お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

小さな野草達  

ムラサキサギゴケ
NikonD70s SIGMA APO70-300mmMacro  野鳥公園

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)・・・足元に沢山咲いておりました

もね、目が地面の小さな花に敏感になってしまって
ちょっとでも何か色を見つけたら’獲物をと捕らえた’感じになっちゃう

仕事先の学校は今月はオリエンテーション期間で
昨日、1ヶ月ぶりにゼミして来ました。

ケキツネボタン

ケキツネボタン(毛狐牡丹)・・・レンゲソウに紛れて咲いておりました

私は1年生担当なのですが今回だけ2年生担当。
リストカットをしている学生が居るのは知っていました。
誰かも大体分かっていました。時々左腕に包帯して来ていたから。
その子が珍しく腕を出していたのです。

で、見てしまったのです・・・傷だらけの腕を!

手首から肘の内側までびっしり隙間無くまるで縞模様のように
傷で真っ赤に腫れ上がっていました。
ショックで目が点になって、一瞬凍ってしまったくらい・・・

4~5本位の傷かと思っていたのに腕半分の内側が傷で埋め尽くされている。
それも、ナイフの後が全部綺麗に同じ方向に切れている。
きっと、じっくりゆっくり傷付けているのだろう・・・

コバンソウ

コバンソウ(小判草)

帰りの電車の中で思い出しては胸が締め付けられた。
どうしてそこまでするのだろうか?

決して暗い子では無いのだけれど
感情を私にぶつけてくるその姿には時々何かを感ずる。
何を秘めてしまっているのだろうか・・・

理解力があり飲み込みも早い。
ゆえに、繊細な心が時々壊れてしまうのだろうか・・・


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援ね!



野鳥公園の花達  

キンラン
NikonD70s SIGAM APO70-300mmMacro  野鳥公園

野鳥公園には田んぼや畑がある区域があるんですよね。
野鳥を楽しんで歩いていたら
「レンゲは見ませんでしたか?」
とあるご夫婦に聞かれて「見ませんでした」と答えて
あれ?どこかで咲いているのかな???
と、受付の向かい側地域入って行ったら沢山の人が・・・

キンラン(金蘭)・・・入り口付近の囲いの中で咲いておりました。

ギンラン

ギンラン(銀蘭)・・・こちらはまだ蕾状態。

囲いの中で大事に育っているって感じでしたが
この花達に触っている人がいた。
可愛いものを見ると触りたくなる気持ちは分かるんだけど
どうなんだろうか?

野草が咲いていると取って行く人が居るのはよく聞くけど
花って可憐だし、触ってしまうことでその姿を壊してしまう可能性だってある。
遠くから愛でるくらいが良いと思うのだが・・・

ツリガネズイセン

ツリガネズイセン(釣金水仙)・・・こちらもささやかな囲いがあった

触るな・・・という意味もあると思うんだがなぁ。
しかし、光が強かったからかぜ~んぜん可愛く撮れなかったっす。
こういうワサワサした感じになるのは好きじゃないです。
ウデが悪過ぎだ

イカリソウ

イカリソウ?奥の方でひっそりと咲いておりました。
でも、もうこういう花も目ざとく見つけちゃうもんね~

レンゲ畑には沢山の人が写真を撮っていました。
そこに座り込んで旦那さんは’たそがれ’ておりました。
ボケ老人かと思ったぜ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

野鳥はムリ  

アオアシシギ
NikonD70s SIGMA APO70-300mm  野鳥公園

ものすっごい強風の日曜日。晴れたのにこれでは花は難しい。
と、言うことで旦那さんお気に入りの’東京港野鳥公園’に行って来ました。

アオアシシギ・・・かしら?

300mm目一杯使っても、小さく写るだけ。
トリミングしていますが、それでも無理っすね。
500mmくらいのレンズじゃないと、何撮っているのかも分からんよ。

メダイチドリ

「今日の見所はコレね」
とネイチャーセンターでオジ様に教わりました。

メダイチドリ・・・野鳥公園の鳥ガイドの表紙を飾る鳥です

19.5cmと小さく、胸がオレンジ色をした可愛い鳥さんです。
トリミングしてもこれくらいしか大きく出来無いですなぁ。

サギもいたのですが、強風にあおられてヨタっている姿が何とも可愛い。
双眼鏡覗きながらボーッと出来る静かな場所。
鳥達の様子を見ているって、ほっこりします。
時々飛立って行く姿を見ては、ああ 鳥になりたいっ・・・・と思うのだ

カニ

干潟は静かでしたね。
あまり大きなカニは見かけなかったし、カニ達もお休み?

それにしてもGWに入ったからかETC効果なのか
道路は激混みっすよっ!
帰り道、駅近くまで来ているのに全く進まない。
あれこれわき道に入るが考えることは皆同じ。
どんどん割り込みが入り、益々動かない。
さすがの私もイラッと来たね

正直、このGWは車で動かない方が良いと思いますよ。
だって、これじゃ皆イラついて事故多発しちゃうし
皆うんざりする休みになるゼ、間違いなく。

我が家は1日だけ日帰りドライブを予定しているのみ。
昨日の激混みで予定を変更しましたさっ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと安全運転ね!


