お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

ジョビ嬢・激写  

ジョビ1
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro  

やりました、ジョウビタキのお嬢様

でも、このお嬢を撮っていたのはカワセミ親衛隊。
パパッと撮ったら、またカワセミ・フィールドに戻って行った。
今日はヒーローは不在の様子。
そんなに待ってもなぁ・・・と思うのは素人考え?
ので、私独占でお嬢を撮りまくりさっ


ジョビ2
+Kenko×2

この子、ここから離れる様子が無かったので
×2のテレコン付けてのじっくり撮影。
う~ん、どうしても手持ちだしピントが甘くなりますね。
この猫柳がお気に入りの様子。


ジョビ3

よーく見ていると、ササッと地面に飛んでは
何かを口に咥えて食べていたようだったから
お食事中だったみたい。


ジョビ4

旦那には双眼鏡渡していたので見るように促した。

「見たよ。目がハトみたいだった。」

あのね、違うのっ!
お嬢様とハトを並べるなっ


ホントはカワセミ撮れたらなぁ~と思って行ったんだけど
もうこれで大満足しちゃった。
週末はネタ色々撮ってきたので
順次、載せていきますね。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとまた超寒いぞ・・・クリックね!


アラカルト  

影
NikonF601  蔵出し

昨日やっと「セックス・アンド・ザ・シティ2」を見た。
アブダビが舞台だったので、蔵出しも蔵出しで
エキサイトの方に過去載せていた銀塩写真を復活させてみました。

「セックス・・2」の方は賛否両論だったようでしたが
途中ちょっと飽きそうになったけど流れ的にはよくまとまっていて
私は楽しめたけどねぇ。
ただ、あんだけキャリーを苦しめたくせにビッグの態度はどうよ?
とは思ったけど。。
砂漠のシーンでは「あぁサハラに戻りたい!」と思っちゃった。

因みに↑はモロッコのサハラ砂漠です


チュ

今動いている北アフリカ~湾岸地域の発端となったのが
↑の’チュニジア’の怒りのデモ。

チュニジアにもサハラ砂漠は広がっていますが
モロッコの雄大さやダイナミックさには欠けておりました。
チュニジアは’チュニジアン・ドアー’が素敵で
写真のように鋲で模様が描かれていて
とっても可愛らしいドアーなのです


ウズベク人

どこだと思います?
中央アジアである’ウズベキスタン’。

朝鮮人の方達が意外と多くてナムルとか売っていました。
ウズベクは色んなアジアの顔が見られて
すっごく面白い国でしたね~

日本人の誰かにそっくり・・・
とか似たような顔が多くて楽しかったっけ。

「セックス・・・2」からこんな展開になっちゃいました。
たまにはこうして超蔵出ししてみようかしら・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと昨日は春の陽気だった・・・クリックね!


不思議な世の中  

サギ1
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 

’だてマスク症候群’ってご存知ですか?
花粉症でも風邪でも無いのに年がら年中マスクする人のこと。

教え子に居たのよね。
最初は花粉症だと思っていたんだけど
夏になってもマスクしたまんま。
おや?と思っていたら1年中マスクしていたのだよ
あまり友達も居ないようだったし
周囲からは気持ち悪がられていたようだった。


サギ2

その子だけの問題かと思っていたら
世の中、ナント大人達の間でもそういう人が増えているとか。

マスクで顔を隠すと安心するんだとか
自分を隠せるし’いい人’でいる必要が無いから・・・

え?と疑いながらその記事を読んだ。
いつからこの日本は自分を隠して生きなきゃいられなくなったの?
’いい人’ってどういうこと?
その’外面’って何の意味があるのか。。。

’自分’って何なの?’個性’って何なの?
何故それを出したくないの?
出せないのだ・・・?


サギ3

人との関係が苦手だけど
接客で’その場だけ’相手にするのは得意という子が居る。

その子が私ではない他の授業の作業手順を聞いてきた。
目の前や隣に同じ授業受けている子がいるのに、だ。
私は知らないから誰かに聞いて、と言うと

「私、コミュニケーション苦手なんですぅ~」



この頃、頭が混乱する場面が多い。
学校に行くと何だか疲れるんだよね



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとⅢ学期も終わり・・・クリックね!


