お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

良いお年をお迎え下さい  

空1
NikonD90 AF-S18-135mm

ネタ無いんで今年の在庫からです。
撮影にも行かれないので、これが今年最後の記事にしますね

いやぁ~今年は別れと出逢いが顕著だった年でした。

年明け早々20年来の友だった人と向こうから一方的に縁切られた
ハッキリ言ってクスリやっているのかと思ったほど
支離滅裂意味不明の行動されたので、別に良かったんだけどね。
でも、何でそうなっちゃったかと色々考えてみたんだけど・・・

その人40代に入ってからピアス開けまくり&レズビアンになり
どんどんヘンな方向にいき、意思疎通が出来なくなったのよ。
もしかしたら’統合失調症’だったのかも・・・?
だって最後は訳分からない’被害妄想’に陥っていたもの



空2

↑左の山々で一番高い三角の山が’大山’だと思われますが
あの山に先月登ったのだったなぁ~


で、父を見送り友人のお姉さんが旅立ち・・・
と、別れが続いたけど’出逢い’の方は素晴らしかった
手仕事仲間が増えたし、ブログでお知り合いになった方と
実際にお逢い出来たりと嬉しい出来事も満載で
プラスマイナスで言うとプラスだったと思う


空3

皆様はどうでしたか?

何があっても前へ進んで行くしかないんですよ。
必ず何か光が差していると私は信じたいですね


もう1つ、今年はRockバンドのCDを色々手に入れました。
ヘヴィメタから始まり先週なんて泣き泣きギター炸裂のバンドを知り
充実したRock生活を送れました
やっぱRockは私を救うのだ


野鳥1

:ちょっと!私をお忘れ?


そ~なのよねぇ、今年は野鳥撮りが少なかった気がします。
昆虫撮りも出来なく、愛するゾウムシに逢えなかった
来年は復活したいと思います。


年末年始は海外というビックリな私ですが
帰ったらその様子で開始したいと思います。


今年もこのブログに来て下さり有難うございました!
皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい


ナマステ~!って、えー!
お腹壊して帰って来るかもー・・・

追加:29日ニューデリーで性犯罪の犠牲女性が亡くなったとかで
   デモが更に全土に広がっているとか・・・
   マジで大丈夫だろうか・・・???


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとそれにしても寒過ぎ!・・・クリックね!


恒例のホームパーティ  

巻き1
OLYMPUS XZ-1

毎年恒例の友人宅でのホームパーティ

私はいつも乾杯用のシャンパンorスパークリングワインを
冷やして2時間担いで持って行くのだよ。
今回はロゼのシャンパン

三軒茶屋から世田谷線に乗り換えるのだけど
その前にちょっとお店を覗いたりするんだが
皆さんワインやケーキ買い求めて賑わっていた。

平和だよね・・・


巻き2

手作り料理をそれぞれやれる人は持ち寄り
ちょっと贅沢で豪華なお食事になるんです

初登場は’餃子’に’ローストビーフ’かな?
どれもとっても美味しく、何て幸せな事だろうと
ほんっと毎年思います

今年はそれぞれ色々あり、それでも最後は笑顔で
お酒を飲み交わしながらおしゃべりに花を咲かせる・・・


巻き4

お誕生日の人が2人いて、手作りケーキでお祝い

チョコでは無い何だかという健康的な材料で作ったとか・・・
でも、言われないとチョコ味でしたよ。


今回で何回目だったかホストに聞くの忘れたけど
段々歳をとってきたせいか、ちょっと家に行くのが遠く感じてきたのよ。
ウチから2時間位かかるってのがねぇ・・・
行きは良いが帰りが辛いんですよ、電車では座れないし

でも、やっぱ美味しいし楽しいし来年も元気で参加したいっす


〆はコレ!!
巻き3

Fさんの作る極上逸品最高級の’お粥’!
これ食べないと帰れないんですっ。
御馳走様でした~~~

来年も集えるような平和な日本であることを願うわよ、マジで!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと大掃除しなきゃ!・・・クリックね!


