お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

全く関係ないけど・・・  

しらす丼
OLYMPUS XZ-1  三浦半島

全く関係無いのですが
湘南や三浦半島のこの季節の名物として
’生しらす丼’があるのですが
水揚げ無い日は’釜茹で’になっちゃうんですね。

それは良いのですが
一時期’小女子’が放射線の影響受けて・・・
ってあったじゃないですか。

’しらす’って大丈夫なのか・・・???
美味しく頂いちゃったけど。

¥950

食の安全って、マジでどうなんだろうね?



地ビール

前回の記事で
意外な食い付きがあったのが仙台の地ビール。

上が「松島ビール」でガツンと来るパンチあるビールでしたが
色々種類はあるようです。
駅ビルではこの1種類しか売っておりませんでした。

下は仙台では名だたる歴史上欠かせない人々のビール。
左の’支倉’氏は「支倉焼き」のお菓子でも有名よね。


伊達政宗 麦酒もお薦め。


ゴメン、取りとめの無い記事で。

夏休み明けの仕事に戻ると結構キツイわ、身体が・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと台風大丈夫か?・・・クリックね!







みちのく公園 古民家編2  

古民家5
OLYMPUS XZ-1  国営みちのく杜の湖畔公園

古民家を移築復元している’ふるさと村’。
丁度お盆の時でしたので、こんな飾りと言うの?
我が家も実家にも仏壇が無いので何だか新鮮。

地方や家々でちょっとずつこの飾り方が違うと思います。


古民家6

定番の’ナスときゅうり’に、さすがは仙台だわ
’仙台麩’が加わっておりますね。

この’仙台麩’何時から登場してきたのか記憶に無いのですが
TVでかつ丼ならぬ’麩丼’を見て「何だそれ?」と思ったものだ。
スーパーの入り口に山のように積まれた’仙台麩’。
写真のように太くてデカい。
3本入りで¥598だったかな?意外とするんじゃね?
買って帰る勇気が出ず・・・(どうやって料理すりゃ?)


古民家7

別の古民家ではこんな感じ。

昔、お婆ちゃんの家ではぼんぼりみたいなのを両端に置いて
何だかキラキラと明るかった記憶があります。
そうやってご先祖様をお迎えしていたのですが
そのおジイお婆ちゃんの仏壇には何も飾りがされておらず・・・
ちょっと寂しい想いでお線香あげました。


おまけ!
弁当

仙台駅弁で絶対私には欠かせない「鮭 はらこ飯」¥1000
お供は「片倉小十郎 麦酒」さっぱり味の地ビール ¥450

地ビールでお薦めは「松島ビール」という
こっちは濃厚なお味でガツンと美味しかったよ


*ブルーレイというかTV周辺環境*
 結局、無線LAN親機と子機セットのを買って(ハブも)
 LAN接続ぶすぶすしてよーやく全部繋がって
 スカパー!も見て録画出来るようになりましたけど
 昨日丸1日かかってぐったりさっ
 無線LANの環境自体を理解するのに時間かかったし・・・
 パソコン無いと出来ない環境って、どうよ?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと家電はもっとシンプルに・・・クリックね!


こんなシステムに誰がした!  

葉山1
OLYMPUS XZ-1  葉山 ドラマチックトーン

またブレイクタイム。

非地デジ対応だったDVDレコーダーがウンともスンとも言わなくなり
エコポイント使ってでブルーレイ・レコーダーを買った。
そこまでは問題無かった。

地デジ対応TVにし、スカパー!光にし外付けHDDを
繋げた時の、あの設定困難、頭爆発再び

何なんだ、この意味不明の設定は!
画面に出てくる言葉の意味もシステムも
何もかも全く分からんぞ


葉山2

あれこれセッティングし必死に画面と取説とにらめっこし

それって、何?

