お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

名前分からずの花達  

不明1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  大船フラワーセンター

名前を調べても分からなかった花特集です。
そういう掲示板があったのですが、閉じられてしまったので
ネットで写真投稿して’名前教えて下さい’が出来なくて困っています。
教えて下さるサイト、何かありませんかね。

この子はウリ系の隣のプランターで咲いていたものです。
これもこれから何か実が生るのかしら?

<↑ルコウソウ・・・ヒルガオ科 と判明しました>


不明2

これね、最初に見たのは’くりはま花の国’。10年くらい前だと思う。
結構大きくて30cm位のデカさで、最初は花だとは思えなかった。
こんな緑の袋状のものが付いていたなんて初めて見ました。
この子の名札が葉に隠れているのか、分からなかったです。
以前の写真は壊れたパソコンに入っているので、探せないんす
ちょっとグロくて不思議でしょう?


不明3

野草だと思って探したのですが、私の図鑑に載っていないのね。
暗い場所でひっそり咲いておりました。
茎が白くていかにも野草的だと思ったんだけど・・・

<↑コルチカム・・・ユリ科イヌサフラン属 だそうです。有難うございました


・・・・・・・
アルコールの問題は家族に深刻な影響を与えているのだと
ここで改めて知ることになりました。
非常にプライベートなことだし、あまり外に出したくない問題でもあります。
私は元々このブログはカテゴリの最初に掲げている
「ポタポタ・メンタル」を主にしていくつもりでした。
コメントで交流して下さった方の影響で写真に転換したのですが
メンタルな話は根底として続けていくつもりです、時々ね。

アルコール=麻薬 ドラッグ
と、耳タコのように精神科の医者に言われ続けて来ました。
芸能界で最近騒がれていますが、同じだと思って見ています。
アルコール依存症を甘くみてはいけません。
ドラッグと同じで脳の神経を麻痺させ、うつ等の病気を引き起こす。
最近、自殺者の中でアルコール問題を抱えた人の数が増えているそうです。
恐らく「うつ」を引き起こしてのことだと想像されます。

家族を巻き込む問題でもあります。
本人が一番苦しいのですが、家族の心もボロボロになるのです。
それを知って欲しいということです。

密かにコメントして下さった方々
苦しい胸の内を聞かせて頂き、誠に有難うございました。
とても励みになっております


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとポタポタ・クリックね!


少しだけ・・・  

フウセンカズラ
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  大船フラワーセンター

フウセンカズラ(風船葛)・・・ムクロジ科  花言葉:魅力

後の白く小さいのが花なのですね~。
あの花からこの実は想像出来無いなぁ。
何だか可愛い

瓢箪

な~んか瓢箪が好評のようだったので
あのキモい瓢箪別バージョンを。
もしかして、緑色の瓢箪を放ったらかしにしているとこうなるのかな?
よく分かりましぇん
渋いっす。

ハト

・・・・・・
「あなたはやることはやった。後は親同士の問題。」
と親のアルコール問題についてカウンセラーさんに言われて
私はこの問題から手を引いた。
引いたけど、現実には心情的な問題は残る。
それは、どんなに歳を重ねても続いていく問題なのだと思う。

「もう大人なのだから・・・」(一般的によく言われる言葉)ケッ!
心の問題はそれで片付けられない深い傷。
正直、周囲の理解は得られないのが現状です。

割り切ることも必要で、少しずつではありますが
カウンセリングのお陰で心の整理の仕方を身に付けられるようになり
完全では無いけど、以前のような苦しみが長引くことは
無くなってきたようです。
やっぱカウンセリング受けて良かったと思うな。。。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと優しいクリックね!


虚しい怒り  

パンパスグラス
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  大船フラワーセンター

何だと思います?ふわっふわの毛。
パンパスグラスの毛です。
’毛’と言うのかどうか知らないけどね
秋はこういう’毛’系の植物がよく見られますが
何か意味があるのだろうか・・・

プラタナス

プラタナスの実。
実はトゲトゲしたものが見られる気がする。



ところで・・・
私の父はアルコール依存症者で10年以上家族の総否定が続く中
私の指摘と訴えを受け入れる事態になり、治療を行っていたハズ。
80歳を越える歳だが、人生の恐らく80~90%アルコール問題を抱えた
日々を送って来た人がお酒を止める訳が無いと疑っていたことは確か。

最近、40代の娘が80代の親を殺してしまう事件が続いておりました。
介護の類の理由ではなく長年の’恨み’が元のような事件。
傍から見れば、もう相手は80代なのに今更どうして・・・と思う。
だが、憎しみというのは消えるものでは無いものもあるのだと思う。

週末、実家に用事がありクローゼットで探し物をしていて
あるハズの無い「発泡酒」の350ml缶が’隠されて’いるのを発見してしまった。
父は常に’隠れて’酒を飲み続けていた。
私は小さな子供の頃からそれを知ってしまっていた。
子供の私は何故コソコソと隠れて飲むのか不思議だった。
それはやがて’軽蔑’と’怒り’と’憎しみ’に変わり
ある時期は殺してしまいたい衝動にかられていたことがあった。
父の’その存在’が許せなかったのだ。
そして、それを知ろうともせずに無関心の母に対しての’怒り’も増した。

母に、隠している缶について問い詰めたが
一時期は確かに良くなって止めていたが
飲まないとイライラするから1日2本だけ・・・・・・・・・

無気力感と失望感と言いようの無い虚しい怒り。
カウンセラーさんが今いたら何と応えてくれたかな。
「それでいい」と・・・?
「諦めるのです」とも言うのかな。。。
「あなたが言い続けていたことは受け入れられたのだから」と。。。。。

父に対する’怒り’と’憎しみ’’軽蔑’は消えないだろうと思う。
それは説明出来無いし、無理だと思う。
ただ、手放すことが重要で離れないといけない。
解かっている。
大事なことは’自分自身’が’大切’だと言うこと。
頭では解かっている。

分かっている。。。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援クリックね!



