お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

カルミアなど・・  

カルミア2
NikonD3300 Tamron90mm+Kenko×2  くりはま花の国

↑カルミア:ツツジ科 

今まで何度か載せて来ていますが
ツボラー好きの私としてはこの蕾はピカイチだね

とにかく、美味しそうでさぁ~。。



カルミア3

今回の発見は、開き切らない花の後ろに
蕾の時の突起が残っていて、そこが面白い!ってことだね。
この時は蕾に夢中で気付かなかったわ・・

この季節は色んな植物が花咲こうとして蕾が沢山で
ツボラー魂発揮出来て楽しい。
ま、なかなか撮れないんだけどね忙しくって。。。



カルミア4

地面に這いつくばって撮るしかない↑ニワゼキショウ:アヤメ科

この蕾は手毬みたいだね。
だけど、これ見て あー!っと思った。
隣のまだ蕾が膨らむ前の毛だらけの方がずっと面白い!

ん~、残念だなぁ。
撮っている時は全く気付かなかった
だって小さ過ぎるんだもん!

今回はツボラー仕事だと思ったから
Kenkoの2倍テレコン付けて180mmの体制で臨みました。
じゃないと無理だよ、マジで。



カルミア5

で、くるくる~と花開いていくんだね。


ところで・・・・・・
来週からジュエリー職人としてまた動くんだけど
今回は初めてお店の中でお客が居る中
作業をするという20代から考えていたような事が
実現することになるんです。

職人って裏方仕事で、工房の中だけで作業して来ました。
オープンな中で、しかもお客さんが直ぐ隣で・・・って
初体験だから、今から緊張する。。。
出来るのかな?
自分が造った商品以外の修理だのってやって来なかったもん・・
ドキドキ!!



おまけ!
カルミア7
D90 AF Micro60mm

横浜工場限定醸造の一番搾り。
コレね、コクがあって美味しい

他社のクラフトビールなんかより、かなり美味しいぞ。


そうだ、商品撮影には古いけどこのAF Micro60mm使おっかな・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと昨夜の地震怖かった!・・・クリックね!


ヒルザキツキミソウ  

花1
NikonD3300 Tamron90mm  くりはま花の国in横須賀

日暈が出て興奮気味の先週の’くりはま花の国’で撮ったものを。

ヒルザキツキミソウ:アカバナ科

が、沢山咲いていて 見つけちゃったんだなぁ~。
チボラーとしては見逃せないモノを・・・

十字になるハズの雌蕊が蕾だと・・・特集!



花2

こんなメガネ型も・・・!



花3




花4

花びらが開いても、まだくっついているんですね。



花5

で、ようやく片方が離れる。
何だかプチッ!って音が聞こえて来そう
そして、十字になるんですね~。

こういうの、ツボラーとしては最高に楽しい


ところで・・・・・・・・・
何だか急に忙しくなって来ました。
というか、話の展開が急ピッチに進んでしまい
アタフタしています。

オリジナルブランド立ち上げて仕事をしようとしていたんですけど
ひょんなことから、またジュエリー製作のバイトが舞いこみまして・・・
しかも、ネットショップの写真撮影も頼まれてまして。。
商品撮影は本格的にやって来なかったから
今からお勉強!
パール中心だから、かなり難しそうです
ヒョォ~~~~~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと50代からの再スタート!・・・クリックね!


アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)へ  

安曇野1
NikonD3300 DX18-135mm  安曇野市

もう5月も末になっちゃったけど、5月2日に行った安曇野deラスト。

道の駅で駐車させてもらって、Myチャリでちょっとポタリング
↑田植え準備中だった畑の横をアルプス眺めながら走る。
ずっと坂道を登って国営アルプスあづみの公園目指します。

この日も暑くて汗が出る
でも、何て気持ちの良い景色なのでしょう!!

安曇野deチャリは適当に行ったら決める感じにした。
珍しく2泊もして、ちょっと疲れていたし遠くまで行けない。
何となくここが近そうだったから何~も知らずに目指したのだった。。



安曇野2

案内図見ただけでもかなり広そう。

↑5月2日だったから沢山の鯉のぼりが
北アルプスをバックに泳いでおりましたよ。
しかし、緑が豊かでもしかして自然の中の公園なのか??