と思っても、何も解説無いし
しかもその意味不明の部分を入れないと設定出来ない。
あまりにも分からなくて以前はヤマダ電○に聞きに行ったけど

店員さんも「あれは分からないですよね、素人には」

って、だったらそんなシステム止めるべきだろう。
今回は新たなる意味不明の要求をしてきて
出来ない私は大好きなスカパー!が見られない状態になっている


葉山3

便利にはなったのだろうけど
最初の設定の難しさとシステムの複雑さは
誰もが直ぐに楽しめる、とは程遠い。

誰もが機器環境やそのシステムを理解しているとは思えない。

繋いだら誰でも見られる、操作出来る

アナログはそうだったハズだ。
デジタルになった途端に、分からないヤツは
放り出されるなんて、誰がしたのだ!

旦那でさえポカ~ンと口開けて「???」だぞ。


そんなこんなで更新ままらない状態です。
スカパー!見られ外付けHDDからダビングして録画出来るまで
あとどれくらい格闘するのだろうか・・・?

ヤだ、こんな世の中って!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと素人に分かるようにして!・・・クリックね!


みちのく公園 古民家編1  

古民家1
NikonD90 AF-S18-135mm みちのく杜の湖畔公園

広大な公園の中に東北6県の古民家が移築されています。
古民家の周りには小さな水田もあり
まるでそのままのような雰囲気を醸し出していました。


古民家2

それぞれに特徴があり、とても興味深い造りでした。

ここは外に井戸と洪水なのか津波なのか
緊急の時の船が離れにちゃんと置かれておりました。
船で避難するのと、2階もある大邸宅で
逃げられなかったら2階に逃げたそうです。

あの大震災でも崩れること無く
ガッシリした日本家屋を目の当たりにした気がします。


古民家3
XZ-1

必ず囲炉裏があり、ここは実際に薪に火を入れていました。
30度を越していた割には何だかホッとしたなぁ~


古民家4

玄関が広い!
ここを訪れた人達は皆さんどこか和んでおり
誰もが田舎のお婆ちゃん家に遊びに来たような感覚・・・
(こんな立派な家なんて親類に無いけど)

何だかの~んびり、ほんわかしちゃった
心が満たされる、っつーの?
いやぁ~、良いね~日本家屋ってさっ!
(冬は寒いだろうけど・・・)


続きます



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとまた蒸し暑いぞ・・・クリックね!


国営みちのく杜の湖畔公園 1  

公園1
NikonD90 AF-S18-135mm 宮城県川崎町

さて、仙台の続き。
従姉と遠刈田温泉で汗流した後に
国営みちのく杜の湖畔公園へ行ってみました。

国営?ですか・・・
¥400でしたけど、入ってこの風景が広がっているのよ
広いっ!ってか広過ぎっ!


公園2

305haで10万株の花々が季節ごとに咲き誇る・・・
そうです。

仙台の従姉からすると’ただの公園’と言っていましたが
ぜ~んぜん違うじゃん!
東北の人との感覚の差か?

この先に釜房湖というダム湖があり
その湖畔に造られた公園のようでした。


公園3

もしかしてご自慢?のコキアが準備段階に入っている様子。
むむむ、関東人からすると直ぐに頭に浮かぶのが
国営ひたち海浜公園’のコキア・・・
行った事ないけど、あそこも随分とこれで有名ですよね。
どちらも、国営・・・・・・

ん~?


公園4

ん~~~?
仙台人には欠かせない(?)魂とも言えるいも煮会

私 :そんな芋煮て何が楽しいのか?
従姉:芋だけ煮るんじゃないのよ。
   秋にやるんだけどまぁ~’お花見’的な感覚のもの。

つまり、皆が集って川辺で鍋囲ってわいわいやる。
山形と宮城との味と素材の違いを語ってくれたけど
何だか聞いているだけで奥が深そう・・・
食文化は地方によって違う。

’いも煮会’だけは子供の頃から仙台通っている割には
一度も体験したこと、ありません





にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと秋の寒い時に何故川辺で?・・・クリックね!


座間のヒマワリ 2  

座間6
OLYMPUS XZ-1  神奈川県座間市

イチガンで写欲が湧かない時はXZ-1で遊ぶのがお気に入り。
こうして上から眺めることが出来ます。

ファンタジックフォーカスです。淡~いのね。

こういうのイチガンで撮っても面白くないのよ。
何でだろう?


座間7

ドラマチックトーンね。
曇り空がオドロオドロしくて良くね?
こういうのには人物入れないと面白くないっす

ん~、最初に行ったトルコでね
車が走っても走ってもぜ~んぶ向日葵畑だったのが強烈で
わ~っ!と眺めるのが私には合っているような・・・


座間9

ポップアート。

どう捉えて良いのか分からないのね。
わさわさしていて・・・

だってこの3枚全部同じじゃん
ダメなんだなぁ~。
面白くないのよっ


ところで・・・
座間10

これって何の蕾かしら?

やっぱマクロじゃないと私は面白くない!
じゃ、ヒマワリ畑行っても意味無いじゃんってこと?

んん~~~


座間8

とにかく曇りの時はドラマチックトーンで遊ぶべし!
ちょっと怖い?のが良い。

意外なるシーンが撮れて楽しい


以上!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと涼しくなり過ぎ!・・・クリックね!


座間のヒマワリ 1  

座間1
NikonD90 AF-S18-135mm  神奈川県座間市

ちょこっとブレイクタイム。

昨日午前中は雨模様でしたがお昼頃上がったので
時期的にギリギリだろうと踏んで
初めて座間のヒマワリ畑まで行ってみた。
こちらではちょっくら有名なんですよ
電車乗り継いで2時間位かかりました。


座間2

新聞やNHKで取り上げている割には
駅には何も案内が無く
どう行けば良いのか同じく初めて訪れたのであろう居合わせた
オバ様達と、たまたま近所のオジ様に途中まで案内してもらって
道が分かった次第で、そのオジ様も全く看板すら出さないで
と、憤慨されておりました。

駅から徒歩15~20分位歩くんです


座間3

曇りだったから、何だかイマイチ盛り上がらず・・・
半分くらいはこうしてうな垂れていて
もしかして、見頃過ぎていたのかしら・・・?

それでも車で来る人も多く
かなり賑わっておりましたよ。


座間4

こういう所でもこんなスローガンが・・・
仙台の方がクールであんまりこんなの見かけませんでした。


座間5

ヒマワリ畑なんかより、行く途中のこの景色に心奪われ
あの山々、ここ信州?な~んて思っちゃったりして
(丹沢ですかね?)

田畑の中にヒマワリ畑があり
野鳥達がのんびり飛んでおり
ん~次回は望遠持ってきて野鳥撮りしよっかなぁ~と。


イチガンでは全く写欲が出なく(撮っていてつまらなかった)
次回はXZ-1でお遊び写真を!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと神奈川って自然豊か・・・クリックね!


私たちは負けない!  

名取1
NikonD90 AF-S18-135mm 宮城県名取市

瑞鳳殿の後にJR名取駅前にある
サッポロビール園に行き、ジンギスカンとビール飲み放題を。
キリンビールはニュースでもタンクが倒れている映像が流れ
壊滅状態でしたが、サッポロは無事だったようです。

実は、これは仙台に行った日。
次の日にここから直線で5km海側にある
津波で町ごとのみ込まれた閖上(ゆりあげ)地区の
被災状況を見たのでした。
あの地に行ってからだったら絶対行けなかった