カバタシュ 25  

カバタシュ1
NikonD90 AF-S18-135mm カバタシュinイスタンブール

2011年1月1日

イスタンブール女一人旅シリーズも25回目。

前回、途中下車したベシクタシュの記事→ココ
そこからカバタシュ行きのバスに乗って終点で降ります。

カバタシュからはトラムヴァイ(ちんちん電車)の駅があるから
そこから戻れば良い訳です。

せっかくだから周囲を見学。
↑はサッカースタジアムのようです。
随分壁が低いよね。
トルコもサッカー好きが多いですからね~


モスク1

ちょっと海沿いを北上しながら歩いて行くと
オルタキョイみたいに海沿いに建つジャーミィが・・・
外見からしてまたバロック様式か?

ここはヨーロッパ側。
流石は’東西文明の十字路’と言われるだけあって
ジャーミィもオスマン式だけでは無いんですね。

向こうに見えているのはドルマバフチェ宮殿


モスク2

ドルマバフチェ・ジャーミィ
マフムト2世の妃であるベズミ・アレムが
ドルマバフチェ宮殿の設計者ニコゴス・バリアンに命じて建てた。
ルネッサンス様式とバロック様式が混ざった建築。
1851年

女性が建てたモスクという珍しいものみたい。
前回訪ねたオルタキョイ・ジャーミィにも通ずるものがある。
ま、お互いバロック様式だもんね


モスク3

天井ドームもまた素敵でどこか女性らしさがのぞくような・・・
光の感じも柔らかで心地良い空間。
こういうモスクも素敵だわ~。


モスク4

窓際に置かれて?いたもの。
左側に梯子があるから上るんだろうね。

いっつも思うんだけど、これって何なのかしら???
入って左に位置していることが多い。
ご存知の方、教えて頂きたい

こんなバロックチックなのは初めて見ましたよ
これは凝っていますね~。

いやぁ~、とっても素晴らしいジャーミィばかりで
満足度100%でしたねぇ


因みに・・・
カバタシュ2

サッカースタジアムの前ではこんなの売ってました。
丁度観光バスが停まる所みたいで
暖簾のようにして降りてきていました。

サッカー見に行かないから分かんないけど
チーム名の入ったの持って応援するんでしょ?
当然のことなが買う人もおらず・・・


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとトルコも地震国・・・クリックね!


開けゴマ!  

パンダ
NikonD90 AF-S18-135mm

この飛行機に乗ってパンダがやって来た。
繁殖の為とは言うけど、繁殖したためしがあったっけ?
賃貸らしいけど、その膨大なる費用をかけてまで
中国からお借りすることなのかなぁ?
それよりやることがあるんじゃないのかしら・・・
日本って平和だな。。。


サクラ5
(三浦海岸)

中東がマグマが噴き出るように
民衆の我慢と怒りの限度を超えて燃えている

何度も言うけど遠い国で起こっていることだけど
私達の生活に大きな変化をもたらすこと。
石油産油国だもの。。。
とっても身近な出来事なのよね。


kako-4wImn0nsp5bHzE2K加工
(河津桜)

それにしてもこんなに各国に波及するとは思わなかった。
エジプトの事情とは少し違う。
部族やシーア派スンニ派の主張があって
強権で押さえこんでいたものが崩れる・・・

石油の利権を求めて混乱するのは目に見えている。
どうなってしまうのでしょう?


ゴマ_edited-1

イフタハ ヤー スィムスィム

開けゴマ

これ、ちょっと訳あって練習して書いていたもの。
右からそう書いてあります。
練習だから少々問題アリですけど

闘う彼らの気持ちを代弁してみました。
圧力と暴力で押さえられてきた彼らの行動に。。。


いいのかニッポン!
パンダどころじゃないのになぁ

*パンダファンの方、ゴメンなさいね。
 パンダが悪いんじゃないのです。*



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと確定申告の季節・・・クリックね!


