FC2ブログ

お気楽なポタポタ

楽しいと思えることはシアワセ。写真と共にお届けします。

焼き栗で絨毯 27

屋台1
NikonD90 AF-S18-135mm イスタンブールinTURKEY

年末年始に行ったイスタンブール女一人旅シリーズ復活!

イスタンブールで小腹が空いたら屋台。
冬なのに’とうもろこし’にはビックリしたけど
1度は食べてみたいと思う1品です。
結構皆さんフツーに食べ歩いていました。
でも、やっぱ夏の方がいいなぁ~私は。


冬の屋台は名物(?)’焼き栗’です。
歩けば焼き栗屋台にぶつかる、ような感じで出ておりました。


屋台2

どうしてだか夜に撮ったものしか無くて・・・
日本の栗より少し大きめで丸々とした栗を
そのまま焼いたものです。
大体100g 3TL(約160円)が相場のようでしたよ。

昼間に声かけてくる人には注意を払っていたのですが
夜、この焼き栗を買っている時に事件は起こった。

屋台のお兄ちゃんの横に居たオヤジが英語で話しかけて来て
「どこから来た?日本のどこ?新宿にcousin(イトコ)が居る」
そのcousinはトルコ料理店をやっていて
そのお店にランチしに何度か行ったことがあった。
知ったお店だったのでオヤジは英語、私は日本語で
お話が弾んでしまって「自分の名刺を渡すから来なさい」
と、手招きする。

むむむ?こりゃ怪しい。夜だし大丈夫か?と
不安になりながらも後ろを付いて行くと
泊っているホテルの斜め隣のお店に入っていく。

そこは絶対的に警戒していた「絨緞屋」だった・・・


屋台3

オヤジは引っかける役で、その後は営業のおっさんに交代。
おっさんも英語で、しかも凄く分かり易い英語で
小1時間ほど話し込んでしまった。

もちろん、過去の苦い経験を話して「私は絶対に絨緞は買わないです」
を、全面的に出して、だけどね

面白いお話を沢山してくれました。
横浜で絨毯で成功した女性の話とか・・・(本当か???)
私もある意味商売人の部分がある。
何となくおっさんが話すことに妙に心が動かされるものがあった。


ホテルに戻ってすっかり冷めてしまった焼き栗を食べ
ちょっとホロ苦い味を噛みしめたのだった。。。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村←&↓ポチッとトルコも東北に応援に行っているよ・・・クリックね!