FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

カルティエ クリエイションの感想

ムギセンソウ
NikonD70s TAMRON 90mmMacro  代々木公園

ムギセンノウ(麦仙翁)・・・ナデシコ科

ドアップで迫ってみました。でかいわ。

仕事帰りに東京国立博物館 表慶館「カルティエ クリエイション
を観に行きました。
国立博物館ではもう1つ「阿修羅展」もやっていて
チケット売り場にはすでにそっちは’50分待ち’と掲げられていた
阿修羅の顔がどうしても’夏目雅子’に見えてしょうがない私・・・
その凄い人気におののいてしまった。

モモイロヒルザキツキミソウ

モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲き月見草)・・・アカバナ科 道端でも見られますね

カルティエ展、仕事柄どうしてもあれこれ違った角度から見たがる私。
キラッキラのダイヤモンド達。見入る人達の感想が面白い。
こういうのだったら欲しいわ・・・コレ趣味悪い・・・などなど。
基本的に自分が欲しいかどうかは私は見ないので
オバ様達のため息交じりのその言葉は笑ってしまう。
もちろん、デザインをあれこれ言う感想もダンボ耳で聞いたよ

何?

これは何でしょう?掲示板で尋ねることが出来無いのです。
オレンジ色もありました。図鑑に載っていないのよね。


カルティエ展、最後は作業机が展示され
バーチャル職人が作業している風景が裏から見られる仕組み。
デザインからモノが出来るまでビデオで紹介していた。
展示の仕方が作品の奥にさりげなくビデオを流す見せ方など
ちょっとハイテクな感じがし、その作品の背景が分かって
面白いなと思いましたね。

時代の流れの中で、変わっていく作風や
変わらないデザイン・・・・・
ティファニーの時も思ったけど、むかーしの方が丁寧に
非常に凝った造りこみがされていたなぁ、と。
それにしても、凄かったことだけは伝えておきましょう
5月31日まで。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとよろしゅう!