お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

モズ  

モズ1
NikonD3300 VR70-300mm

トリミングしています。
ここ最近モズさんに逢う機会が多いなぁ。
干潟湾付近の事でしたけどね。



モズ2

全部同じ個体です。
今までで一番良い感じで撮れた ような気がする

ここのところ撮影に行けない日々が続きます。
ここはチャリで行けるんだけど、なかなかねぇ・・・
将来の為、今せっせとオリジナル・ジュエリー作りに専念しているのさっ



モズ3

先日、新宿や銀座を歩いていたら聞こえて来る言葉が
ほっとんど中国語!
いやぁ~、凄いねチャイナ・パワーは・・・

店内に居ると「あれ?私中国に居るんだっけ?」と錯覚しそうなほど。
何とも不思議で不気味な光景ですよ。

昔、海外に行くとどこにでも日本人が居て違和感感じたけど
それが今や日本で中国人の集団に出逢うと同じ感覚を覚える。
何ともねぇ~・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと寒さぶり返し・・・クリックね!


師岡カリーマさん  

カリーマ1
Nikon1 V1 VR10-30mm

今朝(2月24日)の朝日新聞で「中東と日本のはざまで」という題で
師岡カリーマ・エルサムニーさんの記事が載っていた。

カリーマさんは母が日本人・父がエジプト人で東京生まれ。
Eテレ「テレビでアラビア語」ではお馴染みの講師です。

この記事で彼女はエジプトで過ごしていた時のエピソードや
日本で言う「イスラム国」アラブ人達の間では「ダーイシュ」と呼ばれる
過激派組織について書いています。



師岡カリーマさん

大学で教鞭をとっているようですが学生達に

想像力を働かせれば説明出来ることを
決して「イスラム教徒だから」という説明で
理解しようとしてはいけないことです。


そうだそうだ!
以前イラク訪問した当時ブッシュ大統領が現地記者に
靴を投げられた事を取りあげて

:イスラム教には靴を投げることについての教えはありません。
 汚い物を投げるのはその人に対する侮辱だと、
 宗教を持ち出さなくても日本人には分るはずです。


と日本のメディアにも釘を刺しています。
いいね!
彼女はテレビでしか見た事はありませんが
人や考えに色々厳しそうだというのは見ていても伝わってきます。
もっと今の現状について述べて欲しいです。
日本人とのハーフですから余計に厳しい見方をするのかもしれませんが
是非もっと私達にイスラム教徒としても語って欲しいです



カリーマ2
D7000 DX18-135mm

(↑ある雨上がり早朝の羽田空港 記事内容と全く関係ナシ!)

カリーマさんにお会いした事はありませんが
実はお母様を知っています。
ずーっと本当にカリーマさんママなのかなぁ~と・・・
だってぜ~んぜんお顔が似ていないんだもんっ

小柄で優しい’ザ・日本のオバ様’って感じの方なのですよぅ。
でも、時々カリーマさんのお話をして下さると
やっぱお母様なんだぁ、って思う。

カリーマ・パパさんはもう亡くなっていますが
ググるとアラビア語教育者なのね、知りませんでした。
だから厳しいのもあるのかなぁ~、何て思ったりして・・・



カリーマ4
D90 トルコ・イスタンブール  スルタン・アフメット・ジャーミィ

:彼ら(イスラム過激派組織)を確実に孤立させるために
 日本人もイスラム教徒も同じ側の人間だということを
 いつも心に留めておく必要があると思います。


と、記事の最後を結んでいます。

その通りでっす!
テロ組織の人間はイスラムでは無いです。
普通のイスラム教徒達は私達と同じ平和を望む人々。

因みに、ネットでカリーマさんの記事で良いのがあったので載せておきます。

をちこちWochiKochi
http://www.wochikochi.jp/topstory/2012/06/Islamic-World.php

「等身大でイスラーム世界を理解するために」
でも語っています。
是非とも読んでみてね



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと知的美人だわぁ・・・クリックね!


