FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

オールドデリーへの道15 ジャマー・マスジット1 

モスク3
Nikon1 V1 VR10-30mm オールドデリーinインド

2013年1月3日、デリー3日目にして最後の日。
車をチャーターして1日デリー観光し、そのまま空港に向かったのでした。
何とも慌ただしい3日でしたけど
最後のこのデリー観光も充実してましたよ~

ドライバーが30分以上も遅刻してやって来たので
押せ押せになっちゃいました。
どーも私達が泊ったホテルは分かり難い所にあるようでした。。

デリーはオールドデリー・ニューデリー・サウスデリーに分かれています。
オールドデリーはあの大理石大好き男シャー・ジャハーン
建設した当時の新都市が現在はオールドデリーと呼ばれるエリア。

タージ・マハルの続きでシャー・ジャハーンが造った城塞の
ラール・キラー」から見て来たのですが、それはちょっと後回し。
先ずはモスク大好き私からモスクのご紹介。

↑迷って迷って辿り着いたジャマー・マスジット
入り口まで青空市場が広がっており賑やかでしたよぉ~
この青空市場の様子は後日じっくりと!


モスク6

ここも土足厳禁で靴は手に持ってこの広場全部を歩きます。
靴下で歩くのですが、意外とそんなに綺麗では無かったぞ
もうやけクソって感じです、どーせもう帰るだけだも~ん。。

マスジットとは金曜に集団礼拝するモスクのことね。
1650年着工、1656年ご存知シャー・ジャハーンによって建てられた
ペルシャ型のインド最大規模のモスクだそうです

ほら、真ん中の入り口がイーワーンになっていますよね。
もうイーワーンが何かはお分かりですね
この建物もご存知’赤砂岩’と’白大理石’から造られておりました。


モスク4

お祈りする前に、口・耳の中から足まで水で綺麗に清めるのですが
手前にあるこんな池でか?ってな所で清めるようなのですがぁ・・・

この水、とても口にしたくない位に汚かったんですけど
こんなに汚い水のモスクって初めて訪れました。
大抵は水道水が完備されていてトイレの中に清め場所があったりしたけど
他にあったのだろうか???
かなりヤバい感じで、健康的に大丈夫なんだろうかと心配に・・・


モスク1
OLYMPUS XZ-1

中に入るといきなり向こうの壁がキブラ(マッカの方向)になっていて
床はお祈りのスペースが描かれておりますね。
壁の窪みはミフラーブと言ってマッカ(メッカ)の方向を示すもの。

この床、もうお分かりの’白大理石’でございます、はい。


モスク2

中は横長になっていて、どこでも左のキブラの壁に向かって
お祈りが出来るようになっていた感じです。
17世紀ムガル朝に建てられたモスクに今でも信者が集まりお祈りする・・・

ここも木造建築のような壁や柱。
独特のインド建築が見て取れます。


渾身の今回の一押しおまけ!!
モスク5

人物って滅多に撮らないのですが
この子があまりにも可愛くって、つい つい撮ってしまった

つーか、撮ろうと思ったら目の前に居たのですが
この表情に引き込まれてしまって・・・
決まっております


ここはまだ続きま~す



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雪予報の東京の朝は大混乱!・・・クリックね!