まだあった くりはま花の国  

カタバミ
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

カタバミ(片喰)・・・道端に沢山咲いておりますね

こうしてMacuroで撮ると可愛い花ではないですか。
でも、ふんずけられてしまうのよねぇ小さいしなぁ。
ま、それが雑草の宿命。たくましいのだ。

レンテンローズ

レンテンローズ・・・クリスマスローズとは別種 だそうです

何だか不思議な花だ。好みじゃないけどさっ・・・
真ん中のふくらんだものは、何になるのかしら?シベ?
摩訶不思議なカタチをしているけど、どうも苦手かも・・・

エンドレスサマー

エンドレスサマー・・・越冬した紫陽花ですよ

もうこの紫陽花は咲き始めているのでした。
それで越冬するんだから、すごい生命力があるんだなぁ


’草なぎクン’の記者会見を見ての感想・・・
アルコールについてお勉強して欲しいな、ということ。
このブログでも書いてきていますが、アルコールの恐ろしさを知って欲しい。
あの時はまだあまり認識出来る状態では無いのは分かっていますが
彼の話からアルコールに甘いな、という印象が強かったです。
普段から飲みすぎ傾向があったみたいだし
アル中か依存症になり易いかもしれないと思った。
だって、アルコールから離れられない印象を受けたから。

アルコールの酔い=脳のマヒ

そして、これは常習性を持ち麻薬と同じ危険があるということです。
アルコール依存症の親の元で育った私ですから。
気付かないうちに依存症にハマっていく。
裸になるだの何だのではなく、飲み方が問題なのです。
お酒に対する考え方が問題なのです。
脳のマヒを続けるとどうなるか・・・考えて勉強して欲しいです。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッ~と頂けたらな~♪

皇居東御苑とブライアン・メイ(無関係です)  

白鳥
NikonD70s AF-S18-135mm  皇居東御苑

銀座ショールームでカメラのボディをクリーニングしてもらいました。
やっとスッキリ画面になって良かったよん。
¥1000だったのですが、他のメーカーもこれくらいするもの?

で、その足で東御苑に行ってみました。
すると、入り口すぐ脇のお堀に白鳥さんが巣篭り?
もしかして、卵抱いているとか???
訪れた人達の注目の的でした

竹林

ノーファインダーで撮ってます。
D5000だとこれがモニター見ながら撮れることになるんだな。
こういう場合はモニターが動くって便利だと思います。
便利だからって、ノーファインダーで撮る選択も出来るのだから
やっぱ、あってもいいかな?

シャガ
SIGMA APO70-300mmMacro

大好きなシャガがシャガ畑のようにわんさか咲き誇っておりました。
そうなると、ダメ。
ちょろっと咲いている感じが好きで、たーっくさんワサワサ咲いていると
もう目が花に向かない。じっくり見られない。
だからソメイヨシノもダメなのかもしれない。
ワーワー花だらけって、弱いかも。
バックのオレンジ色はツツジです。
だから、ツツジもダメなんっす



関係ないけど・・・・・
メイ

小学生の時からQUEENファンでして・・・
ジャパン・ライブに行きそびれ非常に後悔しております。
でも、ギター奏者のブライアン・メイのソロ・ライブには行きましたさ。
初めて彼のライブに行ったら、ドラムがコージー・パウエルだったのだ。
誰?とロック知らない人には分からないだろうけど
ホワイトスネイク’などのドラム演奏していた雷みたいなドラマーです。
ブライアン・メイのライブの時は彼だとは分からなかった私。
でも、生で目の前でコージーのドラム聴いたら全身鳥肌ものよっ!
凄い!すご過ぎ!
ブライアンはフレディー亡き後のソロ活動ではコージーと組んでたみたいね。
この後、コージーは事故死してしまってブライアンの悲しみはどんなだったか

「華麗なる復活(RESURRECTION)」1993年
このアルバム、日本公演記念ミニアルバムだったようで
1度位しか聴かなかったんだけど、先日ドライブ中にかけたら・・・
ハマッた
バン・ヘイレンなども参加して、BLUESやってんのよっ!
QUEENのギターリストがブルースよ。
ブライアンが友達集めて好きにアルバム作ったって感じで
すんごくのびのびやりたい放題!
廃盤になっている様子で、手に入れられたらファンの方は一度聴いてみて

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくね!



燈明堂海岸とゴジラin久里浜  

燈明堂海岸1
NikonD70s AF-S18-135mm  燈明堂海岸

車に自転車積んで花の国から走ってみました。
とりあえず「海でたそがれ」たい旦那さんの要望を満たすべく
海沿いを走っていたら「燈明堂海岸」という手書きの看板が・・・
とりあえず、走って行ってみました。

木々に囲まれた和式の建物が「浦賀燈明堂」というものらしく
江戸時代(1648年)に建造され明治5年(1872年)まで灯台として活躍、らしい。

燈明堂海岸2

透明な海で非常に綺麗です。
この日は曇りでそんなに暖かくなかったのですが
ここでシュノーケリングしている人が早くもいました。

ここが浦賀港なのですが、ここにペリー提督率いる黒船が入って来たのかな。
お隣の久里浜港の方にペリー公園があるんだけど、どっち?
ま、どっちにしろここから日本は開国に向かった歴史ある場所なのです。

燈明堂海岸3

まさかこんなジモッピ専用ビーチがあるなんて・・・
自転車でのんびり走らないと見つけられなかったです。
車では絶対分からない場所です。
しかも、かなり綺麗な海なので夏にまた来たいくらい。
写真ではゴミ付き写真だし曇りだったからあまり伝わりませんがね。

ところで・・・
ゴジラ

くりはま花の国・・・と言えば皆さんこのゴジラのようです。
足湯は知らないけどゴジラは記憶にある・・・というコメントが多かったのですよ。
これは’すべり台’で子供達に大人気

でも、時々大人のオタクっぽい人がカメラに収めている。
子供達が遊べるアスレチック的な場所でもあるので
大人も子供も楽しめる山公園と言った感じの所なのです

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援ね!