名取2

子供の頃札幌に住んでいたせいもあるかもしれないけど
サッポロビール園大好きなんです

東京の恵比寿にビール園ありますが
やっぱ違うのよね~、ジンギスカンも。。。

因みにこの工場の隣にはNikonの工場があります。
無事だったようでした。


名取4

待ち切れずに飲んじゃった後に撮りましたけど
40周年記念だかで笹かまぼこサービスで付いていました。
流石は仙台工場だわ


名取3

JR名取駅。東北本線が見えますが
その後ろの住宅を見て下さい。

瓦屋根にブルーシートが被せてありますが
新幹線に乗っていてもこういう状態が点々としており
全く修理されていない状態です。
瓦が無いんだそうです。

でも、ここは人が住んでいるんです。
ここから5km海側に行くと誰も居ない町と家々が・・・
とても複雑な気持ちになります。


名取5

仙台駅前の商店街。

私たちは負けない!

頑張ろう東北 より強いもの、東北人の魂が感じられるような。。

’がんばっぺ 宮城’もあったな。

こんなに人々が行き交い
活気に満ち溢れている仙台中心。
負けていないと思った





にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雨降ったら涼しい・・・クリックね!


瑞鳳殿 3  

瑞鳳殿11
NikonD90 AF-S18-135mm 仙台市

伊達政宗公の霊屋(墓所)である瑞鳳殿。
こんな緑の中に護られるように建っておりました。

因みに、松島にあるのは瑞巌寺
あっちは1609年禅宗政宗が再建した菩提寺。
混同しちゃうけど、松島は禅寺でこっちは墓所ね。
仙台駅からバスの乗って10分位の所なのかなぁ?
駅から近いです。


瑞鳳殿12

さて、鬱蒼とした杉林の中を奥に行くと
緑の中に、また現れましたよ。
蝉の声がわんわん聴こえて、それ以外は聴こえない
とっても静かな所です。


瑞鳳殿13

石段を登ると、おぉ~政宗公のよりちょっと小ぶりかな?

向かって右側 感仙殿
二代目藩主 伊達忠宗公(1599~1658) 血液型A型 の霊屋。



瑞鳳殿14

左側 善應殿
三代藩主 伊達綱宗公(1640~1711)血液型A型 の霊屋。


瑞鳳殿の横に資料館があって、政宗公の髪とか展示されていますが
何故だか血液型とかもモニターから聴こえてくる。
政宗公は血液型B型 だそうです。


瑞鳳殿15

この石階段は藩政時代からのものだそうで
その数が伊達家62万石を表したものと言われるそうです。
杉の並木は古いもので樹齢370年余、だとか。

いやぁ~杜の都に実に相応しい伊達家の霊屋。

両端の紫陽花は終わっておりましたけど
季節ごとに色々楽しめるのでは?と思いました。
地震の影響は見られませんでしたけど
残って欲しいと強く思いましたね


続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと木陰は涼しかった・・・クリックね!


瑞鳳殿 2  

瑞鳳殿5
NikonD90 AF-S18-135mm  仙台市

階段上った門の先に、ほ~ら見えてきましたよ。
あそこが伊達政宗公の霊屋(墓所)である瑞鳳殿


瑞鳳殿8

桃山建築の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築として
昭和6年国宝に指定されたが昭和20年の戦災で焼失。
昭和54年に再建された。

と、冊子に書いてある。

何と言うか煌びやかな飾りというのでしょうか・・・


瑞鳳殿7

竹に雀・・・これが伊達家の家紋。

立派です。


瑞鳳殿9

何か意味(物語)があるのでしょうが解説無いので不明。

再建されたものですから、やけに色が鮮やか。
でも、当時もこんなに綺麗な色合いだったのだろうと思われます。
エジプトの神殿の壁面だってそうだったのだから
意外に昔って色鮮やかだったのかもしれない。
な~んて思っちゃった


瑞鳳殿6

う~ん、やっぱ広角レンズ欲しいっす


これで終わりじゃないんです。
続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと暑過ぎで出掛けたくない・・・クリックね!