鯉のぼりの下を歩いてみました。
すると、そこは思いもしなかった楽園だったのだ!



安曇野4

いきなり大好きな↑イカリソウ:メギ科がお出迎え。
えーーー!こんな展開になるなんて思わなかったから
マクロ持って来なかったじゃんか!

ここだけでなく、歩道脇で沢山咲いておりましたよ~。



安曇野5

↑ヒトリシズカ(一人静):センリョウ科

が、本当にお一人様で咲いておられ大興奮に突入してしまった



安曇野6

↑シラネアオイ:キンポウゲ科



安曇野7

↑オダマキ:キンポウゲ科



安曇野3

等々、もう歩けば何か咲いていて
こんな楽しい展開になるなんて想像もしていなくって
大興奮しながら緑の中をお散歩しました。
マクロ持っていればなぁ~・・・・・

家族連れが多く、皆さんの憩いの場になっていたようです。



安曇野8

公園内に川が流れていて(烏川)、素晴らしい景色

もっと奥に色々あったようですが
もうクタクタになってしまい帰ることにしました。
だって、本当にかなりの面積があるようで
1日居ないと味わえない感じ

「あづみの公園」ってここだけではなく、大町・松川地区にもあるみたいね。
入場券でそっちにも入園出来るシステムみたいよ。

最後にやっと花達に逢えて嬉しかったぞ~


長く続いたけど信州の旅もこれでラスト。
見応えたっぷり自然たっぷり、素晴らしい所ですね~
また行きた~~~い!!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと昨日の地震大きかった・・・クリックね!


天体ショー・日暈にびっくり!  

空1
NikonD3300 VRⅡ18-55mm  くりはま花の国in横須賀

虫撮りに久々Myフィールド「くりはま花の国」に行った(5月22日)。
ここは今ポピー畑が見頃を迎えていて、
その様子を撮った時に、横に虹らしきものが見えた。

↑電線の間に虹っぽいのが見えるでしょう?
直線だし何だか変だぞ?と思っていたら
周りが騒ぎだして、皆上を見上げている。

むむむ??
お昼の12時ちょっと前です。



空2
補正 -1.3

ええーーー!!
な・何だこれはっ!
ぶ・不気味過ぎるぞ~

側に居たオバちゃん :10時半には三浦で見たよ、まだハッキリしてなかったけど。

え?って事は朝から出てたってことじゃん。

そのオバちゃん :何だか神様が出てくるみたいだね。
            無事に帰れますように~。

って言いながら去っていった・・・
こ・怖いっ!



空3
補正 -1.7

どーんと上空にこんな輪っかがあると、もの凄い圧迫感に襲われ
私は一人だし、ただただ不気味で怖くって。
だって、円の内側と外側と色違うし雲が更に不気味を演出しているし
鳥達が飛んで行くし・・・(それは普通か)。

何で太陽に弱く白飛びするD3300なんだ!
D7000持って来れば良かったとか、そういう悔しさと
ごちゃ混ぜでかな~りの興奮状態

おしゃべりなオジさんが一人大声で側に居る人達に話しかけ
その一人が

女性 :私、横須賀ですけど前にも見た事あります。
     調べたんですけど、気象状況でこうなるらしいです。

聞いていたオバ様 :不吉な現象じゃないのね??

と、皆ちょっと恐れながら「雨降るの?」とか
それぞれ知らない者同士の気持ちの共有をして
お互いに落ち着こうとしていましたよ



空4

太陽の輪は日暈、別名白虹 だとか。
下の横の直線の虹は 環水平アーク と言うそうな。

雲の結晶に光が当たって通り抜ける時のプリズムで起きるのだそうで。
でもね、ウチの学科長さんって空模様から地震予想している人で
前からこういう現象は地震の前兆でもある!って言っていたから
私、それが直ぐに頭に浮かんで余計に怖かったんっすよぅ

そしたら、夜に奄美大島で震度5の地震起きたじゃんか!!
こ・怖すぎだぞ



空5
補正 -1.0

↑午後2時過ぎには、薄くなっていました。

虫撮りしていたら、背後から

:こういうのは撮らないの?