三浦海岸の河津桜・その2  

桜1
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 三浦海岸in横須賀市

名コンビ、メジロと河津桜。
日の丸写真でお恥ずかしい。
この木に何羽もメジロが来ていて
人がわんさか群れてしまって落ちついて撮れない


桜2

上 ヒドリガモ
下 オナガガモ

尾っぽの辺りが似てない?
一瞬つがいかと思っちゃったわよ

ここは桜を見た後、池に行くコースに自然となっていて
そのまま引き返さなければここに来てしまう。
2年前に来た時に比べると大分整備されていました。
あれ?昨年来たっけ?
術後だったから記憶に無いわ・・・


三浦2

顔が真っ黒に写っちゃったけど、オオバン?
この方はお一人様だったようです。

ま、人が多くて何だかつまらない中でも
何とか何かを撮らないと・・・
別に必死になる必要ないのにねぇ。


桜4

ここは一足早い春の香を感ずることが出来る。
陽が出て少し暖かいとのんびりしたくなる。

草ぼうぼうで枯れ木とかもそのまんま・・・
が、少し手入れをしている様子。
あんまり整備しないで欲しいなぁ。
自然のままで良いのに・・・


桜3

河津桜は色が濃いピンクで好きな桜です。
もっとゆっくりじっくり撮りたかった。
お天気がイマイチでお昼に行った私が悪いのだ。
やっぱりここは午前中に寒い思いをしながら撮らないと


ところで・・・
桜5

これぞ三浦大根なのだ!

三浦大根ってこうして末広がりに太い大根。
引き抜くのに大変であまり多くは作っていないみたい。
普段見かけることも無いので思わずパチリっ!
食べてみたいぞ(持って帰れないじゃん重くて・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと今日も曇りの横浜・・・クリックね!


三浦海岸・河津桜 その1  

三浦1
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 三浦海岸in横須賀市

2011年2月19日の横須賀の三浦海岸。
この時期早咲きの桜’河津桜’の季節。
今年は例年より満開が遅れているようで
4~5分咲きだったようです。

何回か行きましたけどこんなに人が居たのは初めて
列をなしてこの場所まで続いていた。
周辺道路も整備されていてちょっと様子が違った。

以前のような田舎そのまんま的な要素はどこへ?


三浦5

脇を赤い電車こと’京急電鉄’が走るので
何だか見なかった’テツ’の姿も・・・

お天気が曇りだったせいもあるのかもしれないけど

何だかつまらないぞ。
写欲が急激に落ちるのを感じた。
あれれ?何でだろう。。。


三浦4

花びらを鳥に食われたのか欠けたこの花を
写真加工.comでソフト加工してみました。

周りが整備されて人が多くじっくり撮影出来ないから?
それもあるんだと思う。

野鳥撮りも狙いだったんだけど
あまりの人の多さに何だか気が撃沈したのよね
ちょっと珍しい。。。


なので帰りに・・・
カメラ

18日発売のOLYMPUS XZ-1を触ってきた。
-1と付いているんだから、また直ぐにー2が出るのかな?
もうそういう感覚ですよね?

CP+でも気になったアートフィルター。
コンデジで入れてくれるんなら
私はコレで決まりじゃないかと思ったね

ミラーレスも非常に気になるんだけど
操作がイマイチ納得出来ないんだなぁ、まだね。
アートフィルターいじるんだったらコンデジで十分かな?と。
ソフトでどうにでもなるんだろうけど
RAW撮影も出来るコンデジだったら
望むところです。

困った。資金、どうする?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒かったよぅ・・・クリックね!


リュステム・パシャ・ジャーミィ 24  

ジャーミィ6
NikonD90 AF-S18-135mm 旧市街inイスタンブール

2011年1月

イスタンブール女一人旅シリーズ。

トイレのタイルの記事が好評だったようなので
タイルを堪能出来る場所であるモスクで見て行きましょう。

旧市街エジプシャンバザールのちょい先にある
リュステム・パシャ・ジャーミィ
トルコが誇る建築家ミマール・シナン設計のオスマン様式モスク。
1561年完成


ジャーミィ2

入り口が洞窟みたいで一瞬大丈夫か?と思ったけど
階段登ると現れた

小じんまりとしたモスクでしたけど
ここのタイルはなかなか見応えがありました。


ジャーミィ1

私はモスク専門家では無いので詳しくは分かりませんが
オスマン様式のモスクだとこういう感じで
内装はタイルでぐるりと飾られていることが多い。
美術館みたいでしょ?