瑞鳳殿 1  

瑞鳳殿1
NikonD90 AF-S18-135mm  仙台市

杜の都仙台。
子供の頃から第2の故郷としてきたけど
意外と訪ねていない所が多い。
今回初めて瑞鳳殿に行ってみた。
伯父と従姉と行ったんだけど2人とも行ったことが無かった!

ここはいきなり急な坂道になっており
車は下の駐車場に入れるようになっていて
誰もが坂道歩かないといけないようになっておりました。

この木々が凄くって圧倒されます。


瑞鳳殿2

怖っ!

瑞鳳殿:
寛永13(1636)年70歳で生涯を閉じた
仙台藩祖伊達政宗公の遺命によってその翌年造営された
霊屋(おたやま)である。

と、冊子に書いてある。

ここ一帯は伊達家の霊域として長年に渡り一般人立ち入り禁止
だったそうで、その為藩政時代そのままの自然が保たれている・・と。


瑞鳳殿3

坂を登り切ると涅槃門が現れます。
瑞鳳殿は仙台空襲で焼失していまい
今あるものは1974年に再建されたものだそうです。

焼失前のモノクロ写真と比べても変わらない様子です。
恐らく忠実に再建されたものなのでしょうね~


瑞鳳殿4

門を抜けるとかなり高さがある石段がそびえる。
いよいよ伊達政宗公の墓所があの向こうに・・・


続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと木が違う仙台・・・クリックね!


言葉にならない 2  

名取3
NikonD90 AF-S18-135mm 宮城県名取市

この家のすぐ後ろは堤防でした。
堤防乗り越え、津波はここ一帯をのみ込んだのだ。
この家の方達は無事だったのだろうか。
地震では耐えたのに・・・


名取9

名取川河口の堤防。

83歳の伯母の話だと「私が3歳だった頃の時も津波は来なかった」
とは、どの地震だか分かりませんが
どんなに大きな地震が起こっても
「こっちには来なかったから、誰も来るなんて思わなかった」
そうです。

だから、町に戻った人々は流されたのだと・・・
もうどにもならなかった、という気持ちが大きいようだ。
写っている家々は全部空き家です。
この堤防を難なく乗り越えた津波だったのだ!


名取11

向こうに見えるのが仙台東部道路で、
仙台空港にもこの道路で行ける。
少し海沿いに走っている道路ですが
従姉の話だと、これは堤防の意味合いもある道路だそうで
ここで津波がせき止められたらしい。

もしこれが無かったら仙台市にまで来ていたかも・・・
だそうです。

仙台空港の方はまだ酷いらしく
アウトレット・モールがあるのですが
「漂う臭いが凄い」と従姉の娘が言っていた。
空気はまーだまだ浄化されていない様子でした。


名取10

ここら辺は平地で高台なんて無い。
向こうに見える閖上中学校。
ここに逃げるしか無かったようです。
避難所にもなっていたそうですが、人影は見えませんでした。

手前の「がんばろう!東北」の幟がある場所には
唯一コンビニが出来ていました。


名取12

もう一人の従姉の話だと
多賀城に住んでいる友人は仙台から歩いて戻ったそうですが(震災当日)
津波で流さて来た死体の間を目を覆いながら歩いた そうです。
どんなに恐ろしかったことか・・・

さながら戦場の話を聞いているような気がしました。

仙台の人達は、この震災に対して具合が悪くなるそうで
伯母は何も見られない、と言っていました。

もっと色ん話を聞いてきましたが
東北の人は本当に忍耐強いなぁ~と思った。
仙台市内は一見普通に見えます。
繁華街は賑やかで人も多い。

でも、その奥の見えない所では
耐え難い想いを抱えているのだと・・・

行って良かったと思う。
現実を目にすることは大事。
貴重な話も聞けて、報道では伝わって来ないものを
受け止めることも大事だと。


夜中にちょっと大きめな地震が来て
ホテルがミシミシいって怖かったけど
でもそれが日常茶飯事で気がおかしくなりそうと従姉が言っていた。

こちらにも数枚アップしました→いいじゃん、ポタポタで


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとそれでも前へ!・・・クリックね!