爆音の中で  

泉5
NikonD3300 VR70-300mm+PLフィルター  泉の森in大和市

2月11日撮影だった泉の森。
この日は雪を被った山々を見ながら「んまぁ~信州のよう・・」と
ウキウキ上機嫌で泉の森目指して歩いていたのですが
信号待ちしていた時、三脚に跨ったバズーカ隊員を発見。
雪の山々写すにはこんな所で三脚なんて・・・

と思っていたら、爆音散らしながら戦闘機が次々と着陸態勢。
泉の森は線路を挟んでお隣が厚木航空基地なんすよぅ
だから自衛隊機なんて珍しくもなく日常的なのですが
この日、何故か森の入り口からしてずら~っと空撮り隊が・・・



泉3

森の方の池周辺にも空撮り隊がおり、何だ???

厚木で何かあったのかしら?
やたらと飛んで来るんです↑こんなのが。。

あの爆音炸列は正直うっせぇ~っ!!
着陸寸前だから低空飛行で余計に音の凄まじさは半端じゃないよ



泉4

むむむ?良~く見ると米軍機じゃね??

空撮り隊は米軍機お目当てだったのかなぁ?
こういうの全く分らんのでゴメンね

しかし、こんな爆音の中で人々や野鳥も普通に暮らしております。



泉1

お池ではバンと、手前は誰?
オオバン?の若???
手前が分らないッス。。


どこだっけ、基地の側の小中学校にエアコン付けるかどうかを
投票で決めておりましたよね。
賛成数が足りないとかで見送られたのでしたよね、確か・・



泉2

財政事情もあるのでしょうけど
あの爆音の中で授業って気の毒だと思いますよ。
先生の声なんてかき消えてしまうんだもの。。
他と違う点をもうちょっと考えてあげて欲しい気がする。

ウチは近くに米軍基地があり
オバマ大統領が鎌倉に来た時に乗っていた米軍ヘリが着陸したっけ。
あの時のヘリもかなり低空飛行で爆音だった。

騒音の問題って難しいねぇ。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと2月も最終週・・・クリックね!


水辺での野鳥  

泉1
NikonD3300 VR70-300mm+PLフィルター  泉の森

もう1週間前になってしまったけど、泉の森で・・・

久しぶりにPLフィルター付けて撮ってみた。
コサギが集まっていました。
いつもは居ても1~2羽なんですけどね。



泉2

チュウサギと並んで何見ているのかしら?
こうやって見ると何だか親子みたいに見えちゃうじゃん。。

やっぱ水面にはPLフィルターだね
そうだ、近所の干潟湾にもPL持って行かないと。。



泉3

ぷっくりとしたキセキレイ
ちょっと不細工だけど、時々ここで見かける。
遠いんだな、意外と!
だからトリミングしたけど、良いショットは難しいっス

あら?コガモさんなんて久々見かけたわ。。



おまけ!
泉4

梅が咲き始めておりましたよ、古民家で。


最近何だか人間関係にお疲れ気味・・・
ま、解ってくれる人が居てくれるから少しは楽になってきたけどね。
人とのバランス取るのって、何時まで経っても難しい。
自分が不器用な分、処理時間も長いっ
だから疲れるのもあるんだけどね。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと一人旅した夢見た・・・クリックね!


CP+で思う  

CP+1
NikonD3300 DX18-135mm  パシフィコ横浜

CP+の続き。

Panasonicブースでは4Kを全面に出していた。

4KのTV。4Kカメラ。
4Kカメラってのも出来ていることに驚いたんだけどねワタクシ・・・


CP+2

スマホにそっくりのカメラ。
4Kで撮った写真が展示されていたのですけど
まぁ~クッキリパッキリの超リアルな世界でしたよ

蒸気機関車の煙の中のススやゴミもクッキリ!
野鳥もクッキリ!

学校のイラスト科で’リアルイラスト’という課題があって
まるで本物そっくりに描くのね。
それはそれで凄いんだけど、あくまでも人間の手で描いている・・
その感覚が良いんであってさぁ~。

写真がリアル過ぎるってのは、どうなんだろう??
広告の世界だったらOKだと思うんだけど
写真独特の柔らかさや奥深さといった表現が
パッキリさせてしまう事で、違うモノになっちゃうと思ってしまった。

疲れるんだよね、4K写真見ていると



CP+3

懐かしい’写ルンです’シリーズ。
こんなに沢山出ていたなんて・・・

楽しい時代だったよね、旅先でちょっと記念撮影とかにさっ。
そんな細かい事、要求しなかったじゃん。
ま、今はそれじゃ困る事が多くなっちゃったけどね。

この真逆の世界の良さを、少し見直しても良いんじゃね?



CP+4

撮る楽しさ・・・の概念と言うのかな、価値観と言うのかな?
が、凄く変わって来ているような気がしました。

技術って磨かれて先端をいこうとしますが
それはそれで素晴らしい事で進んで欲しいです。
がしかし、どこまで求めるのか・・・

’ガラホ’に注目が集まって来ているように
行き過ぎても疲れちゃう部分って在ると思うんだよね。

見たままを伝えたいか、そこに自分の想いを入れたいか・・・
写真の世界って難しいねぇ~



CP+5
(シルエット モード)

CP+ってその人の視点によって見方が全然違ってくるね。

私が行った土曜日は22.462人来場だったようで・・
どうりで歩いていても満員電車並みだった訳だ

’御苗場’は毎年撮られる世界の流行があるみたいですね。
一時期はオリンパスのドラマチックトーン使った作品が多かったっけ。
高校生の’写真甲子園’が地味だけど毎年楽しみなのだ。
高校生らしさばかりでなくプロっぽい視点で撮っているんだもん!
地元らしさが全面に出ていて、一番良かったような気がする

以上!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと一度行ってみてね・・・クリックね!


CP+  

CP+1
NikonD3300 DX18-135mm  パシフィコ横浜

カメラの祭典CP+2015に行って来た。
今回は写真8枚あるのでサイズ小さめでサクサクと書いていきます。

Nikon派の私ですがお隣がCANONブースで
新しいレンズの説明だと思うのですが景色が綺麗だったので
思わず撮ってしまった

TAMRONを通りかかったら新製品SP15-30mmの魅力を
阿部秀之氏が熱く熱く語っていて
広角レンズの撮り方をじっくり聞いてお勉強になりました。
阿部氏って何を語っても写真撮るって楽しい!と思わせてくれます


CP+3

SIGMA:新製品150-600mmの全パーツかと。

このレンズ試してみた。
手持ちで構えると私にはかなり重いのですが出来なくも無いかな?
ズーム回してもそんなに硬くなく良い感じ。
カメラがCANONだったのでイマイチ操作が分らなかったけど
お金があったら欲しいかも・・・


CP+4

このバカデカ・レンズって何用なの???
宇宙撮り??


CP+5

今回私が引っかかったのがVixsn
最近流行り?の星空撮る「宙撮り」。

これって赤道儀の一種なのかな???
スイッチを入れると日周運動に合わせてカメラを動かすポラリエ。。
¥47000が安いのか高いのか分りませんが
これあったら便利そう、とかなりズボラな私であった。
買わないけど


CP+2

さぁ、お目当てのNikonブース。
新製品D5500の切断を展示していましたね。
横真っ二つに切断したのも展示していて
見ても分んないけど、メカ好きにはたまらない のかな??


CP+6

私がじっくり聞いたのが
茂手木秀行氏(カメラマン)&小島勉氏(プリンター)お二人の
「プリントしよう!撮るだけでは終わらない、写真の喜び」と題する
プリントについてのお話。

これが60分とかなりたっぷりトークショーで
いかにカメラマンはプリンターさんが大事かという事。
知らない用語や内容が沢山あり
プリントするまで色をいかにカメラマンのイメージ通りに出すか・・・
その難しい世界を初めて知りました

