お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

クルドの新年祭・ネウロズを川口で見た  

ネロウズ1
NikonD5500 DX18-135mm  JR川口駅前in埼玉県

クルド民族新年のお祭り「ネウロズ」を3月20日見に行って来ました。

クルド:トルコ北部~シリア北部~イラク北部にまたがる
    クルディスタンに住む。
    国家を持たない(持てない!)世界最大の民族集団。
    日本に於いては彼らを難民認定はしておりません!

日本では埼玉の蕨市や川口市に多く住みます。
昨年友人と蕨にちょっと偵察に行ったのがきっかけで
かなりクルド人の事が気になってしまいます。
facebookで新年祭をやるとあったので、一人行ってみました。

↑男性が挨拶を述べていたのですが
難しい日本語をメモも見ず、しっかりとこの「ネウロズ」について
蕨市&川口市民と日本に対して感謝の言葉を述べておりました。

地域で色々と活動をしているクルドの人達や
クルド支援団体の人達に感謝状など渡すセレモニーが終わると
早速女性達が民族音楽と踊りを披露です。



ネロウズ2

中東ではお馴染みのタンバリンのデカい感じの太鼓を打ちながら唄う。
この太鼓の裏側にはぐるりと10円玉位の大きさの金属が付いていて
鈴のような音が聴こえて来ます。

そして興奮するのは、甲高い声を出しながら舌をレロレロ~とするの・・
あれ何て言うのか分からないけど、歌には必ず付き物だね。
あれ聴くと中東に来ているなぁ~と思うのでありまっす。



ネロウズ3

やがて広場の中央を大勢の女性達が集まって
輪になり回り始めました。
こりゃ圧巻でしたね。

まずその衣装に私は目が奪われて、どう撮っていいのやら・・・
結構ハデですけど、よーく見ると
花が刺繍されていたりする素敵な衣装。
トルコ周辺って刺繍が盛んなのです。

’イーネオヤ’と言って縫い針で編むトルコの伝統手芸が有名。
’イーネ’は針、’オヤ’はスカーフの周囲の縁飾りのこと。
クルド女性の衣装にはオヤとは違う刺繍が見られました。



ネロウズ5

このスカーフのオバちゃん、凄く良い顔しております。
恐らく若い頃はクルディスタンで暮らしていたのでしょう。
まさか遠い日本で暮らすなんて思いもしてなかったでしょうに・・・
何だか涙が出て来ます。。

オバちゃんのスカーフは’オヤ スカーフ’だと思われます。
スカーフの縁にオヤが見られるもの!
素敵だ!


彼らの言葉はトルコ語とも違うけど、ちょっと似ている部分もあったな。
トルコ語より聞き取り易いような感じっての?
トルコ語より流れる感じの音だったな・・・
語尾はどこかアラビア語っぽい ような気がした(分かんないけど!)。
異国の言葉の中に埋もりながら
非常に心地良い空間に身を置き
色々と考えさせられました。。



ネロウズ4

この広場の9割はクルド人でした!
こんなに一同に集うって新年祭のネウロズ位なのでしょうか。。


日本はトルコと友好関係を築いているので
クルド人を難民と認めない、とTVニュースでやっていた。
マジか?!こんなにトルコ・シリア・イラクから虐げられ
不当な虐殺が繰り返されているにもかかわらず??
日本って難民に冷た過ぎる。
シリアだけでなくクルドの事ももっと日本人は知るべきだと思う。



ネロウズ6

食べ物しか買わなかったけど、力になれたかな?

日本難民支援協会・日本クルド文化協会・日本クルド学生連盟など
色々支援団体が活動している事をここで知りました。

文化交流が一番分かり易いと思う。
私だってアラビア書道を通して色々知る機会があるからね。
難民になんて誰だってなりたくないのだし。。
その国でしっかりと暮らし交流し、お互いを理解し合うって
すっごく大事だと思います!
私も微力ながらアラブ・イスラム文化を広めていきたいと思います。


ネウロズ ピロズ ベ!(ネウロズおめでとう!)

https://www.facebook.com/nihonkurdish/



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと食べ物美味しかった・・・クリックね!


▲Page top