お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

展望デッキ  

空港1
NikonD7000 DX18-135mm  羽田・国際線ターミナル

早朝の羽田空港。
夜中に雨が降ったのか床が濡れていました。

国内線で旦那君を降ろし、国際線まで行くまで
結構車で走りましたね~



空港2
VR70-300mm

朝靄の中、滑走路に入った右のJAL着。
左に見える海に浮かぶ貨物船が向き合う。

シルエットで面白いです



空港3

やや左側には国内線ターミナルの向こうに
東京ゲートブリッジが見えました

国際線は一番奥に位置するからか
ここからの眺めはとても良かったですよ。

ただ、発着は遠いので小さくしか見えない。
飛行機発着の迫力は成田の航空博物館がダントツで一番ですね



空港4

ただ、空港の展望デッキとしては
成田&羽田の中でココが一番眺めが良い気がしました。

ジェットストリーム・・・城達也さんのあの渋い声が聴こえてきそう。。
そして、ここから世界に繋がるワクワク感を満たしてくれる。
空港って最高!



空港5

秋の空が広がっておりました。

展望デッキ手前にフライトシミュレーターがあって
大人も子供も楽しめそうでしたよ(早朝でやってなかった)。

お見送りの機会でもあったら是非ブラついてみてね。
何とも言えない満足感に心を満たされ、良い1日のスタートでした。

私は明らかにテツでは無く空派でっす



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと今度はエボラ熱恐怖!・・・クリックね!


空港に日本橋?  

空港1
NikonD7000 DX18-135mm  羽田空港 国際線ターミナル

初めて羽田の国際線ターミナルに見学に行った。
ここから旅立つことは今まで無かったから行く機会もナシ。

朝6時半だけど、到着便やら出発便やらで大勢の人が集まっていた。
何だか訳が分らないけど出国ゲートから見えた4Fに行ってみた。

↑おや?空港のしかも4Fなのに  ですか??



空港2

:旅立ちは 昔も今も 日本橋

え?これ日本橋ってことっスか?
何だか唖然と立ちすくんでしまったワタクシ・・・
だって、ここ空港の中ですよ!

左手の壁には「江戸図屏風」が描かれております。
外国の方も日本人も思わず見入ってしまうだろう美しさ・・・



空港5

橋から見下ろすと、これから旅に出ようとする人達が・・・

世界から見てもこんな変わった空港ってあるだろうか???
日本らしさ素晴らしき文化がココだけでもちょこっと味わえる
ん~、これが成田だったらもっと良かったのかも・・・??

橋を渡ってその先まで歩いてみました。



空港3

ここが有名な空港内の江戸小路ね~。

早朝なのでまだお店は開いてはいませんでしたけど
かえって人が少なくって撮影にはグーでした

↑歌舞伎座っぽい雰囲気がなかなか良いね。



空港4

Oh!和モノだけでなくイタリアンもあるのね。
看板眺めて歩くだけでも楽しい
うぅ~、お腹が鳴るぞ(仕込みしていたし・・・)

ここが空港だということを忘れてしまうような造りですよ。

海外ではこんなに楽しめる空港ばかりでは無い。
インドのデリーの空港なんてロビーにCafe1軒のみ!
そこで無駄に6時間も待たされたっけ・・


日本の国際空港って素晴らしい!と、改めて思った
これが日本の お・も・て・な・し
成田空港、もう少し工夫が欲しいところです。


次回は展望デッキです



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと早朝で何も買えず・・・クリックね!


