お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

メジロ  

メジロ2
NikonD90 SIGMA70-300mm 大船FC

マンサク撮っていたら、絶対に目の前に居るっ!
って感じで鳴いている子に心は移る。

マンサクの木の奥の木にとまっておりました。
ちょっとぷくぷくしたメジロです。
お子ちゃま?
だけど、目は凛々しいっす


メジロ1

キッ!と睨まれてしまった

こんなに真近で撮ったの初めてです。
ノートリミングね。

ここだけは何故か野鳥達が集まって来るんです。
時々枯れている小川があって
木々が生い茂ってあまり人も来ないのよね。
野草地区って感じの所なんですが
野鳥達にとっては憩いの場らしい。。。?


メジロ3

しつこく狙っていたら嫌がって奥に行っちゃった。


まだ野草の花は咲いていませんでした。
って、当たり前か。

今年は寒いです。
北の方はドカ雪で雪かきが大変だとニュースで言っている。
まだ地震の恐怖が納まらない中での雪・・・
自然災害だけは避けられない!


蝋梅を90マクロで撮りましたよ・・・
ロウバイ1
TAMRON90mmMacro

ん~、望遠マクロでは出ない表情が出せますな。。


寒過ぎでセーター着まわしなんですけど
足は霜焼けだし。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒さ太りかしら・・・クリックね!


リベンジ!マンサク  

マンサク2
NikonD90 TAMRON90mmMacro 大船フラワーセンター

ツボラーとしては撮り直さないと気が済まない!
寒いし曇っていたけど、久々に大船FCに行って来た。

間に合ったマンサク(満作)。
丁度ツボラーとしては見頃の蕾具合。
タム90のマクロ世界で迫ってみました。


マンサク3

ん~、やっぱ90mmマクロはピンが厳しく
久々手にするとシャッター切る手が緊張で一瞬震える。

マンサクはこの蕾から飛び出すちょい手前が可愛い。
でも、撮りたい角度が撮れない

枝や光の加減とか、立つ位置が厳しかったり・・・
それに・・・
野鳥達の声が目の前から聞こえてきて
気が散るったらありゃしない!


マンサク4

これは’エレナ’という種類でオレンジ色の花です。
横から何度も挑戦したのですが
ピントがどーしても甘く、ブレブレにぃ


こんな感じ・・・
マンサク5

くるくる~丸く眠っていたものが
目覚め始めるこの瞬間を捕えるのが難しいのだ

ツボラーとしてはもっと責めないとダメですな。

とにかく、野鳥の声に負けて
猛スピードで望遠に替えて
急に野鳥撮りになっちゃった


続く


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと灯油の減りの速いこと!・・・クリックね!


蔵出し明月院  

ヤマガラ6
NikonD90 SIGMA70-300mm 鎌倉

ネタ切れ蔵出しでごめんです。。
↑はヤマガラね。

今朝(土曜日)2回続けてちょい強めの地震があった。
2回目の時は突き上げる振動から横揺れ。
マジでついに「来たか!」と思っちゃったわよぅ
震源地は富士五湖。
先週だったらパニクっていたかも・・・(山中湖行ったから)


ヤマガラ5
ヤマガラの正面顔っておにぎりみたい。。。

気が休まらないっつーの?
いつ関東の直下型地震or東海沖地震が起こるか?
加えて私にとっては三浦半島の断層も気になる。
三浦半島付け根に住んでいるのでどれが来るのか気が気じゃない

携帯からは何も警報鳴らなかったし
鳴った時って地震来ないし・・・
毎日心のどこかで不安が宿っているって言うの?
参るよ、ホント。。。


明月院1

ところで、鎌倉の明月院にこんなお庭があります。
って、こんなのあったっけ?と思って撮ったもの。

こういう日本庭園って、正直のところどう撮っていいものやら
後ろの黄色は蝋梅です。
桜が咲いたりすると決まるのかもしれませんが・・・


関係無いけど・・・
明月院2

帰りに見かけた円覚寺の駐輪場。

こういうのって単焦レンズで撮ると
上手く後ろがボケて面白く撮れるのかもしれない。
こんなにママチャリ隊員は円覚寺に行くの???