ってオジさんが声かけてくれ、上を指さす。

:ええ、もうとっくに撮りましたよ。


歩きながら色んな人が通りがかりの人に
太陽を指さし「見ました?」とか言っている。
「放送局に連絡したら良いのに」とか言っている人も・・

:家に居たら見られなかったねぇ。

うん、そうだよね
と、何だか思わぬ天体ショーで面白いLIVE感溢れるお散歩でした


次回こそ安曇野ね~。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと空撮りは難し・・・クリックね!


上高地 河童橋編  

河童橋1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター 上高地

いよいよ最終目的地の河童橋までやって来ました(5月1日)。
鯉のぼりがゆったりと泳いでおりましたよぉ~。

流石にここに来た途端、物凄い人が集まっていて
相当気温も上がっていましたよ。
丁度お昼時でもあったからかしら?



河童橋2

あぁ~、これがガイドブック等で見る絶景ポイントね。
左に2人がしゃがんで川の水を確かめている感じですが
やっぱ触らないとあの冷たさは分らないよ

ここにはお土産屋もあって、とても賑わっておりました。



河童橋3

反対から見るとこんな景色。

ここの土産屋の前に湧水なのかな?蛇口があって
丁度ボトルが空で喉が渇いていたから入れて飲んでみました。
正しく’美味しい水’でゴクゴク飲んでしまったわよ
その水目指して来る人もいたから有名なの??

ここで暫くのんびり休むことにしました。
キャンプ場もあるんですね。
山目指す人達の拠点なのでしょうか・・・?



河童橋4

おサルさん達は、ここで見かけたのですよ

猿に群がる人間達って構図が何だか可笑しくって
写真撮っていてもおサル達が気にすることもなく
ひたすら食事に夢中。

誰も餌やりしていないのはバスの中でも注意があったのかな?
アジアの人達もカメラに収めるだけで、ホッとしたッス。



河童橋5
D3300 VR70-300mm  ノートリミング

川岸に降りて来る輩も居て、人気だったね。

もうお腹一杯の美しき上高地。
大満喫致しました~

7月とか夏に行くと色んな花が見られてさぞや楽しいことでしょう。
その代わり人でいっぱいなんだろうなぁ~。

帰りはバスに乗って駐車場まで戻りました。
バスの方が安かったけど、行きのタクシーは正解でしたよ


次回からは安曇野ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと明け方雷鳴った・・・クリックね!


上高地 アオジ編  

アオジ1
NikonD3300 VR70-300mm(全てノートリミング!)  上高地

これは上高地の田代池付近で撮ったものです。

↑アオジ:スズメ目ホオジロ科

鋭い目つきで探し物をしているアオジ・・・
こっちが狙っている事なんてまるで眼中にナシ!

私がこうして狙っていると自然と撮る輩が増えて来る。



アオジ2

お食事中だったようで・・・

こうして見ると羽はスズメそっくりですよね。
頭と胸が違うだけで・・・
でも、黄緑色が濃いから直ぐにスズメとは違うと分る。

チチッと鳴くので、その鳴き声がまた可愛いんだよね~。
我がフィールドでも良く見かけるけど
なっかなか撮らせてくれない鳥さんでもありまっす。



アオジ3

あれ?何だか虫さんを銜えている様子。。

雪解けの中から探しているんですね。
彼らも必死だから、こっちなんて目もくれない

アオジ撮りの中で、今までで一番良く撮れたような気がします。
雪がバックってのも良いね



おまけ!
アオジ4

おサル その2。

これもノートリミング。
こんな近くで見られる事自体に驚いたんだけど・・・
タクシーの運チャンが

:「ここのサルには餌付けしていないから、人を襲わない」

と、言っていたのを思い出しました。
人間なんて全く無視していました


次回は河童橋付近ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと湿気で髪ボワボワ・・・クリックね!