だから、トイレにタイルが貼り巡らされていると
何だか場違いのような素敵な空間のような・・・


ジャーミィ3

偉大なるミマール・シナン設計だとすると
やっぱりドームは見逃せない。
ちょっとボケて見えないんだけど
ドームてっぺんの円の中にはカリグラフィーが・・・
円の中に文字を書いて納めるって高度な技術が必要です。


ジャーミィ4

ここは外壁にもぎっしりタイルが貼られていて
それはそれは美しい。
年季が入っている感じも素敵なのだ
タイル見るだけでも価値があるのだ。


ただ・・・
ジャーミィ5

こんなバラバラのタイルを適当に貼ってあるのって
初めて見ましたよ
酷くね?

どうしちゃったんでしょう?
こんな修復って見た事ないです。
もっとキッチリ修復するものですがねぇ・・・

ある意味貴重だったりするのかしら???



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと嵐のような横浜です・・・クリックね!


野良犬達の事情・23  

オルタキョイ4
NikonD90 AF-S18-135mm イスタンブールinTURKEY

イスタンブール女一人旅シリーズ。

イスタンブール歩いていて「おや?」と思うのが野良のワンコ。
結構な大型犬がのっさのっさと歩いているのだよ。

↑のように歩道に座り込んだり寝ていたりなんて日常。
彼らは道行く人には無関心。


ワンコ4

カドゥキョイの街の中心?の交差点広場では
何故か牛の銅像があり、それを背景に背中がかゆそうに
こんな無防備なお姿が・・・

誰も気にする様子もなく通り過ぎて行く。


ワンコ2

オルタキョイの広場に居た子達。
彼らをよーく見ると必ず耳に印のようなモノが付けられている。
この子の左耳に青いものが付いていますよね。

全く私は分からないのですが
野良達は一応管理されているのかな?と。
彼らは本当に大人しく吠えることも無く
のんびり自由に暮らしているような感じでしたよ


ワンコ3

観光客が集まる場所だと
こうして可愛がってくれる人にも巡り合えるようです。
だからといって彼らに媚びる様子は見られない。



ワンコ5
(カドゥキョイ)

ワンコは野良だけかと思いきや
ちゃんと飼い主がいるワンコも居るのね。


日本では野良犬は処分されてしまう。
トルコのワンコ達は幸せだなぁ~と。
昔も日本には存在したのにね。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと猫も多し・・・クリックね!


ゴージャストイレ・22  

トイレ4
RICOH CX1  旧市街inイスタンブール

イスタンブール女一人旅シリーズ。

トルコで有名なものに’タイル’があります。
アラブ・イスラム諸国に行くとタイルの美しさに目が奪われる。
特にモスクに行くとそれを堪能出来る。

けど、ここ旧市街の’アラスタバザール’入り口のトイレ。
もう我慢出来ない!という非常事態で駆け込んだんだけど
ここがトイレとは思えない素晴らしいタイルの壁。


トイレ1

どこもこうでは無いことだけはご承知願いたい。
ここは特別。だからか有料なのだと思う。

1TL(約55円位)

女子トイレに誰も居なかったから撮った。
真ん中が和式のようなトルコ式トイレ。
随分と少なくなってきたようでしたけど
和式と穴の位置が逆で、穴にブツをきっちり納める格好になる。
そこが違うんだけど、たまに間違える人がいるみたい


トイレ2

全面タイルが張られているので
本当に気持ち的にゴージャスというか
ここがトイレだということを忘れてしまうくらい。


トイレ3

ここだけ見ると絶対どこぞのモスクだと思うに違いない。
トルコの特徴的な絵柄の1つは’チューリップ’です。
チューリップは元々トルコ周辺が原産なんですよね。

18世紀のオスマン帝国アフメト3世がチューリップ好きだったとか
確か「ふしぎ発見!」でやっていた記憶があるのですが
その頃盛んに栽培されていたようです。

非常事態ながら有料だったっけ「チッ!」と思いながら入ったけど
1TL払う価値はやっぱりあるなぁと改めて思ったね



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとこんなトイレ欲しい・・・クリックね!


途中下車ベシクタシュ21  

ベシクタシュ2
NikonD90 AF-S18-135mm ベシクタシュinイスタンブール

2011年1月1日

イスタンブール女一人旅シリーズ。

オルタキョイからまたバスに乗って終点カバタシュまで
今度はそのまま乗っていれば普通に戻れた・・・のに。。。

「絶対まだだよな」という確信みたいなのはあった。

だって運転手が乗って来る人に「カバタシュ!」と行き先叫んでたから。
のに、そのバス停で人がドッと降りたので
何だか身体がつられて私も降りてしまった

ここどこ?

