FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

アグラへの道6 濃霧編

霧2
OLYMPUS XZ-1 アグラ方面inインド

2013年1月2日、この旅のメインの場所へ早朝向かう。
何故インドに行こうと思ったのか・・・

それは・・・タージ・マハルをこの目で見てみたい!

その為だけに計画したのだった
この日はH☆Sの日帰りツアーに日本から申し込んでいた。
参加者は私達含めて日本人5人。
全員タージ・マハル目当てにインドに来た人達でした。
この為にその日の夜中に着いた青森から参加した男性も居たわよ。

全員楽しみにしていたのに、走り出した車から見える景色は
もっ凄い濃霧でな~んにも見えない
しかも、超寒いときたっ!
車には暖房付いていなくて全員凍えながらのツアー

↑途中トイレ休憩で寄ったドライブインから見た入り口。
ドライバーも大変だったんだけど
こ・こんなんであの大理石真っ白タージ・マハルの姿は
拝められるのだろうか・・・


霧1
Nikon1 V1 VR10-30mm(下も)

アグラに着く手前で何やら見学。

↑確かムガル帝国7代皇帝アウラングゼーブ帝の廟だったような・・
RAW現像してもこ~んなに霞んで見えないッス

アウラングゼーブ帝(在位1658~1707)は
熱心なスンナ派イスラム信者でヒンドゥー寺院をモスクの建て替えたとか。

どうりでこの廟もイスラムの香りが・・・
赤砂岩で出来ていて上の部分は大理石だそうだが
全く見えないんですけどぉ。。。。


霧3

ほら、立派なイスラム模様が見られます。
ちょっとウズベキスタンで見たモスクや廟に建物の感じが似ている。
ただ、’赤砂岩’といのがこちらの特徴のようです。

せっかく来たのに全体が見られなくて残念です
中には入らず直ぐに車に戻ります。


霧4

段々アグラの街に近付いて来ました。
信号待ちの時だけど、バイクの多い事!
しかも排ガスで煙っているじゃんか
よく皆平気でいられるよねぇ。。。

中にはバンダナらしき物で鼻と口を覆っている人も見かけた。
問題なんじゃね?


ところで、この日の寒さは尋常じゃなかったようです。
証拠に・・・

霧5

次の日の現地の新聞。
この44年で一番寒かった ってことでしょ?


【ニューデリー=田原徳容】インド北部は昨年末から1月初旬にかけ、強い寒波に見舞われ、
路上生活者らを中心に少なくとも107人が死亡した。

 多くが凍死とみられる。
国土の大半が熱帯気候の隣国バングラデシュでも10日、
1971年の同国独立後の最低気温となる3度を記録するなど冷え込みが強まり、
80人が死亡した。

 インド政府などによると、近年、冬期間に激しい大気汚染のせいなどで濃霧がひどく、
気温が上がらない傾向があるという。
首都ニューデリーでは今月2日に最低気温が平年より3度低い4・8度、
最高気温も10度低い9・8度となり、過去44年間で最も気温が上がらなかった。
(@niftyニュースから抜粋しました)


だそうです。
現地ガイドによるとその1月2日のアグラは0℃だったそうです。
寒いハズだわ、空気が汚いハズだわ


さ、次はいよいよお目当ての・・・かな???



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッと雪降っている横浜です・・・クリックね!