメントの交流で目覚めた
FC2の使い方も分かって来たら、見るブログは写真ばかり。
この半年位で随分と自分のカメラ世界が変わって来た。

何か行動に出ることで変わるんだと実感しています。
皆さんに感謝しております。

お天気が悪いんで、ネタ切れ状態ですが
あれこれ挑戦していきたいですな

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

ベランダからの眺め  

ベランダ
NikonD70s AF-S18-70mm

我が家のリビングから見えるベランダの今朝の洗濯干す前の風景。
7階なのですが、目の前が小高い森?丘?の頂上なので
まるで庭のような森林の眺めなのですよ。
居ながらにして紅葉を楽しめる・・・ワケでも無いのよ。

試しに一度だけあそこを歩いてみた。
でも、歩いている所は森に隠れて暗いし狭いし写真を撮るって気に
正直なれないシチュエーションなのよね。
でも、たった一度だけ・・・なのよねぇ~。

毎日見ているとその中に入ろうとはなかなか思えない。
大自然が広がっているなら行くけど、その向こうは大学の建物があるからね。
超薄っぺらな森もどき・・・なのさっ!
ま、贅沢な眺めだとは思うよマジで。賃貸だからね、ちなみに・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

猿島・おまけ  

猿島全景
NikonD70s AF24-120mm

横須賀・猿島シリーズおまけ。
先週末もこんなに曇りでしたが、この週末も雨や曇り。
こんなに小さな島。だけど、無料ガイドさんが居るんですよ。
歴史を知るにはガイドさんのお話も聞きたかったな。
何となく一人で歩きたかった。

ホントはもっと木々や風景を撮ったんだけど
どうしてもつまらなくって納得していなくってね。
レンズのせい?とかって他に責任を押し付けようとしている。

ウデが悪いのだ。視点が悪いのだ。
お天気も悪いのだ!
今週も曇り雨の天気なのでお出かけ出来無い!
ネタ切れなんですけど・・・

歌旅

関係ないけどこんなCDを借りてBGMに今流しております。
中島みゆき「歌旅 中島みゆきコンサートツアー2007」
もうコンサートも「夜会」にも行っていません。
だけど、コレ良い感じです。ギラギラしていなくって。
久々に聴くと何だか心が落ち着く。
最近のみゆきさんはメジャーになってしまって聴いていないのよね。
「歌でしか言えない」(1991)までだなぁ、私は。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

猿島・感想  

釣り人
NikonD70s AF24-120mm

横須賀・猿島シリーズの続き。
旧日本軍の砦が残っているとは言え、自然も残っています。
紅葉は全然していませんでしたが(先週は)海と山が楽しめる所かも。
ただし、無人島ですから施設的には何もありませんよ。

夏は海水浴で賑わいますが、その他は何しに誰が来るんだろう・・・
それは、船に乗っている人でも分かった。
「釣り」をしに行くんだ、と。
海岸線には釣り人があちこちに立っておりましたよ。

砂場

そして、バーベキューをしている人も多いこと。
目の前で学生風の男性が「タコ」を釣り上げておりましたよ
小さいながらもきっとバーベキューに・・・

海は綺麗です。
横須賀の海は全般的に透明度があって綺麗だと思います。
その綺麗な海を守って欲しいなぁ。
都会に息詰まったら、ここへ来てボーッとしてみるのも良いかも

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

ブレイク・タイム  

トナカイ?
トナカイ?

仕事の合間に初めて開発されてからの秋葉原に行ってみた。
ヨドバシ・カメラはどこにあるのだ???
今どこ歩いているの?

完全にお上り状態。
だって、こんなに駅前が変わっているとは電車からだとは分からなかった。
駅自体が大きく変わってしまったものね。
駅前だけウロウロしたのに、ものすっごく疲れました。

見上げて見えたタリーズ・コーヒー。
誘われるようにこちらも久々の利用。スタバもタリーズも私は利用しないからね。

普通さ、店内利用でもカップの上に<フタ>付けたりしない?
出来上がって渡されたカップを見て「え?」
フタ無しでこんな・こんなの初めて・・・

って、もしかして今ってこんなサービスしてくれるものなの?
この<顔>にしばし見入る。

可愛い・・・
一口飲んで口がひん曲がってしまったけど
これってどこでもやってくれるサービスなの?

疲れがどこかへ飛んで行きましたとさっ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

キク?  

キク?
NikonD70s AF24-120mm

横須賀・猿島シリーズは続く。
あまり花は咲いておりませんでした。
最初からこの子があちこちで迎えてくれていたくらい。
バックは石垣のコケなんだけど上手く撮れていないね。
何だか力も入っていないよね。
う~ん、悩む撮影だったな。

カメラバックを買ったのだ。
ま、それの試しみたいなお出かけだったけど
どんなに軽いバックにしてもレンズが重いから全く肩の荷は変わらない。
エツミの「カメラバックに見えないスナップ専用バック」の謳い文句のバック。
一見、ごついカメラバックに見えないフツーのショルダーバックみたいなオサレな感じ。
カメラ・レンズ・その他何か1個が入るスペース。
カメラの取り出しにはカメラ・レンズが裸だからすっごい便利
こんなにラクだったのか、と嬉しかったけど重い・・・

それより上手く撮れていないことにイラつく。
不満を噴出すかのように「いいじゃん、ポタポタで」の方で
中東で撮った銀塩写真を載せる気力が湧いてきた。
おかしい。露出がフィルムと違う。感覚が違うのだ

貝殻

正直、こんな写真にも悪戦苦闘したのだ。
上手く撮れない・・・・・・

何かの壁に当たっているのだろうか

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね!

