お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

色んな花  

お花1
Nikon1 V1+FT1 VR55-200mm 大船フラワーセンター

5月から新学期(専門学校)が始まったのですが
担当は週1回なのにその日のエネルギー消耗は激しい。
昨日はほっとんど休みなく1日中働き詰めでヘロヘロ・・・

1年生は昨年の倍の人数で、捌くだけでも頭の中がパンクしそう。。
私の指導は厳しく、やり直しを平気でさせますからねぇ~。
皆怖がって(?)直ぐに見せに来るから並ぶ並ぶっ

2年生が心配そうに「先生、大変そうだね・・・」


カンパニュラが咲き誇っておりましたよ。


お花5

マツムシソウの仲間のスカビオサ・オクロレウカ。


アンジェリーナ・ジョリーが癌遺伝子があるということで
予防の為に乳房切除し再建したという話題・・・
次は卵巣切除するとか。。。

凄い時代になって来たなぁ~と
何だか私はその勇気と経済力にあんぐりと口を開けてしまった。

私は乳癌で片方の乳房全摘出し
残りの片方はデスモイド腫瘍が肋骨の上に出来て
その手術の為に一部切除されちゃって変形し
ペチャパイが更に小さくなっちゃって今に至ります

デスモイドのショックの方が大きく(だって癌じゃないのに切除されたから)
未だに再建しようと思わないのよね~。
だって、お金もかかるし(保険は効きますよ)また入院しなきゃならんし


お花2

↑マツムシソウの仲間の蕾。可愛いね~。。

確かに乳癌は再発したらお終いだから恐怖心は拭い去れない。
いつ再発するか分からない中、私は生きている。
それをそれとして受け入れ、いつ果てるか知らないこの人生を
毎日、精一杯楽しく過ごしていこうと私は思っています

しかし、その恐怖をなる前に断ってしまおうという選択肢。
良い悪いでは無いんでしょうね。
ただ、そのリスクは大きいと思うなぁ。
保険効かないからかなりのお金はかかるし
再建しても、失敗例を病院で見せられている私は
その覚悟も必要だし。。。

もしかしたら違う癌になってしまう可能性も否定出来ないしね。
どう生きるか、と言うことでしょう。


お花6

女性って凄い生き物だな。。
50代の出産とかも今や出来ちゃうもんね。
でも、それには私は反対だけど・・・

生き方を問われる問題。
経済力も問われる問題。

自分はどう生きるか・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとジメジメの横浜・・・クリックね!


ユキノシタ  

花5
Nikon1 V1+FT1 VR55-200mm 大船FC

わんさかのお花畑を避け、草むらの中をじっくり探してあるいていたら
スケッチしている人の脇の繁みの中に
ユキノシタ(雪の下)を発見!

あれ?ユキノシタって水気の有る所に咲くんじゃ???
もう見頃は過ぎていたけど元気な子が残っていましたよ~


花6

園内に小川があるんだけど、今は水は流れておらず。
だけど、ユキノシタは脇の方でしっかりと咲いておりましたよ。

こうして何かを探して歩いているとひっそりと咲く花を見つけることが出来る。
ココでユキノシタを見るとは思いませんでしたねぇ~。
何だか得した気分

しかし、V1は白トビするなぁ~。。。


花7

これは盆栽の下に咲いていた。
手をかけられて育っているって感じの優等生。
ちょっと種類が違うのかな?
上3枚の花弁に赤いポチポチ無いもん


薔薇園には何かの会場のごとく人が集まっており
一歩も中に入ることなく通り過ぎました。
薔薇は人気ですなぁ~


あ、関係無いけどdocomoも凄い人!!
ん~、あのキャンペーンに乗っかるか?私も・・・???


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと夏のような暑さの横浜・・・クリックね!