↑これはある写真の色のデータグラフを立体化した映像。
立体からはみ出た部分を設定によって圧縮するだの何だの。。
ド素人の私にはよう分らんかったねぇ・・


CP+7

プリント用紙選びに参考にしてと「この画面写真撮って~」
と促されて一斉に皆さん撮ってたね

色んな用紙があり、その用途に合わせて選ぶのも大変で
色合いが随分違って仕上がるのも、よーく分りました。

これから作品を見る時はそういう視点でも見てみようと思った


CP+9

パシフィコ横浜会場の外はこんな景色が広がっています。
午後になっても続々と人が来ていました。

土曜日はアウトレットコーナーがあり
入場制限かかった程、ものすっごい人が集まってた。
私の今回の戦利品はクイックシュー「雲台」とボディに被せる「easy Caver」。
どちらも市場の半額でした

雲台買っちゃったから今度は三脚だなぁ~・・・


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと人に疲れた・・・クリックね!


福寿草  

福寿草1
NikonD3300 Tamron90mm  泉の森

福寿草咲いているかなぁ~、と期待して大和市の泉の森へ。

う~ん、今年は寒いからか昨年の同じ頃に比べて
まーだまだ蕾状態

昨年は良い具合に咲いていたのですがねぇ。。



福寿草2

蕾が少しニョキッと出始めたってところ、だね。

この日は久しぶりに暖かい日になったのですが
連日の寒さで福寿草のお目覚めはやや遅れている模様。。
ちょっと春は遅めなのかな??



福寿草3

蝋梅はもう見頃は過ぎましたね。
でも、青空バックの黄色は気持ちが良いですね~

・・・・・・・・・・
と、ここまで書いて「下書き」にして時間が経ってしまった。

昨年、学生の不平不満をアシスタントにガーガー言われ
もう終わったかと思っていたのに
講師同士の飲み会でアシストに畳み込みのダメ出しをされ・・・
更には酔った別講師に命令口調であーだこーだ言われる始末。。。
流石に私もカチンッ!ときて言い返したら
何だか少しスッキリしたわ・・
アシスタントとは今期でお別れなんだけどね。

学生に対して私の説明不足はよーく分ったから
4月からは気持ち新たにして取り組む次第でございます。
今期はまだ残っています。
やっと彼らと以前のような関係を取り戻しつつある。
その方が私は大事だと思っているんだけどね



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとCP+楽しみ!・・・クリックね!


カイツブリ  

野鳥1
NikonD3300 VR70-300mm(トリミング)

干潟湾の続き。

湾沿いにチャリで凝視しながら走っていたら
3羽の小さく丸いのを発見!
カイツブリ!と信じて近付いてカメラの準備など
モゴモドしている最中にその3羽が潜ってしまったっ

え?潜っちゃったら遠くに行っちゃうじゃんか!
もう!発見したら撮るっていう大勢にするなんて無理っすよ!!
チャリ乗っているんだもん。。

↑カイツブリ:カイツブリ目 ですよね、トリミングだけど。

でも、左のヒトもカイツブリ???
スマート過ぎないか?
遠くに行っちゃって難しいんだなぁ。。



野鳥2

トリミング拡大しても、やっぱカイツブリさんでしたね

こんなシャープでスマートなカイツブリって初めてで・・・

ここって色々来るんだわ。
いやぁ~、カイツブリも来るって事だけで嬉しかったねぇ。
爆酔中のオナガガモも見たよ。



野鳥3

↑もうちょっと海側に行くとわんさか居たもんね

シギ系って来ないのかな???
それはこれからの研究課題だね。

チャリで走っていて気付いたのは
ココって釣り舟屋があったりして小さな漁港にもなっている。
私以外にその漁港方面に望遠オヤジが一人だけ狙っていたのを
この目で確認したっす

つまり、水鳥撮りが他にも存在しているっていう事。
ムムム、やっぱこの場所は狙いなのか???
でも、その時は私以外チャリ撮りは居なかった・・・

頑張るっ



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとCP+楽しみ!・・・クリックね!


オオバン  

オオバン1
NikonD3300 VR70-300mm  

チャリで15分位の近所の干潟湾。
前回は55-200mmのレンズで撮って
やっぱ遠いわ、と思ったので重いけど70-300mmで・・

早速 オオバン:ツル目クイナ科 がお出迎え。
集団でお食事中だったらしく
水面と水中にしか目が無いって感じで忙しそう。。



オオバン2

あちこちでダイブするんだけど
シャッター切る頃には潜ってしまって、ナント早い事!