横須賀美術館 海編3  

海4
Nikon1 V1 VR10-30mm 横須賀

横須賀美術館前の道路を渡るとこんな海岸に出ます。
砂浜を歩くのは気持ちが良い

人はいないし、広~い海と波の音だけ・・・


海1

縦の方が冬の濃いブルーの空と合い、良いかも。。
ゴミみたいに見えるのは飛行機です。

マヤ歴が終わった21日過ぎても日常は続いております。
今日から世の中3連休のXマスでもって街は賑わっている。
流石に年末になって疲れが出て来た感じ・・・


海2

今年はやけに忙しい日々で、自転車でポタポタする暇も無く
ポタリング用自転車のチェーンはきっと錆ついているハズ・・・
のんびりと走りたいけど、この冬は寒過ぎっ!

身体も悲鳴をあげてきており、それこそ横須賀美術館に近い
いつもの温泉に入って癒してあげたいよ


海3
VR30-110mm

↑この人達お仲間らしく、カヌーの人写真撮ってないか?
こちらの海ではサーフボードに立って漕いでいる人達を
あちこちで見かけます。

関係無いけど、後ろの向こう岸の山のてっぺんに立っている白いの
あれは観音様だろうか?
真っすぐじゃないよね?


横須賀5

どこかに撮影に行きたいけど、行かれるかな?
いきなり冷たい雨の横浜。
北の方はドカ雪のようで、雪かき御苦労さまです。

ネタ不足で困った年末・・・
ネタにこんなに困った年も初めてなような気がします。
ラストスパート、もうちょっと頑張りましょう



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと明日はXマス・パーティーさっ!・・・クリックね!


横須賀美術館 裏編2  

裏1
Nikon1 V1 VR10-30mm 横須賀美術館

及川正通イラストの世界を観た後
美術館内にあった’観音崎公園’の手書きMAPを見つけ
何気なく見たら裏の山の中を歩けるようだから
試しにちょっと行ってみました

↑歩いて直ぐに見えて来たコレって
横須賀にある無人島’猿島’で見られる旧陸軍の倉庫跡っすよね?
猿島って船でココから行けば20分位の位置にあるのでは?


裏3

↑明治29年竣工の砲台跡。
あれれ?やっぱ横須賀と言ったらこういった旧日本陸軍の
遺したモノがあちこちに残っているってことですかね?

だって、ココ本当に美術館の直ぐ裏ですよ
驚いたね~。。


裏4

石垣なんて擦り減って苔が生えて時代を感じる・・・

この先の道は古いレンガ?の道で、道すら苔が生えておりましたよ。
でもね、ベビーカー押した家族連れが普通に登って来ているんですよ。
あ、坂道なのねココって。


裏6

こうして東京湾を眺められる所もあり
ココで敵軍が来るのを監視していたんだろうね。
潜水艦の音を監視する建物とかも観音崎の方にあったみたいよ

こうして見ると穏やかな東京湾なんだけどね~。


裏7

↑こういうイラストMAPが美術館内に置いてあり
手に取り見ながらちょこっとだけ歩きました。
これはちょいと一度本格的に歩きたいと思ったのだよ


ひょんな発見があり、ちょっと意外だった。
聴いたことの無い鳥さんの声も聞こえてきました。
野鳥も沢山いそうでしたよ


観音崎付近は歩いた方が歴史や自然の発見がありそうです



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと横須賀は奥が深いね・・・クリックね!


横須賀美術館へ 1  

横須賀1
Nikon1 V1 VR10-30mm 横須賀

芝生の向こうに近代的なガラス張りの建物が横須賀美術館。
後ろは森だけど、撮っている私の背景には海が広がっております。

ロケーション的にはバッチリの立地条件ですが
何しろここに来るにはバスか車しか無いんですよね

アラビア書道作品でエアーブラシという全く触れることのなかった
色の世界というものを、ちーとカジり
仕事先の専門学校にはイラスト科・グラフィック科という
それまで全く関わりも関心も無かった分野があり
じわりじわりとその世界に触れるような機会があると
何だか興味が湧いて来ちゃったのよね~。


横須賀2

ココ横須賀美術館の屋上にはこんな名所?が・・・

屋上のからの展望は素晴らしいです。
向こう岸の千葉県の房総半島が晴れるとクッキリと見えます。
今日は晴れたから見晴らしは良かったね~

で、ここで何が展示されていたかというと
36年もの月日を費やし情報誌「ぴあ」の表紙を描いて来た
’及川正通イラステレーションの世界’が催されており
私は最終日に行って参りました。

「ぴあ」と言ったら映画やライブの情報満載で
絶対に欠かせない存在だったんですよねネット社会になるまでは!


