お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

新緑のカイツブリ  

カイツブリ1
Nikon1 V1+FT1 VR55-200mm  泉の森

1週間も放置してしまいました~
パソコンの前にじっくり座る時間など全く無く
怒涛の1週間だったような気がします。

極めつけは昨日仕事帰りの電車の中で
ショックで涙しながらLINEやっちゃってたもんね。
それも今や外国の国に帰ってしまった相手と・・・



カイツブリ2

凄い時代よね~。
LINEって使う前は敬遠していたのに
いざ使ってみて、しかも海外とのやりとりとなると
まるで国内でやっている感覚で瞬時に会話出来るんだもの。
しかもタダだし・・・

さて、新緑の中でカイツブリと会いました。
若さまでしょうかね?
1枚撮っては潜られてしまい、探すの大変でしたよ



カイツブリ3

やっとお休みの日が来ました~。
もうヘトヘトで手足がむくんじゃったもんね。。
お天気良いけど、お家でゆっくり心と身体を休める事にします。

まだ昨日のショックを引きずっているしなぁ~・・・(かなりズルズル)
歯の詰め物も取れちゃって
何だかバッタバタの日々です。
5月は誕生月なのですが、何も嬉しい事が無い!
前途多難な50代のスタートっす


ご訪問出来なくてゴメンなさいね
6月になると少し落ち着くかな?
ネタは無いんで、困っていますが・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと辛いぞ誕生月!・・・クリックね!


デザインフェスタ  

フェスタ5
Nikon1 V1 VR10-30mm  東京ビッグサイト

ネタ切れなので先週東京ビッグサイトで開催された
「東京デザインフェスタ2014」に出展した教え子達の作品(商品)見に行った。

↑3人の内1人が造った作品(商品)を持って来るのを忘れた(!)とか
アクセサリーなのでモノが小さいからちょっと寂しい展開に・・・

ムムム、ここでは講師では無い私ですが
つい つい’先生’になっちゃって
あれこれアドヴァイスなんてしちゃったりしてさっ・・
職業病か??



フェスタ2

デザインフェスタは自分でデザインしたモノなら何を出してもOKで
値段も好きに付けられるので大人気のフェスタ

何千人というアーティスト達が繰り広げる自由市場って感じ。
私は今年も壁に絵を描く人達に目が行ってしまいました

↑意外にも女性がコレ描いていたのです。
カッコイイ、次元大介かと思ったよ


フェスタ3

↑こういう’線画’っての?何となく好きです。

ここからどう広がって何になるのでしょう?
描かれる過程を見ているのって楽しいです



フェスタ1

5月は何かと忙しく、慌ただしい日々です。

メインの仕事をリストラされるのは確かですけど
年内は今まで通り仕事をする事になりました。。
学校だけの仕事になるのは来年からですな・・・

それまでに他を探すか覚悟を決めて独立するか。。。
独立するったって、仕事場は自宅にあるので出来るけど
何をどうするかが問題なのですね・・


フェスタ4

ビッグサイトから見るお台場付近。
ここから日の出桟橋まで船で行けるのですが
この日はその気になれず、さっさと横浜行きのバスに乗り込んでしまった

不安な日々は続くのです。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと撮影に出掛けられない!・・・クリックね!


伊那でポタポタ  

ポタ5
NikonD7000 DX18-135mm  伊那市in長野県

5月2日はピーカンで暑いくらいでした

木曽から権兵衛トンネルと言う長~いトンネルを抜けると
伊那市に出ます。

↑国道361号線からはアルプスの山々を見ながら下ります。
とても気持ちが良いドライブです

せっかくだから河沿いを自転車でポタしようと言う訳です



ポタ1
Nikon1 V1 VR10-30mm

この川は天竜川:流路延長は213km(日本全国9位)だそうです。

’天竜川下り’というものをやってみたいのですが
その前に川沿いをチャリで走るというのも良いじゃないか

だって、こんな山並みを見ながら走れるんだもの!