ヒョイッと身体を持ち上げてからダイブするんですよ
↑この子はこの後潜らなかったんだけど
イメージとしてはこんな感じ・・・

あら?手前にはヒドリガモさんが。。



オオバン3

ほぼこんなダイブ直後のお尻のお姿の大量生産・・

ヒドリガモは潜らないのかな??
彼らは大人しくゆらゆら~と波まかせでしたよ。

しかし、オオバンのこういう行動を見たのは初めて。
いつもはお池に来る人慣れした水鳥達しか知らない私・・・
ここは野性味たっぷりで、人が来るとそろ~っと逃げるね。
道路から撮っているんだけどね。。



オオバン4

水飛沫をあげて豪快にダイブする輩も・・・

この日は北風ピューピューの鼻たれ小僧状態で
じっとしていられなく、オオバン達も遠くに行っちゃったので
場所を移して水鳥達を探します・・


改めて近所って自然が豊かなんだなぁ~と。
ベランダ前の森にはつがいになったのか
2羽のトビが毎日のようにお気に入りの樹のてっぺんに陣取る。
それを確認するのが何だか日課のようになっている今日この頃。。
楽しい



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雪舞う横浜・・・クリックね!


何とかルリビタキ  

野鳥1
Nikon1 V1 VR55-200mm+FT1  明治神宮御苑

トリミングしました。
ただの証拠写真だけです

明治神宮御苑で以前も同じ場所で↑ルリビタキ♂:スズメ目と遭遇。
今回も姿を見せてくれたのですが遠くって・・・

でも、遠くからでも瑠璃色のBodyは美しかったよ。



野鳥2

ボケボケで撃沈でっす、だから小さめで・・

ここは散策する人が多く
この時も後ろから歩いて来る人が居て
落ち着いて撮ることは出来ませんでした
ま、それは仕方がない事なので。。

他にもエナガが猛スピードで移動しているのを見ましたよ。
チチチッとあちこちからアオジの可愛い声も聞こえて来た。
楽しい野鳥観察が出来る御苑なのです



おまけ!
野鳥3

狙いだったオシドリは今回もご不在でありました
逢えるのだろうか・・???

その代わり↑ホシハジロがお一人様で来られておりました。
バズーカ隊も肩透かしって感じでしたねぇ。。


雪降る雪降るって東京は大騒ぎ
朝の通勤電車は遅延のオンパレードで
学生は大幅遅刻者続出!!
私も予定していた友人と会う日を変えたりしてさっ。
超軟弱体質の都会は面倒くさいね。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとでも寒い!・・・クリックね!


ヨルダン  

ヨルダン2
NikonFE2   JORDAN 1993年8月

「ヨルダン」って聞いて何が思い浮かびますか?

