FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

日本郵船が集合 氷川丸編1

山下1
NikonD7000 Tokina12-24mm  山下公園in横浜

20日海の日の続き。
あまりの暑さで¥100バス赤いくつ号に乗って赤レンガ倉庫で降りた。
何せ乗って来る人の多さに驚いて、じゃここからてくてく歩くか、と思って。

大桟橋には飛鳥Ⅱ(真ん中)が停泊しているのは直ぐに分ったけど
反対側(右側)はもっとデカい貨物船が停泊していた。
飛鳥Ⅱだって大きいのに、貨物船がデカくって小さく見えちゃう
貨物船って・・・・
だって、大桟橋って客船しか泊れないんじゃね??

調べたら日本郵船の’自動車運搬船AphroditeLeader’だそうで。
飛鳥Ⅱと一緒に見学会が行われていた様子。
飛鳥Ⅱも日本郵船。

こんな光景は見た事無いぞ!!
貴重な機会だったみたいです。



山下2

てくてく奥まで歩いて日本郵船氷川丸へ。
左側の大桟橋に停泊している貨物船とツーショット。
こんな風景も珍しい事でしたよ。

さて、この日は入館料が無料
汗が噴き出る暑さの中、滅多に入らない氷川丸を見学に行こう


山下3

日本郵船 氷川丸:
1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速貨客船。
喜劇王チャップリンも乗船しました。
第二次大戦中は海軍の病院船として活躍。
2003年には横浜市指定有形文化財に指定されている。
戦前、シアトル航路の外航貨客船として活躍した当時の資料を元に改修された、
アールデコ様式の一等食堂や、一等喫煙室、一等特別室など客室を見学できる。

ネットからコピペしました。
何だか若い時に見た船内とは違った感じが・・・



山下4

喫煙室・・・だったかな?
もちろん船内は今は禁煙で飲み物もダメ!

当時はこんなに明るかったかどうかは分りませんが
なかなか内装は重厚感があり、社交場としても活躍したんですね

あ、鏡に余計な者が映っていますがスルーしてね



山下5

このPOSTの中はどういう手紙で溢れていたのかな?

20代の時、モルディブに社員旅行に行った時の事。
モルディブはイスラム教スンニ派だから島々のホテルで働く人達は
スリランカから来ている人達が多かった。
だから、当時スリランカ経由で帰国する私達に
空港で良いからと、従業員達から手紙を託されたことがあったっけ

でも、ここはシアトルと日本を結んだ船だもんね。
戦時中とか、手紙届いたのだろうか・・・??



山下6

↑一等特別室にはちゃんとバスタブ付きのお風呂があった。
なかなか素敵なお部屋です。

船内の床は真ん中に向かって傾いている感じで
歩いていても揺れている感じがしました。
あぁ~、船旅って憧れるなぁ~~~


次回に続く



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと船酔いしなきゃね・・・クリックね!