FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

ボヘミアン・ラプソディー  

Queen.jpg
NikonD5500 DX18-135mm

年の瀬、最後の記事なのに「ボヘミアン・ラプソディー」の感想。
観た後に書きたかったけど、とにかく出店関連で忙しく
とうとう最後になってやっと・・・

何故、こんなに’Queen’といか’フレディー・マーキュリー’が注目される時代になったのか?
私は小学生4年?の頃、それこそボヘミアン・ラプソディーが入ったアルバムの
「オペラ座の夜」が発売された頃からファンでして長いのだよ。
仙台に居る従姉がレコード持っていて、聴いている内にファンになったって訳。
70年代後半からROCKの世界はかなり活気が出ていた頃。
UK(イギリス)もアメリカも競うようにROCK&ポップスサウンドが花盛り。
ラジオから流れる曲のほとんどがワクワクで楽しい時代だった・・・
全米トップ40の湯川れい子さんやDJケーシー・ケイサム等は絶対だった。

リアルタイムで知っている世代なので、見方がちょっと違っていると思う。
というのもだな、28日が学校最後の授業で学生に聞いてみたのだよ「観た?」って。

そしたら、12名中4名が手を挙げた。そして、その全員が「感動した」と・・・
1名が韓国留学生でちょっとお姉さんなのだが細かく感動理由を話してくれた。
他はまだ十代で、どういうところに感動したか突っ込んで訊いてみたりした。



Queen2

↑2011年東京タワーで開催されたQueen40周年記念の’Queen Forever’の時の物。

若者達はフレディーの生き方や色んな要素を取り入れた曲作りなど
私からすれば「それがQueen」というそのものに感動したみたい・・・だな。。

あの映画は非常によく出来ている。いや出来過ぎている。。
もっとドロドロしていたハズなのに余計な物はカットして上手く描いた。
型破りで同じアルバムは出さないのがQueenで、斬新でクールで
そしてハチャメチャで酷評されるのもQueenだったのだ!
正直、理解出来ない時期もあった、これがQueenなのか?と。
後にそれは取り巻きが悪過ぎていたのが解ったんだけどね。

当時、私が小学生の頃からフレディーがゲイ(当時はホモ)であることは
広く知られていたし(それが外国では普通だと思っていた)
最後の方ではエイズであるのも知られていた。
だから、最後のアルバム「イヌエンドゥー」は痛いし重くて苦しくって
もう覚悟していたけどエイズと公表した次の日に他界したのは超超ショックだった・・

ハチャメチャだけど、彼らのROCKは他に無いのが好きだった。
誰が作った曲かと解るのも好きだった、それだけ特徴がハッキリしていた。
見直される時代というのは、それだけ何か押しつぶされる世界で私達は生きている・・・
自由なようで自由に生きられないという現代を象徴しているのだろうか??

映画の最後、「ライブ・エイド」模様をそっくり再現していたが
観ていて何故か自然と涙が溢れて来て、私は私で感動していたのだった・・・



洋館1

↑ブラフ18番館で。

次はレディー・ガガ主演の「スター誕生」観たいね。
Queenの曲「レディオ・ガガ」から取って付けた名前。
ガガ様だって凄い生き方していると思うんだけどね。

ずっと疑問がある。
映画見ても解決していないし、周りに聞いてても誰も分からない。
「ボヘミアン・ラプソディー」のコーラス部分。
ガリレオだのフィガロだの出て来るけど
何故最後の方に「ビスミッラ」を入れたのか?

:ビスミッラー・・・

映画でもフレディーがつぶやいていたけど
あれはイスラムでお馴染み「神の御名において」とアッラーを称える最初の言葉。
ま、所謂「バスマラ」最初の言葉。

他には例えば、食事する前や終わった時に言ったり(いただきます&御馳走様)
何かやり始める時に言ったりする言葉でもある。

イスラム(アラビア)の言葉なのに何故最後の方に「ビスミッラ」を入れたのか??
フレディーよ、ゾロアスター教なのに何故入れたの??
高校生の頃からずーーーっと疑問なのよね~~



洋館3

長くなりましたが、これが今年最後の記事。
↑「外交官の家」の敷地から見えた富士山。

ま、私もフレディーのように他からあれこれ言われても
それを跳ね返すくらい自信持って自分の作品を生み出していきたいですね。
難しいけどさ・・・


今年はアラビア書道に力を入れて
他に注ぐエナジーを振り絞りながらやって来ても
とにかく忙しく頭フル回転しても同時に色々出来なくて
多方面にご迷惑かけたと思います。
50代になるとやれる範囲が狭くなるって実感しました。
気力体力がついて来ないのね。。

全然野鳥撮り出来なくて、恐らくカワセミ撮っていないと思う。
悲し過ぎます、こんなのって・・・
来年はちょっとは野鳥撮り&花撮りに夢中になってみたいと思います。
出来るかな??


こんな隙間だらけのブログですが、有難うございました。
見捨てずに来年も遊びに来て頂けると嬉しいです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。




にほんブログ村←&↓ポチッと70年代Queenが好き・・・クリックね!


コメント

今年最後の記事ですか
富士山私が見たのと雲の形が同じですね
今年は後半は忙しくなったようですね
年末年始はかなり寒いようですから体に気を付けて
一年ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

デジタルクマ #64TjWBNY | URL
2018/12/30 06:39 | edit

e-53デジタルクマさん
今年はあっという間に過ぎていたような気がします。
途中でぶっ倒れるかと思ったのに、意外と元気^^

今年もお付き合い有難うございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。e-266

サラーム #- | URL
2018/12/30 08:38 | edit

Queen、私は中学生の頃でした
その当時は、イギリス本国より日本が先に火が付いたような気がします
私も洋楽を聴き始めたころで、ブライアンのルックスとかギターソロがカッコいいなあと思っていましたが、フレディーのルックスに違和感を覚えてて、そのうちにランニングシャツ姿に成ったときに、?、となって、それからは聴かなくなりました。
ニュースでエイズで亡くなったというのを聞いたとき衝撃を受けたのを思い出しました。
最近、ラジオで「ショウ・マスト・ゴー・オン」を久しぶりに聴いたとき、やっぱりQueenの凄さを思い出しました。
映画は観ていないのですが、評判が凄く良いみたいですね。
観客も私たち世代ではなくて、むしろリアルタイムを知らない若い世代が多いというのも驚きました。
Queenの話ばかりに成ってしまいましたが、
今年はありがとうございました
良いお年をお迎えください


om4ti #- | URL
2018/12/30 19:44 | edit

e-53om4tiさん
中学生の頃でしたか・・・
あの頃、フレディーのルックスは好き嫌い分かれていたと思います。
私もマッチョになってから「え??」となり距離を置きながら
だけどファンは止められないというジレンマ持ちながらファンを続けて来ています。

「ショウ・マスト・ゴー・オン」はもうフレディが死を覚悟していると
ハッキリと分かった曲だったので、
何と言うか受け止めながらも心の奥底で悲しかった想い出があります。
死を目の前にしながらのハイトーンの歌声にはもう神業としか言いようがなかったですね。
こういうお話が出来るのは貴重なので嬉しいです🎵^^♪
これを含め、今年も色々有難うございました。
来年も楽しみにしております。

良いお年をお迎えください♪

サラーム #- | URL
2018/12/31 22:01 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top