ハーブ園で足湯inくりはま花の国  

ドウダンツツジ
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

ドウダンツツジ・・・ハーブ園近くで沢山咲いておりました

でも、ハチ達が蜜を求めてブンブン飛びまくっていて
撮影に集中出来んよ。こっちは逃げまくってしまってさっ!
怖いっす

ハーブ園には’無料’の足湯があります。
今回はそこに入ろうとタオル持って行きました。

タンポポ

タンポポの綿毛って、どこにピント置けば良いのかしら?
いくつか撮ってみましたけど、手前が一番良いような気がするけど・・・

シャガと虫

大好きなシャガにも虫さんが居ましたよ。
シャガの蕾はイマイチかなぁ。
ツボラーの食指は動かなかった。
ツボラー(蕾好き)と言っても、何でも良いかっつーとそうじゃない。
そこに意外性と美しさが備わっていないとならないのだ

足湯2

ハーブ園の足湯。
今回はゼラニウムとローズマリーだったかな。
ほのかにハーブのかほりがホッコリするのですよ。
湯の先にはハーブ園が広がっています。
無料なので、ハーブなんて見向きもせず足湯目指して来る人も多い。
昔のハーブ園の方がハーブは沢山あったんですよ。
今はこんな寂しい光景ですがね。
他にも足湯に入っている人がいて、撮影もままならないです。
結構混むんですよ。

朝から足湯でさっぱりさっ

だったんだけど、今朝は二日酔い気味。
ゆんべちょっと飲み過ぎたかも。家で飲んてたんだが。
頭痛いっす。
レモン絞ったらいつもより量が多かったから、つい・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

くりはま花の国・春編  

虫1
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

「海でたそがれたい」と旦那さんが言うので
私の庭’くりはま花の国’に自転車積んでポタして海見よう!
花の国には無料の足湯があるから、ついでに入ろう・・・となった。
久里浜を自転車で走るのは実に良いアイデアだと自分でも思ったね。

その前に花の国を散策。
今回は第二駐車場に車を留めてみました。
駅より遠いというか裏側のような場所なのです。
そこから登ると違った風景が広がっていました。

虫さんの季節になって来ました。
何ムシ?虫の名前は全然分からなんのよ。

虫2

ひやぁ~!毛虫はたーっくさんモソモソ動いておりましたよ。
この子は就寝中だったようです。気をつけねば

オドリコソウ

そんな虫さん達に気を取られて歩いていると
黄色いオドリコソウでしょうか。
黄色もあるのね。初めて見ました。

キバナオドリコソウのようです。

沢山咲いていました。こっちの道の方が花の種類が違うみたい。
いつも正面?から行くから、沿道の花が違うんだと発見です。
私の庭は広いので、何度も行かないと把握出来無いわ

ビグノニア

ビグノニア・・・ノウゼンカズラ科 カレーに似た香りがるのでカレーバインの名前も

とありましたが、この子に顔を近付けることなんて頭に無かった。
だって、虫が居るかもしれないじゃんかっ!
コワイっす

この時はまだカメラボディはゴミ付いたままなので
しばらくゴミ付き写真ですが、どうぞお付き合い下さいませ。
続きますよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック応援ね!


ヒメリンゴin横浜中華街  

ヒメリンゴ1
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  中華街

桜が終わった頃にヒメリンゴは咲いている・・・
という印象があります。

横浜中華街の南門シルクロード(地下駅から出て元町に抜ける道)
の街路樹がヒメリンゴなのです。
ま祖廟の目の前の木しか写真が撮れないくらい
上の方に花は咲いているんですよね。

ヒメリンゴ2

こんな感じです。
桜より大きい花。秋には小さな赤い実を付けます。

とにかく、ここは中華街ですから誰もこの木なんて目がいかない。
それよりどのお店にする?で頭がいっぱい。
写真撮っていても「なに?」くらいで見向きもしない。
って、私もちょっと前までそうだったもんな


ところで・・・
カメラをクリーニングに出している間(銀座ショールーム)
Nikon新製品 D5000をいじって来ました。
ボディは見た目D60とほぼ同じで重量も軽い印象でした。
一番はなんつったってバリアングル液晶モニターでしょうね。
モニターが自由に動かせるのでロウ・ハイアングルでも見ながら撮れる。
この機能はD90でやって欲しかったです。
待てばそのうちD90もそういう仕様になるんだろうけどね(かなり期待する!)。
ノーファインダーで撮るのが好きなのですが
見れるとなると見ながら撮ってしまうんだろうなぁ~。
D60よりD5000の方が楽しめるかも、とは思いました。
でもね、昔の人間なので表示パネルは別窓でいつでも見られる・・・
じゃないとヤダね。液晶画面でイチイチ確認するって面倒だわ。
なので、私はやっぱD90にしたいと思います。
カタログは全て英文のもので日本版はまだのようでした。
以上

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援ね!


ツボラーのチューリップ第2弾in横浜公園  

つぼみ1
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  横浜公園

ツボラーが挑戦した蕾、第2弾!

ようこそって見える。
こういうのはもう堪らないね~。
ツボラーとしては、この子が今回は一番だったかもしれない。
チューリップだとは分からないようなところが良い!

つぼみ2

上から撮るって、やってこなかったので
今回はこういう撮り方もやってみました。
ピントを合わせる場所が難しいですなぁ

つぼみ3

白いのは何でも難しい。
中のシベ?を入れるか入れないかでも変わるのね。
ゴミというかシミがすごくこうして見ると目立ってヤダわ

つぼみ4

こういうちょこっと開き始めって、艶っぽいのね。

こんな感じで、もっと撮ったんだけど
う~ん似たようなものや去年撮ったものに自分的に似ていて
もっと違う撮り方しないとつまらない・・・と自分の中で思ってしまう。
追求していくと、違ったモノ違った姿・・・を追い求めて
暴走してしまうのかな。
行き詰らないようにあまり自分を戒めないようにしないとなぁ・・・
などと、ゴチャゴチャ考えてしまうのだ。

表現の仕方を覚えないとつまらないかも・・・
それは他の写真でも言えるから
ま、これからポレポレやっていくさっ

早くクリーニングに出そう!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとヨロシクね!

ツボラーのチューリップin横浜公園  

蕾1
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  横浜公園

ツボラー(蕾好き)として開眼したチューリップの蕾達。
ここ横浜公園(横浜スタジアムがある所)でハマッたのだった。
今年も楽しみにしていたのですが、気付くのが遅くって
もう満開状態になっていました

ガーン!つ・蕾が・・・あまり無い!
ショックの中、ちょっと思考を変えて撮るのもいいじゃん、とあっという間に
趣味思考と言うものは変わるのだ。

蕾3

今年は日本大通り側が工事していて、規模的にはかなり小さくなっていた。
それに、何だか去年より種類もあまり無いような気がする。
これがチューリップ?と言ったちょっと変わり種みたいなのが
少なかったように思ったのは、私だけかしら?

蕾4

そういう点でも、ツボラーとしてはちょいと面白味に欠けた感じはしたな。
って、かなーり勝手なこと言っていますが
横浜公園は毎年子供達などが花壇にずら~りとチューリップを植えて
一面この季節は花で埋め尽くされるのです。
年に一度の一大イベント。大変な労力の元で楽しませて頂くのです。

蕾2

こんな蕾ばっか撮っているのはきっと私だけだったでしょう。
咲ききった花に興味は無いのだ。
咲く前の一瞬の姿こそ美しいのだ

花壇1

パソコンで写真を見たらシミだらけ。
ちょっと前もそうだったのでプシュプシュ空気を吹きかけ
お掃除したのですが、意味無いってことは中が汚れているみたい。
クリーニングに出してくるかな。


それにしても・・・・
ガーナチョコがお好きな人が結構いるって知って
ちょっと嬉しかったです。
’チョコっと支援’をチョコ見たら思い出して頂けたらと思います

ツボラー写真は続くよ~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとお願いね♪

金沢自然公園in横浜  

オキナグサ
NikonD70s AF-S18-135mm 金沢自然公園

ウチから自転車で20分位の所に金沢動物園を含む金沢自然公園がある。
金沢動物園にはコアラが居ることでここいらでは有名なのっす。
隣接する植物地区?って言うのか無料で自然散策が出来ます。

オキナグサ(翁草)・・・果実に付く毛が老人の白髪に似ているからだそう

これは歩道沿いに植わっておりました。
親子連れの何撮っているんだ攻撃にさらされながらパチリ。
動物園だけでなく、ながーいスベリ台があったりして遊園地みたいな感じなのさ。

ウラシマソウ
SIGMA 70-300mmMacro

ささ、自然の森に入って行きましょう。
ウラシマソウ(浦島草)・・・ここでは咲いておりましたね。
’泉の森’の時は蕾だったんですね~。こんな姿しているんだ。
ヒュ~っと伸びたものが不思議でならない。
もうこれが花であることが確実に分かりましたよ。

この森である地区は全くの荒地状態で草ボウボウだし
木で出来た標識は根元が腐ってあちこちで倒れいて意味ナシ。
野草達もあるみたいだけど、ボウボウ過ぎで見つけられないよ。
ニリンソウは分かったけど、遠くで咲いていて撮れないです

自然植物園

こんな感じで自然のままなのです。
急な階段や坂があって、ベビーカー担いだ親達はふーふー言いながら
子供はキャピキャピ言いながら登る。
「こんなこと書いてなかった・・・」
とご不満そうなママもいらっしゃる

池があると地図にはあったのですが
行ってみたら子供も遊べない荒地。
ちょっと、どうにかならないのかなぁ。例え無料だとしても
親子連れが安心して遊べるような場所では無さそうです。
ま、そういう自然な所があっても良いとは思うけどね。
ベンチも木が朽ち果てていたりして、困ってしまうけど・・・

つーことで、花の写真は以上です

追伸:
チョコ裏

ロッテのガーナチョコレートの裏をご覧になってみて下さい。
JOICEFとありますが、ガーナチョコを買うと放置自転車を再生してガーナ共和国に贈る
というホワイトリボン運動を支援しているようです。
去年知ったのですが、ガーナなどは病気やお産で急を要する時でも
何キロも歩いて病院に行く現状が続いております。
自転車があれば後に乗せて’救急車’となって患者を早く連れて行けるのです。
そこでロッテはガーナチョコの売上げの一部をこの支援に当てて自転車を贈っているようです。

放置自転車王国の日本。
必要としている人達の為にこの運動は非常に素晴らしいと思っています。
だって、大好きなガーナチョコ買えばお力になれるのだもの!
自転車を愛する者達よ、違う方もちょっと知って頂ければと思いまして
この記事書かせてもらいました

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援ね~!


荒崎公園in三浦半島  

荒崎公園
NikonD70s AF-S18-135mm  荒崎公園in三浦半島

週末、朝は曇っていたのですが行った事のない
三浦海岸の反対側というか西側相模湾に位置する
荒崎公園に行ってみました。

着いた時はお昼過ぎ。
朝の曇りがウソのように晴れ上がってかなり暑い
目の前に広がる岩・岩・・・・
物凄い迫力に興奮気味。

荒崎公園2

「'地形の博物館’と言われるほど、三浦半島で最も変化に富んだ海岸」
とガイドブックには書かれています。

どうしてこんなに層が斜めになって削られているの???
このゴツゴツ感はちょい北にある天神島もそうだったけど
ここまで斜めってなかったな。

荒崎公園3

お天気良いし、子供達が磯辺で沢山遊んでおり
大人達はバーベキュー。歩いているとプ~ンと美味しそうなかほりが・・・
釣りしながらおかず待ち・・・て言う家族も

写真パチパチやっている間、旦那さんは大の字になって
岩の上で口開けてガーガー寝てやんの

荒崎公園4

海岸の砂場でよく見かけるこの植物は何という名前なのだろう?
ボーッとするには良い感じの公園。
三浦半島は海と遊ぶには絶好の場所なんだなぁ、と改めて思うね。
釣りもサーフィンもやらん我らは眺めるだけだけどさっ

トロまん

おまけ。三崎名物「トロまん」 ¥250
三崎でランチしてからここに来たのだ。
この「トロまん」・・・要は「ツナ」が入っているまんじゅうってことだと・・・
ま、特にどうってことは無く 普通に美味しい普通のまんじゅうでやんした

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援ね!


お花見・野草編  

オオアマナ
NikonD70s SIGMA APO70-300mmMacro 新宿御苑

新宿御苑の「母と子の森」を目を皿のようにして歩いてみました。
この頃は「山野草」に興味津々になっているので
どうしても、そういったものを見つけないと気が済まない
かなり病的な感覚に陥っております

オオアマナ(大甘菜)・・・別名 ベツレヘムの星 ユリ科

でも、これは野草では無いようです。
そこら辺に咲いているものみたいです。
奥の方に白い花が見えたので、ワシワシ入っていくと沢山咲いていました。
花らしい花だなぁ。

オドリコソウ

オドリコソウ(踊り子草)・・・シソ科 笠を被った踊り子の姿に似ているからだそうです

案内図にこの名前が載っていたので、コレは見なくっちゃ!
と思って「母と子の森」を知ったという訳さっ。
オドリコソウも見たこと無かったんですよね~。
だって、こんな小さな花に気付くような人生歩いてこなかったもの。
この花に気付かず通り過ぎていく人は多かったですよ。

セリバヒエンソウ

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)・・・キンポウゲ科 燕が飛んでいるようなカタチだからだとか

う~ん、実に惜しかったなぁ。
この子はこの1枚しかシャッター切っていなかった!
なんて不思議なカタチをしているのかしら。
こういう不思議体に惹かれる私。
右の咲き切らない方が燕のカタチっぽい感じだわね。
全く分からなかったです。キテトーに撮っておいただけなんだよなぁ。
また出遭えるかなぁ~、もっと知りたいよぉ~

ウコン

おまけ桜 ウコンという名?種類の桜です。
遠くから見ると、ちょっと黄緑っぽい感じというか黄色っぽい感じの桜です。
白やピンクだけでは無いんですね~。
いやいや参りますよ、こんだけ種類が多いとさ。

お天気が良かった週末。
自転車こぐロードチャリの多いこと多いこと。
こちらも春だわ。
私もクロスバイクで走りたくなってきたぞ~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとお願いね♪


お花見・水辺編  

水辺1
NikonD70s AF-S18-135mm  新宿御苑

さぁ、これまた挑戦中の「水」をメインにした作図。
すごく晴れた日だと日差しも強いから良い感じでキラキラするみたい・・・
だと、今回思いました。

どれが良いかなぁ~。

水辺2

「母と子の森」という場所があったなんて今まで知りませんでした。
新宿門入ったら、そのまま左か斜め右の方に歩いてしまって
もっと右端に行く道があったなんて案内図をよーく見て
今回気付いたって次第。
小川みたいな所があるんですね。
桜のピンクが水に写りこんでいます。
パソコンで見て初めてこんなになっていたと気付きましたよ

水辺3

コイが良い位置になかなか来てくれなくて
何枚も撮りましたが、イマイチかなぁ~。

「水」相手となると、ものすごく挑戦的な気分が盛り上がって
ちょっと熱くなってしまいます。
かなり入り込んで撮っているので、周りを歩いている人に
もしかしたら迷惑になっているかも

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援してね~♪

感謝を込めてお花見・頑張り編  

ハナカイドウ
NikonD70s SIGMA APO70-300mmMacro  新宿御苑

皆様からお祝いの御言葉を沢山頂きまして、本当に感謝感激、嬉しい限りです。
どうも有難うございますっ

正直、ビックリしております
もう1つの「いいじゃん~」の方は全くの無反応続きでしたので
こんなに温かいお言葉を頂戴出来るなんて思ってもみませんでした!
なんてお優しい方々に恵まれているのかしら・・・と感涙でございます