ウリ色々in大船フラワーセンター  

ウリ1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  大船フラワーセンター

ここの瓢箪が私のブログ(エキサイトの方)の最初のブログ用写真でした。
だから、想い入れがあると言えばあるのだろうな。
久々ウリでも撮りに行くかと。
このちっさな赤い子が可愛いのなんの

ウリ2

ちょっとグロくね?
瓢箪と言うより’石’みたい。
百成瓢箪という種類のようです。
ビックリ模様です。どうしてこうなるのかなぁ~?初めて見ました

ウリ3

パカッと割れてしまうのは私が育てたゴーヤーだけでないのね!
しかし、どうして割れてしまうのかしらね。
この子はまだ花が付いたままの状態なのにね。

ウリ4

これこれ!
これが私が育てたゴーヤーそのもの!
こうなっちゃうのですよ。この裏でお昼のパンをかじっていたのですが
この子をむしり取って行く人がいて「何てことするのっ!」と思って行ったら
この状態だったので種をかっさらっていたのですね

ウリ5
RICOH CX1

この中では沢山の会話が行く人の間で交わされておりました。
瓢箪がもたらす世界も面白いものですよ。
あの石みたいな瓢箪を見て「可愛いわね」とあるオバ様から声をかけられました。
人の好みや見方って様々だなぁ~と思わされました

ハイハイ、CX1だけはもうお終い。
ちゃんとデジイチNikonで撮っていますからっ!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと瓢箪クリックね!って・・・?


新宿御苑で試し撮り  

新宿1
RICOH CX1  新宿御苑

十月桜・・・昨年始めて知って追っかけた桜です

そう、冬になっていても咲いていたこの桜。
もう咲き始めておりました。
デジイチでなくコンデジでここまで撮れるって・・・


新宿2

デジイチの替わりをどこまで出来るのか・・・
まるでウルトラセヴンがピンチの時に弱っちい怪獣に委託するみたいな
そんな気持ちでCX1を手にしたのですが・・・

結構イケルって感じ・・・?

新宿3

タイワンホトトギス・・・ユリ科

正直、仕事やポタリング(自転車散歩)する時って
デジイチは持てないのが現実だと思います。
やっぱサブで何かが欲しいもの。
私は貧乏自営業ですから高いカメラはもう持てません。
そんな中でもリーズナブルで活躍出来るコンデジ・・・
目的意識のあるコンデジ。
これからはこんなコンデジになっていくのでしょうか。

新宿4

もちろん、NikonD90主ですが
こういうサブもそれなりの威力を発揮してもらえると
またカメラ生活も楽しくなると言うものです。

なかなか優等生じゃないでしょうか
これで心置きなく仕事とポタリングに連れて行ける・・・嬉しい。

ってか、こっちの方がもしかしてマクロが綺麗???


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと秋晴れクリックね!


貝山緑地in横須賀  

貝山2
RICOH CX1  貝山緑地in横須賀

スポーツの秋です。
ポタリング(自転車散歩)の季節です。
どーしても自転車で遠出をしたくて乗りたくて
自分で手を出してはいけないとしていた’へそくり’に手を出し
コンデジRICOH CX1を買ってしまった
だって超お安く出ていたんだもん。。。新品です。
もうCX2が出ているのは知っています。
いーんです、これで!もう待ったナシの瀕死状態なの!

貝山3

とりあえず試し撮りのポタしに貝山緑地に行ってみました。
日産自動車 追浜工場のすぐ側に位置します。
昔は海軍の飛行場があって予科練の地でもあったようです。
ここから戦地に飛立った少年達が多かったのでしょうか。

そこで見かけた花をマクロでパチリ。
何の花でしょうか?
私の持っている図鑑には全く載っていません。
ネットでも、もう調べる方法が分からなくて・・

貝山4

ボケたけど、星型でふさふさの羽みたいなのが生えている。
これがこれから開くのだろうか?
もう1回行って確かめないとな。って行くのかな?

マクロに強いっていう印象があったのでRICOHにしたけど
イマイチって感じなんですがぁ・・・

貝山1

葉をぶち破って実が生ってしまったのか?
暗いとフラッシュが勝手にたかれてしまったのがいけなかったのか。

貝山5

200mmの望遠マクロ。
ピントはマニュアルで動かせるのがグ~
CX2は300mm望遠マクロが評判良いみたいですね。

でも、いいのこれで!当分これで我慢だわ。
オリンパスμ780はもう捨てたい位嫌になっていたからね。
下取り交換¥3000で旅に出したわよ

どーしてもデジ一をしょって自転車に乗りたくなかったのですよぅ。
重いしコケた時の損傷を考えるとコンデジしかないでしょう。
とりあえず、これでひと段落。
あとは仕事を必死に探すのみ

走行距離:21.46km

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへポチッとポタポタ・クリックね!


虫さん達  

虫
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

何種類のバッタが居るのだろうか。
毎回行く度に違うバッタさんに出会う。
この子、目までシマシマなのね。
ジイさんみたいな顔だけど、撮影中はじーっとしていました。

コスモス3

アナタはだ~れ?
乗っかっていても花びらは垂れないのね。
ま、そんなに重くないか。

虫

これは先日の東京ジャーミィの帰りに寄った大和で。
あまりにもこの色が鮮やかで一瞬虫だとは思わなかった。
この子もだ~れ? ←キアゲハの幼虫だそうです。有難うございました。


世の中はシルバーウイークですが、我が家は関係なく
いつもと同じ日常が続いております。
結婚する前は土日も全く関係なく仕事オンリーの日々だったっけ。
でも、その生活を手放したら今度は祝日は関係ないとなった。
まぁ、以前よりは良いのですがね・・・

にも関わらず、友人宅で「巻き巻き会」という我らの会というか
食事会というか、その模様をコチラでご紹介しています。
前回の記事で書いた酔って記憶が無くなった時の。
良かったらクリックして遊びに来てね~。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとぷにゅぷにゅクリックね!


くるくる~~  

コスモス6
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  くりはま花の国

世の中シルバーウィークでお休み満載の様子。
昨日は友人宅でホームパーティでした。
で、二日酔いで調子悪いっす

何を話したか、覚えていない。
何故涙を流しながら話したのか、覚えていない。
残っているのは、消えた記憶と複雑な感情と
自転車でこけた擦り傷。(酔って乗ってはいけませんっ!ゴメン)
何だろうね

花びら1

’くりはま花の国’にはコスモス以外にもジニアや
白いヒガンバナやちょこっと違ったお花も見られます。
この花の名前が分からないのですが ←クレオメだそうです。有難うございました
時間的に2時過ぎだったからか、花びらがくるくる~と閉じて?いた。
もしかして開こうしているの?違うよね。

花びら2

ツボラーとしては、こういうのも良いなぁ~と思います。
くるくる~~~
私の酔った記憶もくるくる~~~。

そんなに飲んでいないのになぁ(多分)。
歳をとった、っつーことっすかね

飲み過ぎにはご注意を~


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと酔い覚めクリックね!



くりはま花の国のコスモス  

コスモス1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro くりまは花の国

コスモス(秋桜)・・・キク科 メキシコ原産

毎年のようにコスモスは何時もの如く飽きもせず’くりはま花の国’
ジニア(百日草)が沿道を飾る。その奥がコスモス畑。
先週でまだ2~3分咲きでした。今はもっと咲いているでしょう。

コスモス2

ポチポチ咲いている位が私には丁度良いのかもしれない。
ツボラーとしては、やっぱり蕾に目が行くもんね
コスモスの蕾って麩毬のようなのですねぇ。

コスモス5

折りたたまれた花びらが1枚ずつ開いていく・・・
こういう瞬間の美しさって、何だろうなぁ~。
言葉に表せないな。

コスモス4

風でゆらゆら~~~。
恥ずかしそうなコスモス。撮り難いコスモス。

ごめん、やっぱあんまし好みの花じゃないかも・・・
興奮しないのよね~。どれも同じって感じでさっ
どう撮ってもこれまた同じに見えて、つまんないンスよ。


ところで・・・
全く行く予定にも入れていなかったIKEAに行ってしまった。
旦那さんが急激にトイレに用事が出来た様子で
目の前の建物に入るしかなく、それがIKEAだった・・という理由。
開店時間ぴったしだったので、何となくそのまんま見学し
ランチも頂き、ついでに会員登録まで済まし・・・・・
初めて行ったのですが、ずっと家具屋さんだとばかり思っていた。
インテリア用品店なのね(同じこと?)。
コス○コよりずっと利用し易いかなぁ~(大量じゃないもん)。
安いってのもビックリ。ただ、デザイン性はどうかと激しく疑問が。
無印良品とどう違うのか?と。
ただ海外に行った気分にちっとだけなるのが、ちょっと良いかも

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと秋空クリックね!


ススキ忘れていました!  

ススキ1
NikonD90 AF-S18-135mm 箱根in芦ノ湖スカイライン

ススキのことをすっかり忘れていました。
もう、2週間前の箱根の風景です。
仙石ヶ原はその時はまだ見頃ではありませんでした。
標高が上の方はこんな感じでしたが、きっと今頃全体にこんな感じかと。
風が吹くとこんな風な動きが良かったりしますが
ホントのところ意外とススキも難しいなぁと。

ススキ2

ススキの向こうに何とか富士山を・・・と思いましたが
富士山自体がガスっているやら雲に隠れるやら。
肝心のススキがどこ?って感じで・・・

補正してやっと富士山の頂上が見えたかな・・・ってな感じでした。
富士山がクッキリ・・・は冬なのかなぁ~

なっかなか富士山に遭えない私達夫婦です・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとサラサラ・クリックね!


タジンに挑戦!  

