FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

鳴門の渦

鳴門1
NikonD90 AF-S18-135mm  鳴門in徳島

さぁ最終日。今回最大の見所鳴門に行きます。
12日から徳島市は阿波踊りが始まるのに見ずに帰るのは残念だけど
鳴門の渦は是非見たいぞ

満潮時に行かないと渦は見られないようなので
しっかり潮見表を手に入れ朝早くから行く予定だった。
その日の満潮は9:50am。
朝、中央公園なる所に散歩に出かけたら時間が無くなってしまった。
高速使って急いだ急いだ

鳴門2

9:00出航には間に合いました。
満潮時の前後90分が見所時間のようです。ワクワクするぞ。
大型観潮船’わんだーなると’2等に乗り込む。

ちょうど大鳴門橋の下が渦巻く所らしいのですが
どこで渦巻くのか全く分からないのですねぇ。
あちこちで歓声が上がって、どこ?と見回しても もうその時は遅い。
あっと言う間に渦は出来るので、海を釘付けで見ていないと見逃す。

上の写真が一番それらしい渦だったのですが
正直、もっと渦巻くのかと思っていました。
大潮じゃないとこの程度のものなのかもしれません。
ほとんどの写真は’ただ海が荒れている’にしか見えませんでした

鳴門3

でも、感動しました
これは帰りなのですが、もう海は落ち着いてしまっています。
ほんのちょっとの自然のなせる業なのですねぇ。
この大鳴門橋を歩いて上から渦を眺める渦の道があるので行きます。

あ、因みに向こうに見えるのが淡路島なのかな?

鳴門4

床の所々ガラス張りになっていて下を覗けるようになっています。
もう恐怖心なんて吊橋で経験したのでへっちゃらさっ
でも、こんな感じで何時渦巻くのか分からないし
とにかくあっと言う間の出来事なので写真は難しいです。

鳴門5

こんな風に覗けるのです。
ここにじぃーっと構えていれば幾つか渦を見ることが出来ると思います。

いやぁ~良かったわぁ~
はるばる来た甲斐があったというものです。
旦那さんは「もうお腹いっぱい」と満足そうでした。
海と山と自然豊かな四国。
美味しかったわ~って?

まだ続く

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ←ポチッと鳴門クリックね!