FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

車山湿原を歩く  

湿原1
NikonD7000 DX18-135mm+PLフィルター  車山高原in霧ヶ峰

車山山頂は寒かったので、前記事のリフト横の階段を下り
左の方に歩くと車山乗越 1815m地点に来た。
この先に車山湿原が広がっている ようです。

ここでランチタイムにしました
11時だったのですが、何しろ5時出発でここまで来たからねぇ~。



湿原3

車山頂上が1925m、ここから110mの差しか無いのに
ここは風は弱く上みたいに冷たく無く、ほどよい暖かさ。
たった110mなのに、こんなに違うなんて・・・

山を侮ってはいけませんな。
神奈川の大山に登った時、えらい目に遭いましたから・・
経験すると身に染みちゃうね。

さ、食べたらさっさと先に進みましょう。



湿原2

湿原の方に歩くと、左右の別れ道になります。
右の方に進むと、昨夏行った八島湿原の方まで行けるのかな?
小高い山に道が見えますが、多分あれを行くんだと思います。

私達もちょっとだけ右の道を進みます。
すると、すれ違ったご夫婦から「この先にザゼンソウが少し咲いてましたよ」
と、有難い情報を頂きました

(↑は左の道から見た風景ですけどね。)



湿原4
VR70-300mm

↑ザゼンソウ(座禅草):サトイモ科 僧侶が座禅を組む姿に見えるとか・・

お初にお目にかかりました。
これがザゼンソウね~。
ん~、確かに地味 だな。。

この花、発熱して雪を溶かして咲くんすか??
変わった花ですねぇ・・・



湿原5

こんな風に竹の子みたいに地面から顔出すんですね。
もう見頃は過ぎていて、茶色になったモノが多かったです。

どこにも花なんて咲いていなかったから
ま、地味だけど逢えて良かったよ



湿原6
D3300

別れ道まで戻って、左側を歩きます。
そうすると駐車場の車山肩に行けます。

途中からずっと登りになるのですが
道が小川化して歩き難い

すると、先の方に雪が残っており
そこから溶け出した水が歩道を川のように流れていたのでした。
そっか、この時期はこういうことに気を付けないとダメなのね



湿原7

残雪を登って歩いて行くと、車山肩に戻って来ました。
9時半から登って、12時にここに戻りました。
いやぁ~、満足満足

トイレはここにはあります。
登る前に済ませておいた方が良いですね。

時間があったので、下った「池のくるみ」という湿原に寄ったのですが
そこは本当にな~~~んにも無かったので
速攻で中止にし、諏訪湖に向かいました


次回は諏訪湖ね~



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと足疲れた~・・・クリックね!


▲Page top