1-2面_及川正通『ぴあ』最終[1]

ちょいと画像拝借させて頂きましたけど
このイラスト見て直ぐに分かる方は多いと思います。

及川正通氏は横須賀の’さいか屋’というデパートに16歳で入り
その後、寺山修司と出逢い「天井桟敷」のポスター手がけたりし
今のスタイルになった・・・
というのが分かった展示でしたね。

選りすぐり200点だったか展示されておりましたけど
1枚ずつ彼の例えば映画の表紙だったら映画の感想や
人物だったらそのエピソードとか
コメントが書かれており、全部読みながら見ていたら
1時間以上かかってしまいましたよ


横須賀3
VR30-110mm 屋上からの眺め

↑千葉がクッキリと見えております。


イラストって正直、あまり興味が今までに無く
未だにグラフィックとの違いが分からないでいます。

でも「ぴあ」だけは面白くってよく眺めもしたし
もちろん買ってはいたけど表紙をとっておくまでしなかったな~。
今回、改めて表紙の原画をず~っと見ていたら
その1枚に色んな要素と意味が描かれているという驚き。
そして、ユーモアや時には皮肉も加えられ
’ぷっ’と思わず笑ってしまうこと何枚もありましたね


横須賀6
目の前の海岸から

↑釣り人達の向こうには横浜のランドマークタワーが・・・

繊細な筆使いとエアーブラシ。
2000年からパソコンで色は付けているようですが
何と言うのかな、絵の中に込めた彼の想いというのは
「非常に深い」というのが伝わって来ました。

1枚で伝えなければいけない世界・・・
広告というのは難しいと思います。
何気なく見ているモノですけど
そこに伝える力があるのかどうかといのは
デザイナーの力量と人間性だというのが凄く分かった

遠かったけど、行って良かった~


ちょっと横須賀、続きます



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと絵を描いてみたくなった・・・クリックね!


つれづれ・・・  

港2
Nikon1 V1 VR30-110mm 横浜港

もうホント ネタ無いっすよ
野鳥撮りとかにも行けないし、何だか忙しいです。。
旦那君も忙しく、今年はお互いに時間が合わない日々が多い。


関係ないけど’喪中ハガキ’が今年は多め。
自分も含め家族を見送った人が他にも居ると思うと
自分だけじゃないんだという気持ちと’大変だったね’という想いと・・・


港1

父に対する気持ちは旅立った5月から時間が経ち
最後まで残っていた父に対する’軽蔑’という気持ちが
どう言って良いのか分かりませんが
完全に消えた訳では無いけど、薄れてしまった と言うのかな

相手が生きているからこそ恨みや憎しみというのが強いのか?
死んでしまったら、その気持ちを持っていても意味が無い
というか、無駄なエネルギーのような気がしてきています。

「アンタを軽蔑し怒っている私の気持ちが分からないのか?!」

という強い想いを胸ぐら掴んで叫びたい気持ちを
ずーっとずーーーっと抱いていた。
例えそれやったとしても父には届かなかったと思う。
分かっているけど、自分の気持ちの行き場が無かったのよね

