FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

オールドデリーへの道18 ラール・キラー1外壁編

城2
Nikon1 V1 VR10-30mm オールドデリーinインド

2013年1月3日、最初に行った別名ラール・キラー
レッド・フォート(LedFort):赤い城と呼ばれて
1639~48年ご存知’大理石大好き男’ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーン
によって建てられた。
アグラからデリーに都を戻してこの城を造営したそうです。

タージ・マハルは1632年から建築が始まり53年完成だから
ここに居る間もアグラにあるタージ建設は続いたいたことになるんですね

この’赤い城’はタージ・マハルと同じヤムナ河に沿って建てられているそうです。
彼はどこか200km離れたアグラと繋がっていたかったのだろうか???

↑外壁はぐるっとお堀になっていて昔は水があったのかな?(想像だけど)
車チャーター観光なのでガイド無しなのよ
デリーは地下鉄が走っているのですが
駅から観光スポットまで遠いので車で回った方が便利。


城3

駐車場からチケット売り場まで10分近く歩く。
途中でこんな方達に出迎えて頂きました

リスはあちこちで見かけましたよ~。


城6
VR30-110mm

見張り台?
よーく見ると壁に穴が開いているように見える。
あそこから侵入者を銃で狙ったのかしら??

かなりガッチリした外壁で見応え充分にあります


城4

朝霧と言うのとはちょと違うような霧・・・
何しろ焦げ臭さ混じりですからねぇ~。
どこかの国と同じですよコレは!

それにしても頑強な・・・!


城5

近くで見る門も結構重厚感があって迫力ありました。

この赤はもうご存知赤砂岩でございます。
シャー・ジャハーンが造ったのだから赤砂岩ともっちろん大理石が・・・
大理石建築は中にあるので後日ご紹介しますね


城1

正面の門です。
とにかく広くてデッカいです

横900m 縦550m 周囲2.41kmだそうで・・・

最初にご紹介したアグラ城とよく似ているのですが
あちらは第3代皇帝アクバル大帝が造ったもので
それを模範にしてこちらを建てた城塞だそうです。

次回は中の様子をお伝えしま~す


しかしね・・・・・・
オリンピックって何のため誰の為にあるのでしょうか?
オリンピック委員って何様なのでしょうか?
最近のオリンピックは’お金’まみれで
どーも違った方向に行っているとしか思えないんでけっどっ!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとアジアは嫌われている?・・・クリックね!