FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

夕暮れの江の島  

江ノ島1
NikonD5500 DX18-135mm  片瀬海岸in江の島

友人の作家達が江の島方面のギャラリーで展示&お茶会を開くというので
前日に予約入れて行って来ました。
江の島なんて何年ぶりかしら・・・?

このところ、出店の度に悲しい想いをして来ていて
17日の横浜ハンドメイド・マルシェでは完全に負け組になった私・・・
値段だけ見てあからさまにそっぽ向き見向きもしない人の多い事!

「何なんだっ!!」と段々腹が立って来た。
ハンドメイドなのだから作家達が手作りして他に無い物作っているのだから
それなりの値段になるなんて当たり前じゃないか?!
私なんて同業者から「安過ぎる!」と驚かれるくらい値段抑えているのに・・・

入場料払って来るのに、1000円前後の物に人は集まっていた様子。
以前のような「分かる人達」がたまたま来なかっただけなのか??
フツフツとやり場のない怒りのようなものを抱えてしまいクサっていたところだったので
ギャラリーに出すような作家達の意見を聞いてみたかったのですよ・・



江ノ島2

↑日が暮れて来たのでサーファー達は引き上げていました。


私の「悲しい想いをする」という言葉にドッと湧いたお茶会。
それぞれそういう試練を踏んで、違う道を探り今に来ている人達だったのだ。
その経過を聞くと、作品にかける想いとどういう人に買ってもらいたいか・・・・・
という選択をするとどういう方向に向かうのかを示してくれたような気がしました。

知的だ・・・なんて知的な考えと行動だろうか。。
と、そういう芯みたいな部分が弱い私には「知的」に見えたのだった。

いつもアラビア書道ワークショップでお世話になっているスタッフさん(画家)にも
「次のステップにいくべきだ」と言われた。

むむむ・・・・・・・
やっぱそろそろ本腰入れてステップアップする時期なのかもしれんな。。



江ノ島3

↑展望灯台のイルミは日が暮れ真っ暗になったら美しかった。


私は自分のコレという「独特の世界観を出すような作品」としては弱い。
とても中途半端なモノではあるのはよーく解っている。
そこを来年はどうしていこうか・・・
もっと深く自分を掘り下げて「作品」というモノと向かい合わねば
先に進めないだろうな。
もう引き返せない!

来年は今年よりHardな挑戦になるのだろうな・・・




にほんブログ村←&↓ポチッと苦悩は続く・・・クリックね!


コメント

綺麗な夕方の写真ですね
逆光なのに展望台のイルミネーションがはっきり撮れている
やはりカメラかな
多分私のカメラでは撮れないだろうな
これから空気が澄んでこんな夕方が頻繁に見られますね

お忙しそうで更新の間隔が開きますね

デジタルクマ #64TjWBNY | URL
2018/11/24 13:17 | edit

e-53デジタルクマさん
良い時間帯に帰りの時間になりました。
外に出た途端に空が・・・って感じで興奮しながら海岸沿いを
歩いて撮りました。
私、滅多に夕暮れ時に外を歩いていないんですよぅ。
だからこういう時しかチャンス無いんです。

展望台のイルミはまだ薄っすら明るかったから微妙でしたが
マイナス補正しながら撮ると良いですよ。

年内いっぱい忙しいです、何故か・・・
お金が一切入って来ない忙しさって、どうなの?って感じですが。。。

サラーム #- | URL
2018/11/24 23:20 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top