コレ、以前にも書いたかな?
ま、年末だから’まとめ’ということで勘弁ね。。



港3

愛する気持ちは相手に伝えたい・・・
憎しみや怒りも相手に伝えたい・・・

でも、憎しみや怒りって相手に伝えても伝えても
何だか満たされないような気がする。
満たされないから更に相手に攻撃し潰すまで増幅していく・・・

相手が消えてしまうと、その気持ちが宙に浮くような感じ
それまで負のエネルギーが強くてどうしようもなかったのに
行き場が消えてしまうと気持ちも消えていく・・・

手放す・・・

負の気持ちは’手放す’ようにすれば自分は余計な傷を負わずに済む。。
憎しみや怒りは自分を傷つける行為のような気もするんですよ。
そりゃ抑えるのって難しいし、手放すこと自体が難しい。
抑えるのではなく解放してあげるんだね、恐らく・・・


カモメ

でも、それは相手がもう居ないから出来るのかもしれない。
目の前に相手が居たら、そんな簡単にはいかないだろう。
でも、自分の負の気持ちを’手放し解放してあげる’ように
努力していけば、いつかきっと肩の力が抜ける・・・
そして、新たな方向に歩いていける・・・

そう思いたいし、そうしないと前には進まない


今年はそんなことを考えさせられる年だった。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと明日は晴れるかな・・・クリックね!



再び横浜界隈  

横浜1
OLYMPUS XZ-1 横浜みなとみらい地区

ご存知ドラマチックトーンのランドマークタワー。
久々のドラマチックトーン。
たまにはこうして遊ばないとね

A型肝炎と破傷風の2回目の予防接種したついで
また横浜みなとみらい地区を横浜駅まで歩く。
黄熱病接種の人達ばかりがやけに来ているなぁ~と思ったら
あれは予約制で1時間しかワクチンが持たないんだそうで・・・
20代の頃に私も打ちましたけど、そうだったけ?と
遠い過去の麗しき海外旅行三昧だった頃を思い出していた


横浜2

前回、ランドマークのツリーは撮らなかったのか?という
ご指摘がありましたので、撮って参りました。

やはり昼間だったのでファンタジックで淡くしてみました。
海外に行くとクリスマスの飾りって1月になってもそのまんまが多い。
ん?と思うけど、日本はお正月の方が大事だものね~


横浜4
(ドラマチックトーン)

今回、年越しは飛行機の中か異国の空港になると思います
真夜中に空港に着くってのは初めての事ですよ。
LCC(格安航空)でも無いのにこのスケジュールって・・・

イスタンブールは夜9時台に到着し、そのまま女一人で電車に乗っても
何事も起こらないような治安は割と良かったんだけど
今回は治安が悪い所に行くんですよぅ
航空会社もそこら辺もう少し考えて到着して欲しい。。


横浜3
(ドラマチックトーン)

旅費を旅行会社に納めに行った時
担当者の女性も「テロも起こるかもしれませんから・・・」

!!

中東行く時はそういう覚悟は持ってはいても
好きな所だから平気だったけど
今回はそうでも無い国なので、何だかイヤ~な気持ち・・・

ま、どうなることやら・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとカップ麺持って行くぞ・・・クリックね!



ドイツなXマス 赤レンガ倉庫  

赤レンガ1
Nikon1 V1 VR10-30mm 赤レンガ倉庫in横浜

↑これな~んだ?

毎年恒例の横浜・赤レンガ倉庫のスケートリンク。
準備中で氷がまだ固まっていない様子・・・
ちょっと傾いているかな?ま、ご勘弁を


赤レンガ2

聖者が赤レンガ倉庫にやって来た。。

何だかバックがレンガだとそれらしく見えない?
空の青も日本じゃないみたい・・・は無理か

25日までドイツなクリスマスマーケットが開かれているようです。
ヒュッテ(木の屋台)が出て、食べたり飲んだり
クリスマス雑貨を眺めたり買ったり・・・


赤レンガ3

:そうそう、わしらを忘れちゃ困るよ。
 よいしょっ。あ~忙し忙し・・・


な~んて聞こえてきそうです。


赤レンガ4

:ブルーのわしも良いじゃろ?
 赤レンガがもう少しボケてくれたら映えたのにのぅ・・・


あ、指摘されちゃいました

強風で固定されたものしか撮れない状況でしたよ
ってか、訳あってお昼~17:30まで時間潰しでひたすら歩く。

中華街~赤レンガ倉庫~ワールドポーターズ~ランドマークタワー~横浜駅

携帯電話のなんちゃって万歩計では2万歩示してました。


赤レンガ5

クィーンズ・アットのクリスマスツリー。
夜にならないと綺麗に撮れないよぅ

歩き疲れてアラビア書道教室ではグッタリ・・・
でも、お店や景色が随分変わっていたのには驚いた。
みなとみらい地区は随分と変化しているようでしたよ。
色々とプレゼント類を探していたからね。
たまにはブラブラ歩くのも良いもんだ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとホットワイン飲んでみたい・・・クリックね!


