FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

雪の山中湖2 湖面編

湖面1
OLYMPUS XZ-1 山中湖

雪降る山中湖。
対岸の向こうには雄大なる富士山が見える ハズ でした。
うっすら見える程度までこの時は回復してましたけど
湖面は所々凍っております。

も、コンデジでしか撮影出来ない状態。
こういう時は便利よね。


湖面2

母は銀塩の一眼レフを持ち、自分で決めた所でしか出さなかった。
リュックのカメラの出し入れが時間かかるし
こんなツアーでは気を遣うし、不満気で歩いている様子でした

富士山の麓から雄大な姿を撮りたかったのだろう。
母は昨年8月、それを最後にと決めて富士山に登ったそうだ。
79歳のスーパーオババ!
私は「もう登山は止めて!」とずっと訴え続けていたから
私に怒られると思って秘密にしていたみたい
足腰は私よりもずっと強いです、マジで!



湖面3

割れた湖面はまるでパズルのようです。

母の後ろをずっと歩いていたのですが
これが79歳とは思えない速さで雪の中を歩く。
いやいや、登山している人は流石に歩きが違いますわ


湖面4

前回のヒメシジュウカラガンを撮った所です。

この方、人を何とも思っておらず
エサもらえるのかと思って近寄って来たって感じ。
ぼやっとしているとこの方とぶつかりそうでしたよ

目線まで降ろすと絶対噛まれます。
母がこの方が居ると知らずに目の前で
ごそごそカメラの出し入れしていたら
突きそうになっていたもん。
かがむと目線的に母の頭が目の前って感じでしたから


湖面5

人に寄って来るということはエサを与えているってことよね?

ま、観光地ならではなのでしょうけど
何だか驚いてしまった、あまりにも白鳥達がフツーな感じで。。。
あ、↑のオバハンは見知らぬ人です。


ん~、参加した我々はどーもバスツアー向きでは無いわ。
もっとじっくり雪景色を私も母も撮りたかったのは
黙っていても分かった。
母はどうやらこういうのはお初だったようだ。

本当はパノラマ台まで歩いて富士山見学だったのですが
これでは何しに行ったのやら

自力で富士見出来る所に行くしか無いわな。
ちょっと楽しみが増えた かも?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒さがどんどん増すぞ・・・クリックね!