タジン1
NikonD90 AF60mmMacro  タジンin我が家のキッチン

微妙にボケた具合がアダを隠して良い具合。
タジンと呼ばれる日本で言う鍋ね。
モロッコに行った時、最初に口にした料理がタジンでした。
・・タジンは料理の名前でもありこの器具のことも指す・・
ジャガイモの煮っ転がし?と思ったけど、あまりの旨さにこれは・・・と思ったね。
それからかれこれ20年近く経ち、どーしても自分で作ってみたいっ!
と、あれこれタジン鍋を探す探す・・・・・・・

でもね、モロッコで見た’ハクション大魔王’のようなこの鍋に出遭うことは無く
なんちゃって’ハクション大魔王’ばかり・・(今は’アクビちゃん’の方が通ずるらしい)
近所のスーパーで日本製の素焼きの’なんちゃてタジン’を見かけた。
¥8800也。しかも、蒸し用の器具付きでコレは・・・と火が付いたね。
でも、’大魔王’のフタに蒸気を逃がす「穴」が1個開いている。
ムムム・・・それってモロッコでもあったか?普通の’日本の鍋’じゃんか!
激しく疑問に思い、ネットで夢中で探し、やっぱそれはタジンではない
と言う自分なりの結論が出て、ネットで一番それらしくお値段も安かった
「Emile Henry」25cmにした。これも本場とは違うんだけどなぁ・・・

タジン2

とにかく、あらゆるレシピをネットで探し研究し
適当に自分の頭でまとめてやってみたっすよ

オリーブオイルににんにくを炒め、玉葱炒め、鶏肉炒め・・・
その後にクミン・パプリカ・塩・コショウを振り
そうそう、レモンの汁を振り掛けたのっす(塩漬けレモンなんて無いもんね)。
後は適当に野菜を乗せるだけ!
水分はトマトのみ!

このフタには穴が開いていません。
圧力釜のような密封性はありませんが、蒸気でもって’蒸す’って感じみたい。
でも、疑問が・・・
蒸気が逃げないのなら真空状態になるのでは・・・???

疑問は簡単に解けたっすよ。
圧力で1箇所の隙間からシュッシュッと蒸気が出てましたよ

タジン3

別にエミールの宣伝するつもりは無いのよ。たまたま・・・
だって忙しかったのよ!こんな時に写真なんて撮ってられないっすよ

どんだけ火にかけていて良いのか分からず45分もやってたら
ふにゃふにゃに仕上がってしまった・・・・・・
20~30分で良いのかも。
でも、意外と美味しかったです。モロッコで食べたモノとは全く違うけど・・・

密かなブームらしい(タジン料理が・・・ホントか?)。
野菜の旨みは出るかもしれん。。コゲだけど。
って、あのね料理嫌いなのよワタクシ。
ずぼら向きってあるブログであったから私向きかもと・・・
私が料理下手なのは誰もが承知。好きじゃないよ、面倒だしさっ

ただ、これだけは’やってみたかった’だけ・・・で買った。
ま、基本的に料理苦手には何をやっても’上手くない’かも・・・

初めて料理を公開しました。タジンを出したかっただけ!
間違えないように。上手く(旨く)無いので、誰も招かんよっ


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとタジン・クリックね!


トケイソウその3  

トケイソウ6
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  箱根芦乃湯フラワーセンター

シロバナトケイソウ・・・メキシコ中部~グアテマラ原産  そのまんまですね^^

さ、トケイソウ・シリーズ最後です。
どれ見ても同じに思えて違うというのがバラ的かしら?
基本部分は似たようなものなので、見分けは一発だわね。
色の付き方・花びら・シベ(時計の針?)も微妙に違うのが面白いかな。

トケイソウ7

花びらの上に位置する細い棒状のものが非常に特徴的ですよね。
部類としては何に当たるのかしら・・・・?
これも長かったり短かったりして、個性的さを発揮しますな。

トケイソウ5

ボエンデリかな?

左側:「楽しかったでしょう?」と私には見えるのだ(バンザイ姿ラブです私)
まだありましたが、飽きちゃうでしょうからこの辺で止めておきます。
確か今月30日までやっていると思いました。
この連休、箱根に行く方寄ってみては?

4~5種類しか知らなかった私にとっては
一気に何種類ものトケイソウに出遭えたのは超幸せ
私を花の世界に導いてくれた大切な花ですからもっと追求しなくっちゃ。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとラブ・クリックね!


トケイソウその2 変り種編  

時計草1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  箱根芦乃湯フラワーセンター

トケイソウ(時計草)・・・意外と知られていない?

その2。ちょっと変わった花編です。
コメント読んでいて、意外とトケイソウって見かけない花なのかも、と。
確かに変わっているし、育てるのももしかしたら大変なのかも。

パッションフルーツって食べた事無いのですが(食用のこの花から出来る)
英名ではこの花は「Passion Flower」キリスト受難に由来だとか。
ま、十字架や釘なのに見えるみたいですが個人的には全くそう見えませんっ!
てか、そう見たくないし時計に見える方が可愛いじゃん

↑は’キトリナ’・・・ホンジュラス・グアテマラで最近発見された小型種。
数少ない黄花種・・・だそうです。細くて小さく花の感じがちょっと違いますね。

時計草2

モリフォリア・・・ボリビア・アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ原産

これも小さい。2~3cm位で見つけるのが大変でした。
トケイソウって7~10cm位にデカイので、この小ささが超可愛い
小さいのを見つけるのが大変なだけでなく、意外と他の花を見つけるのも大変。
つるが張り巡って、どこに花があるのかじーっくり観察しないと見つからない。
デカイのにね。

時計草3

スター オブ サービトン・・・こんな星型も初めて見ました!