東京ジャーミィ2 こぼれ話編  

モスク1
Nikon1 V1 10-30mm(以下も) 東京ジャーミィ

ネタ無いんで東京ジャーミィの続き。

’ジャーミィ’とは金曜礼拝が出来る大きさのモスクのこと、だそうです。
イスラムでは金曜日がモスクに集まって皆でお祈りするのね。

モスクツアーにイスラム・ビギナーさんお連れして参加したのですよ。
今回説明してくれた方は日本人のムスリム(イスラム教徒男性)。

↑1階のホール入った所に吊り下がっているランプ。
Nikon1でお試しだったのですが
ミラーレスの方が暗い所は明るく撮れて、良いかもしれない


モスク2

↑モスク入り口の木製のドア。
いつもは右側のドアは開けっぱなしになっているのですが
(誰でもいつでも入ってお祈り出来るように)
ツアーでは閉めて見せてくれました。

これよこれ!イスタンブールで数々訪ね歩いたモスクにも
こういう立派なドアがまず目を引くのよね~


モスク3

最近はイスラム諸国からの留学生も増えて
東大では50人位がお祈り出来る礼拝スペースを学校内に設けているそうです。
電車に乗っていると、アバーヤやスカーフで顔だけ出している女性を
多く見かけるようになった気がします。

新聞ではインドネシアやマレーシアからの観光客も増え
お店によってはイスラム食に対応する食事を出すなど
段々日本も受け入れ態勢が出来始めている記事が載っていた。


Nikon1の方が壁の白も綺麗に写るね。
うんうん、使えるじゃん


モスク4

↑ここの部分以前から撮りたかったの。暗くて・・・
これ、全部アラビア文字(スルス書体)なのでが
一番左側の文字というか文章さ、船のようなカタチに私は見えるのですが。。。
それとも壺のカタチなのかなぁ~?
面白いなぁ~と思ってね


イスラム教徒が日本人にも増えているように思います。
私の周囲にはそういう人達が居るので普通なのですが
食べ物に規制があるから大変だと思いますよ。
お祈りはお祈り用の絨毯敷いてやるのですが
その内日本でも歩道の端っこでお祈りする姿が見られるようになる・・・かも?



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと私は信者にならないよ・・・クリックね!



東京ジャーミィ・チャリティーバザー2012  

ジャーミィ1
Nikon1 V1 VR10-30mm(以下も) 東京ジャーミィ

代々木上原にある東京ジャーミィの恒例チャリティーバザーに
3年ぶりに行って来ました。
以前は11月だったのに、いつしか12月になっておりました

相変わらず美しい佇まいで、惚れ惚れしちゃう


ジャーミィ3

マグネットのタイル。
イスタンブールを歩くと必ず見かけるお土産類です。
いくらだったか値段は分からなかったなぁ

手前の赤い色に文字が書いてありますが「アッラー」です。
「アッラー」はこのデザインで決まっております。


ジャーミィ5

これも恐らくトルコのCDかと思われます。
どんな音楽なのか、それともクルアーンなのかも分からず
ちょいと手が出ない代物ですな・・・

でも、こういう風に見るとまるでココは異国です。


ジャーミィ4

売り物というより’アート’って感じです。
3年も来ないうちに何だかグレードアップされているんですけど

1階のホールはアラブ・イスラーム諸国の食べ物で
そこで食べられるように椅子がずらりと並んでおりました。
けど、相変わらずものスッゴい人達が集まっており
大盛況でしたよ