猿島・自然  

森
NikonD70s AF24-120mm

横須賀・猿島散策続き。
旧日本軍が築いた砦?は敵には分からないように出来ている。
こんなに自然の中に造っていたらこっちも分からないよ。
石垣とレンガ・・・どこかチグハグに見えたけど何故?
突っ込んで考察するには時間がいるかもしれない。

ローマ時代の遺跡を溢れるくらい見てきた者としては
こんなに新しいものは・・・という目もあったけど
それはそれで日本の戦争時代をこんなに時を止めて見られるのは
貴重かもと思う。

それにしても・・・
ローマ遺跡では得意としたショットがデジタルでは全く発揮出来なかった。
こんなに風景写真が下手になったとは・・・ショックだ!
何が違っているのだろうか。
ピントは合わない、構図は冴えない、色が出ない・・・
こんなに手が落ちたなんて自分でも認めたくない。
何がフィルムとデジタルは違うのだろうか???

模索は続くのだ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

猿島・散策  

レンガ
NikonD70s AF24-120mm

横須賀の猿島巡り。
何だか分からないけど、とにかく歩き始めました。
小さい島だから迷子にもならないだろう。

こんな感じで旧日本軍のレンガ造りが時々見ることが出来ます。
それより石垣のコケが良い感じだわ。
ここら辺であれこれ露出をいじっても上手く撮れないので
Pモードに切り替え。もうお手上げです。ダメみたいこういうの。
風景はPモードにお任せすることにします。
鬱蒼とした緑が綺麗に撮れないんだもん

落ち葉手すり

風景に悪戦苦闘しながら時々こういうのも撮ってストレス発散。
階段の手すりに1枚だけ落ちておりました。
でもね、ここでも<曇り+暗い>でISO上げてもブレブレなのよねぇ~。

ところで、昨日仕事しながらD90にしたらあれこれカスタマイズしなきゃ
と本屋で立ち読みして得た知識を思い出していたら
あれ?そんな未知未定の未来のことより今持っているD70sって・・・
と慌てて調べたら、買ったまんまの状態で何もカスタマイズしていない・・・!
「仕上がり設定」なんてあったのね。彩度や色調を変えたり出来るのね。
デジタルって・・・苦手だわ。

あれこれ出来ることがデジタルの世界。なのに頭がついていっていない。
あ~ぁ、大丈夫なのか私って・・・
「気付いたら直す、及び行動する」がモットー。それで良いのだ。
気付いた時点で進んでいるのだ、と自分を励ます。
その繰り返しのアラフォーなのだ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとね!

猿島へ  

軍艦三笠
NikonD70s AF24-120mm

横須賀の猿島へは三笠公園からフェリーに乗ります。往復¥1200(通常は)
ホント、目の前にある島なのに高いよなぁ~。10分弱の船旅。
この煙突2本立っている船が軍艦「三笠」
これが日露戦争で大活躍して日本が勝利したとは思えない程意外と小さい。
だって手前の派手なヨットだってそうは大きくないよ。
軍艦よ軍艦!東郷平八郎が指揮取ってロシア撃沈させたなんて・・・
と、思いながら船は沖へと向かうのだ。

前にも書きましたが、風景写真は苦手です。
それを今回は大胆にも載せる図々しい私。
曇りで全く冴えない写真であることも付け加えておきましょう。
これほど下手クソ(失礼!)だとは思いもよらず・・・
ま、お付き合いを。

猿島入り江

10分弱の船旅を終え、桟橋というか足元の下には波打つ海・・・
底が丸見えのスチール桟橋。
んがっ、横をふと見るとエメラルドグリーンの海が・・・

ここは南国???

キナ臭い軍艦から旅立つこと10分で無人島の別世界に辿り着くのだった

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

秋・横須賀へ  

ゆず酒
NikonD70s AFマクロ60mm

よこすか産業まつり2008」に行って来ました。
昨年初めて行ったのですが、会場が三笠公園という
軍艦「三笠」がある所なのですよ。
「三笠」は東郷平八郎が日露戦争で大活躍した船・・・
この日は観覧無料ということで昨年はそれが目的だったんだけど
地場産業のブースで<ゆず>を1袋¥100で買ったことが頭に焼き付いて
「そうだ、今年はゆず酒を作ろう!そして、猿島にも行こう!」
と、いう目的で今年も出かけてみました。

朝一が勝負でとにもかくにもまずは<ゆず>求めて人混みを突進。
3袋Getしてからあちこち見物。だけど、それだけですでにもうぐったりするくらい
ものすっごい人・人・人・・・・・
スーパーでは買えない海の幸・山の幸がいっぱいなのだ!

ところで、「猿島」って東京湾唯一の自然島・・・ってあるけど海軍港なのよね。

海軍港

だから、今まで敬遠していた。何だかキナ臭いって言うのかしら。
戦争の臭いプンプンなのでは?と思っていたのです、ずーっと。

でも、夏になると海水浴で賑わう島でもあるから大丈夫なのかなぁ。
本日はフェリー半額(往復¥600)だから、行ってみようと思ったのさっ。
だって、すぐそこに見える島に行くのに¥1200は払えないとケチ心もあってね。

猿島巡りをします

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと!

▲Page top