寒いし、ネタどうしよっかなぁ~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと昨夜は雪が舞ったよ・・・クリックね!


雪の山中湖2 湖面編  

湖面1
OLYMPUS XZ-1 山中湖

雪降る山中湖。
対岸の向こうには雄大なる富士山が見える ハズ でした。
うっすら見える程度までこの時は回復してましたけど
湖面は所々凍っております。

も、コンデジでしか撮影出来ない状態。
こういう時は便利よね。


湖面2

母は銀塩の一眼レフを持ち、自分で決めた所でしか出さなかった。
リュックのカメラの出し入れが時間かかるし
こんなツアーでは気を遣うし、不満気で歩いている様子でした

富士山の麓から雄大な姿を撮りたかったのだろう。
母は昨年8月、それを最後にと決めて富士山に登ったそうだ。
79歳のスーパーオババ!
私は「もう登山は止めて!」とずっと訴え続けていたから
私に怒られると思って秘密にしていたみたい
足腰は私よりもずっと強いです、マジで!



湖面3

割れた湖面はまるでパズルのようです。

母の後ろをずっと歩いていたのですが
これが79歳とは思えない速さで雪の中を歩く。
いやいや、登山している人は流石に歩きが違いますわ


湖面4

前回のヒメシジュウカラガンを撮った所です。

この方、人を何とも思っておらず
エサもらえるのかと思って近寄って来たって感じ。
ぼやっとしているとこの方とぶつかりそうでしたよ

目線まで降ろすと絶対噛まれます。
母がこの方が居ると知らずに目の前で
ごそごそカメラの出し入れしていたら
突きそうになっていたもん。
かがむと目線的に母の頭が目の前って感じでしたから


湖面5

人に寄って来るということはエサを与えているってことよね?

ま、観光地ならではなのでしょうけど
何だか驚いてしまった、あまりにも白鳥達がフツーな感じで。。。
あ、↑のオバハンは見知らぬ人です。


ん~、参加した我々はどーもバスツアー向きでは無いわ。
もっとじっくり雪景色を私も母も撮りたかったのは
黙っていても分かった。
母はどうやらこういうのはお初だったようだ。

本当はパノラマ台まで歩いて富士山見学だったのですが
これでは何しに行ったのやら

自力で富士見出来る所に行くしか無いわな。
ちょっと楽しみが増えた かも?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒さがどんどん増すぞ・・・クリックね!


雪の山中湖1 ヒメシジュウカラガン編  

コクガン2
NikonD90 SIGMA70-300mm 山中湖

首都圏でも雪が降り積もりましたが
そんな週末、母がお正月に「富士山見に行こう」と
バスツアー参加を誘って来たので一緒に行ったはいいが
まさか雪降るとは思わず・・・
それまでカラカラ天気だったのにさぁ

山中湖周辺をウォーキングするに変更したバスツアー。
じゃ、白鳥でも撮るかと気持ちを切り替えた私達。
おや?見知らぬ黒い鳥さんが・・・


コクガン1

最初コクガンかと思って、よーく首の白い模様を見ると
ヒメシジュウカラガン’のようなのですが、どうでしょう?
初見初撮りなので自信ありませんが・・・

まさかこちらに寄って来るとは思わず
望遠じゃ近過ぎなんですけど。。


コクガン3

身体全体の縞々模様が別のモノに見えちゃう。
貝殻のようなキノコのヒダヒダような・・・


コクガン4

うわぁ、首が苦しそう・・・
輪っか付けるのなら足とかじゃダメなのかしら?
あれじゃ大きな魚類は飲み込めないじゃん


しかし、バスツアーってせわしなく
ゆっくりこちらのペースで写真撮ったり出来ないんですよ。
集合時間決められちゃっているから
全員ぞろぞろ一緒に歩くだけで、ちーっとも撮れやしない
しかも、お目当ての富士山どころか対岸すら見えない。

ま、それでもちょこっとだけ撮って来たので
そんなただ撮っただけだけど、続けます


追記:ヒメシジュウカラガン
国内では冬鳥として稀に見られる珍鳥のようです。
ラッキーだったと言えますわ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと路面凍結でツルツル~・・・クリックね!


