FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

祖谷のかずら橋

かずら橋1
NikonD90 AF-S18-135mm  祖谷(いや)のかずら橋in徳島

今回のメインの1つ祖谷(いや)のかずら橋にやって来ました。
朝ホテル駐車場のオジさんに道順を教えてもらった時に川が増水しているから
どうかなぁ~と心配そうでした。だって台風だったんだもんね。
益々不安が募る。だって、私高所恐怖症気味なんだも~ん

かずら橋2

確かに川の流れは早いし増水している雰囲気が・・・

この’かずら橋’は「山に自生するシラクチカズラのつるを編んで作った
長さ45m幅2m高さ14mのつり橋。日本三奇橋に数えられる」と
ガイドブックには書かれております。
ステンレスのワイヤーじゃないんすよ。木のつるってのがミソ。

かずら橋3

¥500を払い、いざ!とここに立ったら足が・・・
む・ム・ムリかもしんないっ
手前右にいる女の子のお母さんの後にくっつくように勇気を出してしがみついた。
ちょっとー、足の間から下が丸見えじゃんかっ!
いや~っ!!!ダメダメッ!(*_*;

かずら橋4
μ780 旦那さん撮影 

旦那にコンデジ渡して好きに撮ってくれと頼む。
「な~んだ。大したこと無いじゃん。これだったら絶対落ちないよ」
とへらへら笑いやがる。
そういう問題じゃないんだよっ!ああ、揺らすなーっ!
前に居る女性もタジタジで「揺らさないでーっ!」と叫んでいる。
私「二度ともういい・・・」とつぶやくと前の女性が振り向いて
「そうですよねっ!」と引きつった顔で気持ちを共有し互いに勇気付ける。

ここは一方通行で戻っては来れません。
無事に渡って、ドキドキのその恐怖心を払拭するべくちょいと歩くと・・・

かずら橋5

琵琶の滝がありました。
滝を眺めながら心を鎮め、しばし休息。
この’琵琶の滝’は落差50m。かつて平家の落人たちが都をしのんで
琵琶を奏で慰めあったと伝わる・・・とガイドブックに書いてあった。

いやいや、もう充分ざんす。
吊り橋はもうゴメンこうむる。
旦那さんはこういうの大好きなので、この先意見が別れるかも・・

でもね、ここら辺は渓谷になっていて普段の川の流れは分かりませんが
すっごく静かで自然豊かで気持ちが良かったです。
こんな山間に鉄道も走っておりましたよ。
遊覧船もあるみたいで、船から渓谷を眺めることが出来るようです。
ここはお薦めですっ!是非、かずら橋を渡ってみてね~

まだまだ続きますよ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッとゆらゆらクリックね!