お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

養老渓谷2in房総半島  

川2
NikonD90 AF-S18-135mm  養老渓谷

モネ?ボケ?
朝8時の養老渓谷を流れる爽やかな養老川。
水面に映る木々の緑が鮮やかに目に飛び込んでくる。
散歩していると、段々と日が昇って来て日差しも強くなってくる。
朝の目覚めの空気は澄んでいて美味しい。
(因みに補正のみです)

川1

ここの川は水深が浅く、魚が泳いでいるとその影で解かるって感じです。
紅葉の時期はきっと綺麗なのでしょうね~

ところで・・・
今ちょっと体験版のPhotoshop7であれこれお勉強中。
さすがにスキャナーに付いていた2.0ではもうダメだろうと。
使えない機能も出てきちゃたし、ちゃんとしたくなりました。
で、いじっているとやっぱRAW撮影じゃないとダメだな・・・
とも激しく思うようになって来ました。

川3
SIGMA APO70-300mmMacro AF-S18-135mmでした

色をキッチリ綺麗に出したいと思うとRAWじゃないとな。
ずっとどのRAW現像ソフトが良いのか悩んだのですが
NikonにはNikonのソフトが一番良いのかな・・・と。

今回全部jpegで撮影したのですが
思いっ切り後悔しています。
こんなに色が綺麗に出るとは・・・・・・・・
どんどん欲求は溢れるばかりに出てきちゃう。

ま、ウデがそれに付いて来ないんだけどさっ

続きますよ


ところで・・・
この日本はどう変化していくのでしょうか。
期待と不安と・・・


~~天野恵利写真展~~
第2回 美しいイスラームの世界
9月4日(金)~13日(日) 10:00~18:30
東京ジャーミィ1階ホール・・・代々木上原駅 徒歩5分

撮りおろしのトルコを中心にアラブ・イスラーム諸国の写真のようです。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援クリックね!


養老渓谷in千葉  

渓谷1
NikonD90 AF-S18-135mm  粟又の滝in千葉

最後の夏だったのだろうか。
昨日の土曜日、ものすっごい良いお天気で暑かった。
アクアラインが¥800のうちにと房総半島真ん中にある養老渓谷へ。

粟又の滝(養老の滝)に朝7時半頃到着。
まだ日が差して来ないので青いのかな?と思ったのですが
そういやホワイトバランスを「晴天」にしたまま全部撮っていたのですっ
撮っていても何だか色が凄いんだよね。

渓谷2

ほとんど補正していないのですが、何て毒々しい色合いかしら。
ウソっぽいこの画像。撮った後に見た液晶画面でもこうだったんス。
設定を「風景」にしていたつもりですが他にしていたのかも。
D70sではこんな色は出なかったですね、きっと。
凄いなぁ~D90ってさ。

渓谷3

ガイドブックも持たずに前の晩に突然決定したものですから
ネットから取り出した1枚の地図のみで歩きました。
流れる養老川沿いを遊歩道を歩いて巡るようです。
非常に清々しく、川の流れる音と蝉の声と鳥達のさえずりだけ。
朝早かったせいか、訪れている人もまばら。

お隣の県なのに、こんなに自然が豊かだったとは・・・
続きます

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと清々しくクリックね!


何だかなぁ~  

パンパスグラス
NikonD90 AF-S18-135mm  くりはま花の国

パンパスグラス・・・イネ科 アルゼンチンのパンパスに大群落作って生育しているとか

背の高~いススキだなぁ~、と最初は思いました。
空に向かって元気良く伸びてススキより骨太でカッコイイと思ったっけ。
ここ花の国で知った植物です。
なのに、最近は穂先を目線に近付けたいのか
低い所に植えていて、何だか迫力無く面白くないのよね

キバナコスモス1

キバナコスモス・・・キク科

何だかなぁ~、これって失敗作品だよね。
こういう構図って難しいな。空をぼかし過ぎなのかなぁ。
よく分からないけど、とりあえず青空入れたかったのです

ところで・・・・・・
この時期って、東急ハンズの年に1度のセール「ハンズメッセ」がある。

オリーブ石鹸
AF60mmMicro

このハンズメッセが始まった頃って、いろ~んな物がどーんと溢れていて
その時だけの商品なものだから、変わったのからコレどうすんの?まで
見るだけでも結構楽しかったし、ハンズにしては安かった。

私が絶対的に毎年買うのはこのオリーブ石鹸。
ガールサブーン(アラビア語だと)」・・サブーンは石鹸のことね。
これは、シリアのアレッポ製品で手作り。カタチがちょっとバラバラ。
余計なものが一切入っていない昔ながらの製法で作られています。
アレッポはオリーブ石鹸のメッカみたいなところで有名なのですよ。
これ使うと他が使えないくらい、私はお気に入りさ。¥300

ま、これは良いんだけど。。すっかり商品も少なくなり面白い商品も
あまり無く、無難なモノが多く占めていてつまらなくなってしまった。
何だかなぁ~
ホームセンターや安く手に入ることが多くなってしまったから
わざわざハンズで買うこともないのかもしれない。
寂しくなっちゃったな。。。。。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと青空クリックね!


苦手な昆虫達  

昆虫1
NikonD90 TAMRON90mmMacro  くりはま花の国

いきなりブレ写真でゴメンなさいな。
例え抜け殻の空蝉でもキモくってダメ
それにこの子、後向きというか逆さまだし・・・
この格好して脱皮したのかしら?

昆虫2

バッタくらいだったら全くへっちゃらですよ、そりゃ。
子供の頃は昆虫って手で触ったりして怖いもの知らず。
でも、いつしか昆虫に出遭うことすら少なくなり触れることも無くなり
段々とその姿や飛んだりして自分に向かって来るのが怖くなってしまった。
バッタなんてよく追っかけて捕まえたっけなぁ~

昆虫3

今はカメラという武器?を持ち、ちょっと違った角度から
彼らと向き合うと言うか触れ合うことがちょっと嬉しい。
だって、じっくりその姿を見るのって面白いと思うし
小さな生き物の知らない世界に感動する。
もしかしたら昨年見た「今森光彦写真展」で大きく写し出された
昆虫の素晴らしい世界に圧倒されてから見方が変わったかも・・・
彼は今NHK教育の’趣味悠々’に出演されていますね。こないだ見かけた。

あ、↑はシュウメイギクの蕾を撮っていたら見つけた子。

シュウメイギク

シュウメイギク(秋明菊)・・・キンポウゲ科  菊ではなくアネモネの仲間だとか

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとパタパタ・クリックね!




向日葵  

向日葵4
NikonD90 AF-S18-135mm  くりはま花の国

どこに向日葵を見に行こうか、考えあぐねてどーでも良くなった頃
私の庭こと’くりはま花の国’で咲いていると。
じゃ、そこに決まり!でお手軽に行って来ました。

コスモス園の中の1画だけ向日葵が咲いております。
今までこんなことしていたのかなぁ?初めて知ったのですが・・・
画面上から百日草、コスモス、向日葵の順です。
ここだけ開放されているのに、誰も来ない。なんで?

向日葵3
以下 TAMRON 90mmMacro

もう見頃だったので蕾は無いのかと諦めて、というか目が慣れたら
まだあったじゃない。ツボラー(蕾好き)としては見逃せないねっ。
う~ん、イマイチ綺麗に撮れないなぁ~


向日葵2

黒光りして昆虫みたいでキモいんですけど・・・



向日葵5

とにかく、蜂やらバッタやら蝶やら蚊がここぞとばかりに
元気にわんさか居るんで、もうビクビク逃げ回るのに忙しくって
じっくり撮れなかったです。汗も噴出すし・・・


昨日の高校野球の決勝戦。
あの9回表日本文理攻撃は仕事の手を休めてテレビに釘付け。
2アウトからの反撃の凄さは、久々に野球の面白さを見た気がした。
これぞ野球という’諦めない’彼らの凄まじい闘争心。
試合が終わっての彼らの笑顔は、まるで向日葵のよう。
負けても笑顔・・・素晴らしい試合でしたっ
感動したぞ。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと笑顔クリックね!


東京ジャーミィへの誘い  

写真展1
NikonD90 AF60mmMicro  天野恵利写真展

東京ジャーミィに行ってみませんか?
それも大手を振って・・・ってほどでもないかっ

ちょっと斜めに撮ってしまいましたが
9月4日(金)~9月13日(日)まで東京ジャーミィ1階のトルコ文化センターで
天野恵利写真展 美しいイスラームの世界
が行われます。アラビア書道教室で知ったのですが・・・

私は前回行ってみたのですが、彼女は銀塩フィルムで全部撮っていて
デジタルは苦手なんだそうです。(パソコン持っていないとか)
彼女が訪ねたイスラーム諸国で撮ったものばかり。
人の笑顔が印象的でしたね、前回は。
イスラームの世界と魅力をたっぷり写し出していると思います。
前回は割りと小さな作品が多かったのですが、今回はどうなのか。

ついでに上に上がって東京ジャーミィ見学出来る非常にグ~なチャンス!
お祈りの時間以外でしたら、誰でも見学が出来ます。
メガネかけたトルコの方(イマーム)に一言’写真撮らせて’と言えばOKだと思う。
ただし、女性は必ずスカーフ持って行って下さい。
これは必ず守って下さい。最近は入り口に貸し出し用スカーフあるみたい。

ブログ1
Myアラビア書道作品  ナスヒー書体

天国は母たちの足の下にある」・・ 「ハディース」預言者ムハンマド言行録より

また課題でムムターズ(よく出来ました)ハンコを頂いたもの。
ちょっと色付けしてみました。気が向いたら時々載せようっかな・・・

東京ジャーミィの壁には沢山のアラビア語のカリグラフィー(書道)があります。
是非この機会にご覧になってみて下さい

9月6日(日)14:00~セネガルのサバールドラムグループ
「モジャ・ンビリ」による生演奏があります。

天野さんが参加されているドラムグループです。
リズミカルな演奏はちょっとトランス状態になりそう・・・


東京ジャーミィ・・・代々木上原駅より徒歩5分 カモ~ン!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとムムターズ・クリックね!


海のエジプト展  

海のエジプト
NikonD90 AF60mmMicro  海のエジプト展in横浜

やっとパシフィコ横浜で開催されている「海のエジプト展」へ行ってきました。
お盆も過ぎたし、平日だからもうそんなに混んでいないだろうと。

一人で観に行ったのですが、こんなに会場が広いとは思わず
たっぷり1時間以上はかかってしまいました。広いし多いです。

大きい石像もあるけど、10cm未満の小さな出土品も多く
細かく観るようになると思います。
エジプトの神々を模った小さなモノ達は何に使用したのかしら。
クレオパトラに関したものより人々の生活を感ずるものに興味が湧きました。

コインも飽きるほど今まで見てきましたけど
今回の展示品でイスラム時代のものがあったのですが
それが、どー見ても逆さまに展示されているんですよね~。
まぁアラビア文字って解かり難いので仕方ないんですが・・・

石像はやっぱり見応え充分でした。
名も分からない当時の彫刻家達の息使いまで2000年の時を越え
伝わって来るような素晴らしさには息を呑む。生きている感じがした
状態はかなり良いです。

砂に埋もれ、海の中に埋もれながらも今に伝えるものって何だろう。
エジプト考古学博物館で見たツタンカーメンの出土品の数々。
金で出来たアクセサリーを見た時に自分がやっていることの意味を感じた。
古代と今の自分は繋がっているのだ、と強く感じたことを思い出させてくれました。

夕景
AF-S18-135mm

四国のレポートが好評だったみたいなので
帰りの飛行機の窓から見えた夕景を・・・


海のエジプト展 パシフィコ横浜
9月23日(水)まで ¥2300 無休

*半券はクーポンになるから捨てないでね。出口の所にクーポンBOOKありますから。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとアッサラーム・クリックね!


四国・番外編  

番外1
NikonD90 AF-S18-135mm  徳島自動車道in徳島

香川・徳島って高い建物が無いのね~。
だーっと空が広いこと広いこと!
こんなワンコのような雲が旅の疲れを癒してくれましたよ

さ、番外編。
これからはμ780のコンデジ登場。
フード編です。メシ系ってあんまし載せないのですが
今回は特別。旅には美味しいものが付き物ですから。

番外2

徳島ラーメン’ってご存知ですか?
ガイドブック見るまで知らなかったのですが
行く前に丁度テレビでやっていたのでどんなのかは分かったのですが
これでは分かり難いですが、かな~り濃い色をしております。
で、私には結構豚・豚しているという印象。
旦那さんは味が濃かったという感想。
これはランチセットで¥800。豚骨醤油のコテコテスープでした

「麺は小ですか?」と聞かれた。
それって讃岐うどんの時にも聞かれたっけ。
分かったぞ!四国の麺文化は「小」か「大」かを必ず選ぶのだーということ!
「徳島ラーメン いわた」

番外3

’空弁’というのも初体験でした。
実は国内線って20年ぶり位に乗ったものですから
羽田空港がビックになったのにも初体験だったのですよ。
空弁を食べてみたくって、帰りの徳島空港でたった2個しかなかった
鯛めし’です。¥1050。

番外4

すだちが乗っていますが、徳島で夜食べた居酒屋(安くて美味かった)では
何にでも’すだち’が入っていたのにはちょっと驚いた。
この’鯛めし’にもしっかり入っている!
この空弁には徳島名物がぎっしり入っているってことですよね。
これが非常に美味しくって、旦那にちょっとだけ分けてあげるつもりが
半分食べやがって、ちょっと!

いやぁ~美味しかったなぁ~。
その他、高松で’骨付き鳥’というボリューミーな焼き鳥も食べましたよ。
四国は自然豊かで美味しい食べ物もいっぱい

最後に’すだち酢’を母にお土産に買ったら、すっごく喜んでくれました。
徳島=すだち 
徳島出身の祖父は仙台にわざわざ’すだち’を取り寄せていたとか。
祖父の故郷を見ることが出来た素晴らしい旅でした

そういや四国の方からコメント頂いておりませんね。
四国の方、カモ~ン!仙台の方もよろしければ!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


お遍路への第一番札所 霊山寺  

霊山寺1
NikonD90 AF-S18-135mm  霊山寺in徳島

四国八十八ヶ所を巡るお遍路の旅路。
あれってお寺さんを巡る順番が決まっているってご存知でしたか?
私、ずっと適当にあちこち巡るんだと思っておりました

徳島→高知→愛媛→香川
と時計回りに巡るんですねぇ。
そして第○番札所ってのが決まっている。
訪ねた寺さんで納経帳に寺印を押してもらうみたい。

霊山寺2

そして第一番札所がここ霊山寺(りょうぜんじ)
ここからお遍路の旅路が始まるんですね。
全く知りませんでした。
ここからスタートですのでお遍路グッズが色々売っておりましたよ。
外国風顔のマネキンに基本スタイルさせて立たせているのですが
それが非常に不気味。
なんで日本顔のマネキンにしなかったのか?コワイよ

霊山寺3

グッズ売り場はお遍路さんの家と書かれており
そこには今回で5回目だというオジ様が居たのですが
お遍路5回目ってさすがに凄いなと思う。
だって歩くんだよ全部(多分)。でも、電車とかに乗ったりもするのかな今は。
何を想いながらお参りして巡るのだろうか・・・

霊山寺4

今風お遍路スタイル?
頭にはせめてあの三角錐の帽子’菅笠’被って欲しいなぁ。

昔の人は凄いなと思う。
本当に大変な想いで四国を歩いたんだと思う。
お寺とお寺の距離がかなりある所や、山だってあるだろう。
本当に巡礼の旅なのだと、初めて分かった気がしました。

さ、次は番外編。
美味しいものも登場するかも・・・???

まーだ続くのだ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくクリックね!


鳴門の渦  

鳴門1
NikonD90 AF-S18-135mm  鳴門in徳島

さぁ最終日。今回最大の見所鳴門に行きます。
12日から徳島市は阿波踊りが始まるのに見ずに帰るのは残念だけど
鳴門の渦は是非見たいぞ

満潮時に行かないと渦は見られないようなので
しっかり潮見表を手に入れ朝早くから行く予定だった。
その日の満潮は9:50am。
朝、中央公園なる所に散歩に出かけたら時間が無くなってしまった。
高速使って急いだ急いだ

鳴門2

9:00出航には間に合いました。
満潮時の前後90分が見所時間のようです。ワクワクするぞ。
大型観潮船’わんだーなると’2等に乗り込む。

ちょうど大鳴門橋の下が渦巻く所らしいのですが
どこで渦巻くのか全く分からないのですねぇ。
あちこちで歓声が上がって、どこ?と見回しても もうその時は遅い。
あっと言う間に渦は出来るので、海を釘付けで見ていないと見逃す。

上の写真が一番それらしい渦だったのですが
正直、もっと渦巻くのかと思っていました。
大潮じゃないとこの程度のものなのかもしれません。
ほとんどの写真は’ただ海が荒れている’にしか見えませんでした

鳴門3

でも、感動しました
これは帰りなのですが、もう海は落ち着いてしまっています。
ほんのちょっとの自然のなせる業なのですねぇ。
この大鳴門橋を歩いて上から渦を眺める渦の道があるので行きます。

あ、因みに向こうに見えるのが淡路島なのかな?

鳴門4

床の所々ガラス張りになっていて下を覗けるようになっています。
もう恐怖心なんて吊橋で経験したのでへっちゃらさっ
でも、こんな感じで何時渦巻くのか分からないし
とにかくあっと言う間の出来事なので写真は難しいです。

鳴門5

こんな風に覗けるのです。
ここにじぃーっと構えていれば幾つか渦を見ることが出来ると思います。

いやぁ~良かったわぁ~
はるばる来た甲斐があったというものです。
旦那さんは「もうお腹いっぱい」と満足そうでした。
海と山と自然豊かな四国。
美味しかったわ~って?

まだ続く

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと鳴門クリックね!


眉山  

眉山1
NikonD90 AF-S18-135mm  眉山in徳島

ヒヤヒヤした祖谷のかずら橋で満喫したら
徳島自動車道を通って一気に徳島市に向かいます。
ホテルの窓からは目の前にこんもりした山が。しかもロープウエイが見える。
あそこに行こう!とさっそくガイドブック見ながら夕暮れのお散歩です。

ここは眉山。標高290mで日本自然百選の1つだとか。
ロープウエイは21:00位まで動いている様子で、夜景が綺麗な感じでした。

眉山2

ここからの展望は素晴らしく徳島の街並みが一望出来ますよ
横に流れるは吉野川。この川は徳島の命の川ではないかと思ったくらい
素晴らしい川に私は思えました。来た日は増水して怖かったけど・・・
展望台には何故ここに?という建物が・・・

眉山3

う~ん、何で?
パゴタ平和記念塔・・第二次世界大戦時の戦死者慰霊の為の記念塔だとか

中には入れませんでしたけど、ちょっとビックリします。
でも、こっち帰ってからニュースでこれバックに阿波踊りしてるの見ました。
これもそうなんだけど、こっちも・・・

眉山4

これってポルトガルのタイル’アズレージョ’でしょう?なんで?

モラエス館・・大正時代ポルトガル総領事として来日し徳島を愛した文人モラエスの記念館
だとかで、建物脇にひっそりとアズレージョが飾られておりました。
アズレージョの後には仏塔があって、ちょっと不思議空間な展望台
夕方からビアガーデンになるらしく居たかったけど下りてしまいました。

因みに映画「眉山ーびざん」松嶋奈々子主演の舞台だそうです(観ていません)。

眉山5

ホテル目の前は’阿波踊り’会場になっていて
次の日の12日から徳島は阿波踊り状態に入るんだわ(準備中でした)。
歩いていると練習の太鼓の音がどこからともなく聞えてきて
何だかそれだけでも心が踊ってしまいます

さぁ、お次は鳴門海峡だー!続く

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと踊る阿呆・クリックね!


祖谷のかずら橋  

かずら橋1
NikonD90 AF-S18-135mm  祖谷(いや)のかずら橋in徳島

今回のメインの1つ祖谷(いや)のかずら橋にやって来ました。
朝ホテル駐車場のオジさんに道順を教えてもらった時に川が増水しているから
どうかなぁ~と心配そうでした。だって台風だったんだもんね。
益々不安が募る。だって、私高所恐怖症気味なんだも~ん

かずら橋2

確かに川の流れは早いし増水している雰囲気が・・・

この’かずら橋’は「山に自生するシラクチカズラのつるを編んで作った
長さ45m幅2m高さ14mのつり橋。日本三奇橋に数えられる」と
ガイドブックには書かれております。
ステンレスのワイヤーじゃないんすよ。木のつるってのがミソ。

かずら橋3

¥500を払い、いざ!とここに立ったら足が・・・
む・ム・ムリかもしんないっ
手前右にいる女の子のお母さんの後にくっつくように勇気を出してしがみついた。
ちょっとー、足の間から下が丸見えじゃんかっ!
いや~っ!!!ダメダメッ!(*_*;

かずら橋4
μ780 旦那さん撮影 

旦那にコンデジ渡して好きに撮ってくれと頼む。
「な~んだ。大したこと無いじゃん。これだったら絶対落ちないよ」
とへらへら笑いやがる。
そういう問題じゃないんだよっ!ああ、揺らすなーっ!
前に居る女性もタジタジで「揺らさないでーっ!」と叫んでいる。
私「二度ともういい・・・」とつぶやくと前の女性が振り向いて
「そうですよねっ!」と引きつった顔で気持ちを共有し互いに勇気付ける。

ここは一方通行で戻っては来れません。
無事に渡って、ドキドキのその恐怖心を払拭するべくちょいと歩くと・・・

かずら橋5

琵琶の滝がありました。
滝を眺めながら心を鎮め、しばし休息。
この’琵琶の滝’は落差50m。かつて平家の落人たちが都をしのんで
琵琶を奏で慰めあったと伝わる・・・とガイドブックに書いてあった。

いやいや、もう充分ざんす。
吊り橋はもうゴメンこうむる。
旦那さんはこういうの大好きなので、この先意見が別れるかも・・

でもね、ここら辺は渓谷になっていて普段の川の流れは分かりませんが
すっごく静かで自然豊かで気持ちが良かったです。
こんな山間に鉄道も走っておりましたよ。
遊覧船もあるみたいで、船から渓谷を眺めることが出来るようです。
ここはお薦めですっ!是非、かずら橋を渡ってみてね~

まだまだ続きますよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとゆらゆらクリックね!



こんぴらさんへ  

金比羅2
NikonD90 AF-S18-135mm  金刀比羅宮(旭社)in香川

11日の朝起きてテレビつけたら、あらまぁ地震が・・・
台風が去ったら今度は地震ですか!
よく見ると静岡方面。東海大地震かと思った
何だか不安を抱きつつ旅は続くのです。

雨上がりの朝、空はイマイチですが高松から徳島の祖谷(いや)を目指す。
その途中に金刀比羅宮、所謂「こんぴらさん」がある。
そういうのに興味の無い私に旦那さんが
「アナタね、一生に一度はこんぴらさんへとガイドブックにもあるでしょっ!」
とかなりお怒りの様子。そっかぁ、やっぱ行くべき?
じゃ行ってみるかとその気になった私

金比羅3

でもー、金刀比羅宮御本宮まで785段、一番上まで1368段の階段がある。
階段登るの嫌な私にそこまで登れる訳がない。
途中までで良いから、と旦那さんが何とか行かせようとする。
駐車場で竹の杖を旦那さんは借りて歩き出したさ

629段目の旭社までは登りましたよ。霧で上が見えない。
ものすっごい湿気と暑さで、すでにカラダは1日分の汗をかいた感じ。
そこまでで引き返す人が多かったですね。

金比羅4

その階段を荷物をしょって登る人が・・・
ご苦労様です。これは昔も今も変わらないんでしょうね。

ん~、行って良かったわ。
でも、ここは四国巡礼88ヶ所とは違うんですね。
考えてみればお寺さんじゃないもんね。
お遍路さんを最初の雨の日に見かけました。
徳島でしたけど、雨の中半透明の雨合羽を着てあの白い容姿。
学生さん風の男性で一人で黙々と歩いておりました。
ちょっと感動した

祖谷(いや)へと続く

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援クリックね!



お初の讃岐うどん  

琴林公園1
NikonD90 AF-S18-135mm  琴林公園in香川

貧乏人の私(くどい?)がどうして四国に行けて何故四国だったか。
我が親が使わないからと旅行券をポンッとくれたのだ。
その券も仕事関係者から頂いたらしく巡り巡って私の手に辿り着いたのだよ

母の父(私の祖父)は徳島出身。結婚と同時に仙台に渡り開拓した人だった。
自分の中にもちっとばかり徳島の血が流れているのだから
何となくその小さなルーツを見てみたいと思ったのだよ。

琴林公園2

まさか台風なんて想定外で徳島空港に着陸時なんて稲妻ガンガン光ってた。
高速道路は封鎖されているから、国道を海岸沿いに走り
とにかくその日は高松泊なので、辿り着ければ良い的な感覚。
迂回した車で国道も渋滞。雨だしさ、いきなりテンション下がったわよぅ

そんな中、海が見たいと地図頼りに公園らしき場所に向かったら
津田の松原(琴林公園)という所だった。
ポツポツ雨が降る中、とりあえず歩いてみっかと歩くと松林。
その横に海が広がっていて、ちょっと感動した。
何となくなんだけど「松」と「海」って四国のイメージだったのです、何故か。

琴林公園3

雨が降っているのに母子連れが海岸に来て遊んでいた。
こんな看板?に「!?」となり、ちょっと面白い所かもと期待がふくらむ。

下がったテンションを上げる為には初体験をしないといけない。
そう、香川と言ったらなんつったって讃岐うどんでしょう。
実は食べたこと無かったのです。ルールが分からなくって・・・

讃岐うどん
μ780

国道沿いに時々見える「讃岐うどん」の看板。
次に見えたら入ろうと決め、いざ出陣!
プレハブみたいな小さなお店をガラッと開けると食堂って雰囲気。
全然分からないからメニューを眺めて’ぶっかけ’の’やまかけ’を頼む。
「小」か「大」かと聞かれ迷わず「小」にする。
¥350でした。安っ!!!
レモンとゴマはどうするのか分からないけど中に入れました。
さっぱりして、ものすっごくシコシコもっちりしていて
超おいすぃ~!。これは美味いわ。人気なのも分かる。
’セルフ’ってのも分からなかったのですが、周りのすることを見てれば
そのルールは理解出来たので、もうバッチリです。

因みに「うどん 元匠 東かがわ店」に入りました。
これでテンションは急に上がり、無事に高松にも着けたし
ついでに温泉にも入って満足満足・・・・

続きますよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅうです!


帰って参りました  

羽田
NikonD90 AF-S18-135mm  羽田空港

いきなりブレボケ写真でごめんなさい。
だって、カメラをONにしたらいきなりエラーが出て慌ててしまった
んまぁ~凄かったわ台風に向かって飛ぶってのは!
そんなの初めての体験でしたよ。
写真のように水しぶきで飛行機の機体すら見えないもんね。
機体が揺れるのは何度も経験しておりますが
最初っから最後まで雲雨の中っては無いね。

フェリー

お初の四国に行って参りました。
神奈川より西方面って全くの無知でして
旦那さんの親類が宝塚・大阪方面なのでそっちは行ったことありますが
それより西って、高校修学旅行で行った広島・倉敷だけ。
それもほっとんど記憶に無いし・・・

徳島空港から香川は高松に向かって車を走らせたのですが
徳島が台風の大雨で川が増水しており
高速道路は封鎖だし、迂回させられても行き止まりがあちこち。
徳島では行方不明者が2人出たとか・・・
あちこちの川が溢れんばかりの勢いでした

写真が国道を通って何とか香川に入って適当に止めた場所。
OLIVE LINEと読めるので恐らく小豆島に行くフェリーでしょう。

まだ写真の整理もしていないので、ボチボチとアップします。
ようやく皆さんの所にも遊びに行けますよ~。
お初の四国はいかに・・・

続きますよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと久々によろしく!


Myアラビア書道作品  

バスマラ
NikonD90 AF60mmMicro  アラビア書道 ナスヒー書体 My作品

これはバスマラと呼ばれコーラン(クルアーン)の各章のはじめに置かれます。

慈悲深く、慈愛あまねきアッラーの御名において」という意味。

昨日のお稽古でムムターズ(よくできました)ハンコを頂きました。
つまり課題ね。ネタ不足でこれを出すしかなかったっつのが本音。
これは幾つかパターンがあるようですが
一番よく見るデザインのものは載せません。
難しいし、とっても厳粛なものなので気合を入れて書かないといかんのだ。
これは意外とすんなりハンコを頂きましたが
その厳粛なる方が誰もが泣きが入るほど厳しかった
あ、お分かりでしょうが右から読むのね。

横浜朝日カルチャーセンターで行われたアラビア書道展
無事終了しました。
見に来て下さった方、どうもありがとうございました。


ところで・・・
明日からちょいとお出かけします。
留守にするので、コメントにお答え出来ません。
帰ったらお答え致しま~す。
今夜だったらお答え出来るかも~~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくクリックね!


どうしちゃったの?  

トケイソウ1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

大っ好きなトケイソウなのですが・・・
この子、どうしちゃったのでしょうか。
お気に入りの柱頭の3つはぴょんと立っているのに
下の部分がしおれて?いる。
これから開こうとしいる途中なの?
それとも病気???こんな姿初めて見ました

トケイソウ2

何虫?←臭いカメムシだって 気をつけて!
虫って大体上から見ることが多いですが
腹側から眺めるって、あまりしない。
迫力あるなぁ。主みたいだぞ。
でも、ちょっとキモイかも・・・昆虫ちょいダメっすから

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとシャキッとクリックね!


意外に進んでいる  

ベルガモット
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

ヤグルマハッカ(矢車薄荷)・・・シソ科 北米原産 ベルガモットとも

ハーブ園で沢山咲いておりました。

オフ会って、意外に皆さんやってらっしゃる様子ですね。
ちょっと驚きました。
コメントである程度やり取りしていると親近感が沸くからなのでしょうか。
そんなに抵抗なく世の中は進んでいたのね
そうなんだぁ・・・知らなかった。。。
人見知り激しい私には結構勇気が要ることでしたよ。

月見草

月見草が閉じようとしている途中でしょうか。
十字の柱頭?がやけに目立って面白かったです。

話は戻りますが、まだ余韻を自分の中で噛み締めている状態なので・・
人との出遭い方って変わって来ているんですね。
正直、こういうのに抵抗感があったのですが
カウンセリング受けてどこか自分の中で解放感が生まれ
人が怖いのに講師の仕事に飛び込んで
人との出遭いに喜びを以前より感じられるようになってきたからでしょうか。

カウンセラーさんに「あなたは人が好きなんですよ」
と言われたことがその時は納得出来なかったのですが
もしかしたらそうかもしれない・・・と思えるようになりました

こんな私と会ってみたいとおっしゃる方がいらっしゃって
すごく嬉しいじょー

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしくクリックね!


不思議な縁なる出遭い  

キバナコスモス
NikonD90 TAMRON90mmMacro  くりはま花の国

キバナコスモス・・・キク科 メキシコ原産

黄色系ってどうしても潰れて撮れてしまうのですが
どうやって解消するのかしら?
アンダーには多少しているのですが
どなたかご存知の方、教えて頂けないでしょうか・・・


ところで・・・
ブログ歴2年あまり。
見知らぬ方達とコメントを通して親しくなるなんて
最初は疑問に思っていたのですが、意外と自然にそれは生まれるし
すごくそれが楽しくって止められなくなってしまった
でも、その方達と実際に’会う’って考えてもみませんでした。
それが自分に起こるとは思いもしませんでした。

ダンス

アッサラームアレイクムfromおまーん」のありーしゃさんからお誘いを受けて
sambal+manis」さんと「the tokyo pillow book」さんと
初体験の’オフ会’でお会いしましたっ!ドキドキでしたよ

全員見知らぬ同士。でもブログは分かっているって、ちょっとミステリアス!
いきなり話は盛り上がり、すっごく楽しい時を過ごせました。
普段だったら絶対出遭えない人達。
私の知らない世界や感動的なお話が聞けて
ああ、こうして世界を広げるのも悪くないなぁと素敵な出遭いに感謝。
皆さん旅好き。そういう共通点も良かったのかもね。

koara.jpg

先週オーストラリアにいらしたありーしゃさんから可愛いお土産を頂きました。
可愛くって、そう言えばお礼を述べていなかったような・・・
どうもありがとうございました!
ありーしゃさんのお陰で素敵な女性達と出遭えました。
でも、それはアッラーのお陰???
またお会いしたいなぁ~

こんな私と会ってみたい方、カモ~ン!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとカモ~ンクリックね!






虫さん達の季節  

        虫1
        NikonD90 TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国 

試し撮りには私の庭こと’くりはま花の国’が一番だね
花を撮ろうとするとガサガサ動くものにピクッとなる。
なになに???と近づくと、バッタ?
ごま塩ゴツゴツしたヤツですが、目がおちゃらけていて可愛い。

虫2

容姿で言えばこちらの方がイケメンだわね。
スラッとして葉と見紛うばかりの美しいカラダ・・・
頭にピース。素敵だわ

虫3

ご就寝中なのか、ビヨ~ンと伸びたまま動かない。
こちらには羽が無いのかな?
この写真だと分かり難いのですが、足が透き通っていました。
この方の飛ぶ姿が見てみたいわ。

色んな子達に遭えるのも楽しい。
って、昆虫ってちょいダメなのですが写真となると別。
その場ではピクッとなって避ける私ですが
写真でじっくり見ると、結構可愛いと思えてくるから面白い。
昆虫を撮ってらしゃる方のお気持ちが分かるような気がする。
もっと近付いて寄る勇気を持たないとな・・・
頑張ってみるわっ

それにしてもグリーンが綺麗に出るんだなぁD90は。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとパッとクリックね!