大船フラワーセンターに行く  

花3
Nikon1 V1+FT1 VR55-200mm 大船FC

平日にも関わらず何だか人が多い大船フラワーセンター。
普段は人もまばらで良い感じでくつろげるハズなのに・・・

養護学校の子達と薔薇園目指すカメラマン達がわんさか
ちっとも落ち着いて歩けなかったなぁ~。。。

↑入り口から見えた風景。
花もあまりにも沢山咲いていて興醒め・・・

お花畑で良いじゃん!でしょうけど

ひっそりと楽しみたいんですよぅ、私はね。


花1

ハナツルボラン(花蔓穂蘭):ユリ科ツルボラン属

このセンターで最初に好きになった花です。
オレンジのラインがお気に入り

ま、この花は見過ごされる感じなのよ。
華やかじゃないし小さいからね~。
そういうのを探すのが楽しいんじゃん!


花2

サラサウツギ(更紗空木):アジサイ科 ウツギの八重咲き種。

ピンクが入っていて可愛いですね。


ここに来る前にインドカレー屋に入ったのですが
ママ友10数人と子供達の圧倒的なパワーに愕然とした
店員のインド人もタジタジしていたね。
何だかこの日は静寂とは縁が無かったような・・・


おまけ!
花4

ガサガサ音がするからキジバトかと思ったら色が違う!
のっそのっそと繁みの中へ・・・
ファインダーの中ではしっかりと追ったのだけど
ここにじっとしてそのまま目を閉じ、お休みになられました

コジュケイ ですよね?
お初撮り
ISO3200まで上げたからガサガサです。
しかも、遠かったので思い切りトリミングしたから小さめに・・・
証拠写真と言うことで勘弁ね~


ちょっと続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと夏のような暑さだった・・・クリックね!


AnzaiExpo60に行く  

アンザイ4
Nikon1 V1 VR10-30mm

ソラミミストで知られる安齋肇「還暦博覧会」が
渋谷パルコ・パート1 3Fで開催されています。

学校の授業の帰りの寄ろうと思っていたのですが
思った以上に疲れるハードなお仕事になってしまって
どうしようかと迷ったけど、ストレス解消の為にGo!



アンザイ1

受付で撮影OKと言われ、ならばと撮ってみました。

イラストレーターとしての安齋肇を知らない私・・・
最近、イラストに興味を示している私なので
彼ってどんなイラストを描くのか楽しみだったのですよ。

’ぴあ’の表紙を描き続けた及川正通とはまた違った味わいある世界で
ほんわかして心があったかくなる雰囲気がありましたね~
ソラミミストとしてのあの安齋肇の空気がぷんぷん出ているっていうのかな?


アンザイ2

彼も雑誌の表紙やツアーパンフやポスターなど
意外と言っては失礼ですが、あれもこの人の作品だったんだ!と
知らない内に目にしていたことに驚いた

バンドもやっているのは知っていたけど
色んな世界を持っていて面白いなぁ~と。。

小学生の頃から今の絵の雰囲気は持っていたようでした。

小さな会場でそんなに人も来ていなかったのですが
何やら聞いたことある声が目の前から突然して来て・・・

ナント!安齋肇氏ご本人が誰かを連れて案内していました


アンザイ3

以前にもそういう場面に遭遇したことがあるのですが
本人が説明して歩くので、くっついて歩くと良く分かるんですよ

今回もそうしようかと思ったのですが
会場が狭いし、そういう雰囲気は無かったので
そのまま知らぬふりして会場を後にした私でした。。

しかし、声出さないと普通の’オジさん’で
恐らく街ですれ違っても分からないと思いますよ。
TVで見るより本当にフツーのオジさんだったッス。
着ている服のせいかな・・・?


作品に対する愛情みたいなのが心の深~いところで感じられ
幸せな気持ちでいっぱいになりましたよ~

6月2日まで ¥500



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとイラストの世界好きかも・・・クリックね!