大砲が並んでいる。
2両繋がったようなバスが沢山停まっている。


ベシクタシュ1

地図を広げることを敢えてしなかった。
ここがどこだか知らないで歩くのも良いじゃないか。
途中下車の冒険というものを楽しまなきゃ。

大砲に何だか勇ましい銅像。
後で調べたらバックは「海事博物館」のようでした。
資料が無いので分かりませんが
オスマン・トルコ時代の海軍のものが展示されているのかしら?
大砲は海に向かって置かれていた。


ベシクタシュ3

目の前には海が広がる。
ま、海沿いに来ているから間違いは無いんだよね。
ここはどうやらシーバス乗り場のようでした。


ベシクタシュ4

かなり歴史を感ずる乗り場の建物。
オスマン帝国時代はアラビア語表記でしたから
その時代のものだと思われます(一部だけ???)
ブルーのタイルにアラビア文字が見えます。

左のアジア人らしき人達は船から降りた人?
観光客かしら・・・


ベシクタシュ5

道路向こうのモスクは’スィナンパシャ・ジャーミィ
トルコでは有名な建築家’ミマール・スィナン’のモスクなのか??
中に入ってみましたけど、小じんまりしたモスク。
ものすっごく厳粛ムード満々で(祈る人多し)。
あまりにも素晴らしい内装だったにも関わらず
1枚も、というかシャッターなんて押せない空気。
外国人(異教徒)の私が居ることすら失礼な気がして
端っこで静かにじっくり目に焼き付けて来ました。

あまりにも素晴らしく意外で
何とも言えない感動を覚えながら
途中下車して正解だったと思ったのでした。

一応・・・
ベシクタシュ6

バス停には’ベシクタシュ’とありました。
これは帰りに撮ったものさっ。

一人旅。途中下車の旅。
良いもんですね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと横浜も雪積もったよ・・・クリックね!


ロカンタでお一人様ディナー・20  

ロカンタ1
NikonD90 AF-S18-135mm イスタンブールinTURKEY

イスタンブール女一人旅シリーズ。

お一人様でちょっと困るのがディナーだったりする。
私は別に一人でお店で食べることに抵抗は無いけど
今回は昼間25000歩以上歩いていたから
かなりお疲れモード。

そこで、大いなる味方がロカンタ
↑の写真のように料理がずらりと並んでいて
あれこれと指さしてパックしてもらうのだよ。
とっても便利で、しかもとても美味しい


ロカンタ2

ホテル近くのロカンタのもの。
ピラウ(ピラフ)とポテトにチーズが乗ったもの(グ~でした)と
右がホウレンソウのくたくた煮こんだものだと思うんだけど
これは熱々だったのに油臭くってしかも不味かった
この料理好きで期待したのに・・・
これに1本分か?と思うほどのフランスパンが付いて

確か17~8TL 約¥1000位かな?

意外とボリューミーでお腹いっぱい。
パンは残念ながら残してしまいました。。


ロカンタ3

別のロカンタのもの。
今度は控えめに。
茄子の上に豆の煮込みが乗ったものと
トマト丸々くりぬいて挽肉が詰まった’ドマデス・ドルマス’。
これが超美味しくってもう1回食べたかったくらい
これにいつものようにてんこ盛りパンが付いて

16.50TL 約¥930位


ロカンタ4

最後の方は胃が疲れてしまって軽くしたかったので
通りがかりに見つけたサンドイッチを。
これはシミットというトルコ定番のパンに
野菜とチーズを挟んだシンプルなもの。
これがまた美味しくって、グルメ度の高さを知ったわ。

左の日本ではお馴染みのようなチョコパンは
まず滅多にお目にかかれないです。
だから試しに食べてみたけど、改良の余地ありだったかな。
まぁ美味しかったけどね。
こういう部類のパンはこれからなんでしょうね。

5.75TL 約¥320位


おまけ!と言うか・・・
調味料

自宅用にスーパーで買った調味料。
下の2つの袋のものは
左は入れるとたちまち美味しいキョフテのが出来る、らしい。
右はチキンに付けるとたちまちトルコ風チキン何やらになる、か?
と言う代物だけど、まだ料理していないから分かんない
どう使うのかもよく分かんねッスが・・・

上の缶はトルコのトマト味噌とでも言うのかしら
’サルチャ’というものです。
濃縮トマトという感じなのかな?
煮込みなどにちょいと入れるとたちまちトルコ料理になっちゃう、らしい。
これは絶対に欲しくて重いけど買って来た。
まだ料理していないけど、これ使ったらもう無いとダメかも・・・
それくらい期待度高い調味料。

トルコ料理は野菜たっぷりで健康的。
是非我が家でも作って楽しみたいです



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとあぁ食べたいっ・・・クリックね!