いやぁ~凄いわ。トケイソウ・ファンとしては大満足。
私が行った時には、もう終わってしまって実に生っているもの
まだ蕾でこれからというのもありました。
だから、見ていない花もある訳ですよ。
時期をずらしながら見に行くと良いのかもれませんが
残念ながらその為に箱根に通うことは出来無いからね~残念

もうちょっと続く

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッっとパッション・クリックね!


色んなトケイソウその1  

トケイソウ1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  箱根芦之湯フラワーセンター

トケイソウ(時計草)・・・トケイソウ科

ドライブする時、目的地を1つか2つだけ決めて後は現地次第・・
が我らのやり方になりつつある。
箱根の道の駅で「トケイソウ 30種類」の文字を発見!
これは行くしかないでしょう。大っ好きなトケイソウだものぉ~。
早速、箱根芦之湯フラワーセンターへGO!
こういう意外な出遭いは大歓迎だね

レディマーガレット・・・だと思います。

トケイソウ2

ブラックレディ・・・だと思います。

名札と花が一致するのか分からないんですよ。
違う名前のものも咲いている可能性もある。
壁に何種類か並んで張っているので、どれがどれだか・・・

トケイソウ3

これは何だったかなぁ~?
咲いていないのもあるので、ちょっと名前は定かではありませんが
沢山の種類のトケイソウが咲いておりましたよ。

トケイソウ4

柱頭?シベ?が手を広げ踊っているような・・・
こんな可愛いトケイソウも有りで

通路両側にトケイソウが植えられていて、あっちもこっちもで興奮状態!
初めてこんなに色んなトケイソウを見ました。
もうどれも可愛くって・・・

でも、訪れる人も少なく地味な感じ。
沢山のランが咲いており、ラン好きには良いかも。
トケイソウの特別展以外は、ちょっと面白味には欠けるかなぁ~・・・

続きますよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援クリックね!


走水海岸の空  

走水1
NikonD90 AF-S18-135mm  走水海岸in横須賀

ことさんのブログで「走水の湧き水」の記事を読んで
一度走水海岸に行ってみたいと思っていたので早速行ってみました。
というのも、車で走ってても自転車で走っていても
ここの海の素晴らしく綺麗なのに見惚れていたものですから・・・
まだ海水浴を楽しんでいる人達がいましたよ~。

走水3

ここの水はミネラル分たっぷりの硬質の水だそうです。
ペットボトル2本に汲んで来ましたよ。
どうやら去年あたりに駐車場完備したみたいですね。
それまでは、釣り人とか用の駐車場だけだったみたい。
海が透明なのが遠くから見てもすぐに分かるほど、本当に綺麗!

走水2

ちょっと歩いてみたのですが、こういう煙突って北国では見かけますが
どうして・・・?と考えてみて、走水は’海苔’が名物のようです。
何軒かこういう煙突があったので、海苔作りで必要なのかな?と。

観音崎が近いです。
ここら辺は静かで豊かな海なのかも。
駐車場の芝生でピクニックしている人達が結構いた。
目の前が海なのに(海があまり見えない)・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと爽やかクリックね!


東京ジャーミィの1階  

1階1
NikonD90 AF-S18-135mm  東京ジャーミィ・トルコ文化センター

東京ジャーミィ・シリーズです。
さて、今回は1階のトルコ文化センターのちょこっと紹介。

1階はホールになっていて、そこで催しものをしたりします。
恐らく11月にはチャリティー・バザーが行われるのでは?と思います。
入り口入るともうそこはトルコな感じになっています。
壁にはカリグラフィーやタイルなど、トルコの芸術が見られます。

で、前から気になっていたランプ?でしょうか
ぶら下がっているガラス製の↑のもの。
最初は気付かなかったのですが、文字が書かれております。
これはD90の威力を発揮ですね。暗くてなかなか撮れなかったの。
こんなのがお家にあったら素敵だわ~
あちこちにぶら下がっているので探してね。

1階2

左側を覗くとこんなトルコ式の居間(ゲストルーム?)があります。
ここで休んでもOKです。
私は実際トルコの家に入ったことが無いので分かりませんが
こういう伝統的な部屋があるみたいです(ご存知の方、詳しく教えて下さい)。
真ん中の暖炉(名前忘れた)のタイルが正しくトルコ的です。

1階3

チューリップの模様がトルコだと思わせてくれます。
イスラームが偶像崇拝が禁止ですから、植物の模様が発達したのですね。
トルコはチューリップです。
ブルーが基調というのも私好みです

さて、1階ではコーラン(クルアーン)をはじめ色々なイスラムグッズがあり
買うことが出来ます。
で、今回GETしたものが・・・
コンパス

メッカ(マッカ)の方向を示すコンパス。
これずーっと欲しくって、どっかの国に行っては探していたのです。
ここで手に入るとは・・・¥500
使い方が分からずアラビア書道で誰かに教わろうかと思ったけど
中にあった冊子を見てようやく理解。
各国によって方向が違うので示されている数字に矢印を動かすと
その方向にメッカのカーバ神殿がある・・ということのようです。
JAPANは7の数字の方向がメッカ(のカーバ神殿)。
小さなその冊子をなくさないようにしないと意味ナシ

また、こうしてひょこっと更新しますね

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとメルハバ・クリックね!