朝焼けの湾岸道路  

朝陽1
NikonD3300 DX18-135mm  横浜

早朝、旦那君の出張の為羽田空港まで送る(って旦那運転だけど)。
丁度日の出の時間の’鶴見つばさ橋’。

夜明けの時間帯に湾岸を走るのって、好き
東京湾から日が昇る・・・



朝陽2

ん~、今回は工場萌え~も良い感じに撮れた。



朝陽3

本当はチラッと太陽の頭が見え始めた時から撮ったんだけど
高速道路の壁だのフェンスだのが邪魔でボツ・・・

朝焼けって気持ちが良い・・・
しかも空港に向かっているというシチュエーションがまた良い。
飛行機に乗って空を飛ぶあの感覚。。
ま、私は乗らないんだけど間近で飛行機見るだけでもワクワクする

行ったついでに見て来たわよ
それは次回に・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと海外行きたい!・・・クリックね!


横浜・八景島deタダ見 バンドウイルカ編  

イルカ1
Nikon1 V1 VR10-30mm(全部トリミング)  横浜八景島

野暮用の帰り、ちょっと八景島に寄ってみました。
雲に覆い隠されてしまった空の下でモノクロみたいで残念ですが
晴れていたら海の色も綺麗だったdeショー

ここは「シーボート」ゾーン。
ボート(有料)乗り場なんですけど、バンドウイルカも泳いでいるんです。
こうして見るだけならタダなんでっす

タダでイルカ達をぼーっと眺められるなんて最高!



イルカ2

どこにこうして出て来てくれるのか分らないので
ひたすらずーっと広角のままビデオ撮るみたいに構えて待つ。。

通りすがりの人達:え?!フツーにイルカが泳いでいるじゃん!

そーなのよね~、しかもココ海だしタダだし驚きます。



イルカ3

丁度、お昼時でイルカのランチタイムだったみたい・・・
と、同時に何か練習もしていた様子で、見ていて楽しい

以前、週末に来た時イルカの姿は見られなかったので
平日のお昼時の方が彼らも落ち着いているのかもしれませんね。

午前中は青空も見られたのに残念だったなぁ~。



イルカ4

こうしてボートに乗りながらイルカを間近で見ることが出来るのです。

Oh!凄いサービスして飛んでくれました~

横浜・八景島自体は無料で歩けるので
私のようにジモピーはお散歩に行く所なんですね。

お散歩でイルカをフツーに見られるって、凄いッスよ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと急に寒いぞ!!・・・クリックね!


昆虫の季節  

昆虫4
NikonD7000 VR70ー300mm  千葉

お?手前のボケは大ゴーストか??
晴天に恵まれた週末、お祭り&ドライブと出かけたけど
ネタ的には収穫無かったね

ちょいと千葉県立北総花の公園に足を延ばしてみました。
途中で寄った道の駅での収穫の方が気持ち的に大きく
既にこの時はもう満足状態

しかし、千葉は広いね~。
農業が盛んだから野菜は豊富で安いし美味しい



昆虫2

芝生に座っているとバッタ君が向こうからやって来てくれる。
コオロギも見たなぁ。

色んな小さな昆虫達が元気に動き回って
賑やかな草の舞台

たまにはのんびり草むらをマクロ目で眺めるのも楽しい。。



昆虫3

翅がボロボロだったノシメトンボ かな?
この後、私の肩に止まってくれたお茶目な子でした

トンボは沢山飛んでいたのですが
いざ撮ろうとしたら、姿を見せてくれない。
人見知りが多いのかな??



昆虫1

赤蕎麦の花にとまるキチョウ。

あれ?私、ちょっと前赤蕎麦の花見たさに横浜の蕎麦畑に行ったんじゃ・・・
ここでも見られたなんて!
しかも、こっちの方が広いし・・・マジで?

千葉ニュータウンって初めて行ったけど遠い・・・・・
駅前に広大なこの公園が広がっていて
人々の憩いの場でした。
とっても平和な風景が広がり、環境は良さそうでしたよ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと紅葉はまーだ・・・クリックね!