マンサク  

マンサク2
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 鎌倉・明月院

マンサク(満作)も蝋梅と共に見られるのでお気になの。
まるで錦糸卵のような黄色のくるくる~が花びら。
未だにこれが花というのが不思議で・・・

何度撮っても’くるくる~’をイメージ通りに
どーしても撮れませんっ


マンサク1

似たようなのばかりで申し訳ない。。
しかも、ピント甘いし・・・
それだけ撮り難いというのもあるのですな。

今回はTAMRON90マクロを持たずに出たので
望遠マクロ1本勝負!
やっぱそれはキツいっすね


マンサク3

ツボラーとしては蕾からくるくる~が出て来る
その瞬間を撮らなくてどーするんだ!
と、今回は流石に後悔し反省です

あぁ、毎回泣かされるマンサク・・・
絶対満足いく写真をいつか撮ってやるぅ~~~


おまけ!
マンサク5

ヤマガラのヘアースタイルが見えた瞬間。
ピンボケですが、V字になっているのね~。
可愛いわ~~~


もう1つおまけ!
マンサク4

毎年、暖かそうな格好してらっしゃるんですよ。
ファーじゃなくて良かった。。。え?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒過ぎでしょういくら何でも・・・クリックね!


ロウバイ  

蝋梅1
NikonD90 SIGMA70-300mmMacro 鎌倉・明月院

ヤマガラ撮影で気が落ち着かない中
ヤマガラを気にしつつ、合い間に撮ったって感じ。

蝋梅(ロウバイ):ロウバイ科 花弁が蝋のような色

この透き通った感じを出すのが難しい。
甘~い香りが漂うのがまた良いのよね~


蝋梅2

今回は北鎌倉駅前の円覚寺で撮ろうかと迷ったけど
お天気がイマイチだし、30年位円覚寺って行っていないので
やっぱお馴染みの明月院にしましたけど
そのお陰でヤマガラ撮れたから、結果的に良かったわ。

円覚寺にはカワセミ来るみたいなのよね~
お寺巡りにはあんま興味ないけど
そこで野鳥撮りは大いに楽しい、ハズ。。。


蝋梅3

蝋梅はこの木の周辺だけは見頃のようでしたが
もうそろそろ見頃過ぎって感じでしたね。

ここの蝋梅はとにかく近くで撮れるのが好き。
人もあまり来ないのに、この日は中学生らしき集団が
ワイワイやって来て、ヤマガラはどこかへ行ってしまった。。。


おまけ!
蝋梅4

水も滴る・・・スイセンも咲いておりました。


ここは蝋梅だけでなく、くるくる~好きの私には欠かせない
マンサクも咲いているので好きなのです。
次回はマンサクね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雪降ったわよ・・・クリックね!


ヤマガラ  

ヤマガラ1
NikonD90 SIGMA70-300mm 全てノートリミング 鎌倉

この季節、蝋梅を撮りにいつも鎌倉の明月院に行く。
大船フラワーセンターと迷ったけど
お天気イマイチだし寒いしで近い方の鎌倉に決定。

明月院に着いて、さて蝋梅と思ったら
目の前をバタバタと数羽が飛びまわっていて
な~んと目の前の枝にとまってんじゃん

蝋梅そっちのけで、いきなりヤマガラ撮りに変更。


ヤマガラ2

やたらこの木に集まってくるのですが
皆さん枝を突いている。
何しているのかと夢中で撮ってはいたのですが
その時は何しているのか分からず・・・

この実?がお目当てだったの。。。?


ヤマガラ3

「突いてダメなら・・・」


器用に剥いてますわ

数羽が忙しく飛びまわり
あちこちで突いてる音が聴こえてきます。
繁みから木の上から・・・
ランチタイムだったみたい。


ヤマガラ4

こんな近くで見て撮ったのって初めて

出来れば隣の蝋梅の木でこういうの撮りたかったのに
あまりお好みじゃなかったみたい。
たまに移ってくれたのだけど
こっちが慌てて・・・


初っ端から野鳥撮りになっちゃって
もう満足気味になっちゃった。
あ、いやいやちゃ~んと蝋梅撮りましたさ

それは次回ね~。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雨降りそう・・・クリックね!


浜松へ6 高速の富士山編  

富士山3
NikonD90 AF-S18-135mm 東名高速道路

すんませ~ん
まだ続いております浜松シリーズ、何しろネタ切れもあって・・・

1月5日の富士山です。
今頃はもっと積雪があると思われます。
何しろここんところの冷え込みは凄いからね。

初めて東名高速上りの’富士川SA’で見た富士山
こんなに裾野付近までクッキリ見えるなんて思いませんでした。
実は、ここまで私はハンドル握っていたのですが
あまりにも景色が
良過ぎるので旦那にここから代わってもらった。

サービスエリアでこれだけの富士山が見られるとは


富士山2

助手席からの撮影です。
横浜から見るいつもの富士山とはちょっと様子が違います。
山の右側にちょこんと出っ張りが見えますが
それは横浜方面からは見えないです。

もっと場所によっては富士山がまるで傾いているかのように
山のカタチが歪んでみえる方向もありました。
ナルホド、富士山は角度によってその表情が
まるで違うのだと初めて分かりましたよ


富士山1

ここまでクッキリ見えたら文句は無いね。
しかも、高速道路からなんて・・・

初富士見は帰りの方が満足出来ました。
いやいや、極楽極楽・・・


ちょっと忙しい毎日です。
皆様のところには遅れて遊びに行きま~す。
ごめんなさ~~~い



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと年明け早々忙しいって・・・クリックね!


浜松へ5 中田島砂丘編  

砂丘1
NikonD90 Tokina12-24mmDXⅡ

エアパークの後の予定は決めておらず
どこかで手に入れた観光マップに’砂丘’の写真が・・・
サハラ砂漠に行ったことがある私としては行くしかないじゃんか

中田島砂丘
遠州灘海浜公園の南に広がる東西4km南北600mの砂丘。
日本三大砂丘の1つ。
ウミガメの産卵地。


浜松に3年弱住んでいた旦那の話では
ここで凧揚げ大会をやるそうで、そういやでっかい凧揚げを
TVで見た事あったっけ。
昨年は震災の影響で大会は中止になったと泊った宿の女主人は言っていた。
大会の為に1年準備している人もいるのだとか・・・


砂丘2

砂地を結構歩いていくと、どどーんとでっかい海が・・・

宿の女主人の話だと、子供の頃に比べてかなり浸食されたらしい。
もっと遠くに海があったんですね。
’風紋’が美しいことでも有名だそうです。


砂丘3

ここでトラブル発生。
シャッター切ってもいつもの濃ーい空の色にならない。
どんなにマイナス補正にしても濃くならない。
ここで気付けば良かったのですが、何しろ興奮していて・・・

何だか空の色が優しいブルーになっております。


砂丘5

何度切っても納得いかない。
いかないハズですよ、だってモードダイヤルが’M’に・・・
マニュアルでずーっと撮っていたのですなぁ~

この後も気付かずそのままで切っていた私・・・
おかしいと思ったら確認しろよっ!と自分に突っ込み入れたい


砂丘4

思うような絵は撮れなかったけど
まっ、これはこれでいつもと違うソフトな色ってことで
いっか、と


それにしても、広大な砂丘。
凧揚げもこれは力が入りますね。
やる方も見る方も気持ちが良いでしょうね~
5月に凧揚げ大会は行われるそうです。
今年は無事に揚がって欲しいです。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと砂丘は風強かったよ・・・クリックね!


浜松へ4 エアパーク編2  

戦闘機1
NikonD90 SIGMA70-300mm エアパーク

本当は浜名湖で野鳥撮りしようと持って行った望遠レンズ。
まさかここで使うとは思いませんでした。

離着陸があると館内放送が流れます。
マニアは既にポイントを押さえた場所に陣取っている。
格納庫の窓から’連写’の練習とばかりに
離陸をやたら’連写’して遊んでみました

バックが煩く写り込んでしまうので
こういうのって角度が大事なのですね。


戦闘機2

何機が飛んだ後、最後は2機が同時に離陸するという
大サービスがありました。
これって一種のショーなの?と思ってしまったよ


戦闘機3

2機をフレームに収めるのは難しかったです。
微妙に前後して飛ぶんだもん。。

無駄を量産した後は外の展示に向かいます。


戦闘機4
Tokina12-24mmDXⅡ

おーっと、迫力ありますねぇ~。
実際にこういうのが活躍しない世の中であって欲しいです。


戦闘機5

何かの広告にありそうな感じだと自分で思っちゃった

広角レンズは面白いなぁ~。
こうして迫って撮るとすごい迫力が出るんだものぉ~


戦闘機6

飛行機って美しいと思う。


戦闘機は眺めるのは民間機とちっと違うので
それはそれで面白いのですが
とにかーく、ショーとして見られる内が平和なしるし。
親子で遊びながら眺められる時代が続いて欲しいものです


今週はびっちり仕事の毎日です。
更新が遅れがちになるかもしれませんが
ボチボチ更新していこうと思っております



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと超~寒い朝だわよ・・・クリックね!




浜松へ3 エアパーク編1  

エアパーク1
NikonD90 AF-S18-135mm 浜松

さて浜松の2日目。
飛行機好きの私には絶対行ってみたかった場所へ

エアパーク 航空自衛隊 浜松広報館
:現在の航空自衛隊を知って頂く為に、戦闘機や装備品の展示をはじめ
 シュミレーターや映像シアターも設置しました。
 見て体験して楽しむ航空自衛隊のテーマパークです。

とあります。
なーんと無料であります。
我々の税金でやっているってことですかね?

↑ズドドドッとやる対空機関砲。
こういうのを真近で見られるって所ですな。
ま、こういう展示はサラッと見て回る。


エアパーク6
XZ-1

航空シュミレータで着陸時に「墜落しました」と言われながら
最後はAランクまで腕を上げたぞ

さて、遊んだ後は格納庫へ向かう。


エアパーク5
ジオラマ・フィルター

ジオラマで撮るとおもちゃみたい。
実際使用された航空機が展示されておりました。

どちらかと言うと、救助隊の方に力を入れた展示のようでした。
全天周シアターでの映画も救助のことだけでしたからね。


エアパーク2
Tokina12-24mm

広角レンズの出番ですよ。

滅多に中の様子なんで見られませんから、ちょいと興奮。
いざ、何かの緊急時にはこんな感じの飛行機に乗るんですね


エアパーク3

こんな可愛いレスキュー隊のヘリが来たら
是非とも率先して乗せて頂くわ

エリート隊員だけが許される救助隊。
お世話にならずに済むに越したことは無いけど
もし、何かあったらやっぱり頼りにしたいです。


エアパーク4

ここね、ちょっと不満が残ったのよね~。
成田にある航空科学博物館は操縦席に座れて
操縦桿握って実感溢れる体験が出来たのに
ここはどれも乗せてくれないっ

これじゃ自衛隊に入りたいという希望者、減るんじゃね?
旦那君も不満気でしたねぇ。


ま、せっかくですからもう1回エアパーク紹介です。


続くよ


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとやっと正月休み終了・・・クリックね!


ちょっとブレイクタイム  

記事
XZ-1

今朝(1月8日付)の朝日新聞に入っている別冊「GLOBE」が
’書の冒険’という特集を組んでいて
今の色々な書道を紹介しているのですが
その中で我が師匠である本田孝一先生のインタビュー記事
が掲載されております。

’アラビア書道は単なるアートではありません。
 描くのが神の言葉で、文字には神聖さをもつだけの美しさ 
 が必要だとされる。書家はその実現に一生を捧げます’