上高地 コガラ編  

コガラ1
NikonD3300 VR70-300mm(トリミング↓全部)  上高地

上高地で野鳥撮りでございます。

声が聞こえたら立ち止まって探す・・・
旦那も慣れたもので彼も一緒に探そうとする(けどダメが多い)。
そんなことしながら歩くから時間がかかるんだよね。

↑おすまし顔のこの方。
最初、シジュウカラかと思って追っていたのですが
どーも頭の感じが違う。
黒過ぎるんだよね・・



コガラ2

うん、これはシジュウカラじゃないな。。

コガラ:スズメ目シジュウカラ科コガラ属

シジュウカラより小さいんだそうで・・・
お初にお目にかかりました。
ベレー帽被ったような可愛い鳥さんだね



コガラ3

ネコヤナギ?でお食事中。

動きが早いんだもん!
ま、野鳥は大抵そうだけどさっ。
どの写真も手前の枝が被って邪魔していてゴメンね



コガラ4

こんなアクロバチックな姿も見せてくれました~。

やっぱ山行くと平地では逢えない野鳥さん達に逢えて
実に楽しい

だからと言って本格的に山入りはしませんけどね・・・



おまけ!
コガラ5
(ノートリミング)

おやおや??
おサルさんが・・・・・・・(予告編さ)。

次回も野鳥編ね~



3年間通勤で忙しく、4年も自転車のメンテ全くしていなかったら
もうドロドロになっているわ、ネジ取れてたわ
で、慌ててピカピカにし、ネジ探しにチャリ屋に駆け込んだり・・・・
一応スペシャライズドのクロスバイクなんだけどね、
後ろカゴ付けているけど。
恥ずかしいよ、あんなドロドロで毎日走っていたなんて!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとサビだらけ・・・クリックね!


上高地 田代橋・穂高橋編  

穂高橋1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター  上高地

河童橋目指す人達にとっては中間地点なのかな?
↑梓川を左に歩いて行くと田代橋・穂高橋がある
中の瀬園地に辿り着きます。

トイレがあるので少し休憩します。



穂高橋2

橋の上からの眺め。
どこまでもエメラルドグリーンで南国の海を思い出しちゃった

ハワイやモルディブや、そうだトルコのエーゲ海がこうだった!
でも、ここは山だし川だし全然違うのだ。

ここから梓川を真ん中に左右に道が分かれます。
私達は左の道を行くことにしました。



穂高橋3

11時頃だったと思うのですが
とにかく暑くて、1枚脱ぎたい位です
ここから軽装で歩く人の姿が目立ちましたよ。

ホテルが何軒が並んでおり、ルミエスタホテルのテラスで
ランチにすることにしました。



穂高橋4

ホテルの売店ではお弁当が売っており
何だかガイドブックに載っていたような記憶があるな・・・

↑ホテルオリジナルのお弁当 ¥1.100

最後の1つでした。
旦那君は厚切りのカツサンド¥850を。
意外にお手頃な値段でホッ・・・

テラスで梓川を眺めながら頂きま~す。
クルミ入りのにぎり飯が何だか美味しい。
信州の素材を使ったお弁当だそうで、どれも美味しいんだけど
時間が経っていて少々干からびてはおりましたけど・・・



穂高橋5

さぁ~、いよいよ河童橋目指して行きま~す。

ここからはず~っと見晴らしが良い川沿いを歩きます。
あまりにも平坦な道で山だとは思えないほどでしたよ。
もっと坂道を想像していたのですが、完全に裏切られましたわ



おまけ!
穂高橋6
D3300 VR70-300mm

途中あちこちで見かけた、フキノトウ。
天ぷらにして食べたいぞ


次回は途中で見かけた野鳥編ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとさらばB・Bキング!・・・クリックね!


上高地 田代池へ編  

田代湖1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター  上高地

大正池を後にし、池沿いを歩きます。
↑暫くこんな感じの所をのんびり歩いて景色を楽しみます。

所々、まだ雪が残っていましたよ。



田代湖2

途中、梓川へ行く道があったので寄ってみた。

あまりにも透明で綺麗な水で・・・
これがまた冷たいときた!

この日は暑くて、何となく泳ぎたくなる気分でしたよ



田代湖3

林道に戻って進みます。

雪解けで道がぬかるんでいました。
鳥の声を聞いては立ち止まって、野鳥撮りもしながら
自然を楽しみながら、自分達のペースで歩くのが良いね

意外とアジアの方達が沢山来ていて
こんな山奥にまで・・・人気の観光地なんだなぁ~と。。



田代湖4

さ、やって来ました↑田代池

’田代湖’と湖だとばかり思っていたけど池なのね。
大正池のようではなく、水も少ない感じ。
で、赤いんだよね。

周辺も赤くって、この赤の正体は何だろうか???



田代湖5

こんな感じで、赤いでしょ?
美しいとはちーと思えなかったんだけど・・・

池より湿原化が進んでいるそうですよ。
季節になると、湿生植物が花を咲かせて綺麗になるんだろうな。
とにかく、私の目にはこの状態は「?」でしたけど・・・



田代湖6

ここは縦撮りばかりしていた。
でないと美しくなくってさぁ~。。

この先、左右に道が分かれるのですが
右側の林道は立ち入り禁止でした。
相当足場が悪そう、と言うかボウボウな感じ?だった。

かなりのんびり歩いていたので
多くの人達に追い越されていました。
それで良いのさ~。
じっくりと大自然を味わいたいもんね~

次回は中の瀬園地へ。


ところで・・・・・・・
昨日はMy Birthdayだった
旦那君は遅かったのでお一人様でスパークリングワインで祝った。
昨年は最悪の年だったけど、何となく運気が上がって来たような・・・??
ま、気持ちの問題だけどね



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとGoGo50代!・・・クリックね!


上高地へ 大正池編  

大正池1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター  大正池in上高地

諏訪湖のホテルを朝6時に出発
上高地へ向かいます。

駐車場の誘導に従って入れたのですが
そこから上高地に向かうバスに乗り換えます。
が、丁度バスが行った後だったらしく
駐車場料金払っていたらトレッキング格好の夫婦と一緒になり
「タクシーで行ったら?」とそこのオジさん達に薦められ
そのお二人と大正池まで一緒に乗り合わせることにしました。

行くまでドライバーのガイド聞きながら「へぇ~」などと楽しく
大正池停留所手前で「今日は綺麗に水面に映っていますよ」
と言われ、そこで降りて解散。
恐らくバスより詳しく良い場所で降ろしてくれるから良いかもよ

↑朝9時の大正池でございます。
めっちゃ快晴で穂高連峰がクッキリ、水面にもクッキリ!!
あまりの絶景にしばし呆然・・・・・



大正池2

左の方には焼岳かな?

大正池:
大正4年、焼岳大爆発で梓川がせき止められて出来た池。

だそうです。
ここの展望台は池より上で見渡すには最高だね。

水の色がエメラルドグリーンなんだもんなぁ~。。。
空気は澄んで美味しいし雪がまだ残っていて良い感じ。
さ、池の畔に向かいましょう。



大正池3

車道を歩いて行くのですが
そこからもこうした風景が見られて気持ちが良い

ん~、初めて来たのですがタクシー使って正解だな。
バスよりちょっとだけ高いけど、バスだったら知らなかったもん。



大正池4

OH!!Beatiful!!
池の畔まで来ました。
エメラルドグリーがこちらに来るとより一層広がるんですね。
ただ、水面に映る姿は展望台の方が遥かに良かったな。

ここに来ると人が沢山訪れておりました。
三脚で撮っている方も居ましたよ~。
いやぁ~やっぱPLフィルター付けて正解だよね
この美しさは出せないもん!

色んなブログ等でこの風景は目にして来ましたけど
これはここに立たないと空気が分らないよ。
この素晴らしい景色を見られただけでも、もう大満足

人気なのがよーく分りましたよ。



大正池5
D3300

パノラマで撮ってみました。
何しろスケールがデカくって収まり切れないっ


さぁ~、河童橋目指して歩きま~す


ところで・・・・・・・
新学期が始まりました。
昨年は苦しい日々で学生からの初めての反発喰らい
自信喪失してしまいましたが
新たな気持ちで1年生を迎え、以前の手応えを取り戻した・・
ような気がします。(ほっ・・・



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと頑張るぞ!・・・クリックね!


湿原で野鳥撮り  

野鳥1
NikonD7000 VR70-300mm(トリミング)  車山湿原in霧ヶ峰

先ずは前半の野鳥撮り
湿原は花も何も無く、たまーに野鳥が遠くで飛ぶのを見かける程度。
車山湿原で出逢った方。

↑むむ?黒っぽい。
白黒ってのは誰なのだろうか・・・?



野鳥2

胸元というのかな?に少ーし黄色が見えます。

↑キビタキ  なのかな??(ジョビ君?)
↑ノビタキ夏羽の可能性大ですね。有難うございました♪)

白色が多いから、若いってことなのでしょうかね。。?
この方しか撮れませんでした。



野鳥3

さっさと引き揚げた「池のくるみ」湿原で。

ん~、正面って判断が難しくって

この方も胸元にオレンジ色が見えます。
この後、ぱっと飛んで行ったんだけど。。



野鳥5
(ノートリミング)

ん~、誰だろう???

モズ かなぁ?
何か横顔の嘴がモズっぽくないような・・・
でも、飛んでいる姿だとモズ ですよね?(まだ自信無いな・・)


目の横ラインが決め手 だろうねきっと。。
(↑ノビタキ・メスの可能性大です。有難うございました♪)



野鳥4

駐車場に出る直前に出逢ったよ。

↑ジョウビタキ(♂) ですね。
これだけは分ったぞ!

いやぁ~この方にはやっとお逢い出来ました~
今シーズンはダメかと諦めていたんだもん。

野鳥撮りは楽しいなぁ~


ここのところ忙しくて・・・
GW終わった途端に用事&仕事でめちゃ忙しです。
なかなかご訪問出来なくてゴメンなさ~い



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとやっと新学期になります・・・クリックね!


諏訪湖 哀しき間欠泉  

諏訪湖1
NikonD3300 DX18-135mm  諏訪湖in長野

大満足の高島城を後にし、疲れた足取りで諏訪湖にチャリで戻る

何しろ午前中に車山登って湿原歩きし
おまけに小さいけど高島城址を歩いたんだもんな~。
駐車場にとにかく一旦戻り、どうすっぺ・・・

疲れた頭でもう少し先を走るか、とか旦那が言うので
走った途端に、ガイドブックにあった「足湯」発見!
その隣に何やら建物があったんだけど
とにかく、判断力激低下の我々に何をする気力も無く・・・

ヨレヨレでとにかく自転車置いて、人が集まる所に行ってみた。


諏訪湖3

お、これってガイドブックにあった諏訪湖間欠泉センターじゃね?

ガイドなんて持って走っていないけど
微かなる記憶によると絶対にそうだ!

何やら間欠泉噴出まで15分ほど・・・ん?
どうりで人が集まっている訳か。
じゃ、見てみっか。。
キュ~ッとかって、機械的な音がするんだけど・・・

↑時間過ぎて、ようやく頭が出て来たよ。



諏訪湖4

OH!って、これが噴出して数秒の事だったのですが
これ以上は上がらず、その後直ぐに撃沈していったのだった・・・

え?これだけ・・・・・???

周囲も失笑で「コンプレッサーで動かしているからね」って
誰かが言っている。
あ、そういうこと??


:温泉掘削中の昭和58年に噴出した間欠泉は高さ50メートルまで自噴し、
 当時は世界第2位の高さとうたわれました。
 現在はコンプレッサーで圧縮空気を送り、上部の冷えた温泉を取り
 除くことにより、間欠泉を噴出させています。

コピペしました。
何だか哀愁が漂う間欠泉ショーだった。。



諏訪湖5
D7000

その後、ホテルへ。
部屋から見えた諏訪湖に落ちる夕陽。


長~い1日だった。
ホテルは温泉なので、ゆっくりしましたとさっ

ただ、素泊まりだったので夕飯はファストフード
最悪・・・

次回は、湿原で逢った野鳥ね~

(すまぬが、予約投稿にしました 忙しくて)


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと缶ビール美味し・・・クリックね!