トリノ・エジプト展の感想  

アミメヘイシソウ
NikonD90 SIGMA APO70-300mmMacro  箱根湿生花園

アミメヘイシソウ・・・サラセニア科 北アメリカ原産

背の高い食虫植物かと思った。
違うみたい。花は真ん中バックでボケてしまったものみたいです。
この網目が花だと思いましたよ。後のは別物かと・・・
入り口付近にあったのですが、ちょっと不気味な雰囲気に目が止まった。
キモいけど、不思議に惹かれるものがある。


さて、今年は古代エジプトが賑やか。
上野にトリノ・エジプト展を観て来ました。

トリノ

「海のエジプト展」はアレキサンドリアの海に埋まっていた遺跡展。
塩害も見られず、素晴らしい状態のものが見られましたが
トリノ・エジプト展は、かっさらってきた(?)ものだから当然状態も良く
3000年以上も前のものとは思えない、色も鮮やかに残ったものも多く
私的にはこっちの方が見応えがあって興奮しました

石を削った刃の後がくっきり残っているものを見た時に
古代の人が確かに作ったという生々しさが伝わる。
棺の内側、つまり遺体が入るから外には見えないが
神の絵と文字が書かれていたりものするんだけど
どう見ても’下手’なものがあった。
ヒエログリフをちゃんとした筆使った?と思うくらい読み取り難く
かすれて乱暴に書かれていたりして
そういうの見つけると嬉しくなる。
古代の人も上手下手がやっぱあったのねと、人間味が伝わってきて
そういうのも楽しくって好きかな・・・

ミイラも展示されておりました。
布に包まれた状態ですが、まさかこんな時代に身をさらすなんて
思いもしなかっただろうなぁ~。
3000年以上も前のものだとはとても思えないんです。

未だにモノが生きているんですもの!
木製のものもかなり多くあり、人々が「すごいっ!」を連発していた。
私も感動した。

一人で見ましたが、たっぷり1時間以上かかりました。
多くの人が訪れており、見学も大変です。
でも、見応えは充分過ぎるほどありますよ。是非!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとロゼッタ・クリックね!


色んな山野草in箱根湿生花園  

ゲンノショウコ
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  箱根湿生花園

ゲンノショウコ(現の証拠)・・・フウロソウ科 別名:ミコシグサ(御輿草)だとか

真ん中のシベにきっちりピント合わせろよ、と自分に言いたい。
こういうちっさい花の手持ちピントって難しい。
どうしてだかシャッター切る時に動いちゃうんだよね~。
設定で解決するのかなぁ???

それにしてもこの名前、すごくない?
朝鮮半島・中国大陸に自生して「(胃腸)に実際に効く証拠」を意味するとか。
ユキワリソウみたいで、そっち系で名前を探したんですが違った。

ナツエビネ
SIGMA APO70-300mmMacro

ナツエビネ(夏海老根)・・・ラン科

ゴチャゴチャしてゴメンなさいね。
遠ーい場所でしかも暗かったのでブレばかりでこれしかなかった。
昆虫が集まっているみたいで、ちょっとキモいんだけど・・・
そんな風に撮った私が悪いのだ

アザミ
TAMRON90mm

撮ろうと構えると絶対的に蝶か蜂が止まる。
主役を彼らに変えてしまえば撮り方も変わったかもしれん。
修行中の身。色々頭を変化させないとね


仕事探しって、今やネットが主なのね。
「ガテン」が休刊するとかで、我らにもいよいよ仕事が無いと。
ネットでも私の技術を活かせる仕事は無い。
コネが頼りの我らの業界。
末端に行けば行くほどあえいでいる状態。
どうしたもんだか・・・
これも頭を変えないとやっていけないのかもしれない。
やってきたことの意味って、何だろうか。。。。。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと応援クリックね!


サギソウ  

サギソウ1
NikonD90 SIGMA APO70-300mmMacro  箱根湿生花園

サギソウ(鷺草)・・・ラン科ミズトンボ属  ミズトンボって・・・

これですよ逢いたかったのはっ!
サギソウ見たさにわざわざ箱根まで行ったって訳。
でもね、遠~い場所に咲いていたのです。
ま、乱獲されない為もあるかも・・・・・

サギソウ2

300mmでギリギリ撮れたかなって感じ。
入園手前のお店の前に鉢植えで置かれている姿の方が真近で見られた。
けど、鉢植えでは面白く無いでしょ?
実は、サギソウ初めて見たのです。
初対面が鉢植えって・・・・無かったことにしました

いやぁ~実に可憐で美しい花なのですね~。
ホントに鷺のようなお姿。まんま。
不思議だわ~お花の世界って。。。
感動しましたっ

平原
AF-S18-135mm

ススキはこれからって感じでしたよ。
オミナエシ(女郎花)が空高く咲いておりました。
日差しは強かったのですが、風が少しひんやりして実に気持ちが良い。
カラッとした空気が、もう秋を告げておりました。。。

まだ続く


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとサラッとクリックね!