雪・ゆき・・・  

雪1
NikonD90 AF-S18-135mm

横浜は雪が降っております。
でも、ウチの方は積もる感じは無いですな。
横着にベランダから撮ったッス。

降っている雪を撮るってなんて難すぃ~の
下手すりゃどしゃ降りの雨みたいなっちゃう。


雪2

雪だけに当ててみたけど
ゴミみたいになっちゃったから小さめに載せます。
昨日出掛けておいて正解だったわ。

大学受験の時って雪が降り易い。
どっか受けた時も降ってたっけ、落ちたけど

受験生の方達、頑張ってね。
学校なんて関係ないから、人生においてはね。
もっと大事なものを掴んで欲しい



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと怪我しないように・・・クリックね!


CP+2011に行って来た  

CP4
RICOH CX1  パシフィコ横浜

カメラの大祭典「CP+」に行って来た。
平日にもかかわらず、かなりの盛況ぶりでしたよ。

↑このようにブース内でパフォーマンスをして
それを自由に撮るような感じが他でもやってた。
会場にはご自慢のイチガン持ったカメラマン達の熱気が


CP1

ハッキリ言ってお姉さん目当ても多いんじゃね?

私は今回こそデジスコについてキッチリ聞いてこようと
まっしぐらにそのブースを目指す。

フィールドスコープ+コンデジで撮っているカメラマンの方に
色々教えて頂いて段々分かってきた。
どんなスコープでもコンデジと合う訳ではなく
相性というものと、繋げる部分が付く付かないなど
事前にお勉強しないと大損喰らうということみたい。
イチガンに付けることはお薦めされませんでした。
と言うのも軽くしたいならコンデジの方が、と。
コンデジで止まっている野鳥は十分に撮れる、と


CP6

ミラーレス・カメラにも興味があって
OLYMPUSのアートフィルター’ドラマチックトーン’
の説明をしていたので、じっくり聞かせてもらった。
講師はTVでもお馴染み’桃井一至氏’。
一度フラッシュの講座を受けたことがあるのですよ。
なかなか面白く、やっぱり試してみたいと思ったね。


CP5

これ何だと思います?
PENTAXのカラーバリエーションというのかな?
実際の商品だとは思えないけど
右の方にゴールドまであって、もう何と言っていいのやら

・・・↑K-rの実際のオーダーカラーのようです。
・・・・大変失礼いたしました。


三脚も黒以外のカラーも出ていて
機材もカラフルになっていくのかしら???


CP3

テツの方の為なのか駅弁が売っていたので
北海道の’鮭めし 1000円也’を頂く。
う~ん、仙台駅の’鮭はらこめし’の方が好きだなぁ


もし、デジスコを考えてらっしゃる方がいらしたら
その組み合わせを教えてくれる

でじすこや 

↑で組み合わせを参考にされるとよろしいかと。

私?やっぱりその世界までは入れないっ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと楽しかったよ・・・クリックね!


春のかほり  

マンサク
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 皇居東御苑

マンサク(満作)・・・マンサク科 まず咲くことからだとか

くるくる~のマンサク。
タム90で撮りたかったと悔やんだね。
ツボラーとしては蕾から覗かせるくるくるが可愛い

ここ東御苑は日本人以外の人の訪れている数が多い。
様々な国の人達と行き交いながら
こうして花を愛でることに穏やかな空気を感ずる。


蝋梅1

蝋梅はそろそろ終わりかな。
ほのかな甘い香りが好き
そういうのが外国の人に分かるかなぁ・・・?