ポタ4
VR30-110mm

真ん中にちょこっと雪を頂いた山頂だけ見えるのは
木曽駒ケ岳or宝剣岳 でしょうか???

あまりにも雄大な眺めで圧倒されてしまいましたよ



ポタ2

走っては止まってカメラ構えてしまいます

何て素晴らしい風景が広がっているのでしょう!
ぐるっと山に囲まれている・・・そんな感じです。

でもさ、夏は暑くて冬は寒そうな感じが・・・?



ポタ3

前のこっちは南アルプスの山並みでしょうか?
ん~こちらも良い眺めです

見える川は三峰川で天竜川と丁度合流する場所みたいです。
 
あまりにもデッカくて広大な眺めなので
走るより眺めている方が長かったような気がします。
それでも7kmは走ったよ

ん~、天竜川周辺を走る旅も良いかもしれない。。
また行ってしまうかもしれない・・・

自然豊かで良いぞ、長野県!


以上、これで1泊2日の旅はお終いで~す



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと権兵衛トンネルが境目かな?・・・クリックね!


唐沢の滝  

滝1
Nikon1 V1 VR10-30mm  開田高原in長野県

5月2日の続き。
伊那市に向けて車を走らせますが
前日に滝を見逃した悔しさが残っており
地蔵峠を通り、そこで見られるであろう唐沢の滝を目指します

何とか見つけ駐車場から滝目指して歩く途中の楽しい野草撮り

↑キケマン:ケマンソウ科 かな?
お初にお目にかかりました。
黄色もあったのね。紫しか知らなかったから・・・


滝2

↑ヒメカンスゲ:カヤツリグサ科 なのかな?

まさか山野草に出逢えるなんて思っていなかったから
マクロレンズなんて持って来なかったのですよぅ
これくらいならV1でも何とか撮れたのですが・・・



滝3

↑コチャルメルソウ:ユキノシタ科

やっとやーっと出逢えました!
いやぁ~この摩訶不思議な花をよそ様のブログで拝見してから
ずーっと探していたのです。

まさかここで見つけるとも思ってもみず
あぁ~40mmのマクロ欲しいぞーーーーーーーー!!と
もの凄ーーーく後悔したのでした。

面白花でしょう?



滝4
D7000 DX18-135mm

D7000にしてもこれくらいしか撮れない

種子になった状態のようです。
興奮しながら撮っていたし暗いしでお手上げでしたね。。
40mmだったら安価だし比較的小さい。
V1でもイケるしさ。。
今まで除外視していたレンズでしたけど、旅には心強いかも・・・



滝5
D7000 DX18-135mm

さぁ~やって来ました唐沢の滝でございます。

落差60mのようです。
ハイキングコースでもあるようで、上流から歩けるようでした。
駐車場は下に来ないと無いです(3~4台かな)。

PLもNDフィルターも持って来なく
何ておバカな私だったのでしょう!



滝6

ん~、もっと迫力あったのにガックリです。。

山の中にあるので、聞いたことの無い鳥達の声が気持ち良い。
私が見たこと無い野鳥が飛んでいるのを何度か見かけては
あぁ~野鳥撮りもしてみたかった・・・

等々悔しさ溢れるものでしたが
それだけ自然が豊かで素晴らしい環境だと言うことですね。
非常に気に入った唐沢の滝でありました


おまけ!
滝7

権兵衛トンネル手前にある道の駅「日義木曽駒高原」で買ったお土産。
ここは必ず寄ってはお土産を買います。

左に見えるのが以前記事に書いた’すんき’です。
味付ですが非常に美味しい木曽のお漬けものです。(お薦め!)
高菜と違ってシャキシャキして箸が進んで困るくらい

右のぶこつい 山芋「げんこつ次郎」初めて見ました。
普通の山芋より粘りが強くてネバネバ好きにはたまりません!!

ここの野菜は安いし新鮮で美味しいので我が家の必須事項です


と、ここで開田高原とはお別れ。
伊那市に向かいますよ~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッともう2週間も経ってしまった・・・クリックね!