都会の桜

ハナカイドウと下はその都会的な風景。
昨日は仕事先の専門学校の入学式でした(私は出席しません)。
全講師達は全体会議とその後の懇親会でタダ酒を頂けると言う貴重な日でした。

それまで時間があったので、ソメイヨシノ苦手な私
果敢にアタックしてみようと新宿御苑に行ってみました。
平日にも関わらず、ものすっごーい人出でビックリでしたよ。
週末か?と思ったくらい。

カンザン?
カンザン

色んな種類の桜がたーっくさん咲き乱れているんですね。
とにかく、どこまで撮れるのか挑戦してみようと思ったのです。
でもね、わぁーと咲いているってこと自体が苦手でもあるんだなぁ。
モコモコ状態もダメなんだと分かりました。

池と桜
AF-S18-135mm 下も

初夏みたいな陽気で、歩いていても喉が渇く。
満開で週末までもたないかもしれないなぁ、と思いましたよ。
歩いても歩いても桜・桜・・・で少々お腹いっぱい気味。

池と桜2

桜吹雪もあちこちで見られ、それを撮ろうとしていた人がいました。
それはかなり難しいんじゃないかい?と、そこまで出来無い、しようと思わない私。

まぁ、もうこれで今年の花見はご馳走様って感じでした。

皆様に感謝の気持ちを込めて、私の稚拙ではありますが
桜の写真ををプレゼントさせて頂きました。
これからも、どうぞ楽しくよろしくお願いしますね~

続きますよ。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとこちらもヨロシク!

泉の森・鳥編  

トリ1
NikonD70s SIGMA APO70-300mmMacro 泉の森in大和

ネタ切れなので、まだ続ける泉の森の写真。
今回は鳥シリーズ。

カワセミでピントが合っているものがもう1枚あったので載せちゃうもんね。
ノートリミングです。
行ったからといってこの子に毎回遭える訳では無いと
2回目行った時に知った。居なかったもの

トリ2

シラサギだと思う。
この子も2回目の時には居なかった。

このブログに載せている写真を見て思ったのだが
私は縦撮りが多いってこと。
横って、風景っぽい全体を撮る時には自然と横構えになるみたいだけど
ほとんどは何故か縦に構えていることに気付いたのだよ。
実は、この子の写真もこれ以外は全部縦

トリ3
AF-S18-135mm

キジバトはスノーフレークの群生を見ながら何を想う。

ね、やっぱになっている。
思い返しても、フィルムの時代もそうだった。
クセなのかしら?

そして、もしかしてこのブログ初めて1年経ったのではないか?
早いなぁ、もうそんなに経つのか。
来てくださった皆様には感謝しております。
本当に有難うございます

ってことは、5年近く受けたカウンセリング卒業して1年経つってことでもある。
うん、頑張ったわ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリックね!

称名寺in金沢文庫その2  

称名寺5
NikonD70s AF-S18-135mm  称名寺

称名寺の続きです。
参道入り口すぐ脇に気になる木が注目をまず集めます。

「この木はしだれ 源平桃の木です。
1本の木で花が咲きわけています」

という木の板に手書きで書かれたものがぶら下がっています。
1本に白とピンクの花が見事に分かれて咲いているので
「まぁ」
と言う感嘆の声が必ず聞えてきます。私も他にこういうのあまり見たことないっす。

称名寺4

朝だったし疲れていたしイマイチ乗りが悪くって写欲が
でも、これは今までこの木を撮った中では良い方なんだな、うん。

昨日は入学式の所が多かったようで、ピカピカの1年生とご両親が
わんさかお昼時に歩いておりました。
晴れて良かったよね。

多分ね、こういう新しい環境に移る時に桜が満開なので
アタシはソメイヨシノが苦手なんだと思う。
不安や寂しさなどネガティブな感情が湧き出て
悲しい気持ちにどーしてもなってしまうのだよ、今でも。
今年初めて見てきた河津桜オカメザクラはOKで逆にこちらはお気にになったくらい。
色が濃いと同じ桜でも違った印象になるみたい。
花の感じも違うしね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとクリック応援ね~!

称名寺in金沢文庫その1  

称名寺1
NikonD70s AF-S18-135mm 称名寺in金沢文庫 横浜

週末はずっとお天気がイマイチで風も冷たい。
ソメイヨシノが苦手なんだけど、ネタの為に自転車で
ここら辺では有名な「称名寺」にちょっくら寄ってみた。

称名寺2

つい先日、太鼓橋がやっと渡れるようになったので
絶対人が多く来ると思って、朝早めに(10時頃)行った。
ここは桜の名所でもあるので、それはそれはどんどん人がやって来る。

それにしても、色がどうしてこんなに汚く出ているのかしら?
曇りだから?午前だから?設定の問題?いや、ウデだね。
風景写真って苦手だなぁ

称名寺3

スミマセンね下手な写真ばかりで。

鎌倉だけが鎌倉時代の寺が残っている訳では無いのですよ。
鎌倉からはちょっと離れていますが、ココ金沢文庫にも立派に残っているのです。
大体「金沢文庫」って名も、この称名寺のお隣に建っているのですが
北条実時氏が建てたとかで、今にその名を残しているんだから
歴史は深いみたいなのですよ金沢区は。あ、ギリギリ横浜市ねあくまでも!