とおっしゃっている。
むむむ、まーだまだそこまで行く道は長いぞ~
朝日新聞取ってらっしゃる方、ちょっと見てみてね。


野鳥1
NikonD90 SIGMA70-300mm ノートリミング

さて、ちょっくらまたカワセミが居た公園というか里山へ。

今回はね、鳥達の声もしないし
三脚担いだ人達がウロウロしている。
ぼーずかなぁ~と歩いていたら繁みの中に誰かが・・・

アオジですね。お初です

ハッキリ言ってスズメかもと思いながら撮りました。
ちょっと前に別の場所でアオジを撮っていた人がいたので
もしかして、そうなのかなぁ~と揺れ動く。
2枚撮ったところで「何だよ!」という目をして飛んで行ったわ。
2~3m位先の所でしたね。


野鳥2

今回のカワセミはダメ!!
トリミングしてもブレブレだし遠いしで証拠写真だけ。

カワセミの所にはやっぱ居たわ’バズーカ隊’が
今回は以上でした



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと日陰は寒かった・・・クリックね!




浜松へ2 浜松城・浜名湖編  

浜松城1
NikonD90 AF-S18-135mm 浜松

お城があると見に行く私。
浜松にもお城があったとは知らず・・・
全く日本の歴史に疎過ぎると言っていいワタクシ

浜松城
’徳川家康’が若き29~45歳の頃、今川・武田・織田などの
周辺諸国の名家、強大な戦国大名に囲まれ、戦い生き延び
そして、天下盗りの夢をつかんだ場所が浜松城です。

だそうです。
徳川家康が居たにしては随分と小じんまりしたお城じゃね?
復元だから実際はどうだったのでしょうか。

それよりも私が「?」と思ったのはこの石垣。
随分とバラバラで隙間だらけ。
まるで古代遺跡のようだわよ


浜松城2

この石垣 野面(のづら)積みと言うそうです。

野面積み:
自然石を上下に組み合わせて積み上げるのが野面(のづら)積み。
表面に隙間があり一見崩れやすそうに見えますが
奥が深く内側に小石や砂利を詰めてあるため
水はけもよく堅固です。
江戸時代初期以前まではよくこの方法が用いられ
現存する石垣としては、彦根城・竹田城・安土城にも用いられたそう。


何だか適当に積んだように見えましたけど
そういう建築方法だったのですね、失礼致しました


浜名湖1

さて、お泊りは浜名湖にある舘山寺温泉。
お宿に夕陽が照らされているのを見て慌ててカメラ出した。
あぁ~遅かったぁ


浜名湖2

ウィンドサーフィンの人が何人かおりました。
宿の方のお話ですと、サーフィン大会がここであるそうです。

これ撮った所を振り向くと目の前に泊る宿があります。
家族経営の小さな民宿のような温泉旅館。
玄関横にシャワーがあったから夏は海水(湖)浴が出来るのな?
まるでプライベートビーチよ


おまけ!
浜名湖3

浜名湖と言えば’うなぎ’。
’うなぎ’と言えば夜のお菓子で有名なうなぎパイ

春華堂の’うなぎファクトリー’に工場見学に行きました。
見学は自由で無料です(有料は要予約制)。
見た後はお土産ごっそり買う

工場は撮影禁止なのに、携帯でパシャパシャやっている人の多い事!
マナーの悪さにはうんざりします


続くよ~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと食べ飲み過ぎでお腹ゆるいぞ・・・クリックね!


浜松へ1 楽器博物館編  

富士山1
NikonD90 AF-S18-135mm

今年初めのお出かけは浜名湖1泊のドライブの旅。
静岡って伊豆もまともに行ったことが無く
お隣の県なのにほとんど知らない私・・・

東名高速から見えた富士山。
あのバルーンに乗って私も下界と富士山見てみたーい!
この時は雲1つ無かったのですがねぇ。。。


さて、浜松にまずは行く。
着いて直ぐに駅前にある浜松市楽器博物館へGO!


