FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

残念!イスタンブール!!

街5
NikonD90 DX18-135mm イスタンブール 2011年1月

2020年開催オリンピック・・・
残念ながらイスタンブールが敗れてしまった

イスラム圏でありながら政教分離を貫いて
東西の要となるハズだと期待していたのに・・・・

状勢が悪過ぎた
近隣諸国で行われている不穏な空気。
国内の不満から湧き出たデモ等々・・・


街3

本当の理由なんて解らない。

初めてイスラムという国と世界が繋がる良い機会だと
純粋にそう私は思っただけ。
トルコはそういう事では一番適した国だと信じている、今でも。。


街1

街角ではこんなトルコ料理のファスト・フードが味わえる。

ウマ・旨い・美味しい街なのだ


街2

イスラムを毛嫌いしないで欲しいな。。。

理解出来ないからこそ解り合おうとする’きっかけ’になったら・・・
そう期待したんだよね、私は。

温厚で穏やかなトルコの人々・・・
日本人と同じで温泉が大好きな人達。
共通点が多く、馴染める事間違いナシ!!


街4

オサレなCafeだってあるんだからっ!!(車邪魔だけど)

アラビア書道が盛んなトルコ。
ん~、残念です。

東京ね。。。
その意義を無駄にしないで欲しい。
本気で被災地の事を考え実行して欲しい。
経済経済と言うけど、東京だけの話にして欲しくない!
世界が見ているのだから・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとトルコ行きたい!・・・クリックね!


木曽路・福島宿編

木曽路1
NikonD7000 DX18-135mm 長野

伊那から山を越え中山道・国道19号線に乗る。
何となくそのまま木曽福島に行くのもまだ早いし・・・
で、地図見ながら宮ノ越宿へGO!

宮ノ越宿:
東に木曽駒ヶ岳を望む宮ノ越宿。
平成17年合併により日義村から木曽町となった。
木曽町日義宮の越は木曽義仲(源義仲:平安時代武将。征夷大将軍となり朝日将軍と呼ばれた)
が挙兵した地でもある。

ネットからコピペしました。
↑朝9時台の義仲館はまだ準備中
非常に小さな?というか何か他にあるのか?と思うような所だった。

失礼ながら何見て良いのか分らず、スルーしました
木曽大工発祥の地らしいのですが・・・


木曽路2

駐車場探しに迷った私達でしたが
やって参りました木曽福島の福島宿

福島宿:
天下の四大関所のひとつ:
福島関所があったことで知られている福島宿。
「山蒼く暮れて夜霧に灯をともす、木曽福島は谷底の町」
とうたわれているように、崖屋造りの家が木曽川に沿って建ち並びます。

ネットからコピペ。


木曽路4

ここに来るにも迷ったんですよ。
商店街の横道適当に入って細い坂道登ったらあったのです

昨年奈良井宿に行ったのですが
あちらはどどーんと昔ながらの家屋が建ち並んでいて
観光化されていて非常に分り易かったのですが
宮ノ越宿同様、探さないと分らなかったです

坂を登っている途中振り返ると山が迫っておりました。


木曽路3

脇路地を見るとこんな感じで誘われる空気プンプン

有名レストランの脇ですけど
こういう雰囲気を維持する為には
観光化が必要なのかな?・・・と。
本来の意味と違うけど残す為には必要なのかな?


木曽路5

あえ?これどういうこと??ですよね。

ここは急な坂道登って来たのですけど(横須賀みたい・・)
商店街へ下る途中で見かけました。
その昔は馬で往来していたから???


木曽路6

蜂がブンブン飛び回る中を越えて
街へ下ろうとすると街灯も、ほら同じ馬のデザイン

細い路地をくねくね歩くのが福島宿の特徴なんだねきっと!
観光地化がされているようで分り難いのが
何だか良い感じでした

だって、人々の生活・営みの方が主ってのが大事じゃん!


木曽路7

郵便屋さんが普通に来ている光景・・・

拍子抜けするほどあまりにも日常的。
ハッ!としたね。

これが木曽福島宿の印象でした
ま、ここへ来たのは実は別の目的があったからなんだけど・・・


それは、続く

追記:
イスタンブール、オリンピック開催地から落選しちゃった。
イスラム圏として初を期待したのですがね・・・
東京ですか。。
課題はいっぱい負担もいっぱい

イスタンブールは本当に残念です



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッともう秋の空気が漂う横浜・・・クリックね!