諏訪 高島城へ  

城1
NikonD3300 DX18-135mm  諏訪市

車山高原から下りて来て、諏訪湖の駐車場に入れ
そこからMy自転車でポタポタしてみました

予約したホテルの近くにお城があるのを発見!
え?とちょっとばかり驚いたんだよね。
諏訪湖にお城って・・・(無知って怖いね)。

道路標識に従って走って行くと
子供達がチャリを止めて入って行く公園が・・・ここか??
藤棚の向こうに見えるじゃんか、お城が!



城2

うぉ~、小っちゃ~
でも、なかなか立派じゃんか。

高島城:
高島城は別名「浮城」(うきしろ)とも呼ばれ、400年ほど前の慶長3年、
豊臣秀吉の家臣「日根野織部高吉」により築城され、
諏訪氏の居城としてその威容と要害堅固を誇ってきました。


コピペしました。
諏訪って諏訪氏が治めていたんですね。
初めて知った次第で・・・

¥300で中を見学出来るのですが撮影禁止。
お堀があるんだね、何て言いながら
展望室から眺めると、ホントだ!有るじゃんか!
公園の入り口から入ったから全容が分らず・・



城3

Oh!やるじゃんか!
松本城には及ばないが、こぢんまりとしたお城。

こんなお城が諏訪湖の側にあったなんて!
歴史を紐解くと色々な出来事があった様子ですが
元々は諏訪湖畔に在ったけど、埋め立てられて今の姿に(みたいよ)。

ぐるりと周囲を歩きました。



城6

1周して元の公園入り口まで戻って来た。
中は小さいながら日本庭園があり、子供達が遊ぶ遊戯あり
そして護国諏訪神社まである、てんこもり城址 

その公園に入った途端に何やら聞いた事が無い声が・・
カエルとも違うけど、ゲゲッゴゴッみたいな合唱なんだよね。

何だ???と、ふっと上を見ると・・・・・



城4

えーーーっ!!
ダイサギ?アオサギ? の巣が・・・・・・

こりゃ~初めてお目にかかりましたっ。
お城の周りは住宅なんだけど、まさかこんな所で。。
お堀はあるけど、諏訪湖までは飛んで行かないとエサ無いよ。
それとも近くの川から獲って来るのかな??



城5

こんな風に諏訪神社の樹の上に沢山巣が見られました。
だから合唱だったんだわ。。。

何だかとっても意外で、小さいけど見応えがあり
近所の子供や人々の憩いの場だというのが
何だかホッとするような、そんなお城でしたね


おまけ!
城7

お城の外で撮った カワラヒワ?(マヒワorノジコかも・・)
かなりのトリミング。


今回の旅で野鳥撮りもしました。
それは後日まとめてアップ予定ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと箱根山はどうなる?・・・クリックね!


車山湿原を歩く  

湿原1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター  車山高原in霧ヶ峰

車山山頂は寒かったので、前記事のリフト横の階段を下り
左の方に歩くと車山乗越 1815m地点に来た。
この先に車山湿原が広がっている ようです。

ここでランチタイムにしました
11時だったのですが、何しろ5時出発でここまで来たからねぇ~。



湿原3

車山頂上が1925m、ここから110mの差しか無いのに
ここは風は弱く上みたいに冷たく無く、ほどよい暖かさ。
たった110mなのに、こんなに違うなんて・・・

山を侮ってはいけませんな。
神奈川の大山に登った時、えらい目に遭いましたから・・
経験すると身に染みちゃうね。

さ、食べたらさっさと先に進みましょう。



湿原2

湿原の方に歩くと、左右の別れ道になります。
右の方に進むと、昨夏行った八島湿原の方まで行けるのかな?
小高い山に道が見えますが、多分あれを行くんだと思います。

私達もちょっとだけ右の道を進みます。
すると、すれ違ったご夫婦から「この先にザゼンソウが少し咲いてましたよ」
と、有難い情報を頂きました

(↑は左の道から見た風景ですけどね。)



湿原4
VR70-300mm

↑ザゼンソウ(座禅草):サトイモ科 僧侶が座禅を組む姿に見えるとか・・

お初にお目にかかりました。
これがザゼンソウね~。
ん~、確かに地味 だな。。

この花、発熱して雪を溶かして咲くんすか??
変わった花ですねぇ・・・



湿原5

こんな風に竹の子みたいに地面から顔出すんですね。
もう見頃は過ぎていて、茶色になったモノが多かったです。

どこにも花なんて咲いていなかったから
ま、地味だけど逢えて良かったよ



湿原6
D3300

別れ道まで戻って、左側を歩きます。
そうすると駐車場の車山肩に行けます。

途中からずっと登りになるのですが
道が小川化して歩き難い

すると、先の方に雪が残っており
そこから溶け出した水が歩道を川のように流れていたのでした。
そっか、この時期はこういうことに気を付けないとダメなのね



湿原7

残雪を登って歩いて行くと、車山肩に戻って来ました。
9時半から登って、12時にここに戻りました。
いやぁ~、満足満足

トイレはここにはあります。
登る前に済ませておいた方が良いですね。

時間があったので、下った「池のくるみ」という湿原に寄ったのですが
そこは本当にな~~~んにも無かったので
速攻で中止にし、諏訪湖に向かいました


次回は諏訪湖ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと足疲れた~・・・クリックね!


車山高原へ  

車山1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター  車山in長野

我が家のGWは前半でした。
珍しく2泊3日かけて軽くハイキングして来ました~

昨年行けなかった車山にリベンジでっす。
先ず、車山肩を目指して朝5時横浜の自宅出発。
そして9時半から車山肩の駐車場(無料)から登り始めました。

↑左上に見える丸い白のレーダー観測所目指すんだけど
山頂が’見える’ってのが良いね。



車山2

前に夫婦らしきカップルが歩いていたのですが
あらま、まだ雪が残っていてその上を歩くんですね。

雪の上を歩くことは想像していなかったです。
寒いかと思っていたけど、意外と暑いのね
だから雪が不思議でしたよ。。



車山3

少し登って振り返ると車山肩の駐車場が見えます。
GWとは言え、平日ですからガラガラですね。

ここはニッコウキスゲが咲くので有名のようですが
な~んも無かったっスね

いーの!
向こうにまだ雪を頂く山々が見えるでしょう?
この風景が見たくて行ったんだもんね~



車山4

ちょっとゆっくり歩いて登ったから45分かかって頂上です。
途中、若い女性一人が爽やかに「こんにちは~」と
言いながら軽やかに走って登られていました

1925m、霧ヶ峰最高峰の車山 だそうです。
快晴でぐる~っと山々が見えて、最高に気持ちが良い景色
いやぁ~、こりゃ良いですねぇ。。

ただ、流石にここに来た途端に風が強く
しかも、冷たい風で気温が下がっておりました。
なのに、お弁当広げている人達がチラホラ・・・・・



車山5

見える山が何の山なのかさっぱり分からないのが残念!
街並みも見えるし、本当にお天気が良くって良かった

これで花が咲いていたらもっと楽しかったのになぁ~。
でも、それは仕方ないの。
そういう時は人も車も一杯で疲れちゃうもんね



車山6

車山肩から徒歩では無く、リフトで来る方法もあります。
犬連れて来ている人達はリフトでしたね。
トイレは無いです

我々はここを下って湿原方面を目指します。

しかし、PLフィルター持って行って正解!
少し霞んで見えたから、フィルター大活躍ですよ


帰って来てから、あれこれ用事もあり
かなり疲れてしまいました~
やっぱ’お歳’なのかしらん?

ガンガン更新予定で~す



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと渋滞ナシだった・・・クリックね!


▲Page top