代々木公園の薔薇  

公園1
Nikon1 V1 VR10-30mm 代々木公園

日曜日、体験入学のお仕事前に寄って見た代々木公園。

この時間で25度は越えていたと思う
晴れると暑い日になる東京近辺です。

ここ代々木公園には薔薇園があり(無料)
ジョギングや訪れた人々の目を楽しませてくれます。


公園2

日曜日の昼下がり。。。
これからお仕事の私とは関係なく、
お休みのひと時を楽しむ人達で本当に賑わっておりましたよ~

しかし、原宿駅の混雑ぶりは尋常じゃないね。
あふれて仕方ないのに木造駅舎を変えないのは’クール’だと思う。
何でも高層ビルだの駅舎を変えてさ
街の景観をどこも一緒にする日本っておかしいと思う


公園3

ここでは色んな人達が居る。

太鼓を叩く(練習?)する音は大きいからどーしても耳がそちらに開いてしまう。

:もう少しアフリカ色を強く出せよ!

とかって、勝手に自分好みを心の中でつぶやいたりする。
楽器を勝手に鳴らしても誰もそこに集まったりしない。
その前を人々はただ通り過ぎるだけ。

都会の習わしなのだろうか・・・


公園4

それにしても色んな種類の薔薇が見頃となっておりました。

原宿は明治神宮・代々木公園・竹下通り・表参道・・・・・

騒・静が混在する不思議な街。
欧米系の人達が多い街でもあるかな



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとキッチリお仕事したっス・・・クリックね!


ゾウムシLOVE  

ゾウムシ1
NikonD7000 TAMRON90mm 

ピンが甘過ぎるんだけど頑張って撮ってみました。

探した探した目を皿にして!
諦めて帰る道で

:ん?ゴミじゃないよね・・・

いたいたっ!
昨年は忙しくってゾウムシ撮り出来ませんでしたが
やっとこさお逢い出来ました

え?ムシ苦手って???
ま、そういう方が多いのは分かっておりますが
ゾウムシさんって可愛いのよ、意外と・・・


ゾウムシ2

サルゾウムシの一種なのかなぁ?
お名前は分かりませぬ。。

お鼻が長いのね~。
、それは口先なのだそうです。
象の鼻のように見えるから’ゾウムシ’だとか・・・
先端が口になっているようです。

不思議な昆虫さんなのであります


ゾウムシ3

D7000でISOかなり上げて頑張ったけど
あまりにも小さ過ぎて・・・2~3mmなんだもん

↑これだけトリミングしました。

小さいから見つけるのも大変
好きじゃないと出来ない根気が居る撮影なのだ。
ボツも大量生産だし・・・

私が好きなのはコフキゾウムシ
垂れ目が可愛くって好きなの
でも、まだ見つけてはおりませぬ。
逢えるかなぁ~・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと春は昆虫の季節でもある・・・クリックね!


新緑眩しい  

葉山2
Nikon1 V1 VR10-30mm

新緑眩しい季節。
オジ達を連れて’葉山御用邸’はココだよと前だけ通り過ぎて
その先のしおさい公園というかつて御用邸だった庭園へ。

以前に1度載せたのですが、5月の新緑は初めて来たので
↑の左手に見える建物は茶屋で
グルメのオジが目ざとく店内のメニューを見ていたらしく

:夏みかんサイダー飲むべ!

って、え?いつ見つけていたの??


葉山1

女将さんもお薦めらしく葉山の’ご当地サイダー’っすね。

1本¥200也ですが、これが意外にも爽やかなお味で
暑さの中だったせいか皆美味しい!と喉を潤したのだった

コレ、初めて頂きましたが私もお薦めします
あっさりしていて香りが良い感じのサイダーでしたよ。


葉山3

そして、横浜三渓園に寄ったのですが
竹藪の竹がこんな状態になっておりました。

竹って成長するとこうして皮が剥がれていくんですね。
今年は1度しか筍茹でなかったなぁ~。
あれは絶対地元の採れたてじゃないとイヤなのよ。
新鮮が一番だし、週末しかJA直売行けないんだな、これが
それも忙しくって、なっかなか行けなかった。。


葉山4

園内のあちこちで
ウツギ(空木):ユキノシタ科 かな?咲いておりました。

バックのボケ具合が変だよね。
このレンズの特徴かな?