イスタンブールでは観光客の人達に
記念撮影をよく頼まれた。
イチガンぶら下げているからだとは思うけど
ココではそういうの一切無いね。


梅

梅はほぼ8分咲きって感じでした。
梅林みたいな道があるのを初めて知った。


おまけ!
スワン

皇居のお堀にはハクチョウが居る。
こうして羽をちょっと上げているのって初めて見たけど
どういう意味なのかしら?
飛び立つ訳でも無かったよ。
’スワンちゃん’という言い方の方がふさわしいようなお姿

↑コブハクチョウだそうです。有難うございました。


本日から12日までパシフィコ横浜でカメラと写真の大祭典
’CP+’が催されます。
事前登録しておくと無料。
今回はじっくり回ってみようと思う。
ま、参考にね


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと冷たい雨が・・・クリックね!


アナタは誰?  

誰1
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 皇居東御苑

花を撮りに行ったのに野鳥撮り。
ま、花は桜と梅くらいしか・・・

超望遠持ったお兄様はしきりに上を見ている。
何々?と私も見上げたら・・・

高っかーい枝に一人佇んでいる。
300mmで下から撮るのはかなり無理。
トリミングしましたが、目に黒いスジが1本。
誰かしら?


誰2

他様の野鳥ブログで絶対に見て来ているハズなんだけど
いざ自分が撮ると誰だか分からない

申し訳ないのですが、どなたか教えて下さると助かります

↑シメ♂のようです。有難うございました。


福寿草

福寿草はまーだまだ小さな蕾。
だけど、もう直ぐ花を咲かせてくれることでしょう。
春の足音が聞こえてくるようです。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとまた寒いぞ・・・クリックね!


自由自在・メジロ  

メジロ4
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 皇居東御苑

ノートリミングで撮れるのが桜と名コンビのメジロ。

エジプト情勢が気になってTV付けるんだけど
相撲の八百長問題で大騒ぎ。
一連の相撲問題にはうんざりする


メジロ1

ー逆さでも頂くのであります!ー


以前からその問題は出ていたのに
もみ消してきた相撲協会。
日本の縮図みたなものが見え隠れする


メジロ2

ー振り向き様にも頂けるのであります!-


伝統文化って何でしょうね?
日本人は日本の伝統・文化をどう見ているのかしら。。。



メジロ3

ー枝と化しても頂ける自由自在なのであります!-


何でも’お金’の話。
本当にうんざりするんだよね。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと何だかお疲れ気味・・・クリックね!


オルタキョイ・ジャーミィ(2)19  

ジャーミィ2
NikonD90 AF-S18-135mm オルタキョイinイスタンブール

2011年1月1日

前記事の海に面して建っていたオルタキョイ・ジャーミィ

・・・・・・
1854年アブドゥルメジト1世が
荒れ果てたジャーミィを建て直させたもの
・・・・・・

だそうです。
バロック様式のモスク(ジャーミィ)というのは初めて見ました。
外装もそうだけど中がゴージャスと言うか
こんなシャンデリアが釣り下がっているのも初めて見た


ジャーミィ3

内装ってカリグラフィーで飾られたりしているのですが
色彩がまずモスクらしく無いというのかしら。
一瞬キリスト教の教会?と見紛う感じ。

初めて味わう空間というのかなぁ
明るく煌びやかなモスクというのが衝撃的


ジャーミィ1

天井ドームって普通アラベスク模様だったりするんだけど
ここはまるで’絵画’?と思うほど。

あまりにも素敵過ぎて感動で呆然としてました。


ジャーミィ4

モスクで重要なのがこの窪みミフラーブ
マッカ(メッカ)の方向を示していて
皆さんその方向に向かって祈りを捧げるのです。

上の左右に丸い看板みたいなのがありますが

右がアッラー
左がムハンマド

と、書かれています。どこのモスクもこの位置です。


ジャーミィ5

海側から見るとこんな感じ。
バロック様式は荘厳で重さと歴史を感じますね。

素晴らしいジャーミィでした。
ここを見るだけでも行く価値があります、絶対に

あ、これが私の初詣ってことで・・・ん?


おまけ!
ジャーミィ6

え?ここも・・・何のことかは→ココ
素敵過ぎるぞ、マネキン達!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと祈る想いで・・・クリックね!