箱根湿生花園  

シラヒゲ1
NikonD90 TAMRON 90mmMacro  箱根湿生花園

シラヒゲソウ(白髭草)・・・ユキノシタ科 亜高山の湿地や岩場に生えるとか

週末、箱根に行って来ました。
東京ジャーミィは徐々に更新していきますから待っててね。
旦那さんが週末ずっと忙しく、ようやく動けるようになったので遠出するする。
この時期って、あんましお花って咲いていないのね。

シラヒゲ2

ポチポチっと黄色い部分にピント合わせたかったのにぃ・・・
星型で、なんて可憐なお花なのかしら
こういうのには弱いね。可愛い過ぎるわ。

アサマフウロ

アサマフウロ(浅間風露)・・・フウロソウ科 湿気のある高原の草地に 浅間山から命名

最近、昆虫を撮ってらっしゃる方のブログを拝見させてもらっていますが
かなり寄るか望遠マクロなのかな。望遠マクロなんだろうなぁ~。

小学生の女の子が結構凄いレンズ付けてパシャパシャやってんの。
あんな小さい時から一眼レフで撮ってたら、どんだけ撮れるようになるのよ?
私、ひょんなことから自分は写真歴28年だと知った。
無駄に長いだけだと痛感したっス

続きます

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと爽やかクリックね!


東京ジャーミィの中  

中1
NikonD90 AF-S18-135mm  東京ジャーミィ

東京ジャーミィは「いいじゃん、ポタポタ」の方でも何度かご紹介してきました。
改めてこちらでもD90で撮ったものを何枚かでご紹介していきましょうか。

2000年にオスマン・トルコ様式で立て直されたモスク。
以前は見た方のお話だと木造だったとか。どんな姿だったのかしら・・・
電車からその姿が見えるとかで、小田急使う人の目にはよく触れているみたい。
新しいので綺麗です(当たり前か)。

中に入るとそこは別世界
トルコに行った気分満々になる立派なモスクです。
まずは、この高い天井ドームに目がいきます。
天井からぶら下がっているシャンデリアはアラビア文字で出来ています。

中2

何度撮ってもブレるドーム真中に書かれているカリグラフィー。
模様にしか見えないかもしれませんが、アッラーを讃えているのか
クルアーン(コーラン)の文章なのかは私には全く分かりませぬ。
こういう円の中に書けるようになりたいなぁ、と思う修行中のワタクシ。

今回はこれを真下から撮ってみました。
中3

シャンデリアの真下から上を覗いたことって、そういや無かったわ
六角形だったのねぇ~、などどーでもいいことを発見!
これはもっと広角で撮ってみたいわっ!面白い、と自画自賛。

模様で使われているブルーが鮮やかなのです。
トルコブルーなのだろうか・・・?

中4

2階は男子禁制です。女性のみのお祈りの場になります。
2階から見る正面(メッカの方向。キブラと言うのね)。
左側にある金色の長方形に飾られ凹んだものがミフラーブと言って
メッカ(マッカ)の方向をこれが示しているのです(よね?)。
皆さんそっちに向かってお祈りを捧げます。

ま、ざっと概要をお見せしました。
毎回違う所に目がいくので、あれもこれも撮っていなかった・・・
と反省しては、この次にねっ!と宿題になります。
何度撮っても、行っても美しいと思える素晴らしいモスクだと思いますね
そういや、今ラマダーン真っ盛り中。
暑いのに大変だなぁ~と思っております。

適度に続く

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとアッサラーム・クリックね!


東京ジャーミィ(天野恵利写真展の感想)  

写真展1
NikonD90 AF-S18-135mm 東京ジャーミィ

天野恵利写真展「美しいイスラームの世界」第2回
東京ジャーミィで見て来ました。
上の写真は歩道から見える東京ジャーミィです。
高い塔のミナレットがトルコ様式だとすぐに分かります。

オスマン・トルコ様式のこのモスクは2000年に完成した新しいモスクですが
歴史は1938年からある恐らく日本で最も古いモスクです。
その話は後にして・・・

写真展2

これが入り口です。
上がモスクになっており、この入り口から入るとトルコ文化センターになります。
そのホールで写真展が行われています。
私、10時半には入ったのですが・・・
天野さんはスタッフ(恐らくジャーミィの人)にあれこれ指示中で何やら慌しい。
私が入った時はまだ落ち着いて見られたのですが
とにかく、配置なのか何か指示を出しているのが逐一分かるのですな。
確か昨日から開催されているハズなのですが・・・

写真展3

おお、D90で撮るとまるで違う色が出る。素敵だわ、ジャーミィ。
これは2階ね。

話を戻して写真展ね。
ゴタゴタ最中に実はゆっくり観賞出来ました。
ただ、展示の仕方に「?」でボードの裏にもあったのねと後で判る状態。

写真自体は彼女の人柄をうかがい知るようなイスラム諸国で出遭った
人々の優しい笑顔のなんと柔らかい表情か・・・
写真に対する彼女のコメントをじっくり読むと何かじ~んと来るんだよね。
その文章の表現力に惹き込まれるんで、時間がかかる。
特に、最新らしいトルコはうんうん肯いて見ちゃったね。

だけど、小さい作品が多いので読むのも見るのも時間がかかる。
のに、展示の仕方がどうにも乱雑に思える。
最新作品がどれなのか、解からない。
彼女の思うように展示出来無いのか何なのか解かりませんが
私が出た12時半まで、配置の変換作業をされていて
全く天野さんとお話も出来なく、残念な限りでした。
もっと、丁寧に展示して欲しいなぁと。

難しいね、展示って
出し過ぎでも、何がテーマなのかとか思ってしまう。
一人の作品展なのですが、人物ならそれだけでやって欲しいなぁ。
だって、写っている人々の溢れんばかりの優しい深い表情が素敵なのに
それを撮れる素敵な天野さんなのに
各国の建物・模様などあれもこれも沢山出し過ぎでブレてる感じに見える。
残念だなぁ~。
彼女の魅力をもっと出せる演出をして欲しいなぁ~。
でっかい作品、お願いしますよ!(ノートにも書いたけど)

って、ブログにも言えること???って私にも・・・!?