電話なんてよこさないオジの一人が
お礼の電話をして来た。

:楽しかったな~。

って。最後の旅だと何度も言っていたけど
私もそうだろうと、その言葉を噛みしめて受け取りました。

最後にオジ孝行したかな・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとイオンでトルコフェア開催中!・・・クリックね!


三浦の海  

三浦1
Nikon1 V1 VR10-30mm 三浦海岸in神奈川

父の1周忌なのに母のきょうだいが集まった不思議法事。
ま、それだけ父方とのお付き合いが薄いというのと
父の兄妹は高齢で来てもらうのもどうか、
ということでもあったけどね

アベノミクス効果なのか、2月に宿探しをしてて
温泉地はどっこも既に値段の高い所しか空いておらず
ご近所で一度行ってみたかった三浦マホロバマインズへ一泊。

三浦海岸を目の前に建つ温泉施設ってとこかな?
マンション形式で本館はオーシャンビューのようでした。
大勢でワイワイするには良い感じで
オジ・オバ達は昔話に花を咲かせ、楽しそうでした

↑横須賀の浦賀海道の朝。黒船がここを通ったのよ~


三浦2

法事の日は生憎の雨
昨年の葬儀の日も雨だったっけなぁ~。
次の日はウソのように快晴で海沿いをドライブ。

↑立石海岸。

以前にも書きましたけど
母達は今やレトルトカレーの’にしきや’創業者の子供達。
当時の苦労話や仙台空襲の時の話やらで盛り上がり
私達も初めて聞く話もあり、面白くもあり
何だかもうこのメンバーが集まることは無いんじゃないか?
と、心の奥で感じながら(オジの一人が癌だと告白した
この時間をじっくり味わった。


三浦3

オバが’富士山が見たい’というので
↑江ノ島方面を見やったのですが、雲に隠れて見えそうに無く・・・

が、ここ出て直ぐに車からちょこっとだけ富士山の頂きが見えた
車内は歓喜の声が上がり、わざわざ仙台から来てくれたのだし
ホッと胸を撫でおろした私であった。


75歳~83歳のオジ・オバ達。
母方の繋がりの強さを改めて感じ、感謝の気持ちで一杯でした

続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと旦那君は今日からまた中国へ・・・クリックね!


セリバヒエンソウ  

キエビネ2
Nikon1 V1+FT1 VR55-200mm

毎年のように載せておりますが大好きなお花の1つなんです。

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草):キンポウゲ科

’飛翔するツバメに似ている’から’飛燕’だそうで・・・
この’翔んでいる’ような姿が好きなんですよぅ。

その奥の閉じているのは蕾ね。


キエビネ3

これらはちょっと前に撮ったもの。

この週末は父の1周忌で、法事と称して1泊の親類親睦会的(母方だけの)な?
んでもって、父方の親類誰~れも出席しなかった不思議な法事?
で、ちょっと忙しかったので更新出来ておりませぬ


キエビネ1

これはキエビネね。遠かったわぁ。。


そして、今日13日は私の誕生日

なのに、旦那は主張で私も疲れた身体でお仕事に精を出し
クタクタでございます。

こんな素敵な誕生日に乾杯なのだ


ご訪問出来なくてゴメンなさいね
疲れが取れたら伺いますから、今後も宜しくです!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとオジ・オバ達に感謝!・・・クリックね!