引越して3年目なんで、まだ知らないことだらけですが
あちこち由緒ある神社もあるみたい。
正直あまり興味無いのですが、そのうち取材してみようとは思っていますが・・・
何しろ建物写真も苦手だからさっ

お粗末さまでしたっ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと!

第11回アラブ・チャリティー・バザー続き  

六本木1
NikonD70s AF-S18-135mm アークヒルズ・桜坂in六本木

アークヒルズって初めて行きましたが桜並木がぐるりとあるのですね。

六本木2

アラブ・チャリティー前に桜見物させて頂きました。
正直、ソメイヨシノ桜って苦手で
すっごく悲しいと言うか寂しいというか・・・
イヤな感情が湧き出てしまって、苦手なんです。
だから、写欲が全く湧かないんですw
だから、かえってこういうビルがバックだと私的には安定するのだ。

六本木3

駅から戻った理由の「エジプト国立レダ民族芸能団」の演技。
この人、凄かったです

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと是非応援を!

第11回アラブ・チャリティー・バザー  

アラブ2
オリンパスμ780 アークヒルズ・カラヤン広場in六本木

会場前に並ぶ・混雑するはずっと聞いてきました。
30分前にはその場に居て、ちょっと様子を見ていたら
あっと言う間に入り口に列が出来ていたわよ。

アラブ3

11時開場だったのに20分遅れ。
入り口近くに並んでいたので中の様子が見て取れたのですが
様子を見ていた時にはすでに会場をご覧になっていた皇族のお方・・・
確かテニス・プレイ中に突然死された宮様の奥方(名前忘れた)のお姿が・・・
まだ見てるの?とちょっとイラっとしていたら、な・な・なんと
そのお隣には小池百合子氏もにこやかにご覧になっている・・・
あのさ、もうとっくに時間になっているのよね。
正直、アラブタイムだと思って諦めていたんだけど
これって、無いよね。
民衆は¥1000チケット握って冷たい風の中、もの凄い長蛇の列をなして
じーっと待たされているのよ

アラブ5

一目散にフードをGETしないと・・・
ちょっと、チュニジアさんよ クスクス¥1000は絶対に高い!
そんな強気はアンタ達だけ!
大体、こういう所は1パック¥500が多いです。
それでも高いと私は思う。
こういう所のクスクスで美味しいと思ったこと、無いんだなぁ

アラブ1

アラビア・コーヒーの試飲にありつけた。
でも、白い。一生懸命誰かに説明しているのを聞いていると
南部(イエメンって言っていた)はこれが主だという。北に行くと濃い色のコーヒーになる。
トルコに行くとトルココーヒーってあるでしょ?と。
で、私はこれはコーヒー豆ですか?ととぼけた質問をしたら
そうです、煎り方が短いんです・・・と。
ハッキリ言って薄くで全く私達が馴染んでいるコーヒーの味とは遠かったです。
私がシリアで飲んだ濃い~アラビア・コーヒーとはまるで違いましたね。
でも、こんなコーヒーもあるのだと知って驚きました

アラブ4

我がアラビア書道コーナー。
まだ始まったばかりにお邪魔したから誰もいませんが
後で行ったら結構なお客さんが来ておりました。
この方は、書道教室の私の同期の方です。
英語はもちろんアラビア語も堪能な才あるお方ですぞ。
彼女がお客さんの名前をナスヒー書体で書いてあげていたみたいです。

とにかく、すっごい人でそんなにブース無いのに
人だかりでじっくり見ることも出来ずに
そそくさと退散してしまいました。
一旦駅でお茶してから、実はまた戻ったんですがね。

いやいや、どこで皆さんこのバザーを知るのかしら?
私はアラビア書道教室でこういう情報は得るのですが
一般の方はどうするのでしょうか?
アラブ・ファンが多いのには驚きましたよ

いつもは、こういう情報は「いいじゃん~」の方でご紹介するのですが
こちらでもアラブ世界を知って頂こうと思い
お披露目しました。
本当はまだ続きがあるんだけどね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくね!

ミスミソウ又はユキワリソウ  

ミスミソウ1
NikonD70s SIGMA APO70-300mmMacro 泉の森in大和

ささ、山野草の再開です。
とにかく、小さい花を見つけたら片っ端から撮りまくり。
だって、見えないし分かんないんだもの。
あまりにも遠くに咲いているので狙うのも大変。

ミスミソウ(三角草)・・・雪解けが始まるころに茎を出し花が咲くのでユキワリソウとも。

ユキワリソウ(雪割草)で探しても図鑑には出ていないことが多い。
だから、あれれ?これで良いのかな?と実は半信半疑です。
ので、オンパレードでいきますが違っていたらご指摘願います。

ミスミソウ2

中のシベ?の紫が濃いしでかいですね。

ミスミソウ3

花びらがうっすら紫色に染まっていて、可愛い。

ミスミソウ4

全部紫色。これもそうなのかしら?

他にも沢山撮ったのですが、このくらいにしておきます。
初めて知ったし、初めて出遭ったので全く分からないまま撮って
ここに載せています。
だから、違っているのかもしれない


昨日から今朝もでしたがFC2に全く繋がらない状態が続いて
ウイルスに犯されたかと思い・・と言うのもブログを見ていたら
我がウイルスソフトのカペルスキーが真っ赤になって
ピンピン警告音鳴らしてヤバイヤバイって言ったから
すぐにパソコン切ったんだよね。
そしたら、全くFC2が開かなくなっていたのですよ
外出先から帰ってずっとあれこれスキャンして
ようやく今開けるようになりました。
何だったんだろう?