ランチボックス  

ランチボックス2のコピー

久しぶりに映画を観に行った。
小雨が降り続き寒い日でカメラは持たずに行ったけど
晴れていたら、まだこんな昭和の商店街が残っていたのか!
という中にある有名な「横浜ジャック&ベティ」という
激減してしまったミニシアターへ

邦題:めぐり逢わせのお弁当

インドのムンバイが舞台。
家で作った弁当を職場まで往復運んでくれるシステムがあり
間違って運ぶ率が600万個に1つ
その1つの物語。


ランチボックスのコピー

間違って運ばれた方は退職目前にした妻と死に別れた中年男性。
そこに彼は手紙を入れたことから始まる。
作っている方は1児の母で、旦那がつれない人だ。
そんな二人がお互いに手紙のやり取りで心情を綴り
やがてお互いに逢おうとするのだが・・・・・・

これがインド映画だとは観ていて思えないほど
とても静かで歌も踊りもナシ!
ひたすら台所と職場と手紙のやり取りが続く・・・

隣に座っていた女性は途中で小さなイビキ音出し寝ていた
何故寝る?こんなにお互いの心に向き合う素敵な時間なのに!!

久しぶりに心に余韻が残る良い映画だった・・・
家に帰って旦那の顔を見て、
何かウンザリもしたし愛おしいとも思う複雑な気持ちになるって言うの?


デリー
Nikon1 V1 VR10-30mm

↑昨年正月に行ったインドのオールドデリーでの1コマ。

一見、混沌としたインドの中にも美しい物語が在るのだなぁ~
ただし、この映画は最後まで描いていない。
この二人がどうなったかは、観た方が勝手に物語を作る感じ。
そこがまた、心掻きむしられるじれったさが上手いね

心情を丁寧に描く映画がめっきり少なくなってしまった。。。
やたらアクション大げさでCGばっかの金儲け主義映画ばかり。
いつからミニシアター系はこんなに減ってしまったのか・・
だから、映画館に足を運ぶ機会も無くなってしまったぞ


おまけ!
デリー2

トルコのキリムを初めて水洗いした。
買って以来6~7年ずーっと敷きっぱで、流石にヤバいだろう。
映画に刺激されて、何だか大事にしないと思ったのさっ

独特のヘンな匂いは消えなかったけど・・・
お気に入りだから構わんのだ!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとカラッと晴天!・・・クリックね!


台風一過  

秋1
NikonD3300 VRⅡ18-55mm  くりはま花の国(在庫出し)

祝日の台風劇、皆様の所は大丈夫でしたか?
正直、前回の方が酷かったですウチ(横浜)の方は。。

丁度、専門学校の学園祭と重なっていて心配でしたが
恐らく片付けだった昨日(13日)も無事に終えたと思われます

結局、友人宅でホームパーティー以外は出掛けられず・・・
ネタも尽きてきましたよ。。



秋2
Tamron90mm

学園祭に贈られた花の中にパンパスグラスが使われていて
初めて触ってみたのですが
これって気持ち良いほどフワッフワッのツヤツヤなのね~。
そのまま抱いて寝たいくらい



ちょいとおまけ!
パルミュラ1
NikonFE2(1993年撮影)

プリンターを新しく買ったらスキャン出来るようになったので
以前、旅した時の写真を取り込むことが出来るようになりました。

↑シリアのパルミラの遺跡だったと思う。
ローマ時代の遺跡で、唐草模様が残っていた。
これが葡萄(のツタ)からデザインされたものだというのを知ったのだった。
確か、ここだけではなくフェニキア時代の遺跡にもあったような・・・
唐草模様って、ずっと中国が起源だと思っていたから驚いたっけ

ローマ時代の遺跡大好き



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと暑いぞ・・・クリックね!


存在の、耐えられない軽さ  

ホトトギス2
NikonD7000 Tamron90mm  

何故?という疑問符ばかりが浮かんで理解に苦しむ。

殺人集団「イスラム国」に参加したがる日本人若者達・・・
新聞記事を読むにつけ、TVのインタビュー聴くにつけ
彼らの言い分には腹さえ立って来るのだよ

一応、アラビア語は学んだようだけど
それは現地でカタコト使える程度の為だけのものでしょうね。
イスラームを理解し、信じて・・・なんてさらさら無い。



ホトトギス1

「極限状態で戦いたい」
「生きるか死ぬかの勝負がしたかった」
「現地にいると恐怖感や現実感がマヒし苦しみを和らげてくれる。
 現実逃避が出来る」(北大生)・・・・・・バカか?
「戦場にいるのは、敵でも見方でも戦うことを選んだ人達。
 それを殺すのが良いか悪いか、問うことに意味はない」

朝日新聞から抜粋しました。

TBSTVインタビューに答えていたU氏26歳は
シリアで銃をぶっ放した日々を楽しいかのごとく淡々と話していた。
その姿はまるでIT企業経営者みたい。

お勉強だけは出来て、頭でしか行動出来ずに来たように見える。
そこには心・ハートというものが欠如していた。



ホトトギス3

自分の世界だけで生きて来て、人という周囲の心と断絶して来たのか?

シリアで幸せに暮らしていた人達と君は触れ合った事があるのか?
とても親切で温厚なシリアの人達と共に暮らしたことがあるのか?
暮らしをめちゃくちゃにされているシリアの人達の生活を見た事がある?
キラキラしていたシリアの子供達の目を君は見た事があるのか?

自分のエゴだけで人の命を奪う担い手になる為に君は生きて来たのか?

命って何?存在って何?生きるって・・・



おまけ!
ホトトギス4

我が専門学校の学園祭時の教え子のお姿・・・
仮装コンテストに出てそのまま来たからねぇ。。

はこの学校に入る為に1年間稼いで来た。
本気でやりたい事を学ぼうとする彼の努力と姿勢を私は応援している。
こういう真剣な若者達と接しているとホッとする。。。


イスラムを利用する人達に怒りを感ずる。
私は信者ではありませんが、イスラム文化・芸術をを愛する者として
ムカつくぜ!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとまた台風の恐怖が・・・クリックね!


シロホトトギス  

ホトトギス1
NikonD7000 Tamron90mm

シロホトトギス(白杜鵑草):ユリ科

くるくる~好きにはこういう状態の方が可愛いね

前記事の蕎麦畑の隣で公開されていた社長宅の母屋の庭で。。
茶室まであって、どういう社長さんなんでしょうねぇ??
ま、こっちは花撮りだけでささっとお邪魔しましたよ。



ホトトギス2

しかし、台風・・・皆さまの所は大丈夫でしたか?
横浜でも被害が出て、平塚市も水浸しだった様子。

ベランダのサッシが壊れるんじゃ・・・と思う程の強風というか
叩きつけるような風でウチの周囲だけ風速40m以上はあったんじゃね?
目の前の森の木々が倒れるかと不安でしたよぅ。。

思わず「横浜市災害情報Eメール」に登録したら
頻繁にメールが来ました。
一応、母が住む区も登録しておいてチェックしてました
離れて暮らしていると心配だもん。。。


おまけ!
ホトトギス5

↑シオン(紫苑):キク科 絶滅危惧Ⅱ類だそうで・・・

ま、社長さん宅で増やしていって下さいな。。
あれ?もしかしてノコンギクかしら???
何だかあやふやになって来ました


今週はちょくちょく忙しく、更新出来るかな?
ネタも無いし・・・
また台風が来るみたいで、困るよねっ全く!!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと長靴欲しい・・・クリックね!


横浜の蕎麦祭り  

蕎麦1
Nikon1 V1 VR30-110mm  横浜市

横浜市内に蕎麦畑があるなんて思いもしませんでしたよぅ

今年はどーしてだか「赤蕎麦の花が見たい!」と
我まま心に動くものがありまして・・・
長野に行けば素晴らしい赤蕎麦の絨毯が広がっているのは知っていますが
何しろ遠ーいし時期的にどうか?と遅いかもしんないしぃ。。。

近場を探していたら、まさかまさかの横浜市にお祭り何ぞがあるじゃんか!!
しかも実家の沿線上なので母を誘って行ってみました



蕎麦2
D7000 TAMRON90mm

白い方は実が生り出しておりました。
ツボラーとしては実になりかけはOKっスよ

駅から徒歩30分もありましたけど
住宅街の中にある畑なので、規模的には「え?」って位小さい。
でも、それは承知の上なので仕方ないよね。。

地元民の為のお祭り的な感じでしたが
意外と沢山の人達で賑わっておりました。



蕎麦3

赤蕎麦の花は丁度見頃のようでした。
ラッキー

可愛い花を咲かせるんですね。
白も良いけど、赤の方が見るには好きかな。。
蕎麦になるとやっぱ茶色の蕎麦になるのかしら???

本当はこの絨毯が見てみたかったのですがぁ・・・
東京・横浜からのバスツアーって超少ないっ!
大体は○×食べ放題に最後にちょっと蕎麦畑に立ち寄る内容で
どーにも気に入らぬ
蕎麦畑見る為だけに旦那君を誘う訳にもいかないしねぇ。。



蕎麦4
V1 VR30-110mm

蕎麦畑の側にはコスモスも咲いておりました。

詳しくは全く分らないのですが、農家というより
何か農業関係の会社の敷地内のものっぽいんです。
隣に立派な社長宅の母屋があり公開されていました



蕎麦5

新蕎麦を美味しく頂いて来ましたよ~
1杯¥400也。
ほっとんどが、そのどんぶりか生蕎麦買い目当てだった様子。

ただ、脳裏に御嶽山の麓にある開田高原の蕎麦は大丈夫か?
と、どうしても思ってしまう。
開田高原の蕎麦は私好みのお蕎麦なのですよ



おまけ!
蕎麦6

この竹筒ごと蕎麦の花をプレゼントしてくれました。
これだけ持って帰るジモピーもおりましたよ


幸せだよね、大地の恵みを目の前で見ながら
人の手によって作られ、美味しく頂けるんだもの!

感謝、感謝なのであります



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと台風が心配!・・・クリックね!


ピンクのBaby  

蕾1
NikonD7000 TAMRON90mm  くりはま花の国

ツボラー魂がまだ残っていたのだった。。

モフモフの産毛に包まれたこの蕾・・・
思わず頬ずりしたくなっちゃう



蕾2

パカッという音が聞こえてきそう・・・

何だか美味しそうにも見えるこの蕾。
何の蕾だはお分かりになりますぅ~?
ま、撮ったのが9月でしたからもう見られないかな??



蕾3

もうお分かりですね

どーしても和菓子に見えちゃうんですけど・・・
この花の蕾は初めて注目しました。
この時はツボラー魂炸列して、蕾しか目に入らなかったからねぇ。。



蕾4

シュウメイギク(秋明菊):キンポウゲ科  アネモネの仲間だとか

ネタ切れなので在庫出ししましたけど
ピンクがしっとりして良い感じに出たかな?
蕾としてはかなり可愛いと思います


全く関係ないけど・・・・・・・・
QUEEN

QUEENファンとして聴き逃せない70年代のQUEEN!
買ってしまったLive at the Rainbow’74

Disc1:QUEENⅡ TOUR
Disc2:SHEER HEART ATTACK TOUR

70年代というか1~3枚目こそが本来のQUEENだと思っているので
涙無くして聴けない2枚です
特に1番大好きな「WhiteQueen」が聴けたなんて奇跡と言っていい!
高音質で再生されており、40年前とは思えないクオリティーの高さ
これぞQUEENのROCKであり、ブライアン・メイの泣きギターが聴ける
恐らく唯一のLive版だと思います。
70年代のROCKは深かったねぇ~、重みがあってさ
80年代に入ったQUEENは、もう違ってしまったから違和感あるもんね。
ROCK好きに激お薦め!!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとDVDも欲しいぞ・・・クリックね!


▲Page top