開田高原 朝散歩編  

朝1
NikonD7000 DX18-135mm 開田高原in長野県

5月2日の朝になりました。
前日の雨が嘘のようにパッキリと晴れた爽やかな朝でございました

朝食前に宿から歩いて散歩してみました。
朝散歩は旅の必須事項でありまして
海外に行っても必ず朝は天候が良ければ散歩をするクセがあります

宿出て1分もしないでの光景です。
やっとやっと木曽御嶽山の全景を拝むことが出来ました
目的の1つでしたからねぇ~。。


朝2

ま、山頂のこの傘は歓迎であります。

こういう自然現象は美しいの一言!
だって、そうは見られない現象ですものね。

刻々と変化する傘の形に見とれておりました。



朝3

こうした’薪’を束ねた家を
車で走っているとあちこちで見かけました。

「あぁ、冬が厳しいのだなぁ~」と即座に思いました。

左に見えるのは稲を干すものかな??
こういう形で生活が見えるという光景は
何だかとっても久しぶりのような気がしました。

幼き頃、遠い遠い昔、札幌に居た時代に見たような記憶が・・・


朝5

朝靄が立ち込める中の朝日が眩しい

いやぁ~、こういう光景見ちゃうと心が何だか

:あぁ故郷に帰ったなぁ~・・・

とここで暮らしたことも無いのに錯覚を覚えるっての?
日本人のDNAが奥底から蘇るようなそんな気持ちっての?

記憶の彼方に微かにでも確実に覚えている風景に似ているんです、多分・・・



朝4

フキノトウ、ですよね?

昨夜、天ぷらで頂きましたっけ

もうあちこちで見かけ、山道では車を止めて
山菜採りをしている方が居ましたよ。

でも、宿でご一緒の方は

:5月末から6月初めだよね、山菜は。

っておしゃってましたね。
おぉ、そういう楽しみもあったのだ!



朝6

宿の前のお家の玄関先というか道路沿いで・・・

どこのお宅も道路沿いに沢山のお花を咲かせているんですよ。
庭先とか玄関先ではなく道路沿いの所に!!

だから、車で走っていると華やかで驚きましたよ
花で迎えてくれているようで、何て素敵なんだろうと。。


御嶽山の姿がようやく見られて
目的の1つが達成出来て満足しました

さ、次の目的地に向かいますよぉ~


・・・・・・・
関係無いけどDELLのDataSafe Onlinでの
バックアップのキャンセルの仕方を知っている方
いらしたら是非教えて下さい!!

昨年からチャレンジしてるのですが
全く「Cancel」の仕方が分らず困っております。
色々やったのですが、何しろ「解約」は嫌がるようなシステムらしい。
としか思えないんです、意地悪です!!
あ、英語全く分らないのですが勘であれこれやった結果です。
宜しくお願いします。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと父の三回忌を終えてホッと・・・クリックね!


開田高原 九蔵峠編  

高原1
NikonD7000 DX18-135mm  開田高原in長野県

さて、開田高原の続き(5月1日)。

お昼食べた後は雨が降って来てしまい
国道361号線を高山方面へ車を走らせます。

↑九蔵峠の展望台からの眺めです。
小雨の降る中、展望小屋があり助かりました。

相変わらず御嶽山には雲がかかっております。
パッキリ晴れていたら壮大な眺めだったでしょうね~。。


高原3

木曽御嶽山(3067m):左から剣ヶ峰・摩利子天山・継子岳 なのかな?

御岳ロープウエィはまだ開業しておらず、計画からは外れ。

母:「そんなの使わず登ったわよ」とケロリと申しておりました
やっぱ登ったんだ・・・



高原2

左の方の眺め。

川をよく見かけました。
どこも綺麗な水で、野菜や蕎麦・お酒も美味しいのが納得です



高原4

さて、宿に入るには早過ぎるので
ちょっと山の中まで行って雨だけど滝見学でもしようかと
361号線をさらに進みます。

↑尾ノ島の滝へ傘差しながら下りて行ったのですが
悪路もさることながら、橋に穴空いていたり
2m位しかないだろうけど橋が崩れかけていたりして
とてもその先に行けない状態で、断念せざるをえませんでした

悔し紛れに撮った1枚です。。
確かに真ん中に滝は見られるのですが、無理っす!

