FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

トルコ 国立考古学博物館 34

博物館1
NikonD90 AF-S18-135mm イスタンブール

まだ終わらないイスタンブール女一人旅シリーズ。

3回目にして初めて訪れた国立考古学博物館。
トプカプ宮殿の横っちょに位置しているのに
今まで全くその存在に気付かなかった・・・

↑シーザーの写真をバックにした彫刻。
ギリシア・ローマ時代の出土品がものすごく多く展示されており
ハッキリ言って見終えるのに2時間以上かかりました

ローマ時代の遺跡大好きなので興奮が甦った感じでした。


博物館2

まず驚いたのは豪華な石棺の数々。
トルコの南のリゾート地・アンタルヤの博物館でも以前見たけど
ここの石棺は大きいし保存状態が良い。

ガイドブックによるとアレキサンダーの石棺もあったらしい。
どれだったのか分かりませんが、圧巻でした


博物館3

もう1つ驚いたのが、大理石の彫刻にかすかに色彩が見える。

ティケ像:紀元前2世紀「幸福の神」としてあがめられた そうです。

今ガイドブック見てコレが載っていたのにビックリ!
やはり有名だったのね。
彫刻に着彩してあるのなんて初めて見ました。
もしかして、その当時って色鮮やかな彫刻で満たされていたのかしら?
な~んて思いめぐらすのも楽しい。


博物館4

これもそうなのでしょうか?
色を塗ったと言うより、そういう石の部分を利用したような・・・

こういうのも初めて目にしました。

北アフリカ諸国にも沢山のローマ時代の出土品が展示されており
飽きるほど見て回った私なのですが
こういう発見があるというのは、まだまだ見ていない!
という証拠だなぁ、と改めて思わされました。


博物館5

デカいぞ

こんな巨大なメドゥーサに睨まれたらたちまち・・・

地下宮殿には1ヶ所メドゥーサの首が逆さまにされその上に柱が立っている。
暗い中で見ると、身の毛がよだつ程こわ~いのよ
それ見たさなのか、地下宮殿のチケット売り場はいつも列が出来ていた。

その地下宮殿から徒歩1分の所のホテルに泊まっておりました。


博物館6

AND HOTEL。
小じんまりとしていますが、立地的には文句ナシ!最高でした
ツアーでは味わえない安さと利便性でした。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒過ぎのクリスマス直前・・・クリックね!