今回、ヨルダンと日本は人質を救おうとしましたが
ヨルダンのパイロットは既に殺害されていたという結果で
本当にISILの卑劣な行為に憤慨沸騰です

日本人にとってヨルダンって薄い存在だと思います。
だけど有名所は色々あります。

↑死海でございます。
何もしなくてもプカ~って浮かぶ塩分半端ない死海。
もう22年前の私が撮った写真ですが
この看板も違うものに変わっているんだろうなぁ。。

塩分が高いから泳ぐ時間は短くしないと
肌が赤くなって大変になるから「自己責任でね」ってことかしら・・



ヨルダン1

何よりもヨルダンを有名にさせたのが
映画「インディージョーンズ・最後の聖戦」の舞台になった所。
インディー達が馬で来て、最後に聖水を取りパパを助けた場所。

↑ペトラの遺跡でございます。
ええ、立っている人物は22年前のワタクシでございます。

岩を削って造った宝物殿。
映画とは全く違い中は凄く狭く、1部屋しかなく
何故こんなものを造ったのか不思議でした。

ここへ来るには馬に乗り、映画さながらでした。
そりゃこの遺跡が見えた時の興奮状態と言ったら



ヨルダン5

ペトラは1日がかりで↑こんな砂漠を向こうに見える岩山目指して歩く。
岩山の上にはもっと大きなAL DEIR修道院という遺跡があります。

その間にも沢山の岩を彫った遺跡が残っていて
崖をよじのぼりながら見学したっけ


ヨルダンはイスラエルパレスチナのお隣でもあります。



ヨルダン3

↑モーゼの杖でございます。

ここネボ山は「モーゼの十戒」が下されたと言われており
’モーゼの泉’があったりします。

つまり、イスラエル国境付近は聖書にまつわる地があるのです。
ここからはイスラエルやヨルダン川といったものが
見渡せる山でしたね



ヨルダン4

「モーゼの杖」の場所には↑のようにローマ時代の遺跡が残っています。
タイルが当時にのまま保存されています。

ヨルダンとモーゼって結びつかないでしょうけど
意外とヨルダン側に残っていたりして
歴史の複雑さをイスラエル方面を眺めて考えふけったっけ



ヨルダン6

そう、ヨルダンにはローマ時代の遺跡が色々あります。

↑ジェラシュ ローマ時代の大都市でございます。
円ではなく楕円状の広場が特徴の遺跡だったな。

ここはシリアからバスでそのまま入国して近かった記憶があります。
ヨルダンに入った途端にシリアより物価の高さに驚いたっけ

首都アンマンの町のど真ん中にはローマ時代の円形劇場があります。
円形劇場はあちこちの国で今でも使用されていて
石造りの建物は2000年以上も変わらず人々を見守り続けている・・・


これを機にヨルダンの人々にも想いを寄せて下さい。
ヨルダンの人々も後藤氏の事を想ってくれています。
私達はお互いにもっと知り合って仲良くしたいものです



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと都会だったアンマン・・・クリックね!


見返り・・させちゃった?  

野鳥1
Nikon1 V1 VR55-200mm+FT1(トリミング)  明治神宮御苑

仕事帰りに明治神宮御苑で野鳥撮り。
かと言って重いイチガンは持って行けないのでV1で。

先ずは池に向かう。
そうオシドリ狙いなんです

↑だけど見つけちゃった違う野鳥さん。
おくつろぎの様子。
誰かしら??



野鳥2

:ナニ?!

何だかえらい剣幕で降り向かれたような・・・

シメ:スズメ目かな・・・?
怖い顔に見えちゃうんだよね、目が
ゴメンよ、気に障ったかな。。

V1に55-200mmはなっかなかピントが合わないんすよぅ
だからこのレンズは評判悪いのね。
しつこく狙っていたから嫌われちゃったんだね。



野鳥3
ノートリミング

明治神宮御苑にはヤマガラ:スズメ目が沢山居ます。
特に池の周りでは歩けば目の前を飛び交います。
外国の方も近くでカメラ構えて撮っておりましたよ。

池にはオシドリ狙いのバズーカ隊が陣取っており
ヒマなのでヤマガラの餌付けしている。
ヒマってことは、ご不在なんだわオシドリは・・・・・



野鳥4

:ナニ見てんの?!

あ!また振り向かせてしまったみたい・・
しかし、まん丸のBodyが可愛いこと

どーも今回は気付かれてしまいます。
ジージーAF合うのを待っているとそうなるんだな、多分。

これってダメ ですよね?
野鳥撮りとしては失敗な行為だと自覚した!
やっぱ一眼レフじゃないとダメね、野鳥は。。。



野鳥5

:構わないでよぅ。

あ!今度はお願いされちゃった。。
目がそう訴えているように見えるのよねぇ。。


ところで・・・・・・
残念な結果になってしまった。
彼らISIL(もう「イスラム国」って書かない!)は涙も心も無いテロ集団。
オリンピックなんてするべきじゃ無いかも・・・・・
それどころじゃなくなっているかもしれないよ、未来は。
本気で取り組まないとテロは直ぐそこまでやって来ているのだから!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとサラーム(平和)を・・・クリックね!


▲Page top