アラビア書道も出していたけど別の建物で
それも知らないうちに移動していて驚くことばかりでしたな。。


ジャーミィ2
NikonD90 Tokina10-24mm(以下も)

やっとお望みの広角レンズでトライしてみましたけど
10mmでもまだ足りない

縦で撮ってもみたけど、横の方が目一杯入れられた感じ。。
このジャーミィはイスタンブールのよりちょっと小さいのね。
でも、立派なオスマントルコ式のジャーミィ(モスク)なのです


ジャーミィ6

2階の女子専用のお祈り場から。

絨毯が横長のデザインですが
あそこに皆さん横並びになってお祈りするのだそうです。
そういうことだったのかと始めて分かりましたよ


ジャーミィ7

10mmで撮ってもまだ足りない!その2

全景は撮れないんだと、ちょっとガックシです
でも、満足!!

モスク行きたい病がおとずれたのですよ。
イスタンブル女一人旅も今月末で3年経つことになります。
やっぱりモスクに行きたい!あの中に自分の身を置いて落ち着きたい!!
そういう病気が襲うのね、たまらなく行きたくなるのね

あぁ~、もっとモスクに行きたいっ!!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと独特の香辛料も好きかも・・・クリックね!


大山を登る 登頂~下山編4  

大山11
OLYMPUS XZ-1  大山in伊勢原市

一気に頂上を目指してひたすら登り続けます

かなりの人が登っており、時折渋滞になり立ち止まったり・・・
でも、昨夏富士山登頂した母隊長によると
富士山はこんなものではなく一歩一歩しか進めなかったそうで

凄い登山ブームなんですねぇ~。
実感したのだった・・・


大山12

阿夫利神社 下社10時30分頃出発して
途中で何回か超短い休憩を経て、ようやく頂上付近まで登って来ました。
あと、もう少し・・・

鳥居の近くには小学生達がおりますが
小学生を連れた家族も沢山登っておりました。

それだけ気軽に登れる山ではありますが
そこは立派なお山でして、危険も沢山ございます。
遭難者も結構出ている山なので、侮ってはいけませんっ



大山8
Nikon1 V1 VR10-30mm

頂上までやって参りました~
12時半少し回った位の時間でした。

目の前には丹沢が本当は見えるらしいのですが
ガスがかかって一瞬だけ姿を見せてくれました

さっさとお昼を済ませ、トイレタイム。
それが大変なことになっていたのでした。
待つ事1時間!全く女子トイレは進まないのだ
下山途中にトイレは無く、ここで済ませないとヤバいのだ。
だから、行くしかないので皆並んでしまうのでした。。。


大山9

頂上1.250m付近のトイレ待ちの間に撮った下界の風景。
これが、あれよあれよと言う間にガスり始め
一気に温度が下がり、吐く息が霧のように広がるのだ

母隊長は貼るカイロを私に求め、セーターを着て
それでも震えながらトイレを待つという
意外なロスタイムが起きてしまった。
1時間のこの待ち時間は、下山してもその怒りが収まらなかったね~。
待たされた旦那君はメガネを曇らせながら

「い・いつまでかかりそう・・・?」

と、悲しげな顔をしてブルブル震えていたわよ


大山13

トイレをようやく済ませたら、急いで下山。
男坂を休み無しで一気に休憩場所の’見晴台’まで下る。
ネットでは頂上から60分とあったけど80分はかかったよ。

↑見晴台からの風景。
ここは机や椅子があるほど広いのですが、トイレが無い!!
ここに何故無いのか?
もしあれば頂上でトイレ待ちする必要は無いんですがねぇ。。。
もう3時近くになっておりました
更にどんどん下る。。。


大山10
Nikon1 V1 VR30-110mm

二重滝ですが、かなりしょぼいです

もう4時近くになって来、薄暗くなっているのに
見晴台まで行くという若いカップルが登っていました。
しかも、街歩きのかなりの軽装で
早く降りるように前を歩いていたオバさま達に言われていたけど
横は崖になっているようなヤバい山道なのよね・・・


これでお終いです。
駐車場に着いたのは5時近くになっておりました。
山登り大嫌いの私でも登ってしまいましたよぉ~

これも、ベテラン母隊長のお陰です。感謝感謝
ぴったりくっついて無理無く登った感じでした。
冬桜咲いていたのですが、撮る余裕なんて無く(雨だったし)・・・
登山ってひたすら登るんだわね。
しばらく山はもうイイわ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと達成感は無かったよ・・・クリックね!