丹沢湖 三保ダム編3  

ダム1
OLYMPUS XZ-1 丹沢湖in神奈川

丹沢湖は三保ダムによって出来た人造湖。
ダム湖って、何となく自転車で走ってもつまらないだろうなぁ~
という思い込みが強く全く期待していなかったのですよ。

ところが、ここは水面に写り込むこの景色も素晴らしく
新緑が清々しいし、旦那君も感動しまくってた

↑ダムから見える湖です。


ダム8

反対側から見ると茶畑が眼下に広がっておりました。
へぇ~、こんな所に茶畑があるなんて驚きでした

車で来ると、このダムかビジターセンターしか見所が無い。
ビジターセンターにも行きましたけど(写真撮るの忘れた)
ハイキングコースの多くが崩落で行けない状態のようでした。

しかし、丹沢には自然が多くあり
野鳥や植物も色々見る事が出来るようで
歩いてそれらを見てみたいなぁ~とも思っちゃった


ダム3

ご存知ドラマチックトーンで撮ってみたよ~ん。
ここまで来たら、やっとロードバイク連中の姿が見え始めました。
10時位だったかな?

私達があまりにも早く走り出したってことよね。
気温も段々上がって来て、冬装備では暑いッス


ダム4

さて、10時半頃には’千代の沢園地’駐車場に戻って来ました。
この駐車場の裏には展望台があり、お弁当持ち
走った後の急なこの坂道は修行のようでした

何せこの展望台からは富士山が見られるらしいのだ。


ダム5

パノラマ撮影したけど・・・

どこ?

関東の富士見百景に選ばれているそうですが。。
雲に隠れてどこに富士山があるのかさえ、分かりませんでした

だがしかし、この風景を眺めながらのお弁当は最高
いやぁ~、気持ち良いポタポタでしたね~。


おまけ!
ダム6

ジオラマで撮ってみたよ~ん。

カヌーも気持ち良いと思いますよぉ~

期待していなかった分、こんなに素晴らしいとは・・・
秋も良いでしょうね~。

またポタしたいと思いました

走行距離:16.68km



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとやっと新学期始まった・・・クリックね!


丹沢湖 ポタリング2  

ポタ1
OLYMPUS XZ-1 丹沢湖in神奈川

丹沢湖:
丹沢湖は西丹沢の酒匂川水系の河内川に造られた三保ダムによって誕生した人造湖である。

だそうで、ウィキペディアからのコピペ。

地図見るとTの逆さまのような形になっているのですが
左半分は道路の陥没や崩落で車両通行止めになっています。
丁度ダム側の方の全部が通行禁止

ところが’歩行者や自転車は通行可’と、とある本に載っていたので
ゲートの脇を通り走ってみました。

私達しか居ないので、野鳥の声と小川のせせらぎしか聞こえない。
時々’滝’らしき音が聴こえて来ます。

↑停まって見ると、こういう小さな滝が道路脇から見られます


ポタ2

緑が深く、ヤマフジかな?あちこちで見られました。

ただね、通行禁止だけあって道路は手つかず状態
道路だけでなく脇周辺も手つかずだから
落石やら小枝やらが散乱しており
ちょっと不安になって来ます。。


で、とうとう行く手には・・・
ポタ3

カーブ手前からだと落石の山で

:ぬ・抜けられないかも・・・

近付くと人が通った感じがあったので
チャリ担いで渡りました。

ここまで酷くは無いけど落石が溜まって今にも崩れそうだったり
道路の一部が陥没していたりする所があり
どーも修復作業している様子が無いんですよね・・・
とても危険な状態でしたよ


ポタ4

こうして滝が見られるような景観は良かったのにね。。
でも、倒れた木なども手つかずだから(1枚目なんて特に)
水が流れなくなったらもっと大変のような・・・

予算が採れないのかしら・・・
この山北方面は人口も少ないしなぁ~。
残念な気持ちになります


ポタ5

この通行禁止区間が皮肉な事に一番景色が美しく
非常に気持ちが良かったのですよ。
とにかく、あちこちに小さなが見られ
湖面に映る姿にうっとりするしもったいない!感じ・・・

車が走れる区間はここに比べるとちょっとモノ足りないかも・・・
でも、それは自転車で走ったから分かったんだけどね

と、ここまで走って来て

’そうだ、オリンパスだから遊ばないと・・’と

ようやく例のフィルター遊びで写してみました。


ポタ6

青空出て来たから’ポップアート・フィルター’で。

ん~、これはイマイチか?