その後もトラブル続きだったのですが
その先にある御嶽明神温泉やまゆり荘という
町営?の温泉施設に入って雲かかる御嶽山見ながら湯に浸かり
ちょっと気持ちを整えましたよ



高原5

その後、宿に入り部屋からの眺め。
真ん中のポールがめちゃ邪魔ですけど幻想的な風景が・・・
雨も止み、相変わらず御嶽山山頂は見えず終いだったとさ

1日目はこれでお終い。
たった3組だけの客同士、和やかな雰囲気で過ごせましたよ~


2日目はどこへ?
続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとフリース大活躍だった・・・クリックね!


こどもの日  

古民家1
NikonD7000 VR70-300mm  舞岡公園in横浜

ちょっとブレイクタイム

舞岡公園の古民家にちょっと行ってみました。
子供の日の前日だったけど、沢山の子供達が来てましたよ。
ここに来れば’鯉のぼり’が見られるかな?とも思ったしね



古民家2

大人も子供も童心に帰り「竹馬」「竹とんぼ」「駒回し」など
昔の遊びに興じておりましたよ~

↑意外と竹馬って難しい。
あの男の子、最後までバランス取れず進めなかったね

女の子の方がすいすい進んで楽しんでいたな。。
一輪車も女の子がやっているのをよく見かける。
女子のバランス取りは今や男子より上手なのかな???



古民家3

竹トンボはいつもここに置いてあるイメージがあります。
自由に遊べるのですが、この日は多くの人達が遊んでいました。

単純だけど、こういう面白さって何だろうね?
体動かして汗かいてさ、気持ちも良いよね。



古民家4
TAMRON90mm

ピリッとしていないけどホタルカズラが咲いておりました。

小ちゃいキュウリグサがわんさか咲いていてビックリした
ここも野草探して歩くクセがついちゃって・・・

田植えの準備がされていましたね。
来月辺りかな?田植えは。。。

今回も野鳥撮りは出来ず、ちっとも撮れなくて悔しいぞ


関係無いけど、Nikon1のV2が生産終了を知りショックだった。
かなりの品薄状態で諦めるしかないか・・・
どーせ貧乏一直線に入る訳だし、もうカメラなんて買わないかも・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとレンズは欲しい・・・クリックね!


開田高原 木曽馬乗馬センター編  

高原5
Nikon1 V1 VR10-30mm  開田高原in長野県

ポタの続き。

熊野神社を出て末川沿いを走ります。
川のせせらぎを聞きながらのチャリって本当に気持ちが良いです

ここは木曽馬が居る高原。
どんな馬なのか見てみたいということもあって
乗馬センターを目指します。



高原1

大した坂道じゃ無いハズなのに、やけに息が苦しい!
前を走る旦那君もアクセクしながら登っている。。

登り切ってゼイゼイ言いながら振り返って見た。
桜が咲く道なのに、見る余裕すら無かったわよ

そう、ここ開田高原は標高1100mはあるらしいのだ。
そりゃ苦しいわ。。。



高原2

ここが放牧されている場所かな?
よーく見ると、左奥の方にお馬さん達が見えます。



高原3
VR30-110mm

チャリなので一眼レフなんて担げないのでミラーレス。
どんなに望遠にしてもこれくらい・・・

皆さん、お食事に夢中でだ~れも顔を上げてくれない
う~ん、お顔見てみたかったのですが仕方ないです。
でも、会えただけでも嬉しかった。
来た甲斐があったというものです



高原4

12時になってしまいました。
もうお腹ぺこぺこで探していた’そば道場’が見えました。

おぉ!雄大な御嶽山が目の前に広がっているではないか!
晴れていたらもっと凄かっただろうなぁ~。。



高原7
OLYMPUS XZ-1

ご存知ドラマチックトーンで遊んでみました。
曇りの時の方が、こやってドラマチックになるフィルターっス。



高原6

開田高原蕎麦を頂きます。
旦那君は「すんき蕎麦」を注文。
写真撮るの忘れました(お互いお腹ぺこぺこだったから)。

すんき漬け:
木曽地方に伝わる伝統的な発酵食品で
すんき菜と呼ばれるカブナを乳酸菌で発酵させ食塩を使用しない漬けもの。

大体はこんな感じかな?
初めて知ったものでしたので私も「すんき蕎麦」にすれば良かった・・

開田高原の蕎麦は美味しく、好きな蕎麦であります

この後、駐車場に戻った途端に雨がザーザーと・・・
隣の開田高原アイスクリームで’とうもろこしソフトクリーム’頂いた。
めっちゃ美味かったっす!


まだ続きま~す



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと朝の地震デカかったよ・・・クリックね!


木曽路:開田高原へ 熊野神社編  

初日1
Nikon1 V1 VR10-30mm  長野県へ

我が家はGW前半と言われる週がお休みなので
1日、長野県と岐阜県の県境付近に位置する開田高原へ向かう。

朝、4時半に自宅を出たのですが生憎の雨
中央道に乗る頃には雨も上がったのですが
↑談合坂PAだったかな?こんな幻想的な風景が広がっていたわよ。

10時頃に開田高原に到着!

先ずはお目当ての1つであった水生植物園へ。
この時は少し日差しが出ていたのですが・・・



初日2
D7000 VR70-300mm

植物園とあるから何かもっと厳かなのかと思ったら
無料の駐車場の奥に遊歩道があって周辺にミズバショウが咲いていた だけ。

旦那君も「え?本当にここなの??」と疑うほど
他にトイレがあるだけで
ほとんど来る車はトイレに駆け込むドライバーのみだった

何も知らなかったら通り過ぎてしまうところだった・・・
いやぁ~、でも咲いていてくれて感動したわよ。
いきなり大らかな空気にも驚いたけどね



初日3
V1 VR10-30mm 以下全部

さて、開田高原観光案内所で自転車でのお薦めコースを聞いて
お決まりのポタリング開始!

先ずは’熊野神社’を目指す。
そこにもミズバショウが咲いていると言っていたのよね。

↑末川かな?
この雄大な景色に圧倒されました。
川の水は綺麗だし、晴れていたらもっと凄かっただろうに。。
ちょっと雲行きが怪しくなって来ましたよ



初日4

少し迷いながら着いた熊野神社。

歴史有りそうな立派な神社の横に広がるミズバショウ!
ええー!!と、あまりにも自然な感じでまたもや驚く。

全ての佇まいが自然の中に在って
そこに住む人々を守っている感じがひしひしと伝わる。



初日5

何とショウジョウバカマ:ユリ科まで咲いているじゃんか!!
もうイチイチ感動しまくりっす

都会では考えられない自然豊かな中にある神社。
何て素晴らしいのでしょう。

腰の曲がったおばあさんが一人、とても丁寧にお参りされていた。
その姿から、ここがいかに大切にされているのかが分った。



初日6

私達もお参りし、鳥居を出たら目の前に
ナント木曽の御嶽山が見えるじゃないのぉ~!

何故、開田高原にしたかと言うと
’雪を頂いた御嶽山を見てみたい!’と思ったからなのだよ。
夏は自転車レースがあるみたいなので混むと思ったしね

しかし、こんなお天気で・・・
しかも雨粒が落ちて来ましたよ~、始めたばかりなのに。

先を急ぐことにしました。


暫く続きます


ところで、IEのセキュリティ問題は手動でプログラム更新したから
恐らくは問題無いと思います。
それまで使えなかったのはイタかったね。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒かったよこの日は・・・クリックね!


▲Page top