言葉にならない  

名取2
NikonD90 AF-S18-135mm 宮城県名取市

どうしても見ておきたかった。
報道ではなく、自分のこの目で・・・

ここは大氾濫した宮城県に流れる名取川の周囲。
仙台東部道路の名取IC降りた途端に
こういう光景が無残に広がっていたのでした。


名取1

向こうに見える家々は全て住めない状態です。
どこも窓が壊れ、中は散乱したまま・・・


名取4

連れて行ってくれた従姉の話だと
随分綺麗になって片付けられている と。
震災当時は、押し潰された車
それも捜査済みの紙が貼られた車が道路脇に積まれていて
具合が悪くなったそうで・・・


名取5

あの松の向こうがすぐ海です。

作業している人以外には誰も居ない。
誰一人住んで居ない町、家主の居ない家々・・・

ショックだった。
言葉にならない、悲しいというのも甘い位
どう表現して良いのか分からないような
苦しく体験したことない感情に襲われた。


名取6

ここで沢山の命が奪われたという惨状が
無言のこの空気の中に生々しく漂っていた。


従姉や伯母から沢山の話を聞いてきました。
その話は次回にします。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと仙台も猛暑だった・・・クリックね!


朝焼け  

朝1
NikonD90 AF-S18-135mm 横浜

今朝4時半起きで、旦那を成田まで運んだ。
つっても、行きは私は助手席でボーッとしてましたけど
彼は来週まで中国出張なのさっ。

高速湾岸線は工場地帯の横を通って走る。
一度撮ってみたかったのよね~。


朝2

船に乗ってこの工場地帯をクルーズするのもあるようで
それも一度乗ってみたいっ。
工場萌え~、じゃないですわたくし。
でも綺麗なのよ、何故だか・・・
せっかく京浜工業地帯に近いのだからねぇ~。


朝3

横浜が誇るベイブリッジ。
フロントガラスの汚れがしっかり写っている

4時半起きで分かったのは
ヒグラシが鳴いたら朝日が昇ったこと。
今まで寝ながら聞いて起こされていたけど
本当にお天道様が顔出す直前に鳴くのね!
凄いわ

成田に朝7時に到着。
結構の人達が旅立つ様子でした。
もしかして、もう夏休み?
いいなぁ~私も飛びたいっ

あ、明日からちょっとお出かけします。
国内一人旅



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと帰りは渋滞。眠い・・・クリックね!


スレイマニエ・モスク① 30  

スレイマニエ1
NikonD90 AF-S18-135mm イスタンブルinTURKEY

雑誌Penにも負けない私のショット!

トルコの偉大なる建築家ミマール・スィナン設計の
オスマン帝国スレイマン大帝が造らせたモスク。
1557年完成。


スレイマニエ2

一番後ろの壁にべったりくっついても
18mmではその全景を捕え切れない。

このドームこそがスィナン設計であり
ここに行かないとその空間と宇宙は感ずることが出来ない。


5年前に訪れた時とは明らかに違っていたのが
人の多さ・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとそんなに人気?・・・クリックね!





たまには・・・  

本1
XZ-1

たまにはちょっとブレイクタイム。

雑誌Penが大体的にイスラム特集をしています。
こないだノルウェーでのテロ行為はイスラム敵視していましたね。
あのさぁ~、無知って怖いなぁと改めて思う。

Penではオールカラー写真で
イスラムの基礎知識からモスクや工芸・文化など
64ページにわたって詳しく説明しております。
非常に写真が美しいです


本2

こんな料理まで紹介していますよ
ハラールとはイスラム法で作法された食品、簡単に言うと。
食べる前に「ビスミッラ」と唱えると良いと聞いたことがあるけど・・


代々木上原にある’東京ジャーミィ’も取り上げていて
モスク内の様子やお祈りの仕方など
誰にでも分かり易く書いております。

イスラム=暴力

とは違うんだということを知って欲しいなぁ。

イスラムって何?と思われる方には
是非この雑誌を手に取って、じっくり読んで頂きたい。
600円でイスラム・ワールドにようこそ!って感じ


おまけ!
マリーナ1

横浜ベイサイド・マリーナ。

この週末は出掛けないので今週はまたトルコ記事にしようかな。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと仙台七夕行きたかった・・・クリックね!