まだ続きますよ~


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと横浜中華街は殺人的混みだった・・・クリックね!


丹沢湖でポタリング 1  

丹沢湖1
Nikon1 V1 VR10-30mm 丹沢湖in神奈川

どんよりした3日の朝の丹沢湖。
本当は前の日に行く予定で朝早~く起きたのに、雨
雨の中、その日は自転車を車に積んで仕方ないので
平塚でポタリングして足慣らししたのだった(その時は雨上がってた)。

で、改めて次の日の3日にもっと早起きして丹沢湖に向かった。
だって2日の時点で東名高速道路が混んでいたのが分かったから

↑’千代の沢園地駐車場’からの眺めです(無料駐車場)。
昨日の雲がまだ残っているって感じです。
しかも!寒いっ!!
冬のような装備で自転車を走らせました。


丹沢湖2
ここからOLYMPUS XZ-1

湖のポタリングは常に左手に湖見ながら走るので気持ちが良い

朝8時に出発して、もう誰かがボート漕いでいる。
どうやら’釣り人’のようです


丹沢湖3

ツツジが咲いている一帯が見えます。
貸しボートでもしているのかな?
あそまで走った時、食事が出来る店舗が1~2軒あったような・・・

基本的にこの湖には’お店’というものはほっとんど無いに等しい。
だから、お昼用は事前に用意して行きました。


丹沢湖4

初めて行ったのですが、とにかく景色がどこも凄く良い
湖一番北に位置する’中川橋’から。

ここを渡り、南下して行きます。


丹沢湖5

少~し青空が見えて来ました。

車は少ないし、いつもなら他のチャリダー達が走っているのに
誰も走っておらず独占状態

静かで聞こえて来るのはウグイスや他の野鳥達の声だけ。
昨日は雨で気持ち的に撃沈しちゃいましたが
1日待っただけのことはありましたね


丹沢湖6

下に人が見えますが、どうやらココは釣り人が多いようです。
こんな自然の中での釣りは気持ちが良いでしょうね~(寒いけど)。


と、こんな感じで次回は車両通行止めの区間を走ります。
え?良いのって?歩行者や自転車はOKのようでした。
でも・・・

それはお楽しみに~


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと今日もお天気の横浜・・・クリックね!


キュウリグサ  

キュウリグサ2
NikonD7000 TAMRON90mm くりはま花の国

キュウリグサ(胡瓜草):ムラサキ科

2~3mmの小っちゃな小っちゃな花です。
まぁ~撮り難いことっ!!

D90の時と違って補正をどうして良いのか分かりません。
何だかちょっと違うんだよな、感覚が・・・
しかし、この可憐なお花さん。
座り込んで写すので、通り過ぎる人達の目線が背中にビシビシ


キュウリグサ1

ボツを量産させて撮りました


ところで・・・・・・・
どーしてイスラムに対して偏見ばかりするの?
世界に無知をさらして何の得があるのでしょう。
東京都知事、いい加減にして欲しい

インタビュー内容を読むと、トルコをバカにし過ぎて呆れる。
トルコ文化の何を知っているっての?えっ!?
知っていたらあんな発言出来ないでしょう。
アンタこそトルコ文化を見習えよ、と言いたいっ!!

:イスラム圏初ってそんなに意味があるのかなぁ・・・

東京でやる意味があるのかと私はずっと思っていますが?
日本はオリンピックどころじゃないのでは。
他にやるべき事があるでしょう。
ったく、本当に腹が立つ


おまけ!
キュウリグサ3

チャイブが咲き始めておりました。

:ネギ坊主?

と言う通った人の声が聴こえましたけど
確かに似ているよね。
チャイブは’ネギ属’だそうですよ。


マクロの写りはピントが合うとキレが良いような気がします。
手ぶれ補正が欲しいっ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと昆虫撮りもしたよ・・・クリックね!


▲Page top