東京ジャーミィで続きます


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと生意気なこと言う私にそれでもクリックね!ゴメンなさい・・・


ワンコイン贅沢  

花咲きカニ
NikonD90 AF60mmMicro  花咲カニ

本日の収穫・・・・・
花咲カニ ¥500也


旦那さんが飲んで帰る日にゃ、たまーには一人の贅沢を。
で、見つけてしまったのだ。
主婦の密かな愉しみを・・・・
一人占めってヤツね。しかも、カニを
うふふ・・・・・

JR御徒町駅前にそびえる「吉池」。
ここの鮮魚店はちょっとした港の市場みたいな感じ。
水槽の中には貝類や魚・・・
スーパーでは見かけない魚介類がいっぱいで安い!お薦め!

’花咲カニ¥500’を見てしまった私は迷い無く手を伸ばした。
花咲はね毛蟹と甲乙付け難いほどうんまいのだよ
ね~北海道人達よ、そうでしょう?
ただ、甲羅が硬くって食べ難いことかしら。
手が痛くなるのよね~。

んが、ワンコインよっ!一人占めよっ!750gよっ!

ま、こういう贅沢可愛いでしょ?
今夜は以上です!
ビール?日本酒で頂こうかしらン~

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとカニ・クリックね!


富津岬in千葉  

カモメ2
NikonD90 SIGMA APO70-300mm  富津岬

房総半島へのドライブも終わりです。暑かったわ~。
先週末の事だったのに、昨日なんて急に寒くなり長袖引っ張り出して着た。
まだ9月の頭ですよ。
長袖着るなんてもっと先のことで今頃はまだまだ半袖なのに・・・

朝の早起きはスタミナ切れも早い。
ランチはどこで?と地図を眺めていたらどんどんテンションが下がる。
じゃ、近い場所として木更津が上がり、そこでお昼。
もうどこに行く気も出てこない。
じゃ、その先の富津岬にでも行ってボーッとするかって感じ。

カモメ1

岬を目指す途中のどっかの漁港。
ユリカモメ?カモメは好きなのですが、全く種類が解からない
割と大きめの子達が羽を休めに舞っておりました。
ここでボーッとしたら、もう満足。スタミナ切れです。

カモメ4

ところで・・・
裁判員裁判。今度は性犯罪を裁く。
私、日本のドラマはほっとんど見ない。大の海外ドラマ好き。
アメリカには裁判を取り上げるドラマが多い。
「アリー・マイラブ」などは日本でも人気でしたね。
性犯罪を取り上げるドラマもある。
LAW&ORDER 性犯罪特捜班」という性犯罪事件を解決する刑事ドラマ。
10年ものロングラン・ドラマ。刑事達の取り組む姿に見入ってしまう。
被害者の立場というものも理解出来るドラマになっています。
こういうドラマを地上波で是非放送して欲しいです。
CS放送のFOXCRIMEのみですから。NHKに放送して欲しいなぁ。
性犯罪に対してまだまだ日本は無理解が多い。特に男性にね。

現実はドラマより残酷だと思いますが、少しでも何かを得られるのでは?
と思うのですよ。
日本もアメリカのようになっていくのでしょうか。
被害者に対するケアも今より必要になってくると思います。
カウンセラーの必要性を私は特に感じますが・・・

もう秋になっちゃうの~?カムバ~ック夏!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとカムバック・クリックね!


養老渓谷3  

渓谷5
NikonD90 AF-S18-135mm  養老渓谷

まだしつこく続く養老渓谷レポート。
粟又の滝(養老の滝)がある場所は’滝巡りコース’らしく
川沿いを歩いていると小さな滝に出遭います。
これは何滝だったかぁ~、何しろガイドブック持っていないんで・・・
小さい滝がちらほらある感じでしたね。

渓谷4

これは上の場所から車で移動して違う場所です。
弘文洞跡という140年前の隊道跡だとか。
こっちはちょっと山道っぽい所を歩く感じになります。
崖下の川の流れが遅い場所には1家族が泳い遊んでおりました。
いいね~、川で泳ぐって子供以来やってないです。

トンボ

トンボが卵を産んでいるのでしょうか。
こんな姿も子供以来で、夢中で撮っていました。
もっと設定変えて撮れば良かった・・・
全く余裕が無いのよね~慣れていないもので

色がどうしてだか今回は濃い色が出てて、設定の問題だとは思うんだけど
露出とかも問題だったのかしら?
よく解からない仕上がりでした・・・


まだまだ続くよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとそれでもよろしゅう!


▲Page top