賑やかな干潟  

干潟2
NikonD90 SIGMA70-300mm+Kenko×2 東京野鳥公園

2号観察小屋の前の干潟は沢山の水鳥達で賑やか。
実際はここにアオサギ・コサギ・カモメも加わっていました。
こんなに混んでいる(?)って初めて見たかも・・・

ネイチャーセンターで休んでいたら
ボランティアの方達なのか、双眼鏡で覗いては
「おぉ~いるいるっ!」と興奮気味。

「行かれましたか?」と声掛けてくれました。


メダイチドリ5

「いよっ!と」

メダイチドリさんはひょうきんだね。
このショット気に入ったので・・・


おまけ!その1
カマキリ

最初どっちが優勢なのか分からなかったです。
バッタさんが「やられたー」って顔している(ように見える)。


おまけ!その2
ヒマワリ

水田の向こうで咲いていた向日葵。
野性味あふれる向日葵でしたね


2つのバイト掛け持ちしだしたら
なかなか思うように更新出来ませんなぁ~。
学校は夏休みだけど、体験入学という’営業’あるし・・・
最近は高校2年生の体験者が多いです。
早目に色々な学校に行って進路を決めるみたい。
今って便利ですよね~。
タダで経験して決められるんだもの
こちらとしてはやる気がちょとダウンするけどねぇ。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとその割には将来見ていない・・・クリックね!



ソリハシシギ  

ソリハシシギ2
NikonD90 SIGMA70-300mm+Kenko×2 東京野鳥公園

ノートリミングでいきまっす。
ソリハシシギさんと思われる方もお食事に忙しい。
ひょいっと右足上げながら嘴突っ込んでおります。
最初は気にならなかったのですが
歩く様子がおかしい。。。


ソリハシシギ1

右足を痛めているのか、びっこ引きながら歩いていました。
でも、食欲旺盛のようでちょっとだけ安心したけど・・・


ソリハシシギ3

この方は、雨の中遠くを見つめ
暫くじーっとこのまま’たそがれ’ておりました。
何を考えていたのかしら・・・

沢山のソリハシシギとメダイチドリなどを観察することが出来て
面白かったですよ。
色々集まると個性が出るというのかしらね。


ソリハシシギ4

手前の方では沢山のカニさんが
忙しそうにバクバクお食事しておりましたよ。
雨だったからか、異様なほどの数のカニを初めて見ました。
観察小屋にまで上がって来ていたもの


東日本大震災復興宝くじ、買っちゃった。
当たらなくて良いと思って買った宝くじって初めて



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと蒸し暑いっす・・・クリックね!


メダイチドリ  

メダイチドリ3
NikonD90 SIGMA70-300mm+Kenko×2 

東京野鳥公園の干潟は賑やかでしたよ。
小雨模様でしたが、鳥さん達には関係無いのかな。

メダイチドリがチョコチョコッと歩き回り
お食事に夢中でした。
(トリミングしています)



メダイチドリ1

観察小屋は私達の独占状態で
静かに雨の中、観察するのも意外と良いなぁ~と


メダイチドリ2

水面に雨が落ちている感じがもう少し出せたらなぁ。。


メダイチドリ4

食事が済んだらお身体のお手入れ。
なかなかお忙しい様子でしたよぉ

メタイチドリは見ていて飽きないです。
歩き方が可愛いの




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとこれから病院で検査さ・・・クリックね!


▲Page top