しかしね、病院ってどうしてあんなに「待つ」所なのかしら。
患者さんに丁寧に対応してくれるのは有り難いから
私は我慢我慢だけど、怒って帰ってしまう人もいるのだとか。
1日仕事だと覚悟して行ったから、お昼に解放されたのは
有り難かったね。
看護婦さんも色々気を遣ってくれて最後は気分良かったですな。
でも、さすがに疲れた

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援ね~!

針穴カメラ教室inPIE  

針穴1
NikonD70s   針穴カメラ

野草のお話はちょっとお休みして
先日行ったPIE(フォトイメージングエキスポ2009)での体験を。

去年行った時、針穴写真なるものがあるのを知って
どういう仕組みでどうやって撮るのか興味あったのです。
で、今回針穴教室(¥1000)なるものがあるのを知って参加したのでした。
申し込んで暫くしてから旦那さんに「アンタも行く?」と誘ったので
彼は私の付添い人として参加。タダで参加したヤツ。チッ!

上の写真がカメラになります。
ただの箱ですが、真ん中の四角の黒い部分の中心に針の穴が開いています。

針穴2

ばらすと3つに分かれていて、真ん中の箱に丸い穴が開いています。
左の底になる部分に印画紙を置いて箱を組むのです。
そして、最初の四角の黒い部分にテープが貼ってあって光を遮断し
被写体を決めたらカメラ(箱)を固定し、ストップウォッチを持った係りの人の掛声で
そのテープをバリッと剥がします。
約60秒経ったら、またテープを貼り付けます。
それで撮影が終了です。

空は真っ白に写るそうなのでなるべく建物を撮るか
人物でも露光中は全く動いてはいけないのでモデルは大変でした。
私はパースがどう写るのか試してみました

針穴3

これがネガになります。実際はもう1枚我らを撮ったのもあります。
実物とは左右反対に写っているし、ネガだから白黒逆になって写っています。
これがカメラの原理になります。

つまり、レンズを通して写したものは左右反対に写されるのですね。

原理は紀元前4世紀頃、アリストテレスによって記録されているようですが
暗い部屋の戸に開いた小さな穴から外の光が入ると
穴の反対側の壁に外の景色が上下左右反対になった像が映り
これを応用し絵を描く道具にしたのが「カメラオブスキュラ」だそうです。

それがカメラの語源だとか。フムフムそうでやんしたか

んで、それをどうやって普通の写真にするのかと言いますとですね
このネガをまた新しい印画紙にぴったり像が写った方を合わせて
ネガの裏から懐中電灯の光を当てて相手方に感光?するのです。
それは各自、暗室で作業するのです。
私は高校時代写真部でしたので、暗室にこもるのは久々で楽しかった。

針穴4
左がネガ 右がそれを写真にしたものになります。

この写真、教室のスタッフ達にかな~り講評でした。
パースがこんなに出るとは、レンズで撮ったみたい!と喜んでいましたね。
こっちは初体験なので、そうっスかって感じ。

印画紙に写しこむとは思いもしなかったので
何だか新鮮でしたよ。フィルムの現像しか知らないから。
でも、タダで参加して私にくっついている旦那さんの方が
かなりワクワクして楽しんでおりました。
暗室なんて初めてだろうし、現像液に入れて像が浮かんでくる様は
きっと面白かったにちがいない

写真の原点に触れられたのは面白かったです。
針穴写真を撮ってらっしゃる方はきっとフィルムを使うんだと思いますが
こんな簡単に出来るとは思わなかったですね~。
ま、現像するにはある程度知識は要るけどね。

子供ばかりだと思っていたのに親子参加は1組だけ。
後は大人ばかり。じいさんまでいたもんな。
来年はアナタも体験してみては?


予約投稿ってのを試してみました。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしく!

一輪・二輪どっち?  

二輪草1
NikonD70s SIGMA APO70-300mmMacro 泉の森in大和

さぁ、また紛らわしい花達のお出ましよ。
梅・杏・・・・違いが分からない(木が違うけど花は見た目同じ)
コブシ・モクレン・・・何が違うの?

今度はイチリンソウニリンソウ
葉が違うらしいんだけど、どっちがどっちなのかさっぱりさ。
あなたに違いが判りますか?

二輪草2

熱心にメモしていたオジ様が
「こっちが二輪であっちが一輪だとあの人が教えてくれた」
と、指差す人は私にシュンランを教えてくれたオジ様だ。
でも、その違いが私には全く分からず・・・

二輪草3

うっすら紫色がのぞいておりますね。
花の大きさも違うらしいんだけど
離れて咲いていたから比べるにも比べられない。

二輪草4

初めて見る者にはどれも同じ。
全てニリンソウ(二輪草)に思える。
だって、2つ葉から出ているじゃんか。

イチリンソウだと言われた方も2つ出ていたのですよ。
あちこちに咲いていたんだけど
違いが判るにはもっと見ないとダメでしょうな。

ま、ビギナーなので宿題を持って帰るのがやっとって感じ。
曇りで暗い所に咲いていたから画面が暗いのですが
晴れた感じだと違って撮れるのかしら?

小さい可愛い花達。
小さい花に段々魅力を感じてきた。
マクロ撮影のウデを上げないとなぁ~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとお願いね!

▲Page top