大山に登る 阿夫利神社 下社編3  

大山5
OLYMPUS ZX-1 大山in伊勢原市

大山寺を後にし、実は2つのルートに分かれていたのですが
新しく出来た様子の激急階段を登り時間短縮したルートで
へいこらしながら更に登山を続けました

ケーブルカーを使うとこんな岩というか石の階段など
知らずに上に登ってしまうのですよ

結構な登山道ですよ。
気軽とは言え、本当にそうか?と私は思い始めておりました。
ずーっとこういう’階段’をひたすら登り続けます。


そうすると・・・
大山1
Nikon1 V1 VR10-30mm(以下も)

下の真っ赤な紅葉とは裏腹に阿夫利神社の下社では
眩しい黄葉が私達を迎えてくれたのでした

この頃にはすっかり雨も上がり、時折日差しがあり
汗もかきながらという登山に変わっておりました。


大山3

うっすらと山の上も見えております。
8時40分駐車場出発して、時計は10時26分を示しております。
ケーブルカーを使うと、混雑していなければ
9時過ぎにはココに到着していたのかもしれません。

でも、キツい階段を登って来たからこそ・・・
の風景が待っていたと思った。



大山4

ほ~ら、下界の風景が見えているじゃないですかっ

写ってはいませんが江ノ島が見えており
皆さん「江ノ島だ!!」と叫んでおりました。
ココがケーブルカーの終点です。
苦労もなくケーブルカーで来て、この風景だけ見て帰り
それが大山だとは言って欲しくないねっ

って、あれれ?
私、山登り嫌いじゃなかったっけ・・・??

下は真っ赤でココは鮮やかな黄色!!
この変化は素晴らしいとしか言いようが無かったです。
凄いね~、ここが有名なのも分かりましたよ。


大山2

さ、もう本当にこれで満足した。
引き返そう、と私が提案すると・・・

旦那君:ここまで来たら頂上まで登るっ!!

ち、ちょっとアンタ達って本気で登る気満々な訳?
母隊長は当たり前という顔で、さっさと再び登り始めたのでした




大山6
XZ-1

下からはどんどん登る人が後に続いております。
も・もう頂上に行くしかないのであります。。。
トホホ・・・


まだ続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとベストタイミングだったみたい・・・クリックね!



大山に登る 大山寺編2  

大山6
Nikon1 V1 VR10-30mm 大山in伊勢原市

紅葉のトンネルの中、階段を登ると大山寺。
お山の下とは言え、立派なお寺さんです。

とにかく、ここで小休止。
カメラ・タイムでございます



大山8

心なしか紅葉バックに笑顔のようにも・・・

少し雨が小降りになり、傘を差すほどでも無くなっていました。
いやいや、とにかくこの風景をじっくり味わいたい。



大山9

大山というのは信仰の山。
ここはお寺ですが、もっと上に行くと阿夫利神社があります。
ケーブルカーはここではなくその神社まで行くようです。


大山10

奥に行くと、水の滴る音が・・・
滝と言えるか?ちょろちょろと一筋の流れが・・・
ま、撮っておくのよ滝好きとしては


大山11

紅葉トンネルの向こうにうっすらと街が見えます。
晴れていたら物凄く景色は良いんでしょうね~。

夜のライトアップはさぞかし綺麗なことでしょう!
残念ながら私達は見ずに帰りましたけど・・・


さぁ~、私は満足
もう良いよ降りるか、と私が言うと

母隊長:何言ってんの!阿夫利神社に行かないと!

と、言うことでこの先また登り始めたのでした・・・


続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと登山靴で良かった・・・クリックね!



▲Page top