クンピル・オルタキョイ(1)18  

オルタキョイ1
NikonD90 AF-S18-135mmオルタキョイ・ジャミィとボスポラス大橋

2011年1月1日

イスタンブール女一人旅シリーズ。
どうしても’オルタキョイ’という街に行ってみたかった。
んが、そこに行くにはバスに乗らないと行けない。

バス・・・・・・
普段でさえ決まった路線にしか乗れないバス。
だって、どこ走るか分からないしバス停知らないと降りれない。
ましてや外国で一人で乗るとなると至難の業。

そこで、以前からイスタンブルに住んでいる方と
ブログで知り合っていたので
一大決心してすがる思いで乗り方を教えて頂きました。

バス停でプリントしたメールを見ながら確認していたら
そこにいたオジ様が
「どこに行くの?(トルコ語)」
「オルタキョイ」と答えたら
そっち方面のバスの運転手に私の事情を説明してくれて
運転手もそのバス停前になったら知らせてくれました。
なんて皆さん親切なのかしら

因みに、バスではバス停の案内放送も何もありません。
景色で判断するしかないようです・・・


クムピル1

ここは’クンピル’というジャガイモの料理が有名。
元旦の朝はさすがに遅い店開き。
このようにクムピルの露天がずらりと並んでいます。
具はトッピングであれこれ示して乗せてもらいます。


クムピル3

ここは超寒くてとっても外で食べる状態では無かった。
ので、お店に入って暖まりながら頂きました。

トッピング用紙にチェックいれて頼むようでした。
「チーズ・バター」と言ったら
「それだけ?もっと色々あるわよ(トルコ語)。」
と、あれこれ説明してくれ何にして良いのか分からず
思わず「コーン」にしちゃった。
お腹があまり空いていなかったこともあるのですが・・・

↑がクンピル。
焼いたジャガイモをパカッと割った上に色々乗せて食べる。
シンプルなんだけど、ジャガイモ好きには美味いのだよ。
ちょっとしたファストフードだね


クムピル2

本当は広場で海眺めながらこうして食べるのが正しい。
とは思うんだけど、何しろ10度あるか無いかの気温で
しかも海風を受けて体感温度はかなり低い
向こうの人は平気なのか?
1個で結構お腹いっぱいになります。


オルタキョイ5

ボスポラス海峡を渡るボスポラス大橋。
橋の向こうはアジア側です。

クルーズ船が行き交う様子を眺めながらのんびり
これが元旦の朝です。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとまだ喉痛いわ・・・クリックね!


気になるエジプト  

ミスル
RICOH CX1

毎日エジプト情勢から目が離せない。
別に知り合いが居る訳ではないけどさ。

デモの模様を見ていて気になるのが
皆が自筆で書いているスローガンの文字
ま、アラビア書道習う身としてはどーしても目がそっち。

エジプトはアラビア語では’ミスル’と言います。
今朝↑をささっと書いてみました。

右から’ミスル’と書いています。
これがエジプトってことね。
写真、平行じゃなくってゴメンね


祈り1
ハイダルパシャ・ジャーミィ(TURKEY) NikonD90

ムバラク大統領って私がモノ心ついた時から大統領で
82歳にしては昔と容姿が全く変わっていない・・・
という、ちょっと変なところが気になりますな。

エジプトは社会人になって稼いだお金で初めて行った外国。
ピラミッド近くのホテルで朝聞こえてきたアザーン。
地を這うように聞こえるその歌のようなアザーン。
私は雷に打たれたように全身鳥肌が立ち
アラブ・イスラーム世界に夢中になったのだよ


祈り2

トルコから帰ったらチュニジアで政変が起き
それにも驚いたけど
色んな意味で大きな存在のエジプトで
今、民衆達が動き出している。

アラブ世界はどう変わっていくのか
そして、そのことによって世界はどうなるのか。
固唾をのんで見守っているサラームです



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと喉が痛い・・・クリックね!


遠いカワラヒワ  

カワラヒワ2
NikonD90 SIGMA70-300mm+Kenko×2

最初に見つけたのはこのカワラヒワ
以前、電線に止まっている所をキャッチして以来
ここにはこの子達が居るんだと分かった。

だけど、電線よりさらに遠く高い所に陣取っている。
何枚か集団写真を撮ってPCで見たら
スズメも交じっていて
遠いと見分けることは難しいと思ったね


カワラヒワ1

トリミングしてもこんな感じ。

これ以上載せられるものが無いものばかり。
残念



富士山

車内から撮った富士山。
平塚の平野は素晴らしく眺めが良いなぁ~。
でも、東京に通勤はちょっと大変なんだよね遠くて
何人か講師達が通勤しているけどね。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとエジプト情勢が超気になる・・・クリックね!


▲Page top