花火に挑戦inYOKOSUKA  

      花火1
      NikonD90 AF-S18-135mm  米海軍横須賀基地から

横須賀開国花火大会は私は2回目でしたが
2回とも米軍基地からの観賞。
今回は朝から基地開放だった為か海沿いは場所取りで
もうほとんど埋まっており、空いている隙間にちょこっと陣取り。
でも、木があって見えるかどうかは打ち上がらないと分からない。

      花火2

旦那さんを陣地に残し私だけ移動。
始まって15分もすると、もう離れてしまう人の多いこと。
丁度空いた場所が視界良好だったので居座った。
けど、花火ってムズイわ。ほっとんどボツ。
手持ちだし、超ブレるしさぁ。。。
風が無かったから雲がかかったみたいになっしゃったし・・・
こりゃダメだわ。写真にはもう撮らない。
じっくり一瞬の華やかな花火をそのまま楽しみたいね。

消防車

Fire Engineって言うの?(辞書引いた)消防自動車も待機。
脇には「CALL 911」とあった。基地内でもそうなの???


サムライ

おまけ。
サムライですか?ドスコイですか?
陽気なドスコイだな、こりゃ


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとパチパチ・クリックね!


America in YOKOSUKA  

         基地1
         NikonD90 AF-S18-135mm 以下同じ

         米海軍横須賀基地



         基地2



         基地3



         基地4



今更なのですが、写真って右に動かせたのね

ささ、D90の練習帳。ちょっと雰囲気も変えてみました。
1日は横浜と横須賀で花火大会。
横須賀はネイビーフレンドシップ2009が開催されており
米海軍横須賀基地の一部開放し、そこから花火も観賞出来る・・・
ので、横須賀のAmericaに行って来ました。

夕方だったのでISO上げてみての撮影。
D70sと違って比較的明るく撮れるしISO上げても何も遜色ナシ。
色は綺麗に出るし、もうこれはスゴイわ。
暗い所でも心配なくパシャパシャいけそうだわ

Americaってハワイしか行ったことないです。
何と無くそれらしい風景を狙ってみました。
子供達の姿のショットがお気に入りさっ

続きます

・・・・アラビア書道展 開催中・・・・
8月8日(土曜日 最終日は18:00まで)
横浜東口 横浜ルミネ8階 朝日カルチャーセンター ロビー
無料  10:00頃~19:00過ぎ位まで



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとイェ~イ・クリックね!




皇居東御苑の花達  

何かな1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  皇居東御苑

コレ何でしょうか?←ヤブラン(藪蘭)ユリ科 だそうです
池のほとりに群生しておりました。
仕事帰りに試し撮りするには東御苑が一番近かった。
のですが、この日の最高気温が33度近かったらしい。
じーっとこれを撮る為にかがんでいたら
あごから汗が滴り落ちる。我慢出来ずに立ち上がると
顔から汗がぶわっと吹き出ましたよ。
ったく夏の撮影は過酷だわ

オニユリ

それにしてもD90。
設定が色々あって、まだ何をするとどう写るのかが分からない。
あれこれ試してみないことには掴めそうにないです。
っつか、その設定するのに虎の巻をじっくり読まないと
’こんなことも出来る’が分からん仕組みなのっす。
他社製品もこんなにたっくさんの設定が必要なの?


D70sと下取り交換したお店ね、
お勘定している間にアイスコーヒーが運ばれて来たんだよ
もうビックリです。カメラ買ってコーヒー出されたことって無いよ。
そのお店はよく常連さんみたいなオジ様達が店員さんと
座ってじっくりお話されていてどこぞのサロンみたいな雰囲気がある。
お店自体は小さく、ガラス棚にはいっぱい中古のカメラとレンズが
並んでいる普通のお店なんだけどね。
アイスコーヒー頂きながら私も店員さんとゆったりとお話。
そこはNikonとハッセルブラッドとTAMRONに明るいお店みたい。
近所にダークルームと言ってフィルムを自分で現像出来る
そういうレンタル・ルームがあることを教えてもらいました。
SDケース

こんなSDカードケースも頂きましたよ。
野毛のJRAの真向かいにあるから、通りは競馬オヤジばっか。
でも、ここだけ別空間って感じ。
すっかりお気に入りのお店になりました。
ポイント稼ぐ買い方も良いけど、こうして店員さんとお話して
色んな情報を交換するのも楽しいなと初めて思いました

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと見守りクリックね!


▲Page top