楽器4
OLYMPUS XZ-1

’楽器に出会う アートに出会う 音楽に出会う’

と、案内には記してある。
入って既に興奮状態。
世界のあらゆる楽器があるわあるわ

見た事ない、それこそこれが楽器なの?という
装飾バリバリだったり民族を表すような楽器がずら~り。
音も聴けるようになっていたり、場所によっては実際に演奏出来ました。

↑はトルコ軍楽隊の楽器だったもの。


楽器1

楽器は奏でるものだけでなく、装飾を施し
まるで芸術作品のようにして大事にしてきた。
国や民族によって装飾が違うのも、見ていて楽しい


楽器5

楽器に見えなかったです

オセアニア(ポリネシア・メラネシア・ミクロネシア)方面の。
叩いて音を出すんだったかな。。
その世界にぐわ~んと引き込まれるようでした。


楽器3

アジア方面は派手さに目を見張ります。
視覚的にも大事な音楽だというのも伝わって来ます。


楽器2

中東は特に目がいっちゃうね。
イランの太鼓ですが、家に飾って置きたいくらいよ


静岡には楽器のYAMAHAの工場があります。
だからか、ピアノ類は特に多かったです。
KAWAIもですが国産の歴史あるピアノが圧巻でした。
今回は載せませんが、一見の価値はあります。
素晴らしい歴史があるのだと改めて思いました。


楽器6

チェンバロ。
バロック音楽には欠かせない。
蓋を開けると絵画が・・・
19世紀のものだったかな?

奥からチェンバロの音が聴こえてきます。
BGM流しているのかと思ったら我が旦那君が弾いておった


あまりにも数が多く、見応えたっぷりでした


続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと高速は空いていたよ・・・クリックね!


トルコ 装飾タイル博物館 35  

タイル1
NikonD90 AF-S18-135mm イスタンブール

すみませ~ん、年明けてもまだ続くイスタンブール女一人旅。

何せ元旦2日は実家巡りで写真も撮れません
丁度1年経ちましたが、残りのイスタンブールを・・・
ま、我慢してお付き合い下さいな。

国立考古学博物館の向かいに装飾タイル博物館があります。
タイル大好き者には超身もだえ興奮ものでした!


タイル2

これが出入り口なのですが、ここからして素晴らしい。
ちょっとモスクか?と思うような佇まい。
考古学博物館から全容が見渡せました。


タイル4

壁にはこのような装飾が見られました。

真ん中の帯のような所にはびっしりと文字が書かれています。
モスクと同じスルス書体で書かれております。
ブルーのタイルがまた素晴らしいのですよ。

こういうの見ると、本当にアラビア文字とは何と美しい
益々惚れ込んでしまう私なのであります。


タイル5

陶器にもこうして文字や独特の模様で装飾されております。

先日TVで、スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)のタイルの
赤い色は今は出せないのだと。
その赤い色を作っていた工房のタイル職人は全て謎の死を遂げ
その赤色を封印してしまったそうです

そこまでして作りだすタイルというものは
トルコ人にとってはとーっても大事なものだと分かりますね。


タイル6

ブルーばかり見ているとグリーンが新鮮に見えます。
修復の跡が見えますが、なかなか難しいのでしょうね
同じ色を出すというのは・・・


タイル3

中東はタイルの素晴らしさも見所の1つです。
その国によってデザインや色が違ってきます。
その違いを見つけるのが、私の旅の楽しみでもあります。


おまけ!
タイル7

便利そうな’傘’だわ
でも、頭だけ???


明日からちょいとお出かけしますので
後半は何か載せられると思います。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと箱根駅伝見なくっちゃ・・・クリックね!


新年おめでとうございます  

龍
OLYMPUS XZ-1

新年、明けましておめでとうございます。

元旦から揺れた(震度4?)関東でしたが
それは震災を忘れてはならぬ!という
天(地か?)からのメッセージだったのかもしれません。

辰年・・・
ワタクシの年であります。

ちょっと書いてみちゃったのよね~
少々酔った手元でしたが・・・


辰1

アラビア語で「ティンニィーン」が’龍’だそうです。
ナスヒー書体です。

↑先生が書いたのメモったのを書いてみたので
間違っているかもしれないけど、多分これでOKかと


さ~て、どんな1年になるのやら・・・

因みにアラビア書道では大きな作品展が予定されています。
今年は作品書きに頭悩まされる年になりそう


今年もどうぞ宜しくお願いしま~す


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと意外に暖かな